目次

海外で使える電子マネー「VISA payWave」とは?

「VISA payWave」とは、VISAが提供する電子マネー、電子決済システムです。日本では今のところ全くといっていいほど普及していないこの「VISA payWave」ですが、今後徐々に普及するだろうと考えられています。

「VISA payWave」は国際的に用いられている電子マネーであり、イメージ的にはSuicaや楽天Edyなどの電子マネーと使い方は同じです。具体的には、「VISA payWave」のリーダーが設置されている店舗などでクレジットカード、もしくは「VISA payWave」専用アプリをダウンロードしたスマートフォンをかざすことで迅速な決済を行うことができます。

AppleがApplePayをリリースしたことによって、スマートフォンに電子マネーを入れて持ち歩くことは今や普通のこととなりました。iPhoneユーザーの多い日本においても、コンビニや自販機、公共交通機関などでスマホによる電子決済の場面は良く見られるようになっています。

ところで、電子マネーにはその支払方法によって、ポストペイ式とプリペイド式に分類することができます。ポストペイ式というのは、利用金額がまとめて月の最後などに銀行口座から引き落としされる仕組みのことで、クレジットカードなどをイメージするとわかりやすいでしょう。一方、プリペイド式というのは端末やカードにあらかじめ一定額をチャージしておくもので、Suicaなどがこの代表例です。「VISA payWave」はこのうち、前者のポストペイ式を採用しているため、基本的にはクレジットカードと同様の使い方ができます。お店での会計時にクレジットカードを使った支払いはサインや暗証番号の入力などがあり、どうしても手間がかかってしまいます。しかし、「VISA payWave」をスマートフォンに組み込んでおけば、ものの数秒で決済が完了するため、手を煩わせず無駄な時間を使う必要もありません。

今現在日本では未だ知名度の低い「VISA payWave」がなぜ今注目されているのかというと、今後日本で徐々に普及していくだろうと考えられているからです。日本では2020年に東京オリンピックが行われますが、オリンピック開催時には世界各国からさまざまな国の人々が日本を訪れます。国が違えば当然決済手段も異なってくるため、店頭での支払いに関しては非常に大きな混乱を生じる可能性が指摘されています。このような問題点に対する解決策として考えられているのが「VISA payWave」の普及です。

「VISA payWave」は日本でこそ知名度は低いですが、実は世界では日常的な決済手段として広く用いられています。この国際的な電子マネーシステムを日本でも普及させることによって、世界中どの国の人が日本を訪れても何の不安もなく決済を行うことができると期待されているのです。Suicaや楽天Edyなどの電子マネーは発表と共に急速に広まり、その利便性の高さから一気に普及しましたが、「VISA payWave」も同様に2020年に向けて急速に普及していくと考えられています。普及をしていくのは今後数年にわたってですが、今現在でも海外旅行や出張の多い人であれば「VISA payWave」を持っておく必要性は高いでしょう。世界の主要国ではほとんど「VISA payWave」の使用が可能ですし、決済の際に相手にクレジットカードを渡す必要がないため、安心感もあります。言葉の通じない海外ではこのような安心感は非常に重要ですね。

 

日本の電子マネーと「VISA payWave」の違いって?

日本の電子マネーと海外の電子マネーの違いはNFCの決済システムの違いです。電子マネーなどのような非接触ICカード技術や近距離通信技術のことをNFC(Near Field Communication)と呼びますが、このシステムの規格が日本と海外では異なります。Suicaなどに代表される日本で普及した電子マネーのNFCは「FeliCa(フェリカ)」と呼ばれるシステムが採用されています。このFeliCaはソニーが開発した技術であり、日本で導入されている電子マネーのほぼすべてにおいて採用されています。

しかし、一方で海外はどうかというと、FeliCaは日本以外の国においてはほとんど利用されていないというのが現状です。現在、国際標準規格となっているNFCは「TypeA/B」と呼ばれるものであり、海外のほとんどの国ではこの方式が採用されています。「TypeA/B」は厳密にいうとTypeAとTypeBに分けることができ、TypeAはオランダのPhilipsというところが開発した通信規格で、TypeBはアメリカのMotorolaが開発した通信規格です。日本ではFeliCaが普及したため、国際標準規格である「TypeA/B」はまったくといっていいほど普及しませんでした。ソニーもFeliCaを国際標準規格にすべく普及に努めましたが、それは実現せず、現在のような形に落ち着いているという状況です。

さて、そこで注目したいのが「VISA payWave」のNFCの通信規格です。「VISA payWave」は今までの日本の電子マネーが採用していた「FeliCa」ではなく、国際標準規格である「TypeA/B」が採用されています。このため、前述の通りFeliCaが普及している日本においては「VISA payWave」を使用することができませんが、世界の国々では使用することができるのです。世界ではポピュラーな決済手段だとしても、日本においては今現在使用することができない決済手段を導入するのは意味を感じられないと思う人もいるかもしれませんが、国際的な流れに合わせるためにも、今後の普及は間違いないといっても過言ではありません。このような点を考えれば、早いうちから「VISA payWave」を導入しておいて損はないはずです。

また、「FeliCa」や「TypeA/B」はどこが違うのか?というと、使われている周波数などは同じで基本的に違いはありません。違いがあるとすれば、使える国や普及している地域という点くらいでしょう。使い方は同じで、読み取り機器に端末やカードを触れるだけです。ちなみに、TypeAやTypeBも日本で全く使用されていないということではありません。例えば、TypeAに関して言えば、タバコの購入時に必要なTaspoはこの通信規格が採用されています。また、TypeBに関しては、マイナンバーカードや運転免許証、パスポートなどに利用されている通信規格です。

