キャッシングと聞くと借金を思い浮かべ、心配になってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は海外キャッシングをよく知るために海外で利用可能である海外キャッシングとはどんなものなのか、また海外キャッシングのメリットやデメリットについて解説をします。

クレジットカードの海外キャッシングってどういうこと?

クレジットカードにはさまざまな機能があります。国内でも便利に利用することができますが、特に海外では重宝するでしょう。海外の店舗ではカード払いでショッピングもできます。さらにクレジットカードには海外キャッシングの機能もあります。海外キャッシングとは、海外旅行や海外出張などで現地滞在中にクレジットカード会社から借入をして現地のATMなどから現地通貨を引き出すことをいいます。クレジットカードでキャッシングができるATMさえ見つければ現地通貨を手に入れることができますので、いちいち空港や現地の両替所を利用する手間がかかりません。

海外キャッシングは借入ですので、国内のキャッシングと同様に利子に相当する手数料がかかります。また、為替レートの変動リスクも生じます。さらに海外手数料も負担する必要があります。「キャッシングはこわいもの」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、仕組みを理解しておけばデメリットを最小限に抑えてメリットを最大限に享受できるでしょう。(※1)

メリット1.手数料が安くなる

海外キャッシングを利用する主なメリットは3つあります。1つ目は手数料が安くなることです。空港や現地の両替所で日本円を現地通貨に交換する場合にはかなりの手数料負担をすることになります。ニュースなどで報じられている為替レートは両替所の手数料が含まれていません。両替所を使用して現地通貨を手に入れたときは、支払った日本円に対して受け取る現地通貨が少ないと感じることも多いでしょう。

海外キャッシングを利用する場合も手数料はかかりますが、両替所の手数料よりも安く設定されているのが一般的です。そのため、両替所を利用するよりも海外キャッシングを利用する方がコスト負担を減らせるメリットがあります。ただし、海外キャッシングは借入ですので、帰国後はできるだけ早く返済することがポイントです。(※1)

メリット2.多額の現金を持ち歩かなくてすむ

海外キャッシングを利用した場合の2つ目のメリットは多額の現金を持ち歩く必要がないことです。海外旅行や海外出張をする場合、さまざまな場面で現地通貨の支払いが必要になります。その都度両替をしたいと思っても、両替所は限られた場所にしかありませんのでどうしても多額の現地通貨を持ち歩くことになってしまいます。しかし、多額の現金を持ち歩くと盗難などのリスクが大きくなりますので避けたいところです。特に治安の悪い国などでは多額の現金を持ち歩くのは避けるべきでしょう。

一方、海外キャッシングを利用すれば持ち歩く現地通貨は最小限に抑えることできます。街中や観光地、ビジネス街などではキャッシングができるATMを簡単に見つけることができます。ほとんどの場所では、現地通貨で支払う必要が生じた都度、ATMを見つけて現地通貨を手に入れる環境が整っています。現地滞在中は、キャッシングができるATMの場所をチェックしておくことをおすすめします。(※1)

メリット3.世界中で使用可能

海外キャッシングを利用する3つ目のメリットは世界中で使用可能だということです。現地の両替所を利用して日本円を支払って現地通貨を手に入れる場合、日本円の流通量が少ない国などでは高い為替手数料が設定されていることも珍しくありません。国によっては日本円での交換が難しいところもあります。そのため、滞在先によっては現地通貨に交換できない不安がつきまとうことになります。

一方、海外キャッシングを利用すれば現地通貨に交換できない不安は無用といっても過言ではないでしょう。クレジットカード5大ブランドは、世界中で決済できるシステムを構築していますので、どの国に行ってもキャッシングで現地通貨を手に入れる環境がほとんどの場合整っています。国を選ばずいつでも現地通貨を手に入れることができる点は大きなメリットといえるでしょう。(※1)

