なかなか貯蓄できない人は必見!お金をしっかりと貯める方法とは?

目次

お金を貯めようと思うだけでは貯まらない

教育費のため、老後の生活のため、海外旅行のためなど、お金を貯める目的は人それぞれに違います。できるだけ早くお金を貯め終えて安心したいと思っていても、なかなか思うように貯蓄できないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。お金を貯めるには、ただ「貯めたい」と思っていても上手くいきません。

「月末にお金が余ったらその分を貯金しよう」と思っているだけでは、月末に都合よくお金が残ることはあまり期待できないでしょう。しっかり貯蓄を続けて目標金額まで貯めるためには、自動的に貯蓄ができる仕組みを自分なりに構築することが大切です。おすすめの方法は、積立です。たとえば、毎月の給料日に合わせて、強制的に一定金額を別の口座などに積み立てていくようにするとお金は自然に貯まっていきます。余った分を貯蓄にまわすのではなく、先に貯蓄分を確定してその残りで生活するのです。

最初のうちは、限られたお金で生活することを大変だと感じるかもしれません。しかし、大変だと感じると支出のムダをなくすなどの家計改善も進むはずです。強制的な積み立ては、支出の見直しにもつながるのです。その結果、貯蓄できない人からできる人に変わることができるでしょう。

定期預金を活用して貯蓄しよう

貯蓄をするためには、給料振込口座から引き落して積み立てていくことが有効な方法といえますが、積み立てたお金はどのように扱えばよいのでしょうか。もし、預金から引き落として積み立てているお金が、毎日使うお財布が入っている机の中に現金として手元にあったとしたら、少しお金が足りないな、今月は苦しいなという時についつい使ってしまうことになるでしょう。そのため、積み立てているお金は簡単には使えないようにしておくことが大切です。

積み立てているお金は、銀行などの普通預金口座に入れておくことも可能です。しかし、普通預金の場合は、キャッシュカードをATMに入れるだけで簡単に現金を引き出すことができてしまいます。使ってしまうリスクは、机の中やタンスの中で貯蓄する方法と、さほど変わりません。そこでおすすめしたいのが、定期預金での貯蓄です。元本は保証されていますし、上限は決められてはいますが預金保険制度の対象にもなっていますので安心です。

定期預金は、銀行などが扱っている金融商品です。一般向けとしては、スーパー定期と呼ばれている定期預金があります。郵便局の場合は、「預金」が「貯金」に変わり、定期貯金という商品名になりますが、銀行などの定期預金と商品内容はほとんど同じです。定期預金の特徴は、1年や10年など満期が設定され、満期までの期間は簡単にお金を引き出すことができないという点です。定期預金を活用すれば、ついつい使ってしまうという問題点は解決できるでしょう。

スーパー定期の場合、金利タイプは固定金利です。固定金利とは、預入時に適用される利率が満期まで変わらずに適用されることをいいます。そのため、定期預金が生み出す運用成果としての利息金額はあらかじめ知ることができるというメリットがあります。ただし、日本銀行のマイナス金利政策などの影響によって、預金金利は定期預金といえどもかなりの低金利になっています。そのため、多額の利息を狙うのではなく、確実にお金を貯めるために定期預金を利用するというスタンスがおすすめです。

毎月決まった金額を給料振込口座から引き出して、いちいち定期預金を設定しても問題はありませんが、手間がかかります。面倒になってその行動をやめてしまうようでは貯蓄できない人に逆戻りしてしまいます。そうならないためにも、指定の口座から毎月一定の日にあらかじめ決めた一定金額が引き落とされ、定期預金として積み立ててくれる積立定期預金を活用するとよいでしょう。