 

「VISA payWave」のメリット

「VISA payWave」最大の利点はなんといっても、さまざまな国で使用することができるその国際性でしょう。すでに紹介した通り、海外旅行や出張の際の決済手段としては非常に便利です。「VISA payWave」は2016年3月時点で、アメリカやカナダ、イギリス、オーストラリアなどをはじめとする世界71の国と地域で使用可能です。日本からほど近く、海外旅行先としても人気の韓国や香港、シンガポールなどでも利用することができます。

海外に行った際にもっとも大きいのが言葉の壁ですが、「VISA payWave」をスマホなどに入れておけば、現地の言葉が話せなくと問題もなく支払いを済ませることができます。暗証番号の入力やサインも必要ないので、支払い時には最低限のコミュニケーションだけで済んでしまいます。さらに、ポストペイ式を採用しているため、チャージをするための手間も省けます。日本であれば言葉が通じるのでチャージもそこまで面倒に感じないかもしれませんが、海外ではチャージを行うのにも一苦労という経験をしたことがある人も多いでしょう。「VISA payWave」を使っていれば、このようなチャージを行う場合の心配要素も解消されます。

また、セキュリティ面も大きなメリットといえるでしょう。ポストペイ式(後払い)の代表例とも言うべきクレジットカードは、非常に便利ではありますが、セキュリティ面で不安を覚える人も少なくありません。例えば、偽造被害です。クレジットカードのスキミングや偽造被害による不正利用は、年々増加傾向にあります。特にアメリカや日本などではクレジットカードの不正利用被害は多数報告されており、決済システムを脅かす脅威ともいえるでしょう。このような被害を防ぐためのセキュリティとして注目されているのが「VISA payWave」をはじめとした電子マネーです。カードを直接渡すこともありませんし、スマホを肌身離さず持っていればカード情報を盗み取られる心配もありません。今後、日本において普及がなされれば、より強固なセキュリティ対策を行うようになるはずですので、今以上に安心した決済が可能になるでしょう。

さらに、特定のクレジットカードにより引き落としを行うことで、さまざまな保証サービスを受けられる制度も充実しています。クレジットカード独自のポイントプログラムなどもありますので、日常使いをすることによってお得に買い物を楽しむことも出来るでしょう。電子マネーによるNFC決済は数秒で済んでしまいます。電車などの交通機関でICカードを利用している人もその使いやすさは実感しているはずです。これが世界中どこでも使える決済手段になれば、クレジットカードに変わる新しい決済手段として台頭する日も近いかもしれません。

 

日本国内でも2020年のオリンピックを目処に「VISA payWave」が普及する兆し

すでに紹介しましたが、「VISA payWave」は2020年に開催される東京オリンピックを目標に、徐々に普及していく見通しです。たしかに今現在は国際標準規格である「TypeA/B」の読み取り機器を導入している店舗はほとんどありません。そのため、国内でしか電子マネーを使わない人にとっては「VISA payWave」を持っていたとしても、今すぐそのメリットを享受することはできません。そもそも「VISA payWave」がリリースされたのは2007年ごろで、海外にて「VISA payWave」が普及していきましたが、日本ではFeliCaが電子マネー決済の最盛期を担いました。そして日本だけは海外諸国と全く異なる電子決済の歴史を歩むことになったのです。

「VISA payWave」はロンドンオリンピック以降、さまざまな国で決済システムとして採用されていきました。その後の2013年ごろからは日本でも本格的な「VISA payWave」の普及が始まります。しかしFeliCaがすでに根付いてしまった日本では、ほとんど受け入れられず、普及率はほとんど伸びていませんでした。オリンピックの日本開催が決定して以降、徐々にその流れは変わりつつあります。特に大きな変化を感じることができるのが、スマートフォンです。Appleが販売しているiPhoneには6以降、日本向けに販売されるデバイスに対しても「TypeA/B」のチップが搭載されるようになりました。このほかにも、国内で販売されているアンドロイドなどに「TypeA/B」を搭載しているモデルも多数発売されるようになり、FeliCa一強の時代が変わりつつあるということがここから見て取れます。また、FeliCaとTypeA/B両方を使うことができるスマホやカードなども国内で販売されるようになってきており、日本も国際的な決済規格に近づいてきたという印象を受けます。

ロンドンオリンピックやソチオリンピックでは、開催国による大規模な決済システムの整備が行われました。世界各国の決済システムの歴史を見ても分かる通り、オリンピックの開催というのがひとつ大きなキーワードになっているようです。日本で開催される2020年東京オリンピックに向けて、大勢の外国人観光客の来日が予想されます。実際に、今現在でも徐々に外国人観光客の数は増加傾向にあり、決済手段の検討を行っている企業も多いといわれています。今後、日本では東京オリンピックに向けて「VISA payWave」が普及するばかりでなく、今ある電子マネーもFeliCaからTypeA/Bに変わる日が来るかもしれません。海外からくる観光客に対しての利便性の向上は国際的な日本の評価にもつながりますので、世界から遅れを取らないためにも、日本での普及が急がれるところです。

 

「VISA payWave」が利用できるクレジットカード


三井住友VISAクラシックカード
公式サイトはこちら←

 


三井住友VISAデビュープラスカード
公式サイトはこちら←