目次

プライオリティパスとはどんなもの?

プライオリティパスとは
プライオリティパスとは、空港ラウンジを無料や割引で利用できる権利のことです。空港ラウンジは世界中の空港にあり、そのクオリティはさまざまです。ゆったりとくつろげるスペースやドリンク、軽食などが用意されていますが、使うためには相応の利用料を払ったり、飛行機の上級客室を利用したりしなければなりません。しかしプライオリティパスというサービスの会員になっていれば、長くかかりがちな搭乗までの待ち時間を、ラウンジを自由に使いながら過ごせるのです。

⇒  そもそも「空港ラウンジ」についてもっと詳しく知りたい、という方はこちらをクリック

3種類の会員ランク
・年会費が最も安いスタンダード会員
プライオリティパスは、プライオリティパス社が提供している会員サービスで、会員には3つのランクがあります。年会費が最も安いスタンダード会員では、年会費は99アメリカドルとなっています。空港ラウンジの利用が可能となり、1回ごとに27ドルの利用料を支払います。同伴者も同じ料金で利用が可能です。料金はクレジットカードから引き落とされます。空港ラウンジは運営者によって種類の違いがあり、ビジネスクラス以上に搭乗する人しか利用できないようなものもあります。プライオリティパスの会員になっていれば、そのようなラウンジでも利用する権利が持てるのです。

・回数制限付きで無料になるスタンダード・プラス会員
年会費が249ドルのスタンダード・プラス会員になると、空港ラウンジの利用料が10回までは無料になります。10回を超えてからは、スタンダード会員と同じように27ドルの利用料金がかかります。同伴者についてはスタンダード会員と一緒で、27ドル支払えば利用が可能です。スタンダード会員やスタンダード・プラス会員は、ラウンジの利用回数が少なめの人に適しているランクといえるでしょう。

・ラウンジ利用料無料のプレステージ会員
プレステージ会員になると、空港ラウンジの利用料の回数制限はなくなります。何回利用しても無料なのです。その分、年会費も上がり、399ドルとなっています。プレステージ会員でも同伴者の扱いは他の会員と同様で、27ドルの利用料金がかかります。ラウンジを何度も利用する人なら、他の2種類よりもコストがかからずにすみます。

プライオリティパスで:知っておきたいこと
・利用料金など一部のサービスに同伴者は使えない
プライオリティパスというサービスは、基本的には会員本人だけに提供されるサービスです。どのランクの会員になっていても、同伴者が利用できるサービスは空港ラウンジを使用できる権利のみです。ラウンジ入室に当たっては、同伴者の料金は支払わなければならないことに注意しておきましょう。また同伴者は利用できないラウンジや、年齢制限、人数制限があるラウンジというのもあります。誰かを同行したいなら、事前に利用したいラウンジの条件を調べておくと安心です。

・プライオリティパスが特典付帯されているクレジットカードは招待制が多い
プライオリティパスの会員カードは、プライオリティパス社に直接申し込んで会員になるか、提携しているクレジットカードを取得することで発行してもらえます。しかし、プライオリティパスという特典が付帯しているクレジットカードは、プラチナやブラックといった、カード会社から招待されなければ入手できないカードが多いのです。では、直接申し込む以外に手軽に入手できる方法がないかというと、そういうこともありません。数は少なくても、取得しやすいクレジットカードはあります。

プライオリティパスを発行する方法

有料で直接申し込む
・プレステージ会員だと約4万円の年会費に
直接申し込む方法でプライオリティパスの会員になるには、プライオリティパス社の公式ホームページから申請します。3つの会員ランクから自分の希望するものを選び、必要事項を入力します。年会費はクレジットカードでしか支払えないので、カードの情報の登録も必要になります。プレステージ会員の会員費は、日本円にすると約4万円になるため、割高に感じる人もいるかもしれません。

無料で発行する方法もある
・クレジットカードの付帯サービスを利用する
プライオリティパス特典が付帯しているクレジットカードを取得すれば、プライオリティパスの年会費は実質無料になります。カードを作ってから申し込むことで、後日プライオリティパスの会員カードが送付されるのです。しかも会員ランクはプレステージなので、空港ラウンジは使い放題となります。プライオリティパスには有効期限がありますが、希望すれば更新できます。

・より安い年会費のクレジットカードでおトクに
プレステージ会員という特典が付くクレジットカードだと、カードの年会費が高くなりそうな気がするかもしれません。しかし、プレステージ会員の年会費より高くなるようなことはありません。プレステージ会員への登録は、カードを所持してから別に申し込まなければなりませんが、一切費用はかからず、更新も無料で行ってもらえます。ポイント還元などのサービスももちろん付属するので、自分に適した特典のあるカードを選び、プライオリティパスという特典も得ることができるのです。コストだけを考えるなら、年会費が安いカードを選択した方が得になるということです。

プレステージのプライオリティパスが発行できるおすすめクレジットカード

rakuten_premium
安さが魅力の楽天プレミアムカード

・プライオリティパス会員に最安値でなれるクレジットカード
プライオリティパスが付帯し、なおかつ招待制ではないクレジットカードの中のひとつ、楽天プレミアムカードは、最も安いコストでプレステージ会員になれます。カードを取得すればプライオリティパスへの登録は無料で、カードの年会費が付帯サービスのあるカードでは最安値だからです。楽天が発行しているカードなので、ショッピング関係のサービスも充実しています。

・最も安い年会費
楽天プレミアムカードの年会費は、1万円(税抜)です。高ランクのカードなのでそれなりに維持費はかかりますが、それ以外にプライオリティパスに関しては料金が発生しません。プレステージ会員の年会費よりはるかに安い金額で、その権利を得ることができるのです。しかも招待制ではないので、審査にさえ通れば取得できます。また旅行に役立つ付帯サービスもあるため、合わせて旅先で活用できます。

