PASMOのお得な使い方・ポイントの貯め方について

PASMOは、私鉄で利用できる交通系電子マネーとして開発・運用が始まりましたが、JR東日本と利便性を向上させる目的で、相互利用ができるようになりました。結果としてSuicaが使えるエリアではPASMOも使えるようになりました。

PASMOは、Suicaと異なりポイント機能を持ち合わせていません。そのため、提携しているクレジットカードと紐付けることでポイントを貯めることができる仕組みとなっています。ここで3枚のクレジットカードを紹介しつつ、なぜお得なのかを見ていきます。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)

1枚目は、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)というカードです。これは、東京メトロが発行しているクレジットカードで、ANAと提携しているためANAマイルを貯めることが可能です。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)のスペックは?

ソラチカカードの年会費は初年度無料ですが、次年度以降は2,000円の年会費がかかります。

PASMOは標準搭載されており、定期券も載せる事ができます。ポイントプログラムは、マルチ型とマイル型が用意されており、マルチ型であればOkiDokiポイントが1,000円ごとに1ポイント、マイル型であればANAマイルが1,000円につき5マイルから10マイル貯まります。

マイルは、5マイルコースと10マイルコースに分かれており、10マイルコースを選ぶと、1,000円で10マイル貯まる反面、マイル移行手数料が発生します。

なぜ、このカードがお得なのかというと、ANAマイルをたくさん貯めることができるからです。入会時とカードの継続をすることでそれぞれ1,000マイルが付与されます。ただカードを持っているだけで1,000マイル貯まりますのでお得です。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)では、メトロポイントが貯まります。メトロポイントは、乗車ごとに平日は5ポイント土日祝日は15ポイントが付与され、PASMOを使って自動販売機で買えば、100円につき1ポイント、店舗で買えば200円につき1ポイントが貯まります。

100メトロポイント貯めれば、ANA90マイルに交換ができたり、10ポイント単位でPASMOにチャージができたりします。

さらに、楽天スーパーポイントやnanacoポイントにも交換可能ですので、普段使いしやすいポイントといえるでしょう。このように、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)はさまざまなポイントを貯めることができます。

マイル型を選ぶと、OkiDokiポイントからメトロポイントに移せなくなってしまうデメリットが生じますが、かなりの還元率でポイントを交換できます。また、OkiDokiポイントであれば、ANAマイル以外にも多種多様な商品に交換ができるため、使い道が自由だといえるでしょう。

もっとお得な方法もあります。それは、エクストリームカードと組み合わせる方法です。エクストリームカードとは、ジャックスが発行するクレジットカードで、年会費が初年度は無料ですが次年度以降、3,000円がかかります。ただし、前年度の利用額が30万円を超える場合は無料となります。この方法は、ANA To Me CARD PASMO JCBをメインカードにするのではなく、エクストリームカードをメインにする方法です。

エクストリームカードと組み合わせて、ANAマイルをお得にためる裏技

ANA

まず、エクストリームカードを普段使いにするカードにし、ポイントを貯めます。ポイントは、1,000円ごとに10ポイント付与されます。貯めたポイントは、Gポイントというポイントサイトへ移行します。Gポイントの登録料などは一切かかりません。エクストリームカードからGポイントに移行する際に、ポイントが1.5倍になります。続いて、Gポイントからメトロポイントへポイントを移行させます。この時のレートは1:1ですので等価交換ができます。最後に、メトロポイントからANAマイルに1:0.9の割合で交換をします。結果的に、ポイントを元のポイント数からアップさせてマイルに交換することが出来ます。

① エクストリームカードを普段使いにするカードにし、ポイントを貯める。

② 貯めたポイントは、Gポイントというポイントサイトへ移行

③ Gポイントからメトロポイントへポイントを移行

④ メトロポイントからANAマイルに1:0.9の割合で交換

 

実際の例を用いてご紹介します。

エクストリームカードで30万円分使ったとします。この時、もらえるポイントは3,000ポイントとなります。続いて、3,000ポイントをGポイントへ移行します。還元率は1.5%ですので、4,500ポイントが移されます。Gポイントからメトロポイントは等価交換ですので、4,500ポイントがそのまま移されます。最後に、メトロポイントからANAマイルへは、1:0.9のレートで交換ができますので、4050マイルになり交換が完了します。エクストリームカードからANAマイルへは、還元率が1.35%となり普通ではありえない還元率を出すことができます。

この方法で、なぜANA To Me CARD PASMO JCBが必要なのかというと、メトロポイントを経由するからです。

通常、メトロポイントは東京メトロが発行するクレジットカードにしか付与できません。また、ANAマイルへの交換もANA To Me CARD PASMO JCBしか行えません。そのため、このカードを保有していることで低コストかつ高い還元率を導き出すことができるのです。

 

TOKYU CARD ClubQ JMB

2枚目は、TOKYU CARD ClubQ JMBです。このカードは、東急カードが発行しているクレジットカードです。

初回 ClubQ JMBのスペックは?

