目次

デビットカードのメリットとデメリット

デビットカードとは、銀行などの金融機関にある自分の口座から、直接お金を引き落として商品の支払いができるカードです。クレジットカードでは、分割やリボ払いのように何回かに分けて支払いを行うこともできますが、デビットカードは一括払いの機能しか持っていません。口座からお金がなくなればカードは使えなくなるのです。そのため、自分の身の丈に合った支出になり、カードによる使い過ぎを防止できます。

デビットカードでは、口座から支払うお金が直接引き落とされます。そのため、ATMに並んでわざわざ現金を入手する必要がなく、手数料も掛からないということです。ATMに関わる手間を丸ごと省くことができ、カードを通して支払いをしているため、支出の管理も簡単です。利用した内容はオンライン上で確認できるので、過去にどのような店でどのくらいの支払いをしたのかが、レシートを取っておくよりもわかりやすく確かめられるからです。希望すれば、利用のたびに明細がメールで送付されるサービスもあるため、万一不正使用されてもすぐに気付けるでしょう。

デビットカードは、自分の口座からの一括払いの支払い方法しか選択できないため、クレカと違って審査を受けずに所持できます。そのため15歳以上から申し込め、申し込んでから発行までの時間も短くてすみます。国際ブランドの記載があるデビットカードは、海外でもショッピングに利用できます。現地の通貨が必要になったら、ATMから自分の預金を両替して入手することも可能なのです。旅行や留学で海外に行くことになったものの、クレカは作れないといった場合でも、デビットカードは発行できます。そして、デビットカードでも利用金額に応じたポイントのキャッシュバックサービスがあるので、カード利用での支払いはお得になります。

デビットカードにも、デメリットがないわけではありません。例えば、支払いのときにクレカのように毎回サインや暗証番号の入力をする必要があります。紛失や盗難の際にも、カスタマーセンターへの連絡や口座の引き落とし停止といった手続きがいります。また、デビットカードはクレカのように審査がない分、ポイント還元率が低めに設定されています。しかし、お金を扱うカードが厳重に管理されるのは当然で、紛失や盗難に関してもクレカやキャッシュカードと同等の対応を取らなければならないのは、欠点とはいえません。審査の関係でポイント還元率に影響が出るのも、仕方がないことといえるでしょう。

デビットカードは、クレカだとつい買い物し過ぎてしまう人におすすめのカードだと言えるでしょう。クレカは現実の支出とカードへの支払い時期にかなりのタイムラグがあるため、金銭感覚が希薄になることがあります。支出管理のしやすさを重視する場合にも、一括払いのみのデビットカードがおすすめです。クレカを持っていても、一括払いしか利用しない人にも適しているかもしれません。支払いは現金のほうが安心だという人でも、ATMのわずらわしさを除いただけのデビットカードなら、使いやすいのではないでしょうか。電子マネーのチャージを面倒に感じる場合にも良いです。クレジットカードの審査に通らないけれど、機能が似ているカードを持ちたいというときにも向いています。

 

プリペイド型電子マネーのメリット・デメリット

プリペイド型電子マネーとは、先払い方式のシステムの電子マネーです。はじめに専用のカードなどへ、現金をチャージしておくことで利用可能になります。自分のお金を電子マネーという形に変えるだけなので、クレジットカードのような審査はもちろんありません。親の同意があれば、デビットカードよりも低い年齢で使えるものもあります。プリペイド型電子マネーは、入金の方法から悪用されにくいため、クレカやデビットカードのようなサインや暗証番号も支払い時には必要ないのです。必要になるのはカード1枚だけで、かざした瞬間に支払いが済むという、コンパクトでスピーディな使い心地が大きなメリットです。

プリペイド型電子マネーは、入金を先にしなければ使えません。そのため、使い過ぎは避けられますが、少し大きな買い物をするとチャージの回数も増えてしまいます。チャージには現金以外にクレカから引き落とす方法もあり、こちらを利用すれば手間が掛からないだけではなく、チャージで貯められるポイントに、さらにクレカ利用でのポイントも加わります。クレカと併用すると何かと得ではありあますが、クレカの発行もしなければならないのをデメリットと感じる人もいるでしょう。

プリペイド型電子マネーは、日本のものは日本の企業が発行と管理をしているので、海外でのショッピングなどには利用できません。ネットショッピングでも、発行している企業と提携している店でしか利用できないため、選択肢が少ないと感じることもあります。プリペイド型電子マネーは、同じような店で少額の買い物をする機会が多いけれど、そのために小銭を持ち歩きたくはない人におすすめの支払い方法です。支払い時にセキュリティーを気にせず、時間を掛けずにすむメリットも、小口の購入だと活きてきます。

クレジットカードのメリット・デメリット

クレジットカードのメリットは、カード1枚でどこでも支払いができるところです。店頭でもオンライン上でも利用可能で、海外でも問題はありません。クレカはカード会社とカード所有者が信頼(クレジット)関係によって契約を結び、カード所有者の支払わなければならない金額を、カード会社が一時的に肩代わりする支払いシステムです。信頼できる相手だと見極めるために審査がありますが、発行基準がほかのカードと比較して厳しい分、サービスも手厚くなっています。例えば、支払いごとのポイント還元率が高いというようなものです。ショッピング保険も付帯され、適用される商品に不備があった場合、購入後定められた期日までに連絡すれば補償してもらえます。

クレカは海外でも利用する人がたくさんいるので、国際ブランドのカードを持っていれば、全世界の加盟店で利用できます。デビットカードと同じように、ATMから現地の現金も引き出せます。クレカでは、一括払い以外の支払い方法を行うと利用手数料が掛かりますが、繰り上げ返済などでその金額を減らすこともできます。クレカは支払いの際に大金を扱う場合も多いため、年齢制限もあり、年収などの審査を受けて通らなければなりません。扱う対象の重要性でセキュリティーも重視され、商品購入時のサインや暗証番号入力も避けられないのも、デメリットと感じさせることがあります。

人によっては、大きな買い物をしても、分割払いやリボ払いさえすれば何とかなりそうな気になってお金を使い過ぎてしまうのもマイナスの点として挙げるかもしれません。メリットとデメリットから、クレジットカードは支出に関してある程度用途が決まり、使い過ぎの心配があまりない人に適しているのではないでしょうか。例えば、クレカはショッピングばかりではなく、公共料金の支払いにも使えます。そのような支出は金額が大体わかっていて、さらに定期的に利用することになるので、ポイントを貯めたり利用したりするのにも効率的です。

そのように支払う対象がそれなりに限られていて、無駄遣いしなければクレカは利用する人の強い味方になってくれます。また、審査に通っているということは、カード会社が身分を保障してくれているということでもあります。海外のホテルなどでは、現金で払うより国際ブランドのクレカで支払う方が信用されることもあるのです。相手が自分の価値を認めてくれることは、満足できる旅行につながる要素になることも少なくはありません。日本の価値観が通用しない海外では、ステータスの表明としてクレカが重要な存在になることもあるのです。

▲目次にもどる