目次

スマホでクレジットカード決済!レジがなくても簡単に決済

モノやサービスを販売するとき、クレジットカード決済が可能かどうかで、購入者の利便性は大きく変化します。これは、何も実店舗だけに限ったことではなく、ネットショップや通信販売においても同様のことが言えるでしょう。クレジットカード決済を導入することで、売り上げが伸びた例は数多く存在します。しかし、クレジットカード決済を可能にするためには「CAT端末」と呼ばれる専用の機械と、クレジットカード会社との契約が必要でした。

ところが、スマホと組み合わせた決済サービスの登場により、場所を選ぶことなく、簡単にクレジットカード決済を提供できる環境が整いつつあるのです。

→ スマホで決済と言えばApple Pay!!おサイフケータイについて詳しく知りたい方は、こちらをクリック!

photo-editor_shutterstock_357825407

スマホでクレジットカード決済ができる仕組みとは?

スマホでクレジットカード決済、と聞いてもいまいち腑に落ちない方のために、その仕組みを簡単に説明します。スマホでクレジットカード決済をする仕組みの基本は、従来の「POSシステム決済」とほぼ同じものと考えてよいでしょう。コンビニエンスストアやスーパーなどで導入されているPOSシステム決済は、レジに記録される販売情報をマーケティングに使用する仕組みです。レジというハードウェアと、それに入力される販売情報を処理するソフトウェアが連携することで、売り上げ情報の集積や在庫管理に役立てることができます。

この仕組みを、スマホアプリとカードリーダーの組み合わせで実現したのが、スマホでのクレジットカード決済です。コンパクトなカードリーダーをスマホに差し込むだけで利用可能になることが大半で、屋外でのイベント時や出張先でも、便利なクレジットカード決済を提供できることから注目を集めています。

→ クレジットカード決済のメリットって何?そう思った方は、こちらをクリック!

スマホで使えるクレジットカードリーダー決済サービスをご紹介!

では、実際にスマホで手軽に使えるカードリーダーを提供している、決済サービスをご紹介していきます。

mpos エムポスの特徴
有名比較媒体の「カカクコム」のグループ会社であるベリトランスで開発した決済デバイスです。現在は親会社である「デジタルガレージ」と、空港会社の「ANA」の合弁会社、「ANAデジタルゲート」で決済サービスの運用を行っています。大手2社の合弁会社での運営とのことで、他の決済デバイスより安心感をもって利用することができます。OEM提供やカスタマイズに対応している点や、堅牢なセキュリティシステムなどが特徴です。

楽天スマートペイの特徴
国内最大級のネットショッピングモールとしておなじみの「楽天市場」を運営する楽天株式会社が提供する、クレジットカードリーダー決済。カードリーダーは9,800円(税抜)ですが、全額キャッシュバックキャンペーン中は、実質0円での導入が可能なこともあります。そのほか、月額固定料金や初期費用は一切必要なく、スマホやタブレットに専用アプリ「楽天ペイ」をインストールして、カードリーダーをセットするだけで決済や履歴確認が利用できます。

決済手数料は、VISA、AMEX、MASTERは3.24%、JCB、Diners、Discoverが3.75%となっています。なお、利用するためには公式サイトからの申し込みと、所定の審査が必要になります。また、楽天銀行口座を保有していると、最短翌営業日に入金が可能です。

Squareの特徴
2009年にアメリカ合衆国で誕生し、2013年には三井住友フィナンシャルグループとの提携で、日本にも上陸したSquare。白い正方形の、一風変わったカードリーダーが印象的です。カードリーダー本体の価格は4,980円(税抜)と比較的リーズナブルなのが嬉しいポイントです。個人事業主でも簡単に利用でき、月額費用や初期費用は無料、決済手数料はVISA、MASTER、AMEXのいずれも一律3.25%になっています。また、銀行振込手数料や解約料なども必要ありません。

みずほ銀行と三井住友銀行の口座を保有していれば、翌営業日の入金が可能です。

Coineyの特徴
あのペイパルを退職した女性社長が2012年3月に設立したベンチャー企業のCoiney。提供しているカードリーダーサービスで、カードリーダー料金は通常19,800円(税抜)です。ただし、キャンペーン適用によって、実質0円にすることも可能です。決済手数料はVISA、AMEX、MASTER、SAISONは3.24%、JCB、Diners、Discoverが3.74%となっています。

Coinyターミナルと呼ばれる専用端末をスマホに接続することで、決済が可能になります。気を付けたいのは、入金のタイミングです。売り上げた日付によって振込依頼が可能になる時期が決まり、売り上げから実際の入金まで、最短でも12日前後を要します。

PAYGATEの特徴
1998年に創業された、韓国を拠点とする電子支払サービスを提供する企業、PAYGATE。そのPAYGATEのカードリーダーの特徴は、非常に多機能だということです。IC及び磁気ストライプ型クレジットカードはもちろんのこと、NFCを使った各種電子マネーのような非接触ICにも対応しています。さらには、バーコードリーダーも搭載し、分割払いやリボ払いなどに対応しているのもポイントとして挙げられます。

