目次

貯蓄預金の前に確認!「貯蓄」「貯金」「預金」の言葉の意味と違いについて

貯蓄預金について学んでいく前に、普段何気なく使っている「貯蓄」、「貯金」、「預金」の言葉の意味を確認しておきましょう。まず始めに「預金」ですが、これは銀行などの金融機関にお金を預けることを指す言葉です。親や兄弟など人に預けるだけのときは使わず、金融機関以外ではあまり使われることはありません。次に「貯金」ですが、これは純粋にお金を貯める行為のことを指します。500円玉貯金やタンス貯金などでよく使われますが、どちらかといえば少額の場合に使われるイメージです。最後に「貯蓄」ですが、これは財貨を蓄えるという意味の言葉で、財貨とはお金に限らず品物や財物、つまり株や金融商品、不動産、権利書など形にこだわらずなんでも対象になります。

お金を貯めるという意味合いでは同じ意味の言葉ですが、貯蓄は適用範囲が広く、その中に貯金や預金があると考えれば分かりやすいでしょうか。
※参考:『老後までにいくら貯金すればいいの?老後に必要な資金について考えよう

どんな違いがある?「普通預金」「定期預金」「貯蓄預金」について

銀行でお金を貯める方法として一般的なのは普通預金や定期預金です。貯蓄預金も同じようにお金を預けて増やす方法のひとつですが、どのような違いがあるのかを説明します。まず普通預金の特徴は、預けたお金に対して入金や出金の制限がなく、いつでも自由に使うことができます。利息は低く、普段使いの預金口座として利用されることが多いです。次に定期預金は、一定期間お金を預けることで高い利息を得られる代わりに自由に引き出せません。引き出す場合にはペナルティーがあることが多いです。入金はできますが、別口の定期預金として扱われます。

貯蓄預金の特徴は、高い利息がつくことがありますが定期預金のように入出金に制限はつきません。ただし一定額以上預けておかないと利率が悪くなります。利息は普通預金以上、定期預金以下というところですが、金融情勢によっては普通預金と変わらない利率しかつかない場合もあるのです。
※参考:『預金の基本!普通預金について知っておくべきこと

「貯蓄預金」は流動性預金?その魅力とは

金融業界で使われる言葉に「流動性預金」というものがあります。これは預けた資金を運用したり、一時的に預けたりする時に使う預金のことで、普通預金や当座預金がこれに当たります。貯蓄預金も入出金に制限はないので、流動性預金のひとつです。流動性預金のメリットはなんといっても預けたお金をいつでも別の用途に利用できる自由度の高さです。病気やケガ、事故など急にまとまったお金が必要になった時にも、定期預金などと違ってすぐに引き出して使うことができます。普通預金よりも高い利息がつき、預け入れる金額に応じて段階的に金利が高くなるように設定されていることが多く、預ける金額が大きければ大きいほど貯蓄預金の効果は高いです。

普通預金よりも高い利率なのに、いつでも自由に引き出せるという流動性が貯蓄預金の大きなメリットといえます。貯蓄預金の利息は1日単位で1円以上つくようになっているので、毎日コツコツお金が貯まっていくのを実感として感じられます。また貯蓄預金は元本保証された商品なので、金融機関に何かあっても1,000万円までは保護の対象です。しばらく使う予定もなく、ある程度まとまった金額があるのなら、遊ばせておくよりも貯蓄預金に預けた方がお得になります。
※参考:『定期預金とは?特徴を活かして貯蓄を増やそう!

「貯蓄預金」の金利もいろいろ!流動性預金である貯蓄預金の金利とは

貯蓄預金の金利には「金額階層別金利型」と「金額別金利」という二つの種類があります。「金額階層別金利型」は預けた金額の大小によって金利が変動するタイプの預金です。金融機関で決められた区分で預金残高を分け、段階的に利率を高く設定しています。もう一つの「金額別金利」ですが、こちらは設定された預金額以上があれば高い金利がつくタイプで、金額の大小で金利は変わりません。預け入れる金額の下限は10万円や20万円、40万円などばらつきがあり、金額の上限は1,000万円以上を最大としていることが多く、商品の種類によっても様々です。