・ポイント還元率は楽天のサイト利用でさらに上げられる
楽天プレミアムカードのポイントは、100円で1ポイントたまる1%還元となっています。さらに、楽天のサイトでカードを利用して買い物をしたり、誕生月になったりしたときには、数倍のポイントが付くサービスもあります。楽天加盟店の利用でも還元率は優遇されます。楽天プレミアムカードは上位カードですが審査はそれほど厳しくないため取得しやすく、ポイントもためやすいカードです。

・国際ブランドはメジャー3種類
楽天プレミアムカードの国際ブランドは、JCB、VISA、MasterCardの3つから選ぶことができます。国内でも海外でも、ショッピングに際して加盟店が見つからずに支払いに困るということはないでしょう。

・旅行に適したその他付帯サービス
カードには国内や海外の旅行保険、ANAマイレージポイントサービスなども付帯されています。カードのポイントはマイレージに交換でき、楽天サイト経由で飛行機のチケットを購入することで、楽天ポイントとマイレージの両方のポイントをためることも可能です。さらに、手荷物の無料宅配や海外でのレンタカー使用料の割引、専用のサポートデスクの完備など、頼もしいサービスも付いています。

・プライオリティパスを持っていても同伴者使用料はかかる
楽天プレミアムカードを所持していれば、プライオリティパスのプレステージ会員になることができますが、プレステージ会員の立場は、直接申し込む場合と変わりません。同伴者は空港ラウンジを使える権利を持てるようになりますが、やはり使用料は支払わなければなりません。料金は3,000円(税抜)となっています。

→ 楽天プレミアムカードの詳細が知りたい方はこちらをクリック!

saison-american-express-busuness
ステータスの高さが魅力のセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

・ショッピング利用料金が一定額以上なら年会費が半額に
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾン発行のプラチナカードで、年会費は2万円(税抜)です。ビジネスに役立つサービスを強化していて法人でも取得できますが、一般向けとしても役立つカードです。年間のショッピング利用料金が一定金額以上になると、翌年の年会費が半額になるという優遇策も取られているので、年会費は一概に高いとはいえません。

・海外でよりお得になる還元率
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードのポイント還元率は0.5%です。1,000円で永久不滅ポイントが1ポイントたまりますが、1ポイントは5円となっています。また海外でショッピングに利用すると2ポイントもらえるので、還元率は倍の1.0%になります。永久不滅という名前の通り、ポイントに有効期限はありません。

・ステータスの高い国際ブランド・アメックス
カードの国際ブランドはアメリカン・エキスプレスです。アメックスは海外では特にステータスの高いカードとして知られているので、信用を重視したいなら持ちたいカードです。支払いだけでなく、身分の証明もしてくれるからです。また利用明細に店名だけでなく業種名も記載されているため、仕事で海外に行った場合には後の確認が楽になります。

・マイルや保険関係の付帯サービスが充実
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードには、JALマイルをためやすいという特徴があります。移行サービスに申し込むことで、ポイントをマイルに自動的に移行できるようになり、1,000円使用するごとに10マイルためられます。それとは別にショッピング2,000円で1ポイントになるポイント優遇サービスも付いていて、それもマイルに交換できます。また、国内外の傷害保険やショッピング保険、飛行機の遅れや手荷物紛失などにも保険が付帯し補償されます。ビジネス・観光のどちらにも役立つサービスが付いてくるということなのです。

・同伴者の使用料は有料
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードの所持者は、プライオリティパスのプレステージ会員を無料で取得でき、費用をかけずに更新もできます。しかし同伴者の空港ラウンジ利用料は有料で、2,000円(税抜き)となります。

MUFG-platunum-american-express-card
MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

・要件を満たせば年会費に優遇が
MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、三菱UFJニコスが発行していて、年会費は2万円(税抜)です。しかし固定ではなく、登録型リボ払いやショッピングで一定金額以上の利用といった条件を満たすと、年会費が安くなるというサービスを行っています。MUFG・プラチナ・アメックスカードとセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードはプラチナカードですが、招待制ではなく、審査に通れば持てるカードです。

・家族カードでもプライオリティパスが発行できる
MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには、家族カードでもプライオリティパスが発行できるという大きな特徴があります。他のカードのサービスでは、家族カードは発行できてもプライオリティパスは付帯していないのですが、MUFG・プラチナ・アメックスカードでは家族カードを取得してから申し込めば、家族もプレステージのプライオリティパスを持てるのです。家族会員は、最初の1名は年会費が無料です。2人目からは3,000円(税抜き)となっています。

・還元率からさらにボーナスポイントも
MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、1,000円で1グローバルポイントがたまります。1ポイントは5円で、0.5%還元です。しかし、入会した初年度はショッピングでの還元率は1.5倍の0.75%となり、海外の加盟店での利用では、いつでも2倍の1%です。会員専用のオンラインショップで買い物をすれば、利用加算でポイントを増やすこともできます。また年間の利用金額によって、基本ポイントの何割かがボーナスとして付与されるサービスもあります。

・国際ブランドのアメックスはJCBでも使える
MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの国際ブランドもアメックスです。アメックスは日本国内では加盟店が少ないような感じもしますが、JCBと提携しているので、かなりの数のJCB加盟店で利用することができます。

・保険や窓口などの付帯サービスが細やかにサポート
MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには国内・海外の傷害保険、ショッピングや飛行機遅延の保障以外に、犯罪被害に関する保険や、介護相談サービスといったものも付帯しています。犯罪被害