海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ8選

目次

            1.クレジットカード付帯海外旅行保険と販売型海外旅行保険はどう違うの?

                2.海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ1 三井住友VISAクラシックカードA

                    3.海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ2 イオンSuicaカード

                        4.海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ3 楽天カード

                            5.海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ4 JCB EIT(エイト)

                                6.海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ5 レックスカードライト

                                    7.海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ7 三菱UFJニコスVIASOカード

                                        8.海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ8 エポスカード

                                            9.海外旅行保険付帯のクレジットカードの注意点や気になる情報

クレジットカード付帯海外旅行保険と販売型海外旅行保険はどう違うの?

クレジットカード付帯海外旅行保険」とは、クレジットカードにサービスとして海外旅行でのトラブルを補償してくれる保険をつけているもののことを言います。その他に「販売型海外旅行保険」という保険があり、こちらは旅行代理店や保険会社が販売を行っている海外旅行中のトラブルを補償してくれる保険のことです。

・クレジットカード付帯海外旅行保険:クレジットカードに入会すると付いてくる保険のこと
・販売型海外旅行保険:旅行の際に、旅行代理店や保険会社に個人で申し込む保険のこと

海外旅行に行く際、万が一のことがあった場合にクレジットカードに付帯している保険のみの補償で大丈夫なのだろうか?そんな不安を抱える人も多いと思います。

そこで今回は、「クレジットカード付帯海外旅行保険」と「販売型海外旅行保険」の両者の違いについて詳しく解説し、さらに海外旅行に行くならぜひ持っていって欲しいおすすめの海外旅行保険付帯の暮れ時とカード特集をご紹介していきます。

まず、両者の保険には異なる点が幾つかあり、その一つとして「補償内容」が挙げられます。共通する主な内容には以下のような補償が挙げられます。


■海外旅行保険の内容

・旅行中の事故により死亡、または障害が残った場合に補償してくれる「傷害死亡」や「後遺障害
・旅行中の怪我や病気による通院費や入院費を補償してくれる「傷害治療費用」や「疾病治療費用
・渡航先で入院などをした場合に家族がかけつけるための費用を補償してくれる「救護者費用
・旅行中に他人に怪我をさせたり、他人やホテルなどの物を破損したりといった場合に補償してくれる「賠償責任
・旅行に持って行ったカメラやキャリーケースなどが破損や盗難に遭った場合に補償してくれる「携行品損害

販売型海外旅行保険であればさらに補償範囲が広がり、病気で亡くなった場合の「疾病死亡」や歯医者での治療費を補償してくれる「緊急歯科治療費」、飛行機の遅延や欠航などによってホテル代や別途交通費が必要になった場合に補償してくれる「旅行事故費用」などの手厚い保証がついている場合が多く見られます。

「保険金額」にも違いが見られます。クレジットカード付帯海外旅行保険より、販売型海外旅行保険の方が高額に設定されている場合が多いのです。

例えば、クレジットカード付帯海外旅行保険の保険金額には上限があるのもがほとんどですが、販売型海外旅行保険には無制限という内容のものもよく見かけます。海外では医療費が高額なことが多いため、持病があって海外旅行に行く場合などは海外での入院に備えて「疾病治療費用」が無制限のものを選ぶ、スキーなど怪我の心配があるレジャーを楽しみに行く場合は「傷害治療費用」が無制限のものにするなど、体の状態やニーズに合わせた選び方をすると良いでしょう。

・持病があったり体調が優れなかったりするまま海外へ行く場合:疾病治療費用が無制限の保険を選ぶ
・怪我の恐れがあるレジャーに挑戦する場合:傷害治療費用が無制限の保険を選ぶ

保険料にも大きな違いがあります。販売型海外旅行保険であれば旅行日数や保証内容などによって保険料が異なりますが、内容によっては保険料が高額になることもあります。一方でクレジット付帯海外旅行保険は、保険料が必要ありません。クレジットカードの年会費を支払っていれば利用できるため、海外旅行保険にかかる費用を抑えることができます。年会費がかからないクレジットカードであれば、無料で保険を利用できるためお得でしょう。そのため、持病がない、観光目的の数日間の旅行といった人などにはクレジットカード付帯海外旅行保険が選ばれることが多いようです。

