目次

タヌキのマークが目印のPontaポイントとは

お得で便利な共通ポイントプログラム採用!
Pontaポイントはいろいろなお店で利用できる
共通ポイントとは、サービスを提供している主要店舗や企業だけではなく、多種多様な店舗で自由にポイントを利用できることを指します。Pontaポイントは共通ポイントの1つで、多くの店舗やサービスを利用することでポイントを貯めたり、使ったりすることができるのです。一般的な店舗のポイントカードは固定店舗でしか利用することができず、気がつくと利用期限を過ぎてしまったり、ポイントがなかなか貯まらなかったりすることも多いでしょう。その反面、Pontaポイントは利用幅が広いので、ポイントを効率よく貯めやすくとても便利に活用することができます。

ポイント利用は自由自在!提携店舗やサイトで使用できる
Pontaポイントは必ずしもポイントを貯めた店舗で使用しなければならないわけではありません。ローソンやシェル石油、ゲオなど、日本全国の幅広いジャンルのお店で自由に利用することができます。Pontaカードが利用できるサービスは店舗での買い物以外にも、ガソリンの給油やレンタカー、銀行サービスに至るまで幅広く活用することができます。大手企業でもPontaポイントを取り入れているところは多く、全国各地で利用できるので、財布に常に入れておけば気がついたときに使えて便利です。

利用のしやすさと貯めやすさがウリのPontaポイント
Pontaポイントの利用ができる店舗が多いことは、ポイントの貯めやすさにもつながってきます。ポイントを貯めるために一番手軽かつ必要な行為は何か?というと、買い物やサービスを利用することでしょう。Pontaポイント対象店舗が近くにあったり全国展開しているということは、気軽にいつでもポイントを利用できるチャンスがあるということです。例えば1回の旅行をするだけでも、利用店舗を選べばレンタカーやコインパーキング、ガソリンの際にポイントを貯めることができます。グルメサイトである『ホットペッパー』を利用しても貯めることができるので、さらに一度で多くのポイントを貯めることが可能です。

Pontaポイントの利用方法

1ポイントを貯めるには
Pontaポイントはいくらから貯まっていくのでしょうか。Ponta提携店舗やサービスによって1ポイントが貯まる金額は違います。主に金額は100円~200円の利用で1ポイントを貯めることができます。お店により、税込み金額が対象になる場所もありますし、税抜き金額にポイントが付与される場所もあります。1ポイントは1円の価値があり、利用の際は1ポイントから使えるお店や100ポイント単位で使えるお店など、さまざまあります。

また、ローソンではポイントと商品を交換できるお試し引換券がロッピーで発行でき、新商品や期間の間に決められた対象商品を、数量限定でポイントと引き換えることが可能です。お試し引換券で交換できる商品に対し、使用するポイントは通常で購入する金額に比べると2分の1以下の商品も多いので、大変お得に商品がゲットできます。

例: 100円(税抜き)の500mlパックジュースのお試し引換券を40 Pontaポイントで交換が可能。実質40円で商品を購入したことになります

数えきれない数の提携店舗数
Pontaを利用できる提携店舗・サービスは100を超えており、そのどれもが全国にチェーンや直営店を構えるお店が多くあり、数えられないくらいの店舗数を誇っています。有名店舗だと、コンビニチェーンの『LAWSON』や『ケンタッキーフライドチキン』、レンタルショップの『ゲオ』、フォーマルの『AOKI』などがあげられます。2017年1月時点でPontaカードが利用できる個人店は3店舗で、東京の喫茶店『にいがたあかね屋』、埼玉の美容院『Sylph所沢店』、埼玉の総合小売店『砂風呂屋孳(ふゆる)』があります。

Pontaポイントを利用できるお店
Pontaが生まれたときから使えるローソン
Pontaポイントといえば、青と白の配色で牛乳缶のマークが特徴のローソンでしょう。ローソンはPontaポイントのサービスが始まった2010年3月1日からPontaポイントを導入ており、ローソン系列ではPontaカードを利用することができます。ローソン系列のコンビニは『LAWSON』をはじめ、『ナチュラルローソン』『ローソンストア100』『ローソン・スリーエフ』『ローソン・ポプラ』があります。

