目次

クレジットカード付帯の海外保険。必要性はいかに”>クレジットカード付帯の海外保険。必要性はいかに

アメリカやヨーロッパ、アジア等、海外旅行を楽しむ人は年々増えてきているようです。旅行会社から数多くのプランが出ており、以前よりも格安で行けるものもあるため気軽に利用する人も多いのではないでしょうか。しかし海外に滞在中に怪我をしたり、病気にかかったりする可能性も十分考えられますよね。普段から医療保険に入っているから大丈夫!と考える人もいるかもしれませんが、海外の医療費は日本に比べると非常に高い場合が多くあります。海外保険が必要とされる大きな理由は、この高額な医療費と言っても過言ではないでしょう。

例えば、日本では救急車を呼んでもお金を取られることはありませんが、海外は有料が基本。国によって異なりますが、日本円にして2~3万円かかることが多く、高額な国であれば10万近く請求されることもあります。また初診料や治療費、ベッド代が日本の10倍近くする国も珍しくありません。入院となれば家族を日本から呼ぶことになったり、怪我や病気が長引くようであれば日本への転院になったりと、家族の旅費や転院のための費用が必要になることも考えられます。

こうなってしまった場合、普段加入している医療保険だけでは賄いにくいでしょう。そこで頼りになるのが、海外向けのクレジットカード付帯保険です。高額な医療費の他に、入院となった場合に家族を呼び寄せる費用や転院の費用を補償してくれます。また購入した商品を破損してしまった場合や、他人に怪我をさせてしまった場合、荷物が届かなかった場合等の対応も付帯保険で賄えます。海外での様々なトラブルの心強い味方となってくれるのです。

海外旅行の保険付帯のクレジットカード、年会費は高いの?

海外保険がついているクレジットカードは、年会費がかかるのが当たり前と思っている人もいるようですが、実は年会費が無料のカードもたくさんあります。もちろん、年会費が高額な方が補償内容が幅広かったり、負担してくれる金額が高額であったりという場合がほとんどです。例えば旅行中の怪我が原因で死亡に至る「事故死亡・後遺障害」の場合、年会費無料のカードでは500万円~2,000万円を支払ってくれるものがほとんどですが、年会費が5,000円以上になると5,000万円支払ってくれるクレジットカードが多く見られます。

また他人に怪我をさせてしまったり、他人の物を破損してしまったりした時に支払われる損害賠償についても、年会費無料のカードだと2,000万円、年会費5,000円程のものであれば4,000万~5,000万円保証してくれるものが一般的です。カードを複数枚保有することで合算した金額が支払われることもあるので、年会費無料のカードを2枚以上持つ人もいます。ただし、「事故死亡・後遺障害」は合算されないケースが多いこと、他にも同じ系列同士のカードであれば合算不可という条件がついていることも珍しくないので、加入する際には確認が必要でしょう。

クレジットカード付帯の海外保険はどこまで補償してくれる?

クレジットカードについている海外保険で補償される内容には、一般的に次のようなものがあります。

まずは、旅行中の怪我により死亡したり後遺症が残ったりする「障害死亡・後遺障害治療費用」、怪我に対する治療費を補償してくれる「傷害治療費用」、病気に対する治療費を補償してくれる「疾病治療費用」はほとんどのカードについています。また他人に怪我を負わせたり、他人の物を破損したりした場合に支払いを負担してくれる「賠償責任」、旅行先に荷物が届かなかったり、荷物が盗まれたりした場合に補償をしてくれる「携行品損害」、怪我や病気による入院などで家族を現地に呼び寄せる際の費用を負担してくれる「救援者費用」が付いているクレジットカードも多くあります。

これに対し保険会社が販売している海外保険には、海外で病気にかかり、もしくは発病し死亡に至った場合に支払われる「疾病死亡」や、歯や歯茎などの口腔内にトラブルが発生した際に補償してくれる「緊急歯科治療費用」などの手厚い保証がついているものが多々見られます。これらの心配までしっかりカバーしたい人にとっては、保険会社が販売している保険も良いかもしれませんが、短期で海外に行く人、もしくはこれらの心配がほとんどない人にとってはクレジットカードに付帯している保証内容でも充分と言えるでしょう。

クレジットカード海外保険の「自動付帯」「利用付帯」とは?