貯蓄型保険を活用して貯蓄しよう

お金を貯めようとしても貯められない人は、定期預金を活用することでお金を貯めることができます。定期預金の場合は、定期にしている預金の満期がくるまでは原則として預金を自由に引き出すことはできません。定期預金のお金を満期前に使うためには、定期預金解約の手続きが必要です。これがお金を貯めるために必要なポイントで、定期預金のメリットといえますが、見方を変えるとデメリットにもなります。

自由に引き出せないということは無駄遣い防止になる良い面だけではなく、病気やケガなどで急にお金が必要になった場合でも、簡単に引き出せないという欠点にもなりうるのです。病気やケガなどで入院ということになれば、かなりのお金が必要になります。貯蓄のために定期預金を活用していたが、急にお金が必要になったときに引き出せなかったために高金利のキャッシングを利用せざるを得なかった、ということになれば結果として損をすることになるでしょう。

病気やケガなどによって多額の入院費用が必要になるような場合には、資金の引出しができてそれ以外の場合は簡単に引き出すことができない、という都合のよい商品があれば便利でしょう。そういった商品に近い特性を持っているものが、貯蓄型保険です。貯蓄型保険とは、支払った保険料が掛け捨てで消えていくのではなく、将来支払われる保険金の原資として保険会社で運用されているタイプの保険で、終身保険や養老保険などが代表的です。

おすすめは、終身保険です。保険料は60歳までなど一定年齢まで支払うタイプが多く、毎月の支払額は原則として加入時から変わりません。そのため、保険料の支払いは、定額貯金をしていることとほとんど同じ効果が期待できます。この資金のうち一定金額については、キャッシュカードのようなカードでお金を引き出して融資を受ける契約者貸付が使えますので、いざという時には安心です。引き出したお金は借入金ですので、気軽に使ってしまう気にはならないでしょうから無駄遣い防止にもなります。

終身保険だと死亡時まで保険金が出ないため、お金を使いたい時期に合わせてお金を引き出せないのではないかと心配する人がいるかもしれませんが、終身保険はいつでも解約できます。解約すると、それまでに支払った保険料から保険会社の経費が引かれた残額が解約返戻金として受け取れます。これが定期預金の満期時に受け取るお金にあたると考えるとよいでしょう。つまり、終身保険であれば、解約時期を自由に決められるメリットがあるのです。ただし、契約してから短期間で解約すると解約返戻金がなかったり少なかったりしますので、注意が必要です。

投資信託を活用してお金を貯めよう

貯蓄するためには、定期預金や貯蓄型保険を活用することが近道になります。しかし、単なる貯蓄ではなく、運用してその資金を増やしたいと考える人もいるでしょう。もちろん、金融商品に投資をするということは、利益が出て投資した金額以上の資金を手にする可能性もありますが、損をして資金が減ってしまうリスクもあります。予想外に資金が減ってしまうのであれば、せっかくの貯蓄の効果が減少してしまうことになります。

投資というと、株式投資を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。株式投資は、ハイリスクハイリターンの投資です。利益が出て投資額が2~3倍になる可能性もある一方で、投資額が半分になったりゼロになったりする可能性もあります。そのため、地道に継続して積立てて貯蓄額を増やそうとしている人におすすめできる金融商品とはいえません。では、もう少しリスクを抑えた金融商品はないのでしょうか。

リスクを抑えた金融商品には、投資信託というものがあります。投資信託とは、投資した資金を投資家に変わってプロが運用し、利益が上がれば分配金という形で還元される金融商品です。¥10,000程度から投資できるタイプが主流ですので、少額でも投資をできる点が魅力です。また、投資家から集めた資金がどんな金融商品で運用されるのかの違いによって、投資信託はさまざまな種類に分類されます。ハイリスクハイリターンの投資信託もありますが、中にはリスクの少ない金融商品に分散投資することでリスクを抑えた投資信託もあります。貯蓄目的であればそういった投資信託を購入するとよいでしょう。