・持病がなく、旅行先でも観光をするなど怪我のリスクが低い場合:クレジットカード付帯海外旅行保険を選ぶ傾向がある

海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ1 :
三井住友VISAクラシックカードA


三井住友VISAクラシックカードA」は、高校生を除く18歳以上であれば誰でも申し込みをすることが可能で、年会費は¥1,500(税抜)です。学生の場合は学生向けのカードを発行することができ、在学中の年会費は¥250(税抜)になります。「マイ・ペイすリボ」と呼ばれるリボ払い制の支払いを利用し、年に1度でもカードを使って買い物をすれば翌年以降の年会費はかからないため、お得に利用できるでしょう。もちろん年会費を支払うことで、1回や2回払い、ボーナス払いを利用することも可能です。

「三井住友VISAクラシックカードA」は海外旅行保険付帯のクレジットカードであるため、保有しているだけで保険を適用してくれます。補償してくれるのは、

・傷害死亡・後遺傷害
・傷害治療費用
・疾病治療費用
・賠償責任
・携行品損害
・救護者費用

です。ただし、保険金額については旅行代金の支払いをクレジットカードで行った方が高くなる場合もあり、クレジットカードで旅行代金の支払いをしていない場合の「死亡・後遺傷害」の補償額は最高¥3,000,000(税抜)までですが、クレジットカードで旅行代金の支払いをした場合はさらに¥17,000,0000プラスされ最高で¥20,000,000まで補償してくれるため、旅行代金の支払いにクレジットカードを利用した方がより安心感を得られるでしょう。

「傷害治療費用」、「疾病治療費用」、「賠償責任」、「携行品損害」、「救護者費用」の保険金額についてはクレジットカードを旅行代金の支払いに利用したかどうかは関係なく、「傷害治療費用」と「疾病治療費用」は1事故もしくは1疾病あたり最高¥1,000,000まで、「賠償責任」は1事故あたり最高¥25,000,000まで、「携行品損害」は最高¥200,000まで、「救護者費用」は最高¥1,500,000まで補償してくれます。ただし、「携行品損害」であれば1事故につき自己負担金¥30,000,000など利用条件があるため、旅行前にはしっかり確認する必要があるでしょう。また、補償対象期間が3カ月間と長めに設定されていることも魅力と言えるでしょう。

海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ2:
イオンSuicaカード

Suicaの機能がついているだけでなく、イオングループでの買い物がお得にできる「イオンSuicaカード」。毎月20日や30日にイオングループのお店で買い物をすると5パーセントオフになりますし、イオングループのお店での買い物であればポイントがいつでも2倍加算されるという特典がついています。貯まったポイントは電子マネーとしてSuicaにチャージでき、交通機関の利用や買い物に還元できるためお得感が大きいでしょう。さらに、年会費は無料。ETCカードを追加で発行することも可能で、こちらも発行手数料や年会費は無料となっています。

イオンSuicaカードは海外旅行保険付帯のクレジットカードとなっています。補償されるのは事故等による怪我で死亡や後遺障害が残った時の「傷害死亡・後遺傷害」、怪我の治療費を補償してくれる「傷害治療費用」や病気の治療費を補償してくれる「疾病治療費用」の3点となり、保険金額は「傷害死亡・後遺障害」が最高¥5,000,000で、「障害治療費用」と「疾病治療費用」は¥500,000が限度です。クレジットカードを旅行費の支払いに使うことが条件の利用付帯ではなく、クレジットカードを保有しているだけで補償される自動付帯である点も魅力でしょう。

クレジットカードを国内で紛失、もしくは盗まれてしまった時はもちろん、海外で紛失や盗難に遭った場合にも頼りになるのがイオンSuicaカードです。紛失や盗難の届け出が受理された日から61日前まで遡ってその損害額を補償してくれるので、旅行先にも安心して持っていくことができるでしょう。

さらに、40カ国以上の国において紛失・盗難デスクの電話番号を設けており、日本の紛失・盗難デスクに繋がるようになっている配慮がなされているため、万が一の時にも連絡が取りやすく安心です。「ショッピングセーフティ補償」がついていることも魅力で、一部条件はありますがクレジットカードで購入した品が破損したり盗まれたりした場合に補償してくれるため、旅先でも快適にショッピングが楽しめるでしょう。

海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ3:
楽天カード

 

楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループの利用でポイントがどんどん貯まる「楽天カード」。コンビニやデパートなど、ポイント加盟店も多数あるため使い勝手が良く、さらに貯まったポイントを楽天での買い物などに利用できることが魅力です。ポイントは航空会社のマイルと交換できるため、飛行機を利用することが多い人、旅行が好きな人にもお得感があるでしょう。年会費は永久にゼロ円。家族カードを追加で発行することも可能となっています。

