目次

クレジットカードとデビットカードの違いは後払いができるかどうか

デビットカードは、クレジットカードと同様に「決済」に使用できるカードです。カードの加盟店で支払いができ、払った金額は金融機関に作った自分の口座から引き落とされます。クレジットカードと同じような感覚で使えますが、その支払いシステムは、クレジットカードとは大きな違いがあります。それは、デビットカードには一括払いしかないということです。デビットカードで支払いをすると、その金額が即、自分の金融口座から支払われます。もし口座に支払えるだけのお金がなければ、カードで支払うことはできないのです。そのため、大きな金額の買い物はややしづらくなりますが、使い過ぎて後で慌てるということも起きにくいというメリットのあるカードとなっています。

クレジットカードとデビットカードの基本的なシステム

クレジットカードとデビットカードの決済システムに違いがある理由は、カードを発行している企業の性質が異なっているからです。クレジットカードは、クレジットカード会社が発行しています。クレジットカード会社は、クレジット(信用)という言葉が表しているように、信用できると会社が認めた顧客にカードを貸し与えます。そしてカード利用者が、カード会社と加盟契約を結んだ店で、買い物などで支払うことになったお金を一時的に肩代わりするのです。

カード利用者は、カード会社の信用に応えて、引き落としの期日までに立て替えてもらったお金を金融機関に入金することで支払います。立て替えてもらえるおかげで、支払い方法を一括だけでなく、分割することなどが可能になるのです。またクレジットカードでは、その「立て替えてもらえる」というシステムを利用して、キャッシングもできます。こちらもやはり、期日までに金融機関にお金を入れて返済できれば、限度額までの金額を自由に使えます。そしてカード会社は、加盟店や分割払い、キャッシングなどから発生する手数料や金利で収益を得ているのです。

デビットカードを発行しているのは、一般的には銀行です。ですから、デビットカードを作った銀行に支払うための口座を作ります。そして加盟店でカードを利用して支払った金額は、その銀行の口座を通してすぐに決済されるのです。基本的には、口座にある金額だけカードで支払え、なくなれば払えなくなるというシステムです。一時的な肩代わりという後払いの機能を持たないので、デビットカードでは分割払いやキャッシングはできません。その代わり、クレジットカードでは避けて通れない審査もないのです。デビットカードを持ちたいと考えたなら、利用したいカードの銀行に口座を作って、身分証明書とともに申し込めば利用が可能になります。

デビットカードには、銀行のキャッシュカードに最初から付いていることが多いJデビットと、クレジットカードと同じく国際ブランドの決済システムが使えるカードの2種類があります。Jデビットの加盟店は国内に限定されていますが、国際ブランドと提携しているカードは、その加盟店であれば海外でも支払いが可能です。デビットカードは、クレジットカードよりも発行元が収益を得にくいシステムとなっています。そこで加入に年会費が必要となる場合もあるのです。

クレジットカードとデビットカードのサービスの違いとは?

クレジットカードは、カード会社が収益を得られる機会が多いため、カード利用者への還元率も高くなっています。その還元の方法は、ポイントやサービスという形になります。クレジットカードのポイント還元率は、デビットカードと比較して高めのものが多いです。特にネットショップを利用する場合には、カード会社が運営するショッピングシステムを経由して買い物をすれば、還元率がさらに数倍になったり、割引の特典が受けられたりというタイプが主流のサービスとして設置されています。デビットカードでは、支払いのたびにその何パーセントかがポイントとして返ってくるという、キャッシュバック型が主なものとなります。

クレジットカードでは、電気代や携帯料金などの、公共料金や月々の支払いが容易です。そのようなサービスは支払いの選択肢として一般的なものとなっていて、カードのポイント還元率が高いこともあり、支払いと組み合わせればかなりのポイントを定期的に取得できることにもなります。デビットカードは、クレジットカードと比較すれば公共料金のような支払いへの対応面に弱いとされてきました。しかしサービスの範囲はだんだん広がってきていて、デビットカードでも月々の支払いに対応できる場面は増えてきています。こちらも組み合わせれば、必ずポイントを毎月獲得できる有効な利用方法です。

カードに付帯する保険としては、クレジットカード、デビットカードの両方とも、盗難補償が付いています。盗難補償とは、カードの紛失や盗難、それに伴う悪用によって被害を受けたときに、その被害額の全額または一部を補償してもらえるサービスです。それ以外の保険については、カード会社や銀行によって内容が変わりますが、クレジットカードの場合は一般カードでも、ショッピングや旅行傷害の保険が付いていることがめずらしくありません。しかし旅行傷害保険に関しては、一般カードでは、旅行のチケットをクレジットカードで購入するといった条件を満たす必要があります。自動付帯のサービスは、ゴールドカードからというカード会社が多数派です。

デビットカードでも、盗難補償以上の保険の付帯を望むなら、ゴールドカードを持つのが手っ取り早いです。年会費を払わなければなりませんが、ゴールドカードでもやはり審査はありません。保険だけでなくポイント還元率についてもサービスが手厚くなるため、カードの活用の仕方によっては、年会費の元が十分に取れるメリットがあるでしょう。

どんな場合にどちらのカードを持つべき?

