目次

三井住友VISAカードの便利な「マイ・ペイすリボ」とは?

三井住友VISAカードには、便利な「マイ・ペイすリボ」というリボ払いがあります。「マイ・ペイすリボ」とは何かとはこれから説明していきますが、まず三井住友VISAカードのリボ払いサービスについて今一度おさらいしましょう。リボ払いとは、買った金額や件数に関係なく、自分で選んだ金額を毎月払うことができるサービスです。支払う金額には、元金と金利が含まれています。支払日意外にでも、金銭的に余裕があれば繰上返済することも可能です。

「マイ・ペイすリボ」は、まず毎月の支払い金額を設定します。この設定した金額を超えた分が、リボ払いになる便利なサービスです。1度設定をすると次月以降の支払いはすべて「マイ・ペイすリボ」に切り替わるので、お買い物などをしすぎても翌月の支払いに窮することが軽減されます。例えば昨日、10万円のバッグをプレゼント用に購入したとしら、通常は翌月に10万円支払います。「マイ・ペイすリボ」で、毎月の支払いを1万円に設定しておけば、翌月以降毎月1万円の支払いになります。

もちろん金銭的に余裕がある方は繰り上げ返済をすることも可能で、設定金額以上であれば全額支払いもできます。また「マイ・ペイすリボ」の最低支払い金額は月5,000円(プラチナ・ゴールド・プライムカードは1万円)からですので、自分の生活スタイルにあった支払額を設定できます。「マイ・ペイすリボ」は、設定金額以上の支払いは、全てリボ払いになりますので、1回払いやボーナス払いを使われる方には向きません。毎月決まった金額以上を支払いたくない方におすすめのサービスです。

「マイ・ペイすリボ」はリボ払いですので当然金利が発生します。しかし月々の支払いが軽減されるメリットがあって、生活スタイルを維持しやすくなることを考えれば、金利はデメリットではないかもしれません。

 

三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」のメリット

三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」は、月々の支払いが軽減されて、設定額以上の支払いがないので、生活スタイルが崩れにくいメリットがあります。ほかにもたくさんメリットがありますので、ここでは、年に1度三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」を使用するだけで得られるメリットを紹介します。

1つ目は、年会費が無料にるという大きなメリットです。三井住友VISAカードのクラシックカードアミティカードなら「マイ・ペイすリボ」にするだけで年会費が無料になります。三井住友VISAカードのゴールドカードプライムカードなら「マイ・ペイすリボ」にするだけで年会費が半額になります。これもかなりお得なメリットで、高額な年会費を抑えることができます。例えば三井住友VISAカードのゴールドカードなら年会費は1万円ですから、5,000円もお得になるのです。

2つ目は、魅力的なポイントのです。「マイ・ペイすリボ」で支払えば、ワールドプレゼントが通常の2倍になります。ワールドプレゼントとは、カードの利用金額に応じてもらえるポイントで、景品と交換できますし、他サービスのポイントにも移行できます。ただし、利用金額が「マイ・ペイすリボ」での毎月の設定金額よりも下で、1回払いであればワールドポイントは2倍になりません。

3つ目は、三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」で支払いをすればショッピング保険が適用されるというメリットです。ショッピング保険とは、購入したものが盗難されたときや壊れてしまったときに保障してくれる保険ですので、安心してショッピングできます。たとえば、お気に入りのブランドの靴を買って帰る道中で置き引きにあって靴がなくなったときに適用され、靴の代金を保険から補填してもらえます。このように「マイ・ペイすリボ」払いにするだけでメリットを受けることができるのは嬉しいですね。

 

「マイ・ペイすリボ」で翌月の支払いを一括払いにする方法

三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」は、メリットが魅力的ですが、いつも1回払いを選択している方や金利が気になる方には敬遠されがちです。しかし、「マイ・ペイすリボ」のメリットを受けながら支払いを一括払いにする方法があります。これならば、年会費が無料や半額などのメリットを受けて三井住友VISAカードを通常通りに使用することができます。

三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」は、初回の手数料がありませんので、1回で支払えば金利や手数料を支払う必要はありません。しかも、「マイ・ペイすリボ」は設定金額を柔軟に変更できますので、ここでは、次回の支払いを一括に変更する手順を説明します。

 まず、三井住友VISAカードのVpassにログインしましょう。

 上にある「リボ払い&キャッシング」をクリックしてください。

 「マイ・ペイすリボ」の画面が出てきたら「お支払い金額変更」をクリックしてください。

 「増額を申し込む」をクリックして「マイ・ペイすリボ」の支払最低額を増やしましょう。

 画面が切り替わったら、「すべてを支払う」を選択してください。

 確認画面になりましたら、そのまま申込を済ませましょう。この操作で次回の支払いは一括払いになります。

年会費について、三井住友VISAカードは初年度の年会費がほとんど無料ですが、2年目からはリボ専用カード以外は有料です。簡単な操作だけで三井住友VISAカードの年会費が無料になったり、プラチナやゴールドカードならば半額になったりしますから、たいへんお得といえます。また、ANAのVISAカードならば、「マイ・ペイすリボ」にすると年会費を811円まで引き下げることが可能です。そして毎年の更新で1,000マイルもらえますので、毎年三井住友VISAカードから年会費を実質189円もらえることになります。ただし、年に1度は、三井住友VISAカードを使用する必要がありますので注意しましょう。

「マイ・ペイすリボ」で翌月以降の支払いをずっと一括払いにする方法

三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」のメリットを受けながら、支払いは通常の1回払いにできる方法を前途しましたが、次回の支払い以降も一括払いにする方法もあります。「マイ・ペイすリボ」は支払いの設定金額を柔軟に変更できますので、それを利用していつもどおりに一括払いで三井住友VISAカードを使用できるように変更してみましょう。

「マイ・ペイすリボ」で翌月以降の支払いをずっと一括払いにする方法は以下の通りで、前途の「「マイ・ペイすリボ」で翌月の支払いを一括払いにする方法」での操作の続きです。

 申し込みをすませたら、「最低お支払い金額の変更」ボタンをクリックしてください。

 毎月の支払い額をカード限度額の金額に変更しましょう。

 確認画面が出てきたら、設定金額に間違いがないかをチェックしましょう。

 間違いがなければ申し込みを完了しましょう。


以上の操作で「マイ・ペイすリボ」での毎月の最低支払額の変更が完了
しましたので、支払いは、通常の一括払いと実質的に同じになりました。高い手数料が嫌かつリボ払いがNGで「マイ・ペイすリボ」を敬遠されていた方もこの簡単な手続きで、通常の三井住友VISAカードと同じように使用することができます。その上、翌年からは年会費が無料や半額になるメリットを受けることができます。ただし、年に1度は、三井住友VISAカードを使用しなければ適用されないというルールがありますので注意しましょう。忘れて使用しなければ、この設定は無駄になります。

また、もし使いすぎて次回の支払いが厳しい場合には、設定金額を減らして、無理せずに支払えるようにしましょう。自分の生活環境に合わせて適時に支払額を変更できるのが「マイ・ペイすリボ」ですので、ポイントをおさえて使いこなせば便利でお得なカードと言えます。

「マイ・ペイすリボ」でお得になるクレジットカード


■三井住友VISAクラシックカード
→公式サイトを見る


■三井住友VISAデビュープラスカード
→公式サイトを見る


■三井住友VISAゴールドカード
→公式サイトを見る


■三井住友VISAカードプラチナ
→公式サイトを見る


■三井住友VISAアミティエカード
→公式サイトを見る