目次

ネットショッピングには支払い方法がたくさん

ひと昔前まで、都会ではさまざま品物を気軽に購入できる一方で、地方に住む人たちは欲しいものがあってもなかなか手に入らないという現実がありました。そこに革命を起こしたのがインターネットショッピングです。現在では世界中をつなぐネットを利用し、日本のどこに住んでいてもたいていのものが入手できるようになりました。インターネットによる買い物は決して珍しいことではなくなり、むしろ私たちの生活になくてはならない存在となっています。ただ、問題は買い物の際の支払い方法です。お店での買い物とは違い、お金のやり取りを直接行うことができません。

インターネットでの買い物に対するさまざまな決済方法がありますが、主なところでは、クレジットカード、コンビニ決済、ATM決済、銀行振込み、代金引換、後払い決済などがあります。それぞれ何が異なり、また、どちらの方がお得なのかはご存知でしょうか?中には「どちらが得なのかはわからないけれど、昔からなんとなく同じ方法で支払いを続けてきた」という方もいるでしょう。そこで、それぞれの支払い方法の概要を説明しつつ、お互いのメリットとデメリットについて比較をしていきます。

 

ネットショッピングの支払い方法(1)クレジットカード決済

クレジットカードは現在、最も普及している決済方法です。インターネットショッピングを行っている人の実に7割がクレジットカードによる決済を選択しています。その最大の理由はなんといっても手軽さにあります。クレジットカードで支払いを行う場合、ネット上の注文画面で買いたい商品を選択し、カード番号などの情報を入力すれば注文完了します。商品を販売したネットショップはカード会社に料金を請求し、それに基づいてカード会社からネットショップに支払いが行われるわけです。

つまり、支払はカード会社がすべて代行してくれるので、利用する側としてはネットで注文する以外に何もする必要がありません。余計な手間がかからないので手軽に買い物が楽しめます。また、他のメリットとしては、「一括払いの場合、手数料がかからない」「注文した瞬間に取引が完了するため、すぐに発送の準備が始まり、商品が届くのが早い」「クレジットカードを利用することで金額の一部がポイントとして還元される」などが挙げられます。

一方、クレジットカードにもデメリットは存在します。カードを作る際に、審査や手続きが面倒という点です。利用し始めると非常に便利ですが、そこに至るまでの敷居が若干高いというわけです。また、クレジットカードは現金を用いずに取引ができるため、ついつい使いすぎてしまう人もいるでしょう。カード会社が立て替えた分を利用者の口座から引き落とそうとした時に金額が足りないということが起こると、ペナルティとして利用を制限されたり、カードが使えなくなったりする場合があります。利用には気をつけた方がよいでしょう。

 

ネットショッピングの支払い方法(2)コンビ二決済、ATM決済

コンビニ決済やATM決済もネットショッピングの支払い方法としてはメジャーな方法です。この方法で買い物をする場合、ネットで商品を注文するとメールで「お支払番号」が送られてきます。利用者はそれをメモしてコンビニやATMに行きます。コンビニの場合は店員にその番号伝えるか、あるいは、備え付けの端末機で発行した申込券をレジに持っていき、お金を支払います。ATMの場合はATM機に番号を入力し、後は機械の指示にしたがってお金を振り込みます。

この方法のメリットは、クレジットカードのような事前の審査が必要なく、誰でも利用できる点にあります。しかも、コンビニやATMは全国どこにでもあるので支払う場所がなくて困るということはないでしょう。特に、コンビニ決済の場合は24時間いつでも利用可能です。

一方デメリットとしては、地域によってはコンビニやATMが自宅から離れているケースもあります。その場合、やはり家で決済が完結するクレジットカードのほうが便利だといえるでしょうまた、お金が支払われたのを確認してから発送作業が開始される「前払い決済」の場合は、商品が届くのが遅くなります。さらに、支払の際は手数料が発生するのが一般的であるため、クレジットカードを利用するよりも割高です。

 

ネットショッピングの支払い方法(3)銀行振込

銀行振込みは、ショップ側の指定する口座に直接お金を振り込む方法です。ネットショッピングが普及し始めた当初はよくこの方法が用いられていました。また、ネットショッピングに慣れていない人にとっては、昔ながらの方法であるため利用しやすく、その点がメリットだと言えるでしょう。しかし、クレジットカードをはじめとする他の支払い方法が次第に普及し、消費者もそれらの使い方に慣れてきたため、今ではインターネットショッピングの支払い方法としてはあまり利用されていません