特に国内の債券を中心とした投資信託であれば、元本保証はないとしてもリスクはかなり低く抑えられます。証券会社によっては、投資信託を積立方式で購入することも可能です。積み立てで投資信託を購入すれば積立定期をしている感覚とそれほど変わらないので、貯蓄することができるしょう。投資信託を換金したい場合には、売却処理を行った日を含めて4日後に換金できますので、いざという時に現金化することも可能です。

また、多少のリスクがあってもよいという人は、株式にも投資するタイプの投資信託を積み立てで購入するという選択肢もあります。株式投資信託は、株式の株価にあたる基準価額が毎日変わりますが、毎月一定額を購入することでドルコスト平均法による効果が働き、結果的に有利な平均価格で購入できるメリットを享受できます。積立額の全額を投資信託にまわすのではなく、定期預金などへの積み立ての一部を投資信託の積み立てに振り分ける方法もあります。

ボーナスがある人とない人では貯蓄方法は変わる

貯蓄をする場合、ボーナスがある人とない人では貯蓄方法が変わってきます。ボーナスがない人の場合は、毎月こつこつと定額を積み立てる方法が一般的でしょう。ボーナスがない人は毎月の収入に変動はほとんどなく一定ですから、月単位で赤字になることは将来的な赤字につながる可能性があります。結果的に赤字体質を早期に改善する必要がありますので、ボーナスがない人は家計管理がしやすいといえるでしょう。

一方、ボーナスがある人の場合は、半年に1度のペースで余裕資金が入ってくるわけですから、資金不足に悩まされるようなこともなくボーナスの大半を貯蓄できるため、早く目標貯蓄額に達するだろうと考えられます。しかし、現実にはそのように上手くいかないケースも多いようです。一定のペースでボーナスというまとまった金額が入ってくることで、かえって貯蓄の妨げになったり支出が多くなったりする原因になることもあるのです。

たとえば、ボーナスがある人の場合は、ボーナスをあてにして住宅ローンのボーナス返済を組んでいたり、クレジットカードのボーナス一括払いを利用したりしているケースも多いようです。そういったケースでは、まとまった金額がせっかく入ってきてもすでに決まっている支払いで大半が消えてしまうことになり、貯蓄にまわせる金額がほとんど残らないということもあるのです。

さらに、ボーナスがあると毎月の家計の赤字にも、鈍感になってしまう可能性があります。たとえ毎月が赤字であっても、ボーナスが入ってくれば穴埋めができると油断してしまうのです。その結果、ボーナスは毎月の赤字の穴埋めで使ってしまい、まったく貯蓄ができなかったという事態になることも考えられます。では、ボーナスがある人はどのように貯蓄することがよいのでしょうか。

ボーナスがある人は、ボーナスを全額貯蓄することを、まずは目指しましょう。ボーナス全額貯蓄を実現するためには、月々の家計をかなりシビアに管理することが求められます。赤字を出さずに毎月やりくりしていくことは、大変かもしれません。毎月の赤字が常態化していたような人であれば、それを修正することも至難の技でしょう。しかし、修正することができればボーナス全額貯蓄を実現して、それだけ早くお金を貯めることができるようになります。すでに住宅ローンやクレジットカードでボーナス返済を利用しているという場合には、その分を月々のやりくりであらかじめ貯金しておくことで、ボーナスを支払いにまわさずにボーナス全額貯蓄を目指すという方法もあります。

無理して節約するのではなく工夫を大切に

ここまで貯蓄方法についていくつかご紹介してきましたが、そのなかで家計管理や支出を抑えるというポイントが何度か出てきました。支出を抑制することで貯蓄できる資金は増加しますので、支出抑制と貯蓄は深い関係があるといえます。支出をカットする努力をしたことがある人であれば、支出を抑えるということを頭では理解できていても、実行するのがいかに難しいことかお分かりでしょう。