クレジットカードとデビットカードのどちらを作るか迷った場合には、どのような理由でカードを利用するのかを考えてみると良いのではないでしょうか。例えばネットショッピングをよく利用し、その支払いとポイント還元が目的なら、クレジットカードのほうに分があるといえます。しかし店頭で支払いをすませることが多く、またATMでお金をおろすのが面倒だという場合には、デビットカードを選択するのが良いかもしれません。ATMでおろす手間が省け、手数料もかからないうえに、ポイントもたまっていくからです。

海外旅行に持っていくカードとしては、保険の付帯以外にも、その国で現金が必要になった場合に、カードを利用してのお金の入手方法で比較してみるという方法もあります。クレジットカードでもデビットカードでも、そのカードと提携している国際ブランドの加盟ATMで、その国の通貨を引き出せます。しかしデビットカードでは、自分の口座のお金が、その国の通貨に両替されて引き出せるのに対して、クレジットカードでは「キャッシング」という扱いになるのです。

クレジットカードには、買い物の支払いなどに利用できるショッピング枠と、ローンとしてお金を借りられるキャッシング枠があります。キャッシング枠はショッピング枠の一部になっているので、ショッピングで限度額を使い切ってしまうと、キャッシングはできなくなります。また、普段はショッピングにしかカードを利用しない場合は、キャッシング枠を0円に設定していることもありますが、そのまま海外にいってしまうと、当然キャッシングは利用できません。

デビットカードで海外のATMから現地の通貨で引き出しを行った場合は、自分の口座のお金が、現在のレートで入手できます。キャッシングではないため、金利も付きません。ですが海外での取引にかかるコストとして一定の手数料が引かれ、利用したATMによっても別に手数料がかかることもあります。キャッシングの金利と比べてどちらが得になるかは、利用状況にもよるので一概にはいえません。自分や旅行先に適したものを選ぶのが良いでしょう。

クレジットカードには審査があり、利用状況はクレジットヒストリーとして金融機関で共有されるため、職業によっては作りにくかったり、履歴が残るのを重荷に感じたりすることもあるかもしれません。そのようなときや、カード決済に少しずつ慣れていきたい場合には、デビットカードから始めてみるというのも、心理的負担を減らして快適に決済システムを利用できる方法となるでしょう。そして必要に応じて、デビットカードとクレジットカードをうまく使い分けられるようになれば、快適さはさらに増します。

デビットカードのメリットとデメリットをまとめてみると

デビットカードは、クレジットカードと違って審査なしで発行が可能、提携している国際ブランドの加盟店で決済できる便利なカードです。後払いシステムを取っていないので、リボ払いや分割払いといった決済方法は利用できず、一括払い限定となります。そして銀行口座にある金額分しか支払いができませんが、そのシステムのために支払いでの使い過ぎを避けられます。クレジットカードのように限度額の設定もできるので、そうすれば安全性は非常に高くなります。

決済の金額を金融機関が立て替えるわけではないため、デビットカードはクレジットカードが作れない年齢の未成年でも持つことが可能です。なんらかの理由でクレジットカードが持てない人でも、銀行に口座さえ作れれば利用できます。デビットカードの発行元は銀行なので、持ちたいデビットカードを発行している銀行に口座を作らなければなりません。クレジットカードはカード会社が発行元のため、口座を作る金融機関に制限はないので、それをデメリットと感じる人もいるかもしれません。

またデビットカードは、クレジットカードと比べると、ポイント還元率やサービス面についてやや弱いところがあります。審査に通り、カード会社から信用と責任を与えられるクレジットカードの利用者と、審査のないデビットカードの利用者で、サービス内容が違うのは仕方がないことでもあるのです。しかし月々の公共料金などの支払いといった方面では、デビットカードとクレジットカードのサービスの差は縮まってきています。

海外旅行での加盟店での支払いという点では、クレジットカードとデビットカードで、それほどの違いはありません。しかしデビットカードの「口座から即時決済」という一括払い方式は海外でも変わらないので、口座の残金には注意しておく必要があるでしょう。ATM利用では、クレジットカードはキャッシング、デビットカードは口座からの直接引き出しとシステムは異なりますが、どちらも海外で簡単に現金を調達できます。海外旅行では多額の現金を持ち歩くのはリスクが高いですが、チップやタクシーなどで意外と必要にもなるのです。現地の両替所などで換金するのも良いですが、日本円のままでは両替できない国もなくはありません。もしものときのためにデビットカードやクレジットカードを用意しておけば、海外で心強い味方となってくれるでしょう。

デビットカードにはデメリットもありますが、多数のメリットが得られるお得なカードです。クレジットカードと合わせて利用し、状況によって使い分ければ、あらゆるニーズに対応できながら、サービス内容についても補い合えるでしょう。

▲目次にもどる