楽天カードは海外旅行保険付帯となっており、保険が適用されるためには日本を出国する前に飛行機や電車、バスなどの公共交通機関の支払いをクレジットカードで行う、または旅行会社が企画した募集型企画旅行の代金の支払いにクレジットカードを利用したといった条件を満たす必要があります。年会費が無料であるのに補償内容が幅広いことが魅力で、「傷害死亡・後遺障害」や「傷害治療費用」、「疾病治療費用」、「賠償責任」、「携行品損害」、「救護者費用」が利用できます。さらに、保険金額が高く設定されていることも楽天カードの海外旅行保険の嬉しいポイントです。

「傷害死亡・後遺症」と「賠償責任」は最高¥20,000,000まで、「障害治療費用」と「疾病治療費用」、「救護者費用」は最高¥2,000,000まで、「携行品損害」は最高¥200,000までとなっているため、保険料を安く抑えつつもできるだけ幅広い補償が欲しいという人におすすめです。

楽天カードには「楽天カード保険デスク」という電話番号が設置されており、海外旅行中に怪我や病気で医療機関を受診しなければならなくなった場合に医療機関を紹介してくれるなどのサポートを行ってくれます。日本語で対応してくれる、電話を受けた側が電話代を支払うコレクトコールを導入しているなど会員が利用しやすいように配慮されているため、万が一の時でも安心でしょう。もちろん保険金の請求手続き方法など保険金に関する問い合わせにも丁寧に答えてくれます。

海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ4:
JCB EIT(エイト)

JCB EIT(エイト)」はリボ払い専用のカードです。毎月の支払い金額を自分の好きな金額に設定できるので、無理のない支払いができること、ライフスタイルに合わせた使い方ができることが魅力でしょう。年会費が無料であること、JCBのポイントプログラムである「Oki Dokiポイント」がショッピングの度に2倍貯まることもJCB EIT(エイト)の大きな特典となっています。貯まったポイントは雑貨などの商品の他、航空会社へのマイレージやコンビニのポイントなどにも交換できるため使いやすく便利でしょう。

海外旅行保険付帯となっているJCB EIT(エイト)。補償される範囲が広く、保険金額も高めに設定されているため、海外旅行が好きな人におすすめです。さらに、補償期間が3カ月間と長めに設定されていることも嬉しいポイントでしょう。補償内容と保険金額については「傷害死亡・後遺障害」と「賠償責任」が最高¥20,000,000まで、「傷害治療費用」と「疾病治療費用」が1回の事故や病気につき最高¥1,000,000まで、「携行品損害」が1旅行中に¥200,000まで、「救護者費用」が最高¥1,000,000までとなっています。

JCB EIT(エイト)に付帯している海外旅行保険は自動付帯となっているため、利用するにあたり条件を満たす必要や面倒な手続きを行う必要がありません。一部補償対象にならない事故や病気もありますが、入会しているだけで海外旅行の心強い味方となってくれる嬉しいクレジットカードです。

JCB EIT(エイト)にはショッピングガード保険という、クレジットカードで購入した品が盗まれたり破損したりした時に補償してくれる保険もついているため、国内はもちろん海外でのショッピングでも頼りになるでしょう。補償金額は最高¥1,000,000までで、1回の事故の自己負担金額は国内の場合¥3,000(税抜)、海外の場合¥10,000(税抜)となっています。一部対象とならない商品もありますが、海外の免税店で高価なブランド品の財布やカバンを買う時などに安心できることでしょう。

海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ5:
レックスカードライト

レックスカードライト」は、ポイントの還元率が1.25パーセントという高還元率なクレジットカードです。貯まったポイントは「Jデポ」と呼ばれる、クレジットカードの請求金額から値引きを行う制度に利用できるため、クレジットカードをお得に使うことができるでしょう。さらに、年会費はゼロ円。家族カードを追加で発行することもでき、もちろん年会費は無料となっています。支払い方法も多彩で、1回払いのほかに回数分割払いや、ボーナス払い、リボ払いなどを選択することができます。

海外旅行保険付帯のクレジットカードであるレックスカードライト。1回の旅行につき最長90日間まで補償してくれます。補償内容と保険金額ともに充実しており、クレジットカードを保有しているだけで保険が適用される自動付帯となっているため、海外旅行に行く時に頼りになるでしょう。保険金額は、「傷害死亡」と「賠償責任」が最高¥20,000,000まで、「後遺障害」が¥800,000から¥20,000,000まで、「傷害治療費用」と「疾病治療費用」が最高¥2,000,000まで、「救護者費用」の1年間の限度額が¥2,000,000、「携行品損害」は最高¥200,000までで、かつ自己負担が¥3,000(税抜)と設定されています。

