目次

JREポイントって?

JREポイントとは、JR東日本グループの共通ポイントのことで、 「JR EAST」が名前の由来となっています。 JREポイントがスタートするまでは、「アトレ」、「ボックスヒル」、「グランデュオ」、「シャポー」、「テルミナ」など、それぞれの駅ビルで独自のポイントプログラムが導入されていましたが、2016年2月23日にJR東日本が駅ビルポイントプログラムを統合し、JRE POINTのサービスを開始。サービス導入後は、どの駅ビルを利用しても共通のJREポイントが貯まるようになったので、カードを複数持たなくてもよくなったうえにポイントもたまりやすくなるなど、ポイントカードとしての利便性が高まりました。

サービス導入直後は首都圏の駅ビルのみで利用が可能でしたが、その後は、首都圏近郊や長野・松本、東北地方の駅ビルへも利用範囲が拡大しました。今後は、ルミネやエキュートといったJR東日本グループが運営する店舗のポイントも徐々に共通化されるほか、電子マネー「Suicaポイント」やJR東日本グループのクレジットカードを利用するたびに貯まる「ビューサンクスポイント」とも統合される予定なので、JR東日本の路線を利用している方はもちろん、駅ビルによく買い物や食事にいくという方にとって非常に嬉しいポイントシステムとなるのです。

 

JREポイントの特徴。JREポイントはどのカードで貯められるの?

JREポイントの還元率についてですが、JREポイントの還元率は1%となっているので、対象の駅ビルで買い物や食事をすると、100円(税抜き)につき1ポイント貯まる仕組みになっています。気になるポイントの有効期限は、ポイントの変動があった日、つまりポイントを貯めるか使った日から2年間有効です。そのため、普段からJR東日本の路線や駅ビルを使っている方にとって見ると実質無期限となるのです。

JREポイントを利用するためには、誰でもすぐに発行できる「JRE POINTカード」を使う方法と、既存のカードを継続してお得にポイントを貯めることができる「アトレビューSuicaカード」を使う方法の二通りがあります。

まず1つ目は、発行する駅ビルによってデザインが異なる「JRE POINTカード」を新規発行する方法についてです。「JRE POINTカード」は、クレジットカード機能がついていないので、12歳以上であれば誰でも入会可能で、入会金や年会費は一切かかりません。入手方法は、JREポイントに加盟している店舗のインフォメーションなどで申し込めば、その場で即時ポイントカードを発行してもらうことができます。

もしも、「アトレ」や「グランデュオ」といった各駅ビルで以前に作成したポイントカードを持っている場合は、JREポイントのロゴが入ったカードに切り替えることができます。切り替えるとカードが統一化されて外装が替わるだけでなく、切り替えのポイントとして100ポイントもらえるので、個別カードを持っている人は切り替えるのがおすすめです。カードを入手した後は、JRE公式サイトからWEB会員登録すると、ポイントの獲得・使用履歴を確認することができるほか、会員限定のボーナスポイントをゲットできたり、キャンペーンへ参加したりと様々な特典があります。

JREポイントを利用するための2つ目の方法は、既存の「アトレカード」「アトレビューSuicaカード」、「ボックスヒルズカード」を継続利用することなのですが、一番のおすすめは「アトレビューSuicaカード」でポイントを貯めることです。その理由は、「アトレ」や「アトレヴィ」で買い物をした場合はJREポイントが、なんと通常の3倍(税抜き100円ごとの利用で3ポイント加算)になるからです。また、「アトレ」と「アトレヴィ」の各店舗で開催される、アトレカードのWポイント開催時にクレジットカード払いで利用すると、アトレポイントが100円(税抜き)ごとに4ポイントついて還元率がなんと通常の4倍になるので、一気にお得感がアップします。
そのうえ、Suicaポイントやびゅう商品券に交換できるビューサンクスポイントが1,000円ごとに2ポイント(5円相当)貯まるので、JR東日本グループのサービスをよく利用する人であればあるほど、どんどんポイントが貯まっていくシステムになっています。

また、「アトレビューSuicaカード」は、JREポイントカードやクレジットカードだけでなく、Suicaや定期券としての機能もついているのが1つのポイントとなっています。その機能の特徴として、JR東日本のサービスで、Suicaの残額が設定した金額以下になると、改札を通ったときにカードをタッチするだけで自動的に設定金額通りにチャージされる「オートチャージ機能」というサービスがありあます。ネットで「オートチャージ機能」の設定をしておくだけで、Suicaの残額を気にする心配がありませんし、チャージするごとにビューサンクスポイントがどんどん貯まっていくのです。また、JR東日本のみどりの窓口や券売機で定期券を購入するときも、同様にポイントが貯まるのですが、いずれも通常の3倍のポイントが貯まっていくので、いつもどおりに使うだけでとてもお得です。

