目次

クレジットカードの国内向け付帯保険の概要

クレジットカードはショッピングに便利なものであり、利用する毎にポイントがしっかりと貯まるとてもお得なものです。しかし、クレジットカードの良いところはそれだけではありません。国内外の旅行でトラブルに巻き込まれたときに補償してくれるという機能も備えているのです。

付帯保険と呼ばれるクレジットカードに付いている保険には、例えば海外旅行の場合はロストバゲージなどのトラブルに巻き込まれたときに補償してくれる制度があります。
一方、そのようなトラブルがほとんどない国内旅行では、どのような付帯保険があるのでしょうか?

国内旅行用の付帯保険は、主に病院に行かなければならない事故に見舞われたときに適用されます。入院費や通院費、手術代、死亡・後遺障害に対する補償がなされるのが国内保険の特徴です。発行するクレジットカード会社によって付いている補償と付いていない補償があるので、自分の旅のプランにあったものを吟味して選ぶと良いでしょう。

また、付帯保険はクレジットカードをただ持っているだけで補償を受けられるもの(自動付帯)と、そのカードを使って旅行代金等を支払わないと補償を受けられないもの(利用付帯)とがあるので、複数枚のカードを持っている場合は、旅行代金を払う際に使うカードをよく考えましょう。
※参考:『クレジットカードの適正な保有枚数は?複数枚を持つときの注意点と審査の通し方を解説!

必ず払わなければならない?国内旅行保険が付帯しているクレジットカードの気になる年会費

クレジットカードによっては年会費を支払う必要がありますが、無料のカードも多くあります。年会費を払いたくないあまり、年会費無料のカードを好んで選ぶ人もいるかもしれません。しかし、年会費を払うカードのほうが何かあったときの補償が手厚いケースが多いので、年会費はクレジットカード選びの際に重要なポイントになるでしょう。

その気になる年会費ですが、クレジットカードによってピンからキリまであります。年会費無料のカードから、初年度は無料でその後毎年数千円を支払うもの、ゴールカードなどクレジットカードのランクが上がれば年会費は毎年1万円を超えるものも多くあります。ただ、年会費が高ければ高いほど補償額も高くなるので、保険の掛け金と思えばそれほど高くは感じられないでしょう。
※参考:『海外旅行の保険加入はどうするべき?クレジットカードだけでも大丈夫?

クレジットカード付帯保険はどの範囲まで補償してくれる?

クレジットカードの付帯保険はある種特殊な保険で、補償される範囲が限定されています。その理由は「旅行中に起きた事故」という前提の保険であり、例えば空港から出発するツアーに参加する場合は、自宅から空港までの道のりでトラブルに見舞われたときにはクレジットカードの国内保険ではカバーされない仕組みです。同様に、ツアーの帰りにも同じことが言えます。移動の際に起こるトラブルについては、保険適用は「公共交通機関を伴った旅行」という制限がなされていることが多く、自家用車での旅行中に起きた事故は補償されません

また、クレジットカード付帯の国内保険の場合は、「ホテルに滞在中に火災や爆発に巻き込まれた」とき、「パックツアーに参加中」の事故という限定もあります。以上の3つの制限のいずれかをクリアしないと補償対象外になるので、個人旅行をする際には何らかの事故に見舞われても補償を受け取れない場合があります。クレジットカードの付帯保険を100%活用しようと思えば、旅行会社のツアーに参加するのが最もお得と言えるでしょう。

知らなければ損をする!クレジットカード保険の利用付帯と自動付帯って何?

付帯保険について詳しく分かったところで、保険を利用したいときは一体どうしたらいいのでしょうか。事前にクレジット会社に旅行へ行く旨を伝えておけばいいのでしょうか。クレジットカードの付帯保険には種類があり、前述のとおりカードを持っているだけで保険が適用される自動付帯と、カードを使って旅行代金を支払わなければ保障を得られない利用付帯とに分けられます。

自動付帯のクレジットカードは持っているだけでいいので、特にデメリットはありません。学生なら年会費無料で入れるものもあるので、大変お得と言えるでしょう。自動付帯は航空会社と連携していたり、マイルが貯まったりするなど、旅をするときに便利なカードに多く付随している傾向があります。

一方、利用付帯の方は、そのカードを使って旅行代金を支払わなければ補償が得られないので、事前にクレジットカードを有効活用する旅行計画を立てなければ、ただ持っていても補償は得られないので注意する必要があります。ただし、利用付帯は自動付帯のカードよりは年会費がお得な傾向があるので、カードを使って旅行をすると決めている人は利用付帯が良いと言えるでしょう。

クレジットカードには様々な補償や保険内容がある

クレジットカードが補償する範囲は、年会費やカード会社、カードのランクによって違いが出てきます。年会費無料のものは、死亡・後遺障害のみの補償が多く、入院費や手術代が受け取れません。一方、年会費を払っているカードは、死亡・後遺障害だけではなく、手術費用や入院費などが出ます。また、年会費が高くランクが上のカードであれば、その補償額も年会費に応じて高くなります。国内保険だけではなく、海外保険に対しても同じことがいえるので、よく国内外の旅行へ行く人やビジネスマンは、年会費を最も多く払っているメインカードを使って旅行や仕事を楽しむと何かあったときに安心ですね。

また、クレジットカードによっては家族特約があり、家族で旅行をする際に頼りになります。家族特約があるカードは、主にゴールドランク以上のもので年会費が概ね高いのが特徴ですが、年会費を払った分だけ何かあったときには大いに役立つでしょう。子供の数が多い人は、カードを最大限有効活用できますね。

旅行中トラブルが起こってしまった!保険金請求には何が必要?どんなことに注意するべき?

保険をかけているといえども、旅行中は何も悪いことが起きずに過ごしたいものですよね。しかし、トラブルは予期せぬときに起きてしまうものです。思いがけない事故でパニックにならないように、事前に保険金請求に必要なことを押さえておきましょう。

まず、保険金を請求できるのはカードを持っている本人か、その人の法定相続人に限られます。不正請求を防ぐために重要なことですよね。そして、事故から概ね1ヶ月以内にカード会社に連絡する必要があります。それ以上先延ばしにしてしまうと、最悪補償を受け取れない可能性があります。

カード会社に提出する書類には規定の請求申込書の他に、事故証明書や医師の診断書、治療にかかった費用、クレジットカードを利用したことを証明する控えなどがあります。カード発行会社によってはそれ以上の書類を求められるので、まずはカード会社に電話で連絡をして、保険金請求のためには何が必要かを確認しましょう。

保険金を補償の範囲内で満額得ようと思うなら、書類は1つの間違いもなくきっちりと作る必要があります。少しでも間違いがあれば虚偽の申請とみなされて補償を得られない可能性もあるので、書類は何回も見直して間違わないよう注意しましょう。
※参考:『保険の見直しは必要?保険見直しの注意点とチェックポイント

▲目次にもどる