貯蓄ができない人の5つの特徴

目次

貯蓄ができない人に共通することとは?

生活するためにはお金が必要です。お金は働くことによって得られますが、病気やケガになった場合や予定外の出費に備えるためには、ある程度の貯蓄が必要です。また、老後になって公的年金をもらう年代になったときの生活資金の確保や、近い将来の住宅取得、子供が大きくなっていく過程で必要になる教育資金の支出のためにも貯蓄が必要だと感じている人は多いでしょうね。しかし、同じような収入を得ている人であっても、しっかり貯蓄できるタイプの人もいれば、あまり貯蓄ができないタイプの人もいます。

貯蓄ができないタイプの人には、共通する特徴があります。1つ目は、家計のお金の流れを把握していないことです。これができなければ、計画的に貯蓄にまわすお金を捻出するのは難しいです。2つ目は、お金がないというネガティブな言葉を使う傾向がある点です。考え方や言葉によっても貯蓄額は影響を受けるといわれています。3つ目は、クレジットカードやポイントカードを上手く活用できないことです。便利な機能を使いこなせないため損をしているといえます。4つ目は、目先のことにお金を使うこと、そして5つ目は、自分なりのお金を貯める仕組みを持っていないことです。
※参考:『どうすれば貯蓄ができる?

貯蓄ができない人の特徴1

では、それぞれについてもう少し詳しくみてみましょう。貯蓄ができない人の1つ目の特徴は、家計簿を継続してつけられないことです。貯蓄できる人の多くは家計簿を継続してつけています。毎月どれだけ収入があって、何にどれぐらいお金を使っているのかを把握するには、家計簿をつけるのが早道です。家計簿で収入と支出をしっかり把握しているからこそ、毎月貯蓄に回すことができる金額を正確に把握して実行できるようになります。しかし、家計簿をつけるのは面倒でなかなか続かないと悩んでいる人も多いです。

意外かもしれませんが、家計簿の作成を続けられる貯蓄上手の人は、完璧主義の人は多くないといわれています。完璧主義の人が家計簿をつけるようになると、1円単位で合わないと気が済まない、費用は細かく分類しないと落ち着かないということになります。すると、家計簿作成に多大な労力をかけることになってしまい、あまりに大変で結果的に続かないというパターンに陥りがちです。貯蓄ができない人にはこういった完璧主義が邪魔をして家計簿が続かない人もいるようです。まずは、支出項目を最低限に絞り、千円単位レベルで家計を把握するぐらいの軽い気持ちで続けてみることをおすすめします。

貯蓄ができない人の特徴2

貯蓄ができない人の特徴の2つ目は、よく「お金がない」と言うことです。言葉とは不思議なもので、口に出したことが実際に起こるともいわれています。その理由は、言葉は自分の思考の表れですが、同時に、自分の言った言葉が自分の思考に影響を与えるからです。つまり、「お金がないからアレが買えない」「お金を貯めることは難しい」と発言することで、自分自身をお金がない人だと教育することになってしまうのです。そうなると、お金に関してはネガティブ思考の持ち主になってしまいます。

「お金がない」という言葉を頻繁に使う人は、その他にもネガティブな言葉を使うことが多いともいわれています。例えば、「自分にはそんなことは難しくてできない」「どうせ自分にはそんな能力はない」などのネガティブワードです。こういった言葉は、その人がネガティブ思考、負のスパイラルに陥っていることを示す表れです。前向きに物事を考えられないと、将来を見据えて意欲を持って長期的に取り組む貯蓄という作業を続けることは難しいといえます。貯蓄をできるようになるためには、まず自分のしゃべっている言葉に気を付けてみるところから始めるといいです。

貯蓄ができない人の特徴3

貯蓄ができない人の3つ目の特徴は、クレジットカードやポイントカードの使い方に工夫がないことです。お金を貯めることが上手な人は、自分なりのクレジットカード活用法やポイントカード活用ルールを持っている人が多いです。ポイントが貯まりやすい使い方を徹底して行い、お金もクレジット機能を上手く使うことで貯蓄に回せるお金を確保していくことができるのです。一方、貯蓄のできない人は、一般的にどうすればポイントが貯まりやすいか、どういった場合にクレジットカードを使うと効果的なのかなどについて深く考えることがない傾向があるようです。