「アトレビューSuicaカード」の入会条件は、日本国内に居住する満18歳以上であることで、未成年の場合は保護者の同意書が必要になります。入会金・年会費は初年度無料で、年会費は2年目から477円(税抜き)かかります。「アトレビューSuicaカード」の新規登録はJR東日本のビューカード公式サイトから簡単にできます。

 

JREポイントの貯め方、使い方

JREポイントの貯め方は、普段の通勤や、駅ビルで買い物・食事の支払いに利用すると、100円(税抜き)ごとに1ポイントずつ貯まっていきます。JREポイントが貯まるビルやショップ一覧は、2017年6月20日現在で、「アトレ」や「アトレヴィ」をはじめ、「ボックスヒル」、「グランデュオ」、「テルミナ」、「シャポー」、「ラスカ」、「ペリエ」、「モントレー」、「MIDORI」、「シァル」、「パセオ」、「nonowa」、「エクセル」、「VAL」、「S-PAL」、「フェザン」、「あおもり旬味館」、「Livit」(「Dila仙台」、「おみやげ処せんだい」、「牛たん通り」、「すし通り」、「ずんだ小径等」)、東京駅にある店舗(「グラングルメ」、「グランアージュ」、「グランルーフ」、「グランルーフフロント」)となっています。

この提携店舗はさらに拡大していくことが期待できます。さらに、JREポイントの公式サイトをチェックすると、JREポイントが通常の100円(税抜き)ごとに1ポイントのところ、2倍や5倍などとお得に貯まる各加盟店舗の期間限定ポイントアップデーを確認することができます。そちらを確認して賢く貯めるのもいいでしょう。また、1年間(4月1日~3月31日)でアトレやアトレヴィでクレジットカードでの支払いが5万円以上となった方には、JREポイントが500ポイントプレゼントされます。

そのほかにも、ポイントサイトで1日1回遊べるルーレットを回したり、スマートフォンアプリでお店にチェックインするたびにもらえるボーナスポイントをゲットしたりすると、無料でコツコツとJREポイントを貯めることもできます。貯まったJREポイントは、1ポイント=1円、1ポイントから利用することができます。その使い方は3通りあります。1つ目は、先述したJREポイント加盟店での買い物や食事の際に、ポイントを利用して割引価格で支払うことができるというものです。自分の好きな支払いで気軽に使うことができるので、とても自由度が高い使用方法です。

2つ目は、JREポイントサイトにWEB会員登録して商品と交換する方法です。貯めたポイントに応じて、鉄道博物館の入館引換券や、メトロポリタンホテルズの共通利用券、リラクゼ利用券、東京ステーションホテル利用券といった商品券への交換や、ユネスコや日本赤十字への寄付といった社会貢献に使うこともできます。3つ目は、JR東日本の運営する「ネットでエキナカ」の利用です。「ネットでエキナカ」とは、ネットで商品を注文して、エキナカの店舗で注文した商品を受け取ることができるサービスです。このサービスで注文する際にもJREポイントを使って、商品を割引価格で購入することができます。

また、JREポイント専用アプリをスマートフォンにダウンロードすると、提携店舗でチェックインポイントを貯めることができたり、アプリ限定のポイントを獲得したりすることができます。お得なキャンペーン情報をすぐチェックすることもできます。専用アプリを使って、もっとお得にJREポイントを使える生活を送りましょう。

 

JREポイントはまだまだ発展途中!将来はどこでも貯まるお得なポイントに

これまでJR東日本グループで利用されていたポイントサービスは、1000ポイントごとにしか使えないものもありましたし、利用する店舗が多いほどポイントカードが溜まってしまう難点がありました。一方このJREポイントは、1ポイント=1円から気軽に幅広く使用することができ一枚に集約もできるので、とても利便性が高くなりました。しかし、以前のJR東日本ポイントシステムと比べてJREポイントはとても魅力的なカードであるものの、現段階では駅ビルで使える共通ポイントとしての使用に留まっています。

これに関しては、先ほどお話したように、時期は未定ですが将来的には「ビューポイント」や、「Suicaポイント」とも共通化される予定です。Suicaポイントやビューポイントとも共通化されると、日本でも指折りの共通ポイントになるでしょう。共通化されれば、JR東日本の路線を利用したり、駅ビルやエキナカで買い物・食事を楽しんだりと、今まで以上に非常に使い勝手がよく、そしてお得なポイントがどんどん貯まっていくようになるでしょう。普段からビューカードやSuicaを使っている人、駅ビルをよく利用する人にとっては今後さらに注目したいカードと言えます。