また、この方法は会社と消費者の間に代行業者を挟まない完全な直接取引であり、もしお金を支払った後に業者が商品を発送せずに姿を消してしまえば消費者側の丸損となります。それが、場合によっては代行業者による損害賠償が適用されるクレジットカードなどの決済とは大きく異なる点です。現在では通販業者が商品を発送せずに逃げるといったケースはまれではありますが、そうした可能性があるというだけでも利用しづらくなるのは確かでしょう。

他のデメリットとしては、商品の支払いを銀行振り込みで行うと手数料が発生することや、基本的にお金の入金を確認してから商品を発送するため、土日を挟んだりするとお金を払ってから商品が届くまでにかなりの日数がかかってしまうこともあります。これらも支払い方法を選択する際は考慮したい点です。

 

ネットショッピングの支払い方法(4)代金引換

代金引換は一般的に「代引き」と呼ばれていますが、これはネットショッピングで注文をした時には料金を払わず、自宅に届いた際に商品を運んできたドライバーにお金を渡すというシステムです。これもネットショッピングの初期のころから行われてきた、代表的な決済方法のひとつだと言えます。代金引換はコンビニ決済などと同じで、審査などを受けなくても誰でも利用できる点メリットです。しかも商品を家まで届けてくれるので、支払のためにコンビニや銀行にわざわざ出向く必要はありません。

それに、お金を支払うと同時に商品を受け取るため、「入金したのに商品が届かない」などといった不安を抱かずにすみます。間違って違う商品が届いた場合でも、お金を払わずにそのまま送り返すことができます。しかし、代金と引き換えなので到着予定時間にはお金を用意して家で待機していなくてはならないというデメリットがあります。宅急便の到着予定時刻には数時間の幅があるため、買い物などで外出する必要があってもできないという不便さを感じるでしょう。

さらに、代金引換を利用すると1回の買い物につき300円程度の手数料を取られるのが一般的です。もし、年間何度も代金引換でネットショッピングを行った場合、手数料だけでかなりのロスになってしまいます。

 

ネットショッピングの支払い方法(5)後払い決済

これまでネットショッピングと言えば、消費者が先にお金を支払い業者がそれを確認してから商品を発送するか、代金引換のように支払いと同時に商品を手渡すのが主流でした。なお、クレジットカードの場合もカード会社が立て替えをするという形で消費者が先にお金を払う方法に含まれます。業者がその方式を採用していたのは、相手が商品だけ受け取って料金を払わないといったことがないようにするためです。

しかし、現在では、商品を先に発送し、消費者がそれを確認してからお金を払う後払い決済が普及しつつあります。なぜそれが可能になったのかというと、たとえ料金が支払われなかったとしても、そのお金を回収する専門業者が登場したためです。そのことによって、ショップ側は未払いの問題に頭を悩まされずにすみ、消費者からすれば商品を確認してから支払いをすればよくなったので、安心して買い物ができるというわけです。クレジットカードのような審査はなく、代金引換のようにお金を用意して荷物が届くまで家で待つ必要がないこともメリットです。

しかし、この「後払い」の方式にもデメリットは存在します。まず、他の多くのサービスと同じように、後払い決済にも手数料は発生します。お金を払う際には、コンビニや郵便局、あるいは銀行に出向かなくてはならず、手間がかかってしまいます。

 

 ネットショッピングでの支払い方法で最もお得なのは…?

こうして見ると、ネットショッピングの支払い方法にはそれぞれ一長一短ありますが、どれが最もお得かと問われれば、答えはクレジットカードと言えるでしょう。まずもっとも大きいのは、他の決済方法はすべて手数料が発生するという点です。額自体は数百円程度なので1度や2度利用するだけなら大した違いはないでしょう。しかし、ネットショッピングを日常的に行うようになり、仮に1度の買い物で200円の手数料がかかるとして、100回で2万円のロスが生じることになります。これはかなりの痛手ではないでしょうか。

クレジットカードならば手数料がかからないだけではなく、カードを使うたびにポイントが加算され、そのポイントに応じてお金が還元されます。少なくとも、金額面で比較した場合、どちらがお得かは明らかでしょう。また、クレジットカードには購入した商品が破損していた場合に補償してくれる「ショッピング保険」やインターネット上の不正利用によって生じた損害を全額補償してくれる「オンライン不正利用保険」が付帯していつ場合が一般的です。

一方クレジットカード自体の不正利用による被害という問題はあるものの、これに関してはセキュリティが強いカードを選択すれば過度な心配をする必要はありません。いろいろな補償がついている分、安全面に関してもクレジットカードの方が有利と言うころもできます。このように、クレジットカードは金銭面、利便性、安全性と、あらゆる面で現金での決済と比べて大きなメリットがあります。あとは、なるべくネットショッピングに適したカードを選択し、これからも楽しい買い物を続けてください。

 

→初めて作るクレジットカードならこれがオススメ!