ポイントカードについては、多くの店で作りすぎていざカードを取り出そうというときに見つからずポイントを貯められない、または新しくカードを作って結果的にどれがメインカードかわからなくなってしまうといった状況になってしまっている人もいると思います。そういった場合は、よく行くお店のポイントカードだけに絞るなどを実行することで貯蓄しやすい体質に変われる可能性があります。また、クレジットカードも、お金が足りない時に使うというスタンスではなく、計画的に活用することで家計のやりくりがしやすくなり、結果的に貯蓄額が増えることにつながります。

貯蓄ができない人の特徴4

貯蓄ができない人の4つ目の特徴は、未来にお金を使わず目先のことに使ってしまうことです。貯蓄ができない人の多くは、目先のお金の支払いに追われ、それを払ってしまうと貯蓄に回すお金が残らないというのが一般的ですね。そして、次の目先の支払いタイミングが容赦なく訪れ、収入をその支払いに充ててなんとか凌いでいく生活が延々と続くというのが、お金が貯まらない人のありがちなパターンではないでしょうか。

一方、貯蓄ができるタイプの人は、毎月支払うべき支出項目の中に、未来のための支出項目がおりこまれていることが多いです。言い換えると、未来の自分への投資に一定のお金を使っているのです。健康増進やスキルアップなど項目は人それぞれですが、未来への投資を行っていることが特徴です。貯蓄ができない人は、未来への投資を行う余裕などないと感じるかもしれませんが、少額でも構わないので未来への支出を意識すると、貯蓄ができる体質に変化するきっかけが得られます。未来への支出を確保した上で貯蓄へ回す額を設定すれば、臨時出費があった場合も、一時的に未来への支出を翌月へスライドするので貯蓄額を減らさずに済むようにはるはずです。
※参考:『みんなどうやって節約しているの?

貯蓄ができない人の特徴5

貯蓄ができない人の特徴の5つ目は、自分に合った貯蓄ができる仕組みを持っていないことです。貯蓄ができる人は、会社員が対象である財形貯蓄や誰でもできる自動積立定期など、強制的に自分のお金を貯蓄に回し、残りの資金で生活をする「積立」の手法を上手く活用していることが多いです。また、普通預金に積み立てていって一定金額以上になったら定期預金にするというやり方をとっている人もいます。

一方、貯蓄ができない人は、この積立が苦手だという人が多いのが特徴だといわれています。積立が苦手な人が陥りやすいパターンは、「月末に余った資金を貯蓄に回す」というルールでやっていて月末に資金が残らず、結果的に貯蓄ができないというものです。貯蓄ができない人の頭の中は、収入から支出を引いたものを貯蓄に回すという思考回路になっているようですが、お金を貯められる人は、収入から貯蓄に回す額を引いたものが支出できる額だという思考回路になっています。まずは強制的に積立する仕組みを活用することが貯蓄のできる人に変わるために必要なポイントといえます。貯蓄の目標額を決めておくと、貯蓄に回した残りの金額で生活することも楽しく感じられるはずです。

貯蓄体質を目指そう!

貯蓄ができない人は、できれば貯蓄ができるタイプの人に変身したいと考えているはずです。お金を貯められる人になるのは比較的簡単です。お金を貯められない人がやることと反対のことをすればよいのです。まずは、自分のお金の使い方を把握するために家計簿をつけます。その時のポイントは、完璧を目指しすぎないことです。そして、クレジットカード・ポイントカードを賢く利用し、強制的な積立投資の仕組みを活用した上で、余ったお金で生活するくせを付けることです。目標貯蓄額に向かって着々と金額が増えていけば苦しく感じなくなります。さらに、ネガティブ思考を改善して「お金は貯まる」「未来に向かってお金を使おう」と考えるようにすることです。

実際に貯蓄ができるようになると、自分に自信が持てるようになります。そうすると、より落ち着いてお金を貯めることができるようになり、好循環が働くようになります。また、貯めたお金を目的通り使ってしまって貯蓄が減っても、また簡単に貯蓄額を増やせるようになります。貯蓄ができる体質に変わることは、将来に渡って自分を金銭面で助けてくれるスキルが身につくことを意味します。自分を守るためにも貯蓄体質を目指しましょう。
※参考:『老後までにいくらためればいいの?

▲目次にもどる