600x400_294355049

目次

クレジットカード払いで利用手数料とはどういうもの?

加盟店がカード会社に支払う決まりの手数料!
クレジットカードが使える店舗は多いですが、それらの店舗はクレジットカードに対応するための契約を行っています。店舗がクレジットカード決済を可能にするには、カード会社との間で加盟店契約を結ばなければなりません。店舗側はクレジットカード払いに対応することで、集客力がアップするメリットなどを期待できます。そのメリットの対価として、加盟した店舗はカード会社に手数料を支払うことになるのです。この手数料のことを、一般的には「加盟店手数料」と呼んでいます。

加盟手数料は利用代金から差し引く!3~7%ぐらい
店舗が支払う加盟店手数料は、月額などの固定制ではなく、カード払いの利用代金から差し引かれます。どれだけ差し引かれるのかはカード会社によって差がありますが、3~7%ほどの契約になっているのが一般的です。このようにカードの利用に応じて、カード会社は店舗から手数料を受け取るスタイルになっています。店舗とカード会社の間でのやり取りなので、利用者が手数料を意識することは通常はありません。

⇒  では利用者が支払うべき手数料ってなに? そう思った方はこちらをクリック

払う必要があるの?加盟手数料を請求された場合

悪質店舗に要注意!手数料を客に負担させるケースが増加中
しかし中には、お会計の際に利用者が本来支払うべきではない加盟店手数料を支払い金額に上乗せしてくる加盟店も存在します。ですが、その手数料を上乗せされていても気づきにくい場合があります。何事もないように、利用代金と一緒に請求されると不審に感じないかもしれません。

それを防ぐには、利用しようとしている店舗が、現金払いとカード払いで金額が変わらないかをチェックすると良いでしょう。現金払いよりカード払いの方が割高に設定されている店舗は、利用代金に手数料を上乗せしている可能性があります。

加盟店手数料を請求されても払う義務はなし
・客に請求すると加盟店契約規約違反になる!
基本的に手数料は利用者が負担する必要はありません。多くの場合、加盟店とカード会社の契約の中で、加盟店が支払うことが定められているからです。加盟店が利用者に手数料を負担させた場合、契約に違反したことになってしまいます。この契約の存在を知らないと、手数料を請求されても疑問に思わないかもしれません。加盟店とカード会社の間では一般的にこのような契約がなされていると考えておくと良いです。本当にそうなのか心配な場合は、カード会社に問い合わせてみると良いでしょう

上乗せ・決済拒否_三井住友VISA_MasterCard
▲「三井住友VISAカード」の場合▲

上乗せ行為_AMEX
▲「アメリカン・エキスプレス・カード」の場合▲

上乗せ行為_JCB
▲「JCBカード」の場合▲

・請求されたら、きっぱり拒否することが大切!
もし手数料を請求されたら、断固として拒否することが大切です。当然のように請求されると、断るのが意地汚いように感じてしまう人もいるかもしれません。しかし基本的には、利用者が支払う義務はありませんので、きっぱり断って構いません。知識がある客だと判断すると、手数料の請求を諦める店舗もあります。弱気な態度を見せていると、押し切られてしまう可能性があるので気をつけてくださいね。サインは決してせず、すぐにクレジットカードを取り下げましょう。

・請求されたら通報!店舗の詳細を伝えて
もし請求されてしまったら、すぐにカード会社に通報しましょう。まず、その店舗の名称や住所などを伝えると良いです。そして、どのように請求されたかなど、できるだけ詳しく状況を説明してください。おそらくオペレーターからいくつか質問をされるので、落ち着いて受け答えをすることが大切です。初めて通報する場合は緊張するかもしれません。しかし悪質な店舗の情報が分かることは、カード会社にとっても有益なことなので、協力しているつもりで堂々と話すと良いでしょう。