「海外保険のついたクレジットカードを持っているから海外旅行は安心!」と思いこんでしまうと、思わぬ落とし穴にはまることがあります。実はクレジットカードについている海外保険の中には、持っているだけで保険が適用されるものと、そうでないものがあるのです。そのクレジットカードを所有しているだけで保険が適用されるカードは「自動付帯」、一方でそのクレジットカードを利用して始めて保険が適用されるものを「利用付帯」と呼びます。

具体的にどのような支払いに利用すると適用されるのかと言うと、旅行やツアーの代金、旅行中の移動に使った公共交通機関への支払いがこれに該当します。しかも自動付帯の保証期間のほとんどが出国日から90日間なのに対し、利用付帯にはカードを公共交通機関の支払いに使った日から60日間や90日間保証してくれるものが多いことも特徴です。長期間の海外旅行や海外滞在の保険として重宝するでしょう。

しかし、どんな公共交通機関でもクレジットカードが使えるというわけではないので、保証期間を長くしたい場合にはクレジットカードが支払いに利用できる交通機関を確認しておくのも大事です。またレンタカー代や高速道路の代金など、公共交通機関の対象とならないものもあるので、対象となる公共交通機関をチェックもしっかりしておきましょう。「自動付帯」と「利用付帯」のクレジットカードを組み合わせて使うのも、良いかもしれませんね。

クレジットカードによって補償される金額や内容は異なります!

海外保険のついているクレジットカードは沢山ありますが、補償内容や支払いをしてくれる金額はカードの発行会社によって様々です。例えば、同じ年会費無料のクレジットカードであっても、海外保険の「障害死亡・後遺障害」の支払い金額は500万~2,000万円までとかなり差があります。「賠償責任」が付いていないカードであれば、2,000万や3,000万と高額な補償を請け負ってくれるカードもあります。またカードを発行している会社によって、24時間電話対応の相談を受け付けているところと、そうでないところがあります。

海外での怪我や病気で病院にかかる場合、診察の受け方や流れが分からずに困るといったケースなどが想定されますが、相談できるサービスがついていることでこれらの不安解消へと繋がるでしょう。「キャッシュレス診療」がついているかどうかも、大きな違いです。海外での医療費は高額になることが多いため、いくら保険が下りるといっても現地で立て替えをするのに苦労をする場合が多いようです。キャッシュレス診療がついているカードを持っていれば、診察費用をその場で支払う必要がなくスムーズに診察を受けることができます。補償される金額の他に、内容をしっかりチェックすることも保険選びの大事な要素と言えるでしょう。

海外で安心してお買い物が楽しめる「ショッピング保険」

海外に出かけた時の楽しみの1つに、「ショッピング」が挙げられます。日本では手に入らないブランドや、お土産や記念品などは大事に持ち帰りたいところですよね。しかし、破損や盗難などの事故によってこれらの買い物が台無しになることも想定されます。そんな時に頼りになるのが「ショッピング保険」。カード会社によって「動産総合保険」や「買い物保険」など、様々な呼ばれ方がありますが、定義はほぼ一緒です。

クレジットカードで購入した商品が破損してしまった場合や、盗難にあってしまった場合、また火災などの不慮の事故で損害を受けた場合に適用されます。保証される期間は一般的に商品を購入した日、もしくはその翌日から90日間で、事故が起こってから30日以内といったようにカード会社が定めた期日内に申請する必要があります。その際には購入時のクレジットカードの伝票が必要になりますので、伝票は必ず取っておきましょう。補償される金額はカード会社によって異なり、年会費が無料のクレジットカードであれば100万~200万円が相場で、年会費が5,000円程するクレジットカードであれば300万円程補償してくれるものも多く見られます。

補償の対象となる商品とそうでないものがあるため、買い物をする前に確認をしておくと良いでしょう。現金で買い物をしたほうが支出は分かりやすいかもしれませんが、このような保証を望むならクレジットカードで買い物をするのも良いかもしれませんね。

▲目次にもどる