対応ブランドは、VISA、AMEX、MASTER、JCB、Diners、Discoverで、決済手数料は3.2%から設定されています。本体価格が40,000円から50,000円(税抜)かかるため、初期費用は高めといえるでしょう。

フレッツ・スマートペイの特徴
インターネット固定回線「フレッツ光」でおなじみの、NTT西日本が提供するサービスで、フレッツ光の利用者であればすぐに決済サービスが導入可能です。主要ブランドのほとんどに対応しており、VISA、MASTERは手数料3.24%、JCB、Diners、Discover、AMEXは手数料4.44%で利用可能です。カードリーダー本体価格は5,000円(税抜)で、月額費用はかかりません。すでにNTT西日本のフレッツ光サービスを利用しているならば、導入しやすいサービスといえるでしょう。

mposの特徴
オンライン決済事業を展開するベリトランスが立ち上げ、2016年10月28日からは全日空との合併会社「ANA Digital Gate 株式会社」が運営するmpos。こちらは、フレッツ・スマートペイなどにも使われている仕組みで、それぞれのサービス提供会社から申し込む形をとっています。

エアペイメントの特徴
リクルートが提供するカードリーダー決済サービスで、カードリーダー本体の料金は2016年12月末まで全額キャッシュバック中のため、実質0円。さらに、VISA、AMEX、MASTER、JCB、Diners、Discoverといった主要ブランドに加えて、交通系電子マネーにも対応しています。決済手数料は、VISA、AMEX、MASTER及び交通系電子マネーが3.24%で、JCB、Diners、Discoverが3.74%です。

また、入金手数料が月6回まで無料となっています。ただし、iOSにのみ対応しており、Android端末では利用できないことに注意しておきましょう。

Link Processingの特徴
2010年に設立されたLink Processingが提供するカードリーダー決済サービス「Anywhere」は、iOSやAndroidだけではなく、Windows10にも対応しています。本体代金は23,000円(税抜)で、クレジットカードの一括払いだけではなく、デビット決済や継続課金にも対応していることに注目しましょう。さらには、中国のみならず世界中に普及している銀聯カードにも対応しています。

決済手数料はプロフェッショナルプランで3.2%、スタンダードプランで3.48%、直接契約プランでは各カード会社との契約によるとしており、決済処理料として1件あたり10年のコストが発生します。また、入金手数料も1回あたり400円必要になるので、注意してください。

Salaseeの特徴
アプリ開発やWebサービス事業を展開する株式会社アスタリスクが提供する、カードリーダー決済サービスが「Salasee」です。Salaseeは、スマホやタブレットを利用した総合POSシステムとして提供されています。手数料や料金については、問い合わせが必要です。また、スマホやタブレットはiOSのみに対応しており、Androidには対応していないので注意しましょう。

SaATの特徴
2000年の設立以降、オンライン決済やセキュリティ事業を展開してきたネットムーブの、カードリーダー決済サービスが「SaATポケレジ」です。セキュリティを得意とする会社だけあり、50以上の金融機関で導入済みのセキュリティソリューションを採用しています。Bluetoothによるワイヤレス接続の端末では、ICおよび磁気カードの読み取りが可能で、AndroidとiOSに対応しています。

カードリーダー代金を含む初期費用は19,800円(税抜)となり、手数料やそのほかのコストについては問い合わせが必要です。

pawの特徴
決済代行業15年の老舗、ルミーズ株式会社が提供するカードリーダー決済「paw」。主要なクレジットカード決済に加え、PCを使った決済では電子マネー大手の楽天Edyも使うことができます。Windows及びiOSに対応しており、Androidには対応していません。決済手数料はVISA、MASTERが3.6%、そのほかのカード会社は契約によるとしています。

アナザーレーンの特徴
クレジットカード決済事業を本業とするアナザーレーン株式会社では「ヴァーチャルCAT決済」として、スマホやPCによるクレジットカード決済サービスを提供しています。2016年11月時点では、端末代金や手数料などの情報は公開されていませんので、問い合わせが必要です。

クレジットカードリーダー決済導入によるさまざまなメリット

クレジットカードリーダー決済とスマホやタブレットを組み合わせることで、据え置き型のレジに匹敵する決済システムが、いたるところで利用可能になります。これは販売機会や売り上げの増加につながるでしょう。特に野外イベントや出張での商談時には、現金でのやり取りよりもクレジットカード決済のほうが有利になるシーンが多いと考えられます。

現金や紙の書類をやり取りする手間から解放されるほか、購入者の購入意欲が最も高まったときにすぐ決済できるというのは、ビジネスにおいて大きなメリットです。まさに勝機ならぬ商機を逃さないための仕組みといえるでしょう。また、決済データはすぐにネットワークを通じてクラウド上に保管され、後々の事業戦略に役立てることも可能です。モバイル機器とITの発達によって、どこでも柔軟かつ手軽に決済できるスマホとクレジットカードリーダーの組み合わせです。

特に小規模ビジネスにおいては、そのフットワークの軽さと手軽さが、ビジネスの成功に大きく貢献するかもしれませんね。

▲目次にもどる