電子マネーの新参者「Tマネー」

皆さんはTマネーという電子マネーを知っていますか? TマネーとはTカードでお馴染みのカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が発行している電子マネーです。電子マネーというと新たにカードを作らなくてはいけないのでは?と思われがちですが、今持っているTカードに電子マネー機能を搭載することで利用ができます。

つまり、今までのTカードをそっくりそのまま使うことができるというわけです。しかし、①2014年6月1日以降に発行されたものや、②裏面にTマネーに関する記載がないカードは、Tマネー機能を搭載することはできません。自身が持っているTカードが搭載できるかどうかは、Tサイトにログインし「あなたのTマネー残高」を開き「Tマネーサービスが利用できません」と書いてあればTマネーは使えないということになります。

「Tマネー」が搭載できなカードを発行する店舗!

もし、Tマネーを搭載できないTカードを持っている場合は新たに発行する必要があります。基本的に、Tカードに搭載することができますが、搭載できないTカードを発行している加盟店もあります。

Tマネーを搭載できないTカードを発行している店舗はこちらから確認ができます。このサイトに載っていない店舗でTカードを発行するとTマネーを利用できます。Tマネーは電子マネーですので、事前にチャージしておくとお店などで利用することができます。

「Tマネー」のチャージ方法

チャージ方法はシンプルです。レジに行き、Tマネーに対応しているTカードを提示し「Tマネーをチャージしたい」と伝えます。チャージ金額は、1,000円から3万円までで1,000円単位で行えます。Tマネーは1円単位で使うことができるため、小銭が足りなくてTマネーでという使い方も出来ます。

Tマネーを使うことにより面倒な小銭を持ち運ぶ必要はなくなり、楽天EdyやSuicaのようにカード1枚でお買い物することが可能です。さらに、Tマネーを使うことで通常のTポイントに加えて、月間の利用額500円ごとに1ポイントもらうことができます。ボーナスポイントは、毎月1日から月末までで集計され、翌月1日に付与されます。

例えば、ファミリーマートで1,000円の買い物をした際に、Tカードを提示し現金で支払いをすると5ポイント(200円で1ポイント)たまります。Tマネーで支払いをすると、通常の5ポイントに加えTマネーポイントとして2ポイントが加算されますので合わせて7ポイント手に入れることができます。

Tマネーを使うメリットは、500円ごとに1ポイント付与されるということ以外にもあります。例えば、Tマネーギフトカードを10%OFFで買うことができます。TSUTAYAなどで買うことができます。3,000円分のチャージを10%引きされた2,700円で買うことができるのでお得です。不定期で行われるキャンペーンのため、チェックしてみてください。

Tマネーの購入方法

Tマネーをチャージするには、Tマネー加盟店に行き現金で入金する必要があります。Tマネー加盟店は、TSUTAYAやファミリーマートなどです。必ずしもTカードが使える場所はTマネー加盟店であるとは限りません。Tカードは使えてもTマネーは使えないという加盟店は多いので注意してください。また、TSUTAYAの一部店舗でもTマネーが使えません。Tマネーは利用できてもチャージができない加盟店も存在します。

Tマネーのチャージは現金のみ!

Tマネーへのチャージは現金のみの対応です。Suicaなどのようにオートチャージ機能は設定されていないほか、クレジットカード・デビットカードでのチャージは一切出来ません。Tマネーへのチャージ可能金額は最大3万円と決められており、その額を超えてチャージすることは不可です。チャージ後からすぐに使うことができるため、レジで会計をする前にチャージをして会計をTマネーで支払うと、月間利用額に応じたポイントをもらうことができます。ただし、Tマネーの有効期限は最終利用日から10年間です。10年を過ぎた場合は失効となり使えなくなります。

Tマネーのチャージは1,000円以上3万円未満で、1,000円単位で行えます。現金チャージの他に、Tマネーギフトカードという方法もあります。厳密にはチャージではないのですが、TSUTAYAなどで売っているTマネーギフトを買えばTマネーにチャージすることが可能です。3,000円・5,000円・1万円の3種類が用意されており、好きな金額のギフトカードを選ぶことができます。Tマネーギフトカードの支払いは現金のみです。

ギフトカードの登録方法とは?!

ギフトカードを購入後、Tサイトへ行きログインを行います。画面にログインしたあと「チャージ(入金)する」と書かれたボタンが出てきますので、そこをクリックしてください。入力画面が出てくるとPIN番号を求められます。Tマネーギフトカードの裏面にPIN番号が隠されていますので、コインなどを使って削ってください。出てきたPIN番号を打ち込み、チャージを実行します。完了画面が出るとチャージは終了です。Tマネー加盟店で使うことができます。

Tマネーのギフトカードには有効期限がある!