ローソンでPontaポイントを貯めるには買い物で100円(税抜き)ごとに1ポイント即時で貯まります。クレジットカード決算でも100円(税抜き)につき1ポイント貯まり、Pontaカード機能付きのクレジットカードなら100円(税抜き)で2ポイント貯めることができます。時折キャンペーンを行っており、期間限定で対象商品を購入するとボーナスポイントが付くサービスやPontaポイント倍キャンペーンなどがあり、ローソンホームページで情報を公開しています。

飲食店にかぎらずグルメサイトでも利用可!
飲食店でもPontaポイントを扱っている店舗はたくさんあります。店舗だと定食屋の『大戸屋』、カーネルサンダースで有名な『ケンタッキーフライドチキン』、宅配ピザの『ピザハット』があります。大戸屋とピザハットは100円(税抜き)ごとに1ポイント、ケンタッキーフライドチキンは200円(税抜き)ごとに1ポイント貯まります。また、ピザハットは前月の注文回数が1~2回でポイントが2倍になり、前月3回以上の利用があればポイントが5倍になるキャンペーンを行っています。

グルメサイトの利用でもPontaポイントが貯まるサイトがあります。リクルートが提供する『ブッキングテーブル』『ホットペッパー』『やっちゃばマルシェ』はPontaポイントが貯まるグルメサイトです。ネット予約ができる『ブッキングテーブル』は、24時間どこでも飲食店の予約を行うことができ、予約を行えば予約人数ごとに50ポイントの付与が6日以降に受けられます。お食事券の購入や居酒屋・飲食店の予約に強い『ホットペッパー』は、お買い物券の購入で販売価格の2~10%のポイント付与が翌日以降に付与されます。

また、ポイント加算条件に伴って確定した人数ごとにランチ以外の時間帯は50ポイント、ランチ時間帯(7:00~14:59)は10ポイントの付与が6日以降にされます。お食事券の購入にはPontaポイントを1ポイント1円で利用することができます。全国のこだわり食材を通販で購入することができる『やっちゃばマルシェ』は購入金額の1%を商品発送日の翌日以降に付与されます。商品購入にPontaポイントを使うこともでき、1ポイント1円で利用が可能です。

ガソリンや旅行などでもお得に貯まるPontaポイント
他にも、ガソリンスタンドの『昭和シェル』や、レンタルや新古販売事業をする『ゲオ』、旅行予約サイトの『じゃらん』などもPontaポイントを利用することができます。『昭和シェル』では、給油1Lごとに1ポイントか給油以外のお買い上げ100円(税抜き)ごとに1ポイントが3日後までに付与されます。1ポイントを1円で使用することも可能です。『ゲオ』は、リサイクルや新品のお買い上げやレンタル料金の200円(税抜き)ごとに1ポイントを貯めることができ、即時で付与されます。

お買い物の際、Pontaポイントを1ポイント1円で利用することもできます。日本最大級の旅行予約サイト『じゃらん』では利用料金の1~2%が翌月以降に付与されます。ポイントの加算率や加算時期についてはサービスによって異なるので、詳細は担当部署に直接連絡するのが良いでしょう。また、じゃらんを通じてPontaポイントを1ポイント1円で使うことができます。Pontaポイントの貯まる金額や使える条件は、提供店舗やサービスによって変わります。Pontaの公式ホームページ『Ponta Web』でそれぞれの利用詳細が記載されていますので確認してみましょう。

→ ガソリン代でポイントがお得に貯まるカードが知りたい方は、こちらをクリック!

Pontaポイントを効率よく貯める方法とは?

