目次

iPhone7がApplePayの使用でおサイフケータイに対応!

待望のiPhone7がついに販売開始に!

絶大な人気を誇るiPhoneですが、ついにiPhone7が販売開始されました。iPhone6に比べてiPhone7ではカメラの画素数が向上し、動画の解像度もグレードアップしています。ジェットブラックやローズゴールドなど、本体のカラーバリエーションも豊富になっている点も魅力的です。iPhone7は、なんといっても今までは利用できなかった「おサイフケータイ」を搭載されたことが話題となっています。iPhone7でApplePayを利用すれば、Suicaが使えるようになります。iPhone7をかざすだけでスムーズに支払いができるのは、大変便利なことですね。

また、iPhone6と比べるとCPU(中央処理装置)の性能が倍になっているので、処理能力も2倍近くの向上を期待できます。(※Geekbench基準)iPhone7は、耐水性能がついているのも新たな魅力といえるのではないでしょうか。万が一、お風呂でiPhoneを使用して落としてしまった場合も壊れなくてすみます。入浴しながらiPhoneで音楽を聴いたりメールチェックをしたりする人にとって便利ですね。

そろそろ手持ちのiPhoneの替えどきだと考えている人は、iPhoneを下取りまたは買い取りに出せば手ごろな価格でiPhone7を入手できるのでおすすめです。

「ApplePay」を使っておサイフケータイが使えるiPhone7!

iPhone7が注目を集めているサービスとして、おサイフケータイ機能の搭載があります。iPhone7でSuicaなどが利用できるようになることを待ちこがれていた人も多いのではないでしょうか。

一般的なおサイフケータイで使える定番は電子マネーの「nanaco」や「楽天Edy」「WAON」などさまざまな種類がありますが、iPhone7で使えるのは発売時点で「Suica」と「iD」「QUICPay」となっています。iPhone7のおサイフケータイは、海外ではすでに広く使われている「ApplePay」という独自の決済サービスになります。

→ そもそも電子マネーとはなに?電子マネーの種類と概念が知りたい方はこちら!

→ Suicaの機能について詳しく知りたい方はこちら

→ iDの機能について詳しく知りたい方はこちら

→ QUICPayの機能について詳しく知りたい方はこちら

ApplePayとは、iPhone7にクレジットカード情報を登録して、おサイフケータイとしてタッチで支払いをしたり、アプリを使用して決済したりできるサービスです。iPhone7では、モバイルSuicaの利用が可能になりました。Suica定期券やSuicaカードのデータを読み込ませれば、iPhone7をSuicaとして使うことができます。アプリ内で直接Suicaのチャージや定期券の更新もできるのでとても便利です。

店舗で買い物をするときにもiPhone7をSuicaのように使えるので、Suica、iD、QUICPayが使えるお店ではiPhone7をかざすだけでサッと支払いを済ませられます。また、ApplePayはネットショッピングでも使用できるので、SafariのWebサイト上で買い物をする際に、ApplePayを選択するだけで決済ができるのも魅力です。

おサイフケータイってなにができるの?

駅やコンビニで、ケータイをかざして支払っている人を見たことがある人もいるのではないでしょうか。おサイフケータイとは、お財布の中に入っている小銭や定期券などをケータイの中に入れられるサービスのことです。

お財布の中に小銭や定期券、カード類などが入っていると、急いでいるときに取り出しにくかったり、お財布の中身がかさばったりしますよね。あらかじめおサイフケータイへお金をチャージしておけば、コンビニなどの電子マネーが対応しているお店では、ケータイをかざすだけでスムーズに決済ができるのです。

電車や飛行機など乗り物に乗るときも、改札機や搭乗ゲートの機械におサイフケータイをかざせばOKです。おサイフケータイがあれば、切符やチケットの代わりになります。あまりたくさん小銭を持ち歩きたくない人や、改札に並んで切符を購入したくない人など、毎日の生活をスムーズかつ便利にしたい人にとって非常に人気のサービスとなっています。

ケータイを買い替えるときには、おサイフケータイに対応しているかどうかをチェックしている人も多いようです。カードのポイントをためることもできるので、お財布にカードを入れる必要はなく、お得かつスマートに買い物や移動を楽しめるという特徴があります。

 creditcard

「ApplePay」に対応しているクレジットカードは?

ApplePayは、三井住友カードやJCB、MasterCard、イオンカード、オリコカード、ビューカード、MUFGカード、楽天カードなどの主要なクレジットカード会社に対応しています。ほとんどの主要なカードが対応しているので心強いですね。これから参入企業が増えることによって、対応カードがよりいっそう充実してくるのではないでしょうか。ApplePayの電子マネーはSuicaが対応しています。iPhone7を使えばiPhoneユーザーもモバイルSuicaを使えるようになるので、多くの注目が集まっています。

→ Applepayにすぐ登録&すぐ使えるiD搭載の三井住友VISAクラシックとは?

Appleの公式サイトでも、ApplePayでSuicaが使えることを大きくアピールしています。待ちに待ったiPhone7のSuica対応の影響力は大きそうですね。ApplePayのサービス開始によって各クレジットカード会社での申し込みが混雑している可能性があるので、ApplePayで使用したいカードがある人は余裕を持って申し込んでおくことをおすすめします。またApplePayに対応するクレジットカードは随時参入企業が増える可能性があるので、Appleの公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

iPhone7の下取りの際、登録したクレジットカード情報はどうすればいい?

iPhone7を下取りに出す際に注意したい点は、登録したクレジットカード情報の流出を防ぐために、必ずクレジットカード情報を削除してから下取りに出すようにしましょう。クレジットカードには個人情報が詰まっているため、いざというときのために情報を消す方法を知っておくと役に立ちます。ApplePayに登録したクレジットカードを削除するには、Walletアプリを起動して削除したいカードを選択します。画面右下の「i」アイコンをタップして、クレジットカード情報を開きます。「カードを削除」という項目があるので、ApplePayに登録したカードはすべて削除してから下取りに出すことをおすすめします。

2つ目の方法は、iCloudから1度サインアウトすることで、ApplePayに登録したクレジットカード情報がリセットされます。やり方は、「ホーム画面」から「設定」「iCloud」の順に選択して、下の方にある「サインアウト」をタップします。再びログインしてもApplePayに登録していたクレジットカード情報は自動では戻らないので、すべてのカード情報をリセットしたい場合に有効な方法になります。

3つ目の方法として、「iCloud.com」のサイトからクレジットカード情報を削除することも可能です。https://www.icloud.com/を開き、「設定」から「マイデバイス」の下に表示されるiOSデバイスなどを選択します。クレジットカードの一覧が表示されるので、すべて削除を選択します。機種変更などでiPhone7を下取りに出すときに、クレジットカード情報が残っていると大変危険です。どこで悪用されてしまうか分からないので、クレジットカード情報をすべてリセットしておきましょう。

▲目次にもどる