みんなどうやって節約しているの?

目次

まずは目標額を設定しよう!

単純にお金を貯めたいと考えてあれこれ節約するのは、節約を失敗させる第一歩です。効率良く節約を続けるためにも、まず「貯蓄の目標金額」を決めましょう。例えば、10年後までに300万円貯めるという場合は、1年ごとに30万円、1ヶ月ごとには3万円弱ずつ貯金をしなければいけないという貯蓄の計画を立てることができます。

貯蓄の計画を立てると、毎月いくら貯金するべきなのか、今月はいくらまで使って良いのかを把握しやすくなるので、節約に対する具体的な目標が出来ます。そのため、家計簿をつけるだけで、無理なく効率的に節約ができるのです。お金を貯めたいと思うなら、とりあえず貯蓄の目標金額を決めることから始めましょう。
※参考:『老後までにいくらためればいいの?

 

自分の生活費を把握して!家計簿のすすめ

毎月の収入の中から何となくお金を使っているだけでは、無駄を省くことは出来ません。無駄を省いて、お金を節約する方法の1つとして「家計簿をつける」ことをおすすめします。家計簿には自分がどんなものにお金を使っているかが、ひと目で判るという大きなメリットがあります。家計簿をつけていると無駄を視覚的に実感することが出来るため、無駄な経費を仕分けしやすくなるのです。

ぜひ家計簿をつけて、自分の生活費を把握して節約に役立ててください。最近では家計簿をつけることができるお役立ちアプリもあるので、そういったツールを利用すると楽に家計簿をつけることができます。
※参考:『貯蓄。どう計画を立てている?年代別平均貯蓄額を踏まえておこう

 

携帯料金も工夫次第で節約可能!

携帯料金が、家計の大きな負担になっているという方もいるのではないでしょうか。しかし、携帯料金は簡単な方法で節約することができます。携帯料金を節約する方法の1つとして挙げられるのが「格安SIM」です。携帯会社大手3社以外の格安SIMを販売している会社に変更すれば、1万円以上の節約も可能です。毎月携帯を使っていてもデータ通信の容量が余るという方は、携帯会社に問い合わせて自分にあったプランに変更した方が良いでしょう。

逆に、毎月定められたデータ通信量の範囲内では収まらない、オーバーして無駄にお金を使ってしまっているという方は「ポケットwifi」などを使用した方が結果的に携帯料金の節約になることもあります。

 

水道光熱費も賢く節約

生活の中でどうしてもかかるお金が、水道光熱費です。簡単に減らせる項目ではありませんが、僅かな心掛けで水道光熱費を減らすことは可能です。水道代金に関しては「むやみに水を流しっぱなしにしない」「お風呂の残り湯を洗濯に使う」などの節約方法があります。またガス料金の場合は、調理方法を工夫することが節約につながる場合があります。

例えば、保温性の高い土鍋を使って煮込み料理やカレーなどを作り、ガス代を浮かせるという方法や1つのフライパンで複数の料理を作るなど、ちょっとした工夫でガス代金を節約することが可能です。そして、最後に一番重要な電気代は「自分にあった電気会社を選ぶ」という方法で大きく節約することが可能です。

 

節約の要!食費の節約方法

人は食べなければ生きてはいけませんが、生活費の中で食費は大きな割合を締めるため「食費」は大きな節約ポイントです。食品を減らすための大前提として外食を減らすという方法があります。これだけで、人によっては数万円単位の節約になることもあります。他にも食品を減らす方法としては、購入した食材を無駄なく使うという方法や、業務用スーパーでまとめ買いをするなどの方法もあります。

また、最近流行りの節約方法として「リボベジ」というものもあります。これはリーボーンズベジタブルの略で、野菜の切れ端を育ててもう一度食材として生まれ変わらせるという運動のことです。このリボベジを行えば、野菜の買い物を減らすことが出来るため、長い目で見て大きな節約につながります。
※参考:『手間と努力で抑えよう!食費を節約するために有効な方法をご紹介

84-2

継続が大事!小さなことからコツコツと

小さなことからコツコツと積み重ねることで、大きな節約につながるのは言うまでもないでしょう。仮に1日100円節約した場合、それを毎日続ければ1ヶ月で約3000円の節約になります。もしも、毎月3000円節約すれば、1年で3万円の節約になり、それだけ毎年3万円も貯蓄を増やすことが出来るのです。たかが3万円と思うかも知れませんが、3年も続ければ10万円近い金額になり、家族で旅行が出来るほどのお金になります。将来の夢や目標があると、毎日の節約もきっと楽しくなるはずです。節約を考えている方は紹介した方法を実践して、数年後の自分の夢を叶えてみてはいかがでしょうか。

▲目次にもどる