家計からお金を支出する場合は、その人の欲求を満たすことが目的であることがほとんどです。移動するために電車やタクシーに乗る、お腹が空いたからレストランに入る、読みたい本があるからネットで購入するなど、人が持っているさまざまな欲求を満たすためにお金は使われています。そのため、支出を抑えるということは、人の持っている欲望を抑えることと同じだといえるでしょう。ペナルティーなどがない状態で、欲望を抑えるためには強い意思が必要になります。貯蓄はいつでもできるなどと思ってしまうと、欲望を抑えてお金を使わないようにすることは難しくなるでしょう。

支出抑制は欲望の抑制だという点が理解できれば、支出を抑える方法が見えてきます。欲望は無理やり抑え込むと短期的には成功するかもしれませんが、長期的にみると反動が発生してしまう可能性が高くなります。数か月は我慢できたとしても、半年後などに欲望が抑えきれずに爆発して多額の無駄遣いをして心のバランスをとろうとするものです。無理やり欲望を抑えて節約することは、賢いやり方とはいえないでしょう。

賢い節約をして支出を抑えるためのポイントは、欲望を他の形で開放するように意識してみることです。単に我慢するのではなく、値段の安い欲求に変更したり、2回を1回に減らしたりするなどして、自分の欲望に「配慮」しながら欲望をコントロールして支出を減らすのです。自分で自分の欲望をコントロールしていると意識できれば、上手くいくようになるでしょう。無意識に欲望を抑えていると、後でしっぺがえしを食うことにつながるので気を付ける必要があります。

自分に適した貯蓄計画を立てることがポイント

貯蓄方法として、定期預金を活用する方法、貯蓄型保険を活用する方法、そして投資信託の積立投資を利用する方法などをご紹介してきました。どの方法をとったとしても、今まで貯蓄できなかった人が貯蓄できるようになる可能性は高くなるでしょう。しかし、自分はどの方法をとるのが1番良いのか判断がつかない人もいるはずです。その人に合った貯蓄方法を選ぶための判断は、収入や性格、年齢、家族構成などを総合的に考える必要があります。

もちろん、定期預金で貯めるのか投資信託で貯めるのかの選択は重要です。しかし、もっと大切なことがあります。それは、その人に合った貯蓄計画を立てることです。貯蓄計画とは、毎月いくら貯蓄にまわすのか、それを何年続けるのか、最終的な貯蓄額の目標はいくらか、そして何のために貯蓄をしているのか、ということを明確にすることです。特に、貯蓄する目的についてはしっかりと考えておくことが重要です。

何事も、目標がしっかりしていなければどんなに立派な計画を作っても成功させることは難しいものです。目標がしっかりしていれば、その目標をなんとしても実現させようと頑張るはずです。たとえば、「子どもが大学入学の時期にどんな大学に行きたいと言っても大丈夫なようにお金を貯める」「家族が笑顔で暮らせる明るく広い家を手に入れるためにお金を貯める」など、できるだけ具体的に目標を設定することが確実に貯蓄できる人になるポイントになります。

また、月々の積立額の設定も慎重に行う必要があります。自分の身の丈に合わせて設定しなければ、結果的に無理が続いて短期間で諦めてしまう結果になりかねません。あまり緩すぎる目標も良くはありませんが、少なくとも実現可能な額に設定する必要はあります。その人にあった適正金額を毎月積み立てることができるようになると、長期間安定して積立を続けることができ、自然に貯蓄額が増えてきます。貯まってくるとさらにやる気が出て順調に貯蓄が進むようになるでしょう。

貯蓄できる人になるためには、貯蓄計画を自ら作ってみるところから始めましょう。そのための準備として、実際に毎月の収入と支出がどうなっているのかを把握する必要があります。過去のお金の使い方がはっきりわかっていなければ、未来に向けた支出計画を立てることはできません。その結果、実現可能な貯蓄計画が立てられないことになります。自分のお金の使い方と向き合ってみることが、貯蓄できる人になるためのスタートラインなのです。

▲目次にもどる