現在では「金額階層別金利型」を適用している金融機関がほとんどで、「金額別金利」はあまり見かけなくなりました。金利はほかの預金と同じように、その時期の金融情勢によって決定されています。具体的な利率は情勢次第で異なりますが、普通預金以上、定期預金以下というのは変わりません。流動性が高い商品だけに、あまり銀行も高金利をつけることができないというわけです。最近では低金利の状態がずっと続いているので、銀行の利息も合わせて低くなっています。こうした情勢では残念ながら貯蓄預金も高い金利をつけることはできないのです。

「貯蓄預金」を使う上での注意点とは

貯蓄預金はその名の通り「貯蓄」を目的とした預金です。普段使いすることを目的としたものではありませんので、普通預金よりも融通が利かない部分はあります。まず、入金したお金を何かの支払いで引き落とすことはできません。引き出したうえで支払うことはできますが、引き落としができないのは不便ですよね。同じく振り込みもできません。それを解決するスイングサービスというものもあり、これは普通預金と貯蓄預金の口座間で決まった金額を定期的に移動させるサービスです。ボーナス月や月末月初など支払いが厳しい時期に、貯蓄預金から自由に引き落としのできる普通預金へ移し替えます。

逆に普通預金から貯蓄預金へ毎月やボーナス月に一定額を移動して、貯蓄預金の残高を増やしていくことも可能です。まるで積立預金のようですが、スイングサービスには手数料がかかるというデメリットもあるため、頻繁に移動をしてはせっかくの貯蓄預金の効果も減ってしまいます。また、低金利時の預け入れにも注意が必要です。先ほども述べたように、低金利では貯蓄預金に高い金利をつけることができず、普通預金と同じ利率となることがあります。利率は変動制で定期的に見直しが掛かりますので、貯蓄預金のメリットがなくならないよう利息のチェックを忘れないようにしなければいけません。

まずは各銀行の金利チェックから!「貯蓄預金」をするには?

貯蓄預金を取り扱っている金融機関は、大手メガバンクが有名ですが、地方銀行や信用金庫、信用組合でも取り扱っています。貯蓄預金を始める時には、銀行で新たに貯蓄預金用の口座が必要です。窓口で申し込み口座を作ったら、貯蓄預金の最低額以上の金額を入金して始めます。貯蓄預金の金利は階層型になっているので、あまり少額で始めても利息は期待できません。ある程度まとまった金額を貯めてから始めるか、定期的に貯蓄をするつもりで始めてみましょう。普通預金口座で眠らせているお金やタンス預金などをしているならば、貯蓄預金口座に入れた方がすこしでもお得になります。

また、現在のような低金利時代では大手メガバンクの貯蓄預金は普通預金と変わらない金利しかありません。金利がつかなければお得感のない貯蓄預金ですが、地方の銀行や信用金庫などでは一部普通預金以上の金利をつけているところがあります。元本保証がある貯蓄預金なのでできるだけ金利の良い銀行を探して、貯蓄預金口座を作るようにしましょう。金融情勢が変われば金利も変わります。預けて放置していても問題のない貯蓄預金ですが、お得なところがないか定期的な見直しも必要です。

どうすれば活きる?「貯蓄預金」の活用法

貯蓄預金を活用する方法としては、今眠らせている資産運用に使うことです。流動性の高い貯蓄預金ならいつでも他の投資に切り替えることも可能で、少しでも利息がつくのでお得感があります。振り込みや支払いに使えない口座なので、貯金するお金を別にして貯めておくのにもちょうどいいでうす。金利が上がっていくようならそのまま貯蓄預金でもいいですが、他に有効な投資先が見つかれば使っていく一時保管場所として利用するのに便利です。残高に応じて利息がつくので、利息の支払い日前に余剰金を追加すれば、その分利息も受け取ることができます。生活口座の資金でも支払い日前後だけ貯蓄口座に移動することで高い利息を得ることも可能です。

現在のように低金利状態が続けばあまりメリットが出ない貯蓄預金ですが、金融機関では1週間や2週間といった超短期の定期預金商品なども提供されています。金利が低い時は貯蓄預金から短期の定期預金に切り替える、金利が上がれば貯蓄預金へ切り替えるといった工夫をすることで、無駄なく最適な預金ができます。銀行はこまめに金利や商品の見直しを行っているので、情報に乗り遅れないようアンテナを張って上手に活用することが重要です。

▲目次にもどる