・そもそも、クレジットカード手数料を上乗せする行為は顧客欺瞞
クレジットカード決済ができるお店は、該当するカードブランドのステッカをドアに貼っておいたり、ネット上の店舗情報に「クレジットカード決済可」などの記入をして便利な決済ができるお店というアピールをして集客することが一般的…というか、クレジットカード決済投入の根本的な理由でもあります。しかし、そこからくる手数料を顧客に請求するということは、つまり「クレジットカード決済投入から来るお店側の利益・メリットは利用したいが、そこから発生する経費は払いたくないからお客さんにこっそり負担させる」という立派な顧客欺瞞行為です。飲食店でランチ代の支払いにはクレジットカードの利用ができなかったり、そもそもクレジットカード決済を投入していないなどの店舗はしかたないですが、「クレジットカード決済ができる」と占めしといてあとから手数料を上乗せして請求することはあまりにも悪徳ではないでしょうか。

もう払ってしまった!加盟店手数料に後から気付いた場合

気付いた時点でカード会社に連絡!
加盟店手数料を払ってから、自分が負担する必要がなかったことに気付くこともあります。また、手数料を取られていること自体知らなくて、後から気付くこともあります。それらの場合も諦めずに、カード会社に連絡した方が良いでしょう。事実であることを確認するために、カード会社はその店舗に確認を行い、改善のための指導を行うと予想されます。それだけでも連絡する価値は十分あるといえるでしょう。特にこれからも利用する予定の店舗なら、早めに連絡しておくのがおすすめです。

支払った手数料は取り戻せるの?
カード会社に連絡すると、支払ってしまった手数料が返金されることがあります。カード会社が負担する形で、請求額から手数料の分を減らしてくれるケースなどが見られます。ただし、返金されない可能性があることも認識しておきましょう。手数料を本当に支払ったのか確認できない場合などもあるからです。以前は返金されるのが一般的でしたが、手数料を支払ったとかたる詐欺が現れた影響で、返金しないカード会社が増えたといわれています。カード会社によって対応が異なるので、とにかくまずは連絡してみることが大切です。

どうして店舗は客に加盟手数料を負担させたがるの?

カード利用者が多いと利益が減少
同じ代金の商品を売ったとしても、現金払いとクレジットカード払いでは店側の利益が異なります。カード払いの場合は、手数料が差し引かれてしまうからです。そのためカード利用者が多いほど、本来の利益より店舗の利益が下がっていくことになります。カード払いをする客ばかりだと、店舗にとって手数料の支払いが大きな負担になることもあるでしょう。そのため、バレなければ客に手数料を負担してもらおうと考えてしまうのでしょう。

個人経営や薄利の店舗には要注意!
経営状態が良好な大手店舗などでは、手数料を請求してくる可能性は低いです。加盟店手数料など、大手店舗にとっては支出のほんの一部にしかならないからです。しかし個人経営や薄利の店舗の場合、経営が苦しいと請求してくることがあるかもしれません。そのような店舗でカード払いをする場合は、念のため手数料を取られないかチェックした方が良いでしょう。またランチタイムのみ、集客のために薄利を覚悟で料金を下げている飲食店もあります。そのような店では手数料の負担を避けるため、ランチタイムだけカード払いに対応しないことも珍しくありません。

海外には客に請求することがOKな国もある!

デンマークやスウェーデンなどに行くときは注意しよう
日本では店舗が加盟店手数料を支払うことが一般的ですが、海外には利用者が支払うこと当然である国も存在します。デンマークやスウェーデン、イギリスなどのヨーロッパの国々やオーストラリアなどがその例です。これらの国では利用代金に手数料を加算して請求することが容認されています。手数料はサーチャージといわれており、店舗が利用者に請求することに何の問題もないのです。そのような海外加盟店に日本のルールを主張しても通用しないと考えておきましょう。海外に行く場合は、その国のクレジットカードに関するルールについて事前に調べておくことが重要です。

悪徳店舗と遭遇したら?慌てずにカード会社に連絡!

手数料の上乗せに気づいて指摘をすると、素直に謝って返金してくれる店舗もあるでしょう。しかし中には、返金しようとしない業者や悪態をつくような業者もいるかもしれません。そのような悪徳店舗に遭遇したら慌てないことが大切です。違反であることを理解したうえで、しつこく請求してくる悪徳店舗を相手にするのは得策ではありません。自分で何とかしようとするともめてしまい、大きなトラブルになってしまう可能性があります。慌てずにカード会社に連絡をして、対応を任せて解決するようにしましょう。

▲目次にもどる