Pontaポイントはクレジットカード機能が付いていると効率倍増
光熱費や通信費などの固定費もポイント対象!驚異のクレジットPonta
Pontaにはクレジットカード機能が付いている『ローソンPontaカードVisa』や『シェル Pontaクレジットカード』などがあります。クレジット機能を利用してお買い物をするだけで、提携店舗に限らずPontaポイントを貯めることができるのです。さらに、通常の現金支払いや口座引き落としではポイントが付くことのない光熱費や通信費などの支払いに使用することで、ポイントを効率的に貯めることができます。光熱費や通信費の使用金額によっては、口座振替で適用される割引よりもクレジットカードのポイント還元率によって得られるポイントの方がお得な場合が多いからです。

クレジットカード支払いでポイント2重取りして、さらにお得!
さらにお得なことに、Ponta付きのクレジットカードは提携店舗で利用すると、クレジットカードのポイントと店舗利用で貯まるポイントの2重取りをすることができます。もしPontaポイントを効率的に貯めたいと考えている人は、クレジットカードが付属したPontaの利用をおすすめします。

飛行機に乗るだけでPontaが貯まる裏ワザとは
JALマイルも貯まるクレジットカード
JALローソンPontaカードVisa』をローソンやローソンストア100で利用すると、Pontaポイントだけではなく、JALのマイルが200円(税抜)ごとに1マイル貯まります。(※1ヶ月のご利用総額を元に付与されます)。JME×Pontaの会員登録を行っておくと、JALに乗っただけでもボーナスポイントが貯まるキャンペーンも行っていて、マイルと合わせたPontaポイントを貯めるチャンスです。

JALのマイルとPontaポイントの相互交換可能!
JALのマイルとPontaポイントは相互交換できます。JALのマイルを3,000~10,000マイル未満を交換する場合、1,000マイル単位でJAL 1マイルをPonta 0.5ポイントに変換できます。JALのマイルが10,000マイル以上の場合、JAL 1マイルをPonta 1ポイントに変換できます。逆に、PontaポイントをJALマイルに変換するときは、Ponta 2ポイントごとにJAL 1マイルに変更できます。

貯まったポイントの使い方
JALのマイルを貯めると、特典航空券をゲットして旅行に行けたり、ツアーやホテルの宿泊代金にあてたりすることができます。一方マイルを使用しない人は、Pontaポイントに変えて各提携店で利用したり、H.I.Sやじゃらんを使用してJAL以外のツアーや宿泊先に利用したりするのもいいでしょう。使わないマイルやポイントはもったいないですが、相互交換して有効利用することができます。

ポイント消失のリスクを減らせるクレジットカード
Pontaポイントの有効期限は1年間と決まっています。そのため、利用する店舗でPontaカードの提示を忘れるなど、あれこれしているうちに1年が経過すると、せっかく貯めたPontaポイントがなくなってしまいます。Pontaポイントは期間内に利用をすれば、情報が更新されて最終利用日から1年間利用できます。クレジット機能がついたPontaカードでは、提携店以外での利用でもPontaポイントが付くので、クレジットカードを使用しているだけで自動的にPontaポイントの有効期限が更新されます。そのため、ポイント失効のリスクを少なくすることができるのです。

リクルートサービスを使うだけでどんどん貯まるPontaポイント
リクルートで提供しているネットサービスを利用するとポイントが貯まります。『ホットペッパー』や『じゃらん』などで、Pontaポイントを貯めたり、使用したりすることができます。リクルートの提携サイトでPontaポイントを貯めるには、リクルートIDでPonta Webにログインします。自分が所持しているPontaカードの情報を登録すれば、その後にリクルートサイトで利用したサービスごとのPontaポイントが貯まります。

以前からリクルートを利用しており、リクルートポイントを持っている方はPontaポイントに移行もできます。リクルートポイント1ポイントごとにPontaポイント1ポイントで変換できます。

ゲームをするとPontaが貯まる『Ponta PLAY』とは
Pontaの公式サイトでは、『Ponta PLAY』というゲームで遊べます。用意してあるゲームの数は大変多く、それぞれ利用すればPontaポイントをゲットすることができます。ゲーム以外にもCMを見るだけでPontaポイントが貯まるコンテンツもあります。Pontaの公式サイト以外でも、スマホアプリでPontaポイントが貯まるコンテンツも提供しています。スマホではPontaが提供するお仕事もあり、それをこなすとPontaポイントが貯まるなど自分にあった方法でポイントを集めることができるでしょう。