レックスカードライトには海外旅行保険の他、海外旅行中だけ利用枠を増やしてくれる「海外ご利用可能枠一時増枠サービス」や、海外での支払いを自動的にリボルビング払いに変更してくれる「海外リボルビング払いサービス」、海外でキャッシングを利用できる「海外キャッシングサービス」など、海外旅行に役立つサービスがいろいろ付いているため、海外旅行中も安心してクレジットカードを使うことができるでしょう。

キャッシングサービスを利用して駅や空港などにあるATMから現金を引き出せるため、現金が必要なシーンでも頼りになります。あまり広く知られていませんが、実は海外にて現地通貨を調達する際、もっとも手両替手数料がお得な換金方法はクレジットカードの「キャッシング」機能なんです。

海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ6:
SBIレギュラーカード

SBIレギュラーカード」は家族で使える便利なカードです。年会費は¥900(税抜)ですが、1年間のクレジットカード利用合計金額が一定額を超えると次年度の年会費も無料となります。家族カードは5枚まで追加で発行することが可能で、1枚目のみ年会費がかかりませんが、2枚目以降は1枚あたり¥500(税抜)です。毎月のクレジットカードの引き落とし日を自分で決めることができるのもSBIレギュラーカードの大きな特徴で、給料日の後に引き落とし日を設けるなどライフスタイルに合わせた使い方ができるでしょう。

SBIレギュラーカードは海外旅行保険付帯のクレジットカードです。本人だけでなく一緒に旅行をしている家族の分まで補償してくれるため、友人と海外旅行に行くことが多い人はもちろん、特に家族で海外旅行をする人におすすめです。補償の対象となるには、生計を同一にしている、6親等以内の血族または3親等以内の姻族であるなどの条件を満たす必要がありますが、対象となる家族がSBIレギュラーカードを保有していなくても保険が適用となることが魅力でしょう。利用付帯となっているため、保険の対象となるためには旅行代金をクレジットカードで支払う必要があります。

SBIレギュラーカードの海外旅行保険の補償内容には「死亡・後遺障害」、「傷害治療費用」、「賠償責任」、「救護者費用」があり、保険金額はクレジットカードの所有者本人か、その家族かによって異なります。クレジットカード所有者本人であれば「死亡・後遺障害」は最高¥20,000,000まで、「傷害治療費用」は最高¥2,000,000まで、「賠償責任」は最高¥10,000,000まで、「救護者費用」は最高¥1,000,000まで適用されます。一方、家族であれば「死亡・後遺障害」は最高¥10,000,000まで、「傷害治療費用」は最高¥1,000,000まで、「賠償責任」は最高¥5,000,000まで、「救護者費用」は最高¥500,000まで適用してくれます。

海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ7:
三菱UFJニコスVIASOカード

三菱UFJニコスVIASOカード」はクレジットカード利用金額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントが自動的にキャッシュバックされるお得なカードです。1,000ポイント以上貯まることが条件になりますが、自動でキャッシュバックされるためポイントを使い忘れる心配がありません。特定の加盟店でクレジットカードを利用するとポイントが通常の2倍貯まる、提携しているホームページで買い物をするとボーナスポイントがもらえるなどのお得な制度もあるためポイントを貯めやすいでしょう。年会費は本人、家族会員ともに無料となっています。

三菱UFJニコスVIASOカードは海外旅行保険付帯のクレジットカードです。事前に旅行代金をクレジットカードで清算することが条件となりますが、保証内容には「傷害死亡・後遺障害」、「傷害治療費用」、「疾病治療費用」、「賠償責任」、「携行品損害」、「救護者費用」があり、カード所有者本人と家族カードを保有している家族が補償の対象となっています。

保険金額はカード所有者本人と家族カードを保有している家族で同じ金額に設定されており、「傷害死亡・後遺障害」と「賠償責任」が最高¥20,000,000まで、「傷害治療費用」と「疾病治療費用」、「救護者費用」が最高¥1,000,000まで、「携行品損害」が1旅行につき最高¥200,000まで適用されます。

三菱UFJニコスVIASOカードに入会すると、「ハローデスク」というさまざまな情報を教えてくれるサービスを利用することができます。「ハローデスク」では渡航先の交通機関やイベントの情報はもちろん、ホテルやレストランの予約も行ってくれますし、トラブルに巻き込まれた場合の警察への連絡の仕方など頼りになるアドバイスをくれます。医療機関や日本語で対応してくれる医師の紹介も行ってくれるため、海外旅行の際に心強いでしょう。言語はもちろん日本語なので安心です。電話で問い合わせをすることもできますし、現地の店舗にて情報を得ることも可能となっています。