デメリット1.帰国後すぐの返済を忘れると手数料が高くなる

海外キャッシングを利用する場合、メリットだけでなくデメリットもあることは理解しておく必要があります。主なデメリットは2つあります。1つ目は帰国後すぐに返済しないと手数料が高くなることです。海外キャッシングは借入行為ですので、利息に相当する手数料を負担する必要があります。現地で海外キャッシングを利用した場合は、返済が完了するまでの間、手数料が日割りで加算される仕組みになっています。

そのため、帰国後はできるだけ早く返済を完了することをおすすめします。早く返済を完了すればその分手数料を抑えることにつながります。また、現地でキャッシングを行う場合は、帰国後に返済できる金額の範囲内に抑えることも重要なポイントです。仕組みを理解して賢く海外キャッシングを利用しましょう。

デメリット2.利用可能額内でしか利用できない

海外キャッシングを利用する場合の2つ目のデメリットは利用可能額の範囲内でしか利用できないことです。クレジットカードは、その人の信用力に応じてクレジット購入枠やキャッシング枠が決められています。海外キャッシングも例外ではなく利用可能額の上限が定められています。そのため、限度額を超えてキャッシングをすることはできません。限度額を超えると現地通貨をキャッシングで手に入れることができなくなりますので、限度額を意識しながら利用することがポイントです。

海外旅行や出張で現地に長期間滞在する予定がある場合は、出発前に海外キャッシング枠がいくらに設定されているのかを確認しておく必要があるでしょう。現地では限度額を意識して現地通貨のキャッシングを行ったり、枠が足りないと予想される場合は両替所での交換を併用したりするなどの対策を考えておくことをおすすめします。(※1)

クレジットカードの海外キャッシングはメリットのほうが多い!

クレジットカードには多くの機能がありますが、海外に滞在する場合は海外キャッシングの機能を積極的に使ってみるとよいでしょう。海外キャッシングを利用すれば、両替所を利用しなくても簡単に現地通貨を手に入れることができます。通貨を引き出せる現地のATMは多くの場所に設置されていますので必要な都度海外キャッシングをすれば多額の現金を持ち歩く必要はなくなります。また、世界中で利用できますし、両替所を利用する場合よりも手数料が安くなるメリットもあります。

ただし、海外キャッシングは借入ですので帰国後すぐに返済しないと手数料が高くなる点や利用限度額が設定されている点には注意が必要です。海外キャッシングの仕組みやメリット・デメリットをよく理解したうえで賢く活用しましょう。

その中でも海外キャッシングが最もお得なカードはセディナカード

キャッシングは、基本的に金を借りる行為となりますので、お金を借りた期間が長くなればなるほど金利が高く付きます。

海外キャッシングはお金がないから、いますぐ金が必要だから利用するというよりは、両替が面倒くさかったり手数料が高かったりするからこそ利用するサービス。普通に通帳にお金が十分入っていても両替目的だけで使うとなると、すぐ返せるもんなら返したいですね。

両替だけを目的として海外キャッシングを利用するとなると、セディナカードはクレジットカードの中でも最強のカードとなります。キャッシングの返済がネットでできる唯一のクレジットカードだからです。海外ATMでキャッシングでお金をおろし、ネットで通帳に入っているお金ですぐ返済してしまえばほぼ無料で両替することが可能なのです。

  1. 海外ATMでキャッシングをする。
  2. Pay-easy(ペイジー)システムから自分の銀行口座(三井住友銀行、三菱UFJ東京、みずほ銀行等)からキャッシング金額を返済する。
  3. 手数料ほぼなして簡単に両替完了。

 

セディナカードの公式サイト

Pay-easy(ペイジー)というシステムを利用して、銀行口座のお金ですぐに返済することが可能ですので、海外ATMで外資をキャッシングして、すぐ返しちゃえば利息ほぼなし。わざわざ両替所いく必要もないし、高い両替手数料を払う必要もないのです。今後海外にいく予定がある方は発行を検討してみてください。

公式サイトはこちら→

※1.【VISA三井住友VISAカード】海外でもキャッシング!海外キャッシュサービスを利用するメリット&注意点
https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/recommend/kaigai-cash.jsp