海外利用に向いているクレジットカードの支払い

現金の両替より手数料が少ない

両替には手数料だけでなく、手間も掛かる

海外での支払いには、クレジットカードを使うのがおすすめです。その国の現金ですべてを支払おうと考えると、両替が避けられなくなりますが、両替には意外と手数料が掛かります。通貨の種類と両替を行う国によって手数料は変わり、アメリカやヨーロッパなどの国々に旅行するなら、日本国内で両替しておいたほうがコストは安くすむのです。

しかし、手数料の得なほうの国で十分な現金を用意してから旅行に行くというわけには、なかなかいきません。旅行先の国で手持ちの現金が足りなくなった場合、空港や銀行などで換金してもらうことはできますが、そのためには日本円の現金も持ち歩かなければならないという手数料以外の手間も掛かります。

ATMでの現金引き出しには高い手数料が発生

日本円を持ち歩きたくないという場合には、現地のATMからお金を下ろすという手があります。国際キャッシュカードやデビットカードを使えば、そのカードに対応しているATMから自分の預金を下ろすことが可能です。しかし、換金や引き出しの手数料として、それなりの金額も支払わなければなりません。一度にまとめて下ろして手元に置けば、手数料は少なくてすみますが、海外でそれを行うのはトラブルが起こるリスクを高めることになります。

現金の持ち歩きはスリや置き引きに狙われやすい

日本は世界の中でも治安の良い国のひとつですが、海外旅行にその感覚のままで行くと危険です。海外では、スリや置き引きがめずらしくないからです。多額の現金を持ち歩いて使うと金持ちだと見られ、狙われる確率も高くなります。そして、被害に遭って警察に届けても、盗まれた現金が戻ってくる可能性は低いのです。大金は持たず、持っている現金も1か所にまとめずに分散しておく用心が必要となります。ATMで現金を引き出す時も、現在使うために必要な金額だけにしておくほうが良いのです。

海外でのクレジットカード払いは設定の一括払いで固定される

店でクレジットカードでの支払いをすれば、両替の場合のような換金手数料やATM使用料を気にしなくてすみます。クレジットカードを見せてサインするという使い方は日本と変わらないので、言葉が通じなくて支払えないといった煩わしさはありません。ただし、注意しておかなければならないこともあります。海外でショッピングなどにクレジットカードを使った場合、その支払い方法は基本的には一括のみです。分割やリボ払いを日本のように自由に選ぶことはできません。

クレジットカードには、海外での支払い方法という設定があります。通常は一括に固定されていますが、一括とリボ払いの2択になっているカードもたまにあります。初期設定がリボ払いになっていると、海外ではリボ払いでしか支払えなくなってしまいます。旅行前に念のために確認しておくと良いでしょう。

 

海外旅行保険付帯のクレジットカードが役に立つ

海外の医療費は日本より高額に

海外でも、けがや病気で病院に行かなければならなくなることはあります。事故にあったら手術が必要になるかもしれません。そのような場合に問題になるのが、高額な医療費です。日本では保険や医療費のシステムのおかげで、どの病院で治療を受けても、治療方法が同じだとほぼ同じ治療費になります。健康保険証を見せれば、その金額の3割程度を払うだけで済みます。

しかし、海外のシステムはまったく違うので、保険がまったく利かなかったり、病院によって治療費にばらつきがあったりするのです。そのため、もしもの場合に備えて、海外旅行保険付帯のクレジットカードがあると安心なのです。

 

キャッシュレス診療ができる保険だと治療費の用意の心配をしなくて良い

キャッシュレス診療では支払いも代わりに行ってくれる

キャッシュレス診療とは、患者が支払いをせずに診療が受けられるサービスです。クレジットカードに付帯しているのがキャッシュレスサービスの海外旅行保険なら、保険の限度額までは一切支払いが無用で治療してもらえます。キャッシュレスではない保険だと、診察の際に自分で治療代を払い、後でその分を保険会社に申請します。後で支払われるとはいえ、病院に行く時に自分で治療費を用意しておかなければならないのは、旅行では心理的にも負担になります。

