どうすれば貯蓄ができる?

目次

目標の貯蓄額を決めよう!

子供が大学へ行くまでの教育費や公的年金だけでは足りなくなりそうな老後資金の準備、そして当面の生活資金のことを考えると、貯蓄額は多ければ多いほど安心だと感じるのが一般的です。大金持ちになって億単位のお金が持つ人でも不安が消えるものではないともいわれていますが、もっと貯蓄額を増やしたい、計画的に資金を用意したいと考えている人が多いでしょうね。にもかかわらず、どうすれば貯蓄額が増えるのだろうと悩んでいる人は何が問題なのでしょうか?

貯蓄を増やすためには、まず目標の貯蓄額を決めることが大切です。なんとなく増やしたい、という気持ちだけでは具体的な行動につながりにくく、結果として貯蓄額増加が実現できないパターンに陥ってしまいます。それを防ぐためには、具体的な貯蓄額アップへの行動を起こさせるためのわかりやすい目標が必要です。まずは目標貯蓄額を決めることから始めます。金額目標とともに、その目標額を達成した場合の使い道も決めていくとより効果的です。

例えば、1,000万円貯まったら新築マンションを購入する、100万円貯まったら海外旅行するなど、使い道とセットの目標額を決めることがポイントです。

今の預金額を把握しよう!

貯蓄額の目標が決まったら、いよいよ具体的に貯蓄を増やす行動を開始します。まずやるべきことは、今の預金額を把握することです。どこかへ行く場合は、現在位置の確認をしなければ、どちらの方向に向かうべきか、または目標地点到達までにどの程度の時間がかかるのかについて計画できません。そのため、現時点でどれだけの貯蓄額があるのかをスタートするにあたって把握しておく必要があるのです。

具体的には、開設したすべての銀行口座の残高照会や通帳記入を行います。日常使っている預金口座は1つか2つ程度という人が多いようですが、開設しただけでほとんど使っていない口座もあると思います。こういった口座は解約し、管理すべき口座数を減らすことをおすすめします。すべての口座の残高をはっきりさせることによって、「この口座にまだ1万円も残っていたんだ!」といったおまけの発見があるかもしれません。

証券会社に口座があって投資をしている人は、その残高も把握するといいです。投資と貯蓄は違うものですが、その家庭の財産という意味では同じです。こうして、すべての口座と残高が把握できたら、次はいよいよ収入と支出の把握に移ります。
※参考:『老後までにいくらためればいいの?

家計簿をつくろう

貯蓄が増える理由はいたってシンプルです。家計の収入から支出を引いた黒字額が貯蓄に回っていくことによって貯蓄額は増えていきます。そのため、貯蓄額を増やすには収入を増やすか支出を減らすしかありません。収入を増やすには、給料やボーナスを増やす、新たに働きに出る、副業をするなど仕事で得る収入を増やす方法が考えられますが、会社が支給する給料やボーナスは会社が決めるものですし、働きに出ることができない家庭の事情がある人もいると思います。そう考えると、支出を減らすことが貯蓄額増加に必要なだということになります。

支出を減らすためには、家計簿を作ることが有効だといわれています。貯蓄額を増やすためにまず現時点の貯蓄額を把握することが先決だったように、支出を減らすためには現時点の支出額を把握することが大切です。そのために必要になるもの家計簿なのです。家計簿はレシートの集計や残高を合わせるのが大変というイメージを持っている人もいるようです。

しかし、費用明細については、クレジットカードを積極的に使って利用明細をパソコンで見るようにすることで、レシート管理が楽になり、現金の受け渡しも不要になるメリットがあります。積極的にクレジットカードを使うと家計簿作成が楽になります。

途中で挫折しそうなパターンはこれだ!

どうすれば貯蓄額が増やせるようになるかについて具体的にわかってきましたが、途中で挫折してしまうのではないかと不安な人もいます。特に何度か貯蓄を増やす努力をして挫折を経験した人はなおさらです。そこで、途中で挫折しそうなパターンについて2つご紹介します。順調に貯蓄額を増やしていくには、この2つの挫折パターンにはまらないように気を付けることが大切です。

これ以外のケースで失敗した人は、その失敗の原因をしっかり分析してから新たな貯蓄額アップにトライしてみることをおすすめします。1つ目は購入してきた家計簿を真面目につけてしまうことです。なかには記入が簡単なものもありますが、多くの家計簿は本格的で記入欄が多いです。欄があれば埋めたくなるものです。特に、几帳面な性格の人は空欄になっているのが気になる傾向がありますので、きっちり仕上げたいと考えがちです。しかし、空欄をすべて埋めようとすると作業が大変になり、結局は継続できないというパターンです。

2つ目は、貯蓄を増やす目的がはっきりしないため、モチベーションが続かず、「何となく不安だったので貯蓄を増やそうと思ったけど、大変なので、まあいいや」と挫折してしまうパターンです。
※参考:『貯蓄ができない人の5つの特徴

ポイントは習慣化!

挫折をせずに貯蓄額の増加を実現するにはどうしたらいいでしょうか?対策としておすすめできる方法が3つあります。1つ目は、支出削減などを続けていくにあたって自分なりの楽しみを見つけることです。もちろん、預金通帳の残高が増えるのが楽しいとのであればそれだけでも構いませんが、支出を減らした実績に応じて一定のご褒美をもらうなど、運用方法を工夫してみましょう。

2つ目は、できるだけ簡単な家計簿を購入することです。パソコンの表計算ソフトが使える人は、自作の簡単な家計簿を作るのもおすすめです。3つ目は、家族に宣言することです。家計を預かる人だけが苦労して他の家族は知らん顔で協力が得られない状態では、貯蓄額の改善は難しいです。家族で目標を共有することが大切です。

貯蓄額が増えることによって、不安が減るだけでなく自信も余裕も生まれてくるはずです。経済的な効果だけでなく心理的な効果も期待できるのです。貯蓄額を増やすことは人生を豊かに過ごせる要素の1つともいえますので、目標を決めて確実に実現させたいものです。そのためには、家計簿をつける、無駄を見つけたら後回しにせずすぐに支出削減の対応をするなどの行動を習慣化することがポイントになります。貯蓄を増やすための行動が習慣化できれば、楽しく継続できるはずです。
※参考:『定期預金とは?特徴を活かして貯蓄を増やそう!

▲目次にもどる