海外旅行で欠かせないことの一つは、日本円から現地通貨への両替でしょう。海外は日本よりもクレジットカードが利用できる場所が多いものの、交通機関を利用するときやチップの支払いなどで現金が必要な場面もあります。途上国などでは現金決済しかできないケースも少なくありません。うっかり両替を忘れてしまったというときに役立つのが海外キャッシング。今回は、海外キャッシングをする方法を紹介します。

海外キャッシングが可能なクレジットカードとは?

現地通貨への両替は「空港やホテルではなくレートのよい街中の両替所を利用する」というのが常識です。しかし、その状況は国によって違いがあります。偽札が横行しているような国では、市中の両替所の方が危険だったり、ぼったくりに遭ったりするケースもあるからです。そこで活用したいのがATMでのキャッシング。利用日の実勢レートで換算される海外キャッシングは場合によっては、為替レートが銀行や両替所よりもお得なこともあります。

基本的に世界ブランドのVISA、MasterCard、JCB、DinersClubのロゴが入っているものであれば間違いありませんが、発行会社によっては海外ATMが利用できないこともあります。注意点は、アメリカン・エキスプレスのプロパーカードは個人用カードではキャッシングができないこと。法人向けのカードであればキャッシング機能がついているので、個人事業主や会社の経営者であれば法人用カードを持っておくとよいでしょう。セゾンなどの提携カードであれば、提携会社のキャッシング枠を利用することになるのでキャッシングも可能です。

キャッシングの利用については入会の際に利用しないという設定にしていることもありますので、渡航前に確認しておくと安心です。

また、暗証番号の確認も必須です。普段、日本国内で利用するときにも暗証番号入力するところは増えているものの、普段はサインで済ませている人やほとんどカード払いを利用しない人は、いざ使いたいときに使えないということのないよう、暗証番号をチェックしておいてください。

海外キャッシングを利用するときには、利用限度額も把握しておきましょう。限度額によっては、キャッシングを利用できないこともありますので、必要に応じて限度額を引き上げておくなどの対策も必要です。

海外キャッシングにおすすめのクレジットカード

セディナカードクラシック

・オンライン上でキャッシングの返済ができるから、海外キャッシンに最適。
・年会費が永年無料、海外キャッシング用に一枚もってて損なし。

公式サイトはこちら→

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

・高いセキュリティ性で海外でも安心して利用できる
・案内デスクの対応が非常によく、困ったとき助けになる。

公式サイトはこちら→

海外のATMってどこにあるの?

海外キャッシングはクレジットカードのロゴマークがついているATMであれば、どこでも利用が可能です。VISAが使えるATMは世界で260万台。銀行やショッピングセンター、コンビニエンスストア、空港など人が集まる場所にあることが多くなっています。VISAカードの利用できるATMはこちらから確認できます。

ATMの選び方としては、夜間や混雑している路面ATMは安全上の理由からなるべく避けるようにしてください。空港や金融機関に設置されているATMの方がセキュリティ面でも安心です。

海外ATMの一般的な操作方法を頭に入れておこう

貯蓄預金で大切な資産を守り育てよう!貯蓄預金の効果的な活用法

国やATMによって違いはありますが一般的な利用方法は、「カードを挿入」→「言語選択」→「暗証番号入力」→「取引内容選択」→「口座選択」→「金額指定」→「現金、明細書、カード受け取り」の順番となっています。日本語を利用できるATMもありますが、多くの場合は英語と他の言語から選択することになっています。自分の分かる言語で取引をしてください。現金を引き出し終わったら、必ず操作を完全に終了するようにしましょう。

現金の取り出しは速やかに行ってください。取り出しが遅いと、回収されてしまうこともあります。操作中に手順が分からなくなったら、慌てずに取り消しや訂正ボタンを押して最初から操作をし直しましょう。

また、操作の途中で引き出せる通貨を選択する場面が現れることもあります。たとえば、カナダのアメリカとの国境に近い地域ではカナダドルとアメリカドルを選択できるようになっています。地域によっては、現地の標準通貨と引き出し可能な通貨が異なる場合がありますので注意してください。

なぜ治安が悪い国ほど海外キャッシングがおすすめなの?

治安が悪い国では多額の現金の持ち歩きは危険です。海外キャッシングであれば、必要なときに必要なだけ現金を引き出すことができるので、余分な現金を持ち歩く必要がありません。カードさえ盗まれなければ盗難に遭うリスクは低いといえるでしょう。ATMは人の多い場所にあるので、犯罪に巻き込まれることは少ないと考えられますが、暗証番号を盗み見られたり、現金を引き出した直後の盗難に遭うことを避けるため、キャッシング操作中とその直後は周囲への警戒を怠ってはいけません。

快適な旅行のために海外キャッシングを利用しよう

最後に快適な旅行のために海外キャッシングの利用法と注意点を紹介します。海外キャッシングは快適な海外旅行には欠かせないものですが、現金を引き出し過ぎると海外旅行では現地通貨が余ってしまうこともあります。一定額以上の現地通貨があれば再両替という方法もありますが、再両替するには少なすぎるというケースもあるでしょう。そうしたときには、現地のスーパーやコンビ二、市場などで少額のばらまき用のおみやげを買うのも手です。

せっかく海外旅行をしたのであれば、地元のお菓子やお茶、雑貨などを買ってみてはいかがでしょうか。海外旅行の楽しみの一つは、現地の人が食べているものや使っている日用品を買うことでもあります。調味料や香辛料など、日本では手に入りにくいものや高額なものをおみやげにすれば、喜ばれるでしょう。帰国前に空港のカフェやレストランでコーヒーや食事をとるなどして最後まで旅行の余韻に浸るのも楽しいものです。

クレジットカードをよく利用している人でもキャッシングというと抵抗を感じるかもしれません。キャッシングには金利がかかりますが、多くのカードではキャッシングの利用額はクレジットカードの利用額と一緒に翌月に一括返済することが可能です。ただし、中には強制的にリボ払いになってしまうカードもありますので、海外への渡航が分かった時点で使用しているカードを確認しておくとよいでしょう。

他方、海外キャッシングの手数料や為替レートは各社によって異なります。クレジットカードとして使い勝手のよい優秀なカードが、海外キャッシングでもよいとは限りません。しかし、海外旅行にクレジットカードは必需品です。利便性だけでなく、持っているだけで付帯される補償や保険、現金を持ち運ぶリスクなどを考えると活用のメリットはデメリットを大きく上回るでしょう。海外キャッシングのできるカードがあれば、旅も快適なものになります。これまで海外キャッシングを検討したことがない人はぜひ一度検討してみてください。