Pontaリサーチでポイント以外にもうれしい経験ができる
Pontaが提供するアンケートに答えるとPontaポイントが貯まるサービスを『Pontaリサーチ』といいます。PontaリサーチはPontaリサーチ会員に登録すると利用することができます。アンケートの方法にはネット以外もあるので自分が利用しやすい方法でポイントを貯めることができます。

アンケート方法は、所要時間5分~30分の『ネットアンケート』、所要時間1時間~2時間で指定時間に会場に集まって特定の話題をディスカッションする『座談会』、所要時間30分~2時間で指定時間に会場でマンツーマン方式のアンケートに答える『インタビュー』、所要時間30分~2時間で指定時間に会場で実際に商品を見ながらアンケートに参加する『会場アンケート』の4種類があります。中には、ローソンの商品開発や開発会議に参加できるイベントもあるので、コンビニスイーツが好きな人にはたまらないイベントがあるのです。

Pontaポイントを効率的に貯められるクレジットカード

初回の驚がく付与ポイント!『Ponta Premium Puls』
Pontaポイントを貯めたい人にはもってこいのカードの1つが『Ponta Premium Puls』です。通常のクレジットカード払いの時は、Pontaポイントが100円(税抜き)につき1ポイント+αで付きますが、リボ専用コースなら100円(税抜き)に付き2ポイント貯まります。それ以外にも、提携店舗やサイトで利用したPontaポイントが貯まるので効率よくポイントを貯めることができるのです。初回特典やPonta Premium Puls限定のPontaポイントサービスもあるので、大量ポイント獲得が期待できます。

給油をするなら『シェル-Pontaクレジットカード』
給油をするにはもってこいのクレジットカードが『シェル-Pontaクレジットカード』です。昭和シェル石油で給油をすると、1リットルに付きPontaポイントが2ポイント貯まります。また、提携店舗やサイト利用でPontaポイントの2重取りができます。年間1回でも昭和シェル石油を利用すると年会費も無料なので、毎年使えば実質年会費は永続無料です。

→ シェルPontaクレジットカードについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック!

『JMBローソンPontaカードVisa』はJALマイルも貯まるお得カード
JMBローソンPontaカードVisa』はPontaポイントのほかにJALのマイルも同時に貯まるお得なカードです。Pontaポイントはクレジットカード利用で100円(税抜)ごとに2ポイント付与されます。また、1ヶ月のクレジット総額1,000円(税抜き)ごとに5ポイント付与されるので効率良くPontaポイントが貯まります。アップルPayを使えば支払い時に100円(税抜き)ごとに1ポイント、翌月初めと翌月末に月間ご利用額1,000円(税抜き)ごとに5ポイントずつの合計10ポイント貯まります。

→ JMBローソンPontaカードVisaについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック!

Pontaポイントと相互利用や変換できるポイントサービス

Pontaポイントに変換!リクルートポイント
リクルートポイントとは、リクルートが提供するサービスサイトを利用してもらえるポイントを指します。2017年1月時点ではPontaと統合しており、リクルートポイントはPontaポイントに変更して使用できます。リクルートIDにPontaの情報を入力することでPontaポイントを貯めたり、使ったりすることができるようになったのです。

docomo利用者が利用できるdポイント
dポイントは通信会社のdocomoが提供するポイントサービスです。Pontaポイントとdポイントも相互交換をすることができます。Ponta 1ポイントをdポイント1ポイント分に変換でき、100ポイント以上の100ポイント単位で交換できます。また、dポイントは同一年度で2回までは1ポイントをPontaポイント1ポイントに変換できますが、3回目以降はdポイント1ポイントでPontaポイント0.5ポイントになります。dポイントからの変換は5,000ポイントから変換でき、変換時は別途250ポイント手数料がかかります。変換は同月内に1回までです。

旅行好きにはたまらないJALマイル
JALマイルはJALの航空券やツアーなどに利用することができます。JMCローソンPontaカードVisaを利用すれば、月ごとの支払いで200円(税抜き)ごとに1マイル貯まります。また、JMC×Ponta会員ならPontaポイントをJALマイルに、JALマイルをPontaポイントに変更することが可能です。

→ 他のコンビ二で利用できる共通ポイントが知りたい方は、こちらをクリック!

▲目次にもどる