Tマネーギフトカードの有効期限は180日間です。レジで会計をした日から起算し180日後には無効化されてしまいます。TマネーギフトカードからTマネーにチャージをした場合は最終利用日から10年間ですが、チャージをしていない状態ですと180日で失効します。なるべく早めにチャージをしておくと良いでしょう。

Tマネーの利用可能店舗

Tマネーを利用できる店舗は限られています。2017年7月現在、Tマネーのチャージと利用ができる店舗は、「ファミリーマート/蔦屋書店/TSUTAYA/ウェルシア/ハックドラッグ/B.B.ON/ドラッグイレブン/ドラッグユタカ/ダウンプラザかねひで/東武ストア(フエンテ)/ドラッグストアmac」の11社です。Tマネーのマークが有る店舗であればチャージと利用ができますが、TSUTAYAやウェルシア、ハックドラッグの一部店舗は対象外です。詳細は、下記の図を参考ください。※Tマネー公式ページ抜粋

日用品ならハックドラッグがおすすめ

日用品などを買うのであれば、ハックドラッグがおすすめです。ハックドラッグでは、毎週月曜日にはTポイント2倍デー、毎月20日にはお客様感謝デーとして200ポイント以上の利用で1.5倍の買い物ができます。TポイントとTマネーの併用は可能でので、例えば20日に1,500円分の買い物をしたとすると、300円分をポイントで支払い、残額をTマネーで支払うとします。

20日はお客様感謝デーなので300ポイントが1.5倍になり450円相当となり、残り1,050円をTマネーで支払うことになります。こうすると、Tポイントは108円で1ポイント付与なので通常ポイントが13ポイント、Tマネーボーナスが2ポイントの合計15ポイントが付与されます。

東武ストア(フエンテ)でも利用・チャージ可能!

他にも東武ストア(フエンテ)でもTマネーの利用とチャージが行えます。フエンテとは東武ストアが展開するブランドの一つで、通常の東武ストアより鮮度などにこだわりを持つことで高級感を出しているスーパーです。生活する上で必要な生鮮食品などもTマネーで買うことができるため、月間利用額に応じて付与されるポイントは貯めやすいのではないでしょうか。500円ごとに1ポイントと還元率は0.2%で低いのですが、毎月もらえるボーナスだと思えば嬉しいのではないでしょうか。

TポイントとTマネーを組み合わせばお得

このように、TポイントとTマネーをうまく組み合わせることにより、お得に買い物をすることができます。加盟店によってはTマネーとクレジットカードを組み合わせることが出来る場合がありますので、組み合わせたい方は店員に聞くと良いでしょう。

その他、加盟店でも様々なキャンペーンを実施していることがあります。Tサイトで情報を公開していることもありますので、事前に調べておくとスムーズにお得に買い物ができます。また、Tマネーのチャージはできなくても支払い(決済)はできる加盟店もあります。その加盟店は、「東京ワンピースタワー/街のお店/福岡ソフトバンクホークス」の3社です。東京ワンピースタワーは、すべての店舗で使えるというわけではなく麦わらストア(1F)とトンガリストア(3F)でのみ利用できます。その他の階では利用できません。

街のお店とはTポイント加盟店のことです。街にあるTポイントが使えるお店でTマネーが使える場合があります。Tマネーが使えるかどうかは、こちらのサイトからエリアを選択しカテゴリーを選ぶことで、検索することができます。店舗の右側に「Tマネーが使えます」と書いてれば使えます。福岡ソフトバンクホークスでは7番チケット売り場とミュージアムショップのみ利用できます。球場内での利用やその他場所での利用はできませんので注意してください。

まだまだ競合電子マネーには劣るサービス?!

ここまでTマネーの魅力について紹介しましたが、まだまだ競合電子マネーには劣ります。月間利用額に応じて付与されるポイント(500円で1ポイント)の還元率は0.2%と低く、他社電子マネーに比べるとかなり低いと言えるでしょう。

また、Tマネー以外の電子マネーはクレジットカードでチャージできたり、オートチャージが設定できたりと便利な環境が整いつつありますが、Tマネーはまだ整備されていません。クレジットカードチャージであれば、カード会社のポイントと電子マネーのポイントが二重取りできるなど様々なメリットがあります。

その他の電子マネーはどう?

例えば、楽天Edyです。楽天Edyはクレジットカードチャージに対応しているため楽天カードで支払うとポイントの二重取りが行えます。楽天カードでチャージをした場合の還元率は0.5%に低下してしまいますが、もらえないよりは良いのではないでしょうか。

また、リクルートカードと各種電子マネーという方法もあります。リクルートカードの国際ブランドをVISAにするとnanacoやSuica、楽天Edyなどにチャージをすることができます。JCBの場合はnanacoとSuicaにチャージすることができ、リクルートカードを使ってnanacoにチャージした場合の還元率は2.2%と高水準となります。しかし、現状Tマネーは現金チャージのみの対応です。そのためポイントの二重取りなどが行えずそこまでメリットがあるように見えません。

Tマネーは入会キャンペーンも行ってないのが現状

また、Tマネー入会に伴うキャンペーンも実施しておらず、ポイントプレゼントなどのキャンペーンもありません。TマネーはSuicaや楽天Edyなどと言った電子マネーよりも遅れて投入された電子マネーであるにも関わらず、クレジットカードチャージに対応できていないなど劣っている部分が多々あります。このようにTマネーはお得感がありそうで無い電子マネーなのです。小銭を持ち歩かなくても決済できるという点や、今持っているTカードにチャージができるなどのメリットはあるものの、他社の電子マネーと比較すると、Tマネーを持ちたいと思えるほどのインパクトは少ないと言えます。

2017年7月現在、Tマネーはまだまだ利用できる店舗も少ないというのが現状です。チェーン店ではなく個人店などで広がりつつありますが、まだまだCCCというブランド力があるにも関わらず、チェーン店などの加盟店が少ないです。しかし、今後Tマネーに関するお得なキャンペーンや利用店舗拡大に期待ができる電子マネーです。2014年からスタートしたTマネーは電子マネー界では新参者です。飽和状態になりつつある市場にどこまで切り込んでいけるかに注目が集まっています。