海外旅行保険付帯のクレジットカードおすすめ8:
エポスカード

エポスカード」は、丸井グループの子会社である株式会社エポスカードが発行するクレジットカードです。マルイでのショッピングをお得にしてくれることはもちろん、コンビニやカラオケなどの提携店や、ネットショッピングでの支払いに使うことでもどんどんポイントが貯まります。貯まったポイントは雑貨などの景品や航空会社のマイル、デパートなどで使える商品券などさまざまなものと交換することが可能です。さらに、入会金や年会費はゼロ円。高校生を除く18歳以上であれば、誰でも申し込みをすることができます。

エポスカードは海外旅行保険付帯となっているため、海外旅行が好きな人、海外を訪れることが多い人に便利なクレジットカードです。

補償内容と保険金額も充実しており、「傷害死亡・後遺障害」は最高¥5,000,000まで、「傷害治療費用」は1事故につき最高¥2,000,000まで、「疾病治療費用」は1疾病につき最高¥2,700,000まで、「賠償責任」は自己負担なしで最高¥20,000,000まで、「救護者費用」は1旅行につき最高¥1,000,000まで、「携行品損害」は免責が¥3,000となりますが1旅行中に最高¥200,000まで補償してくれます。特に年会費無料の海外旅行保険付帯のクレジットカードの中では「疾病治療費用」が少し高めに設定されているため、病気の備えに重点をおきたい人におすすめです。

「緊急医療アシスタンスサービス」がついていることも、エポスカードが海外旅行に便利な理由です。「緊急医療アシスタンスサービス」では医療機関の紹介や案内だけでなく、医療機関への移送などの手配も行っているためいざという時に頼りになるでしょう。さらに医療費キャッシュレスサービスも受けられるため、医療費が補償の範囲を超えない限り会員が窓口で支払いをする必要はありません。医療費が高額な場合が多い海外にて、安心して治療をうけることができるでしょう。

また、会員が遭難した場合の捜索の手配や、救護者の手配なども「緊急医療アシスタンスサービス」で対応してくれる内容となっています。対応言語は日本語で、24時間いつでも連絡が可能なため、海外旅行をより快適に楽しむことができるでしょう。

海外旅行保険付帯のクレジットカードの注意点や気になる情報

海外旅行保険付帯のクレジットカードの魅力は、年会費が無料などのお得なクレジットカードを選びながらも補償を得られることにあります。しかし、保険が適用されるためにはクレジットカードで旅行代金を支払うなどの条件がつく場合があるため、必ず事前に確認するようにしましょう。

さらに、補償内容や保険金額も大事な確認事項です。病気の心配がある場合には疾病による死亡や疾病の治療費を補償してくれる保険がついたクレジットカードを選ぶなど、自分のニーズをよく把握しておく必要があります。もちろん、保険が適用となる期間がどのくらいであるかもきちんとチェックしておきましょう。

また、渡航先によって医療費や医療体制が異なることを前提としましょう。国によっては医療費がかなり高額であったり、搬送の距離によって救急車の費用が変わったりすることもあるため、渡航先の情報をしっかり確認する必要があります。事前にどれくらいの補償が必要であるかを予測し、備えておくことが大切です。医療費が高額な国に渡航する場合、クレジットカードの保険金額を合算して利用するという方法もあります。

クレジットカードによって条件は異なりますが、多くの場合「死亡・後遺障害」を除く内容は合算が可能で、例えば「傷害治療費用」や「疾病治療費用」、「賠償責任」などは複数のクレジットカードの保険金額を足した金額で利用することができます。そのため、合算可能なクレジットカードを探して複数保有しておくのも、上手に海外旅行保険付帯のクレジットカードを利用する方法と言えるでしょう。

海外旅行保険付帯のクレジットカードは年会費が無料なものも多いため、条件さえ満たせば保険料を支払うことなく海外旅行保険を利用することができます。しかし、場合によってはクレジットカードに付帯する海外旅行保険だけではカバーできないものもあるため、見極めが大切です。持病がある、怪我のリスクがあるレジャーを楽しみに行くなどの場合はその補償をしっかりカバーしてくれる保険を選ぶ必要があるでしょう。自分の渡航先やニーズに合った海外旅行保険を備えて、より快適に安心して旅行を楽しんではいかがでしょうか。

▲目次にもどる