年会費は初年度無料、次年度以降は1,000円がかかります。PASMOを搭載しているカードもあり、全部で4種類のTOKYU CARD ClubQ JMBが発行されています。東急線の定期券をこのカードで買うことで、ポイントが付与されるほか、早起きして東急線に乗れば、ボーナスポイントが付与されます。

ポイント還元率は、1%と標準的ですが、紙の明細を発行している場合は0.5%に落ちます。なるべくWeb明細サービスを設定しておいた方がお得です。

ポイントは通常1%ですが、東急グループのお店で使うと3%から10%にアップするため、普段使いするには良いクレジットカードといえるでしょう。

定期券を購入する場合は、毎年初回のみという制限があるものの、3%のポイントが付与されます。3万円の定期券を購入した場合は、900ポイントが貯まります。東急電鉄だけでなく、東急バスも対象です。さらに、オートチャージをTOKYU CARD ClubQ JMBで設定している場合は、1%のポイントが貯まります。

貯まった東急ポイントは、東急ストアなどの東急グループの店舗で1ポイント=1円で使うことができるほか、PASMOやSuicaにチャージすることが可能です。東急線各線の券売機にて、10ポイント単位(10円相当)でチャージができます。

また、TOKYU CARD ClubQ JMBであればJALと提携していますので、マイルに交換することも可能です。東急ポイント2,000ポイントを使えば、JALマイル1,000マイルに交換できます。反対にJALマイル10,000マイルを東急ポイント10,000ポイントに交換することもできるため、自身のライフスタイルに合った交換をすると良いでしょう。

京王パスポート

3枚目は、京王パスポートというクレジットカードです。これは京王が発行しているクレジットカードで、PASMOが搭載されています。

京王パスポートスペックとは?

年会費は初年度無料ですが、次年度以降は239円がかかります。しかし、年1回以上の利用で年会費無料になりますので、実質無料のカードといっても過言ではないでしょう。京王パスポートは、京王百貨店などで提示するとポイント付与率が6%~16%になるなど、京王ユーザーの方にとっては嬉しい特典が盛りだくさんのクレジットカードです。

定期券を購入することで、1.5%のポイント還元も実施されているため、お得に定期を買うことができます。

また、京王ストアなど毎日のお買い物を京王パスポートで行うと、ポイントの二重取りをすることができます

例えば、京王ストアで買い物をした場合0.5%の付与率ですが、支払いをPASMOにすると1%のボーナスポイントが付与されるため、結果1.5%という高還元率を実現させることができます。

さらに、クレジットカードの利用として、1,000円につきワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まります。1ポイント5円相当ですので、還元率は0.5%と低くなっていますが、最小で100ポイントから交換出来る商品が用意されています。それは、京王グループの共通ポイントです。

100ポイントから交換することができ、京王グループの共通ポイント500ポイントに交換が可能です。PASMOへのオートチャージでも、1,000円につき1ポイント貯まるため、電車での移動が多い方はポイントを貯めやすいのではないでしょうか。

他にも、京王グループで京王パスポートを提示すればポイントが貯まるため、使い方次第では還元率がアップするカードといえそうです。

また、京王パスポートには早起き特典があります。まず、京王パスポートを用意し、PASMOを用意します。続いて、京王パスポートクラブにPASMOを登録するだけで参加登録が完了です。京王線・京王井の頭線の各駅を初電から設定された時間までにPASMOで入場し、新宿駅または渋谷駅に設置されている専用端末にタッチすることでボーナスポイントが10ポイントもらえます。

設定された時間エリアは、京王電鉄のホームページ(https://www.keio.co.jp/asakatsu/) から確認が可能です。なお、この朝活応援キャンペーンは期間限定のもので、時期によっては開催していない場合があります。詳しくは、京王電鉄のホームページをご確認ください。