キャッシュレス診療は最初にサポートデスクに連絡してから利用する

キャッシュレス診療のサービスを受けるためには、サービスを提供している保険会社と提携している病院で治療をしてもらわなければなりません。ですから、治療の前に保険のサービスデスクに電話して提携病院を教えてもらい、その病院に行くことになります。サポートデスクが病院の予約を取り、保険の手続きもすませてくれるので、その後は受診するだけで良いのです。提携病院以外ではサービスは受けられないため、先に病院に行かないよう気を付けましょう。

クレジットカードのキャッシング機能でも換金手数料を下げられる

現金の両替は、換金する旅行先でマイナー通貨であるほど手数料が高くなる

海外で現金を両替すると手数料が掛かりますが、その金額は対象通貨が世界でメジャーかマイナーかという点で変化します。世界中で取引されているメジャー通貨は、どこの国でもたくさん保有し、換金で増えても損にはなりません。しかし、取引のないマイナー通貨は、換金して自国に置いてもなかなか動きません。そこで、その国にとってのメジャー通貨の換金ならば手数料は安く、マイナー通貨ならば高くなるということです。したがって、ドルは日本円よりメジャーなので、日本で円をアメリカドルに換金すると手数料は安く、アメリカで換金すると逆に高くなるのです。

クレジットカードのショッピング機能の手数料もなかなか高い?

会社の国際換金レートに事務手数料が掛けられて加算される

海外でクレジットカードの一括払いで買い物をした場合、日本とは違って手数料が掛かります。これは、換金する手間賃がカード会社独自の換金レートに掛けられて加算されているためです。換金レートは、カード会社の通貨の換金基準です。為替相場は常に動いているものなので、換金のために基準とする数値を決めるのです。カード会社によって、レートは多少の違いがあります。換金の手間賃である事務手数料も会社ごとに決められていて、大体1.60~2.00%と幅があります。それでも、円がマイナー通貨の国で現金を換金するよりは、カード払いのほうがコストは低く済みますが、ある程度金額はかかります。

キャッシングをうまく利用すれば手数料が少なくて済む

クレジットカードを持っているなら、ショッピング機能よりキャッシング機能を利用したほうが手数料は安くすむ場合があります。現地のATMからキャッシングで現金を入手して、それで支払いをするのです。キャッシングではショッピングの時のような事務手数料は発生しません。換金レートにはキャッシングの金利が掛けられます。金利は換金の事務手数料より割高ですが、こちらは日割りで計算されています。旅行から帰ってすぐに返済してしまえば、事務手数料よりはるかに安い金額で利用できるのです。

移動が楽に!旅行の行き帰りに手荷物の無料宅配サービスを

クレジットカードの「手荷物無料宅配サービス」を利用しよう

スーツケースだけでなくゴルフバッグやダンボールなども

クレジットカードには、手荷物無料宅配サービスが付いているものがあります。空港へ行くとき、帰るとき、荷物を無料で運んでくれるのです。旅行帰りで疲れているのに荷物がたくさんあるという場合には心強いサービスでしょう。手荷物といっても、スーツケースしか運んでくれないわけではありません。ダンボールやゴルフバッグのような荷物でも、条件さえ当てはまれば配送してくれます。

片道と往復のサービスが

宅配サービスは、往復可能なものと、片道だけ可能なものとがあります。家から空港への配送時には、宅配カウンターに連絡して予約します。空港から家への配送時には、直接宅配カウンターに荷物を持って行きます。サービスで宅配してもらえる荷物の個数は往復、片道のどちらも1個のみの場合が多いですが、複数個運んでくれるカード会社もあります。事前にホームページなどで確認すると良いでしょう。

荷物のサイズや重量には制限がある

荷物のサイズや重量の制限は、カード会社によって違いがあります。一般的には、縦・横・高さの合計が160cm以内で30kg程度の設定のところが多いです。しかし、それより大きい荷物でも大丈夫な場合や、軽くなければ運んでくれない場合もあるため、内容を確認しておくと良いでしょう。またゴルフクラブやスキー用品だと、サイズを超えていても認められることもあります。

 

クレジットカードで空港ラウンジが利用できる

出国前にリラックスできるスペース

食事やドリンクは有料になることも

クレジットカードの上位カードを持っていれば、空港ラウンジが無料で利用できます。出国審査後は移動できる範囲が限られますが、ただ待っているだけというのも落ち着かないものです。ラウンジには、ゆったりしたスペースとソフトドリンクや軽食などが用意されています。待ち時間にくつろぎながら、ちょっとした腹ごしらえができるのです。カードの種類によって、ラウンジでとれるドリンクや食事がすべて無料の場合もありますが、最初の1杯だけといった制限もあるので注意が必要です。

カードの種類で同伴者の利用料が無料と有料の場合がある

上位のクレジットカード所持者が使える空港ラウンジは、カード会社が運営しているカードラウンジです。カードラウンジは、カード所持者は無料で利用できますが、同伴者は利用料金を支払わなければならないこともあります。家族カードを作れば、その家族を無料にできる場合もありますが、カードの種類でそのサービス内容は異なります。誰かと一緒にラウンジに入室したいなら、事前にサービス内容の確認や家族カードの準備をしておいたほうが良いでしょう。

 

海外には異なる国際ブランドのクレジットカードを最低2枚は持って行くべき理由

 

使えるブランドと、使えないブランドがある

海外旅行では、複数の国際ブランドのクレジットカードを持って行くと安心す。店やATMによって、利用可能なブランドと利用不可のブランドがあるからです。1枚だけでは、利用できない店で支払いをしなければならなくなった際に、現金の十分な持ち合わせがなかった場合、困る可能性が出てくるのです。

限度額や盗難に備えた予備カードとしても

旅行費用がかさんでカードの限度額を使い切った時に、予備のカードがあれば慌てなくて済みます。カードを分けてしまっておけば、万が一、盗難や置き引きに合っても、もう1枚のカードで何とかその場は切り抜けることができるでしょう。どんなトラブルが起こるかわからない海外旅行ではクレジットカードの複数所持は必要な備えなのです。

1枚はどこでも使えるVISAブランドが便利

2枚持って行くなら、どのようなクレジットカードにするか迷うかもしれませんが、1枚はVISAが良いでしょう。VISAは国際ブランドの中で最も加盟店が多いため、利用できないという状況が少ないからです。VISAブランドというのは決済システムのことで、固有のカードを指しているわけではありません。VISAの加盟店に対応しているクレジットカードの中から、自分に適しているものを選ぶと良いでしょう。

海外旅行前にクレジットカード利用限度額を上げられる

事前のカード会社への連絡がマスト

海外旅行などそれなりの出費が見込まれる状況の前には、十分なクレジットカードの利用可能額があると気持ちに余裕ができます。カードを利用せずに残高の回復を待つのもひとつの方法ですが、準備にも何かとお金は掛かります。そこで、旅行前に利用限度額を上げてもらうのが、無難なやり方でしょう。難しい手続きは必要なく、カード会社に連絡して申し込めば良いだけです。電話やオンライン上で増やしたい金額や理由などに答えて申請します。

一時的にアップする場合には審査が優しくなる傾向が

利用限度額を上げるためには、カード所持者が増えた分を返済できるというカード会社の信頼が必要になります。しかし、旅行のために一時的にアップするだけなら、理由もはっきりしているので審査に通りやすいのです。利用回数が少なめ、カードを作ってからそれほど日数がたっていないといった状況では、きちんと返済していても限度額を上げるのは難しいかもしれません。しかし、一時的という期間限定なら通ることもあります。

申請に当たっての注意点

リボ払いの残高が多かったり、返済遅延があったりすると、クレジットカード会社の心証に影響が出て、査落ちする可能性があります。特に、返済遅延は限度額を上げることで返せないリスクも増すので、ほぼ応じてもらえません。クレジットカードの利用には、日頃からの信頼の積み重ねが物を言います。日頃の返済をしっかりするところから始めなければなりません。

クレジットカードの上手な海外利用で充実した旅行に

クレジットカードには、海外旅行で力を発揮する機能やサービスがたくさん付いています。その特性から、現金払いではなく、カード払いのほうが一般的という国もあるほどです。クレジットカードは支払いやサービスといったものの他に、いざという時には身分証明としても活躍してくれる国際的に通用するカードです。クレジットカードを海外利用でうまく活用して余計なコストを減らし、充実したサポートのもと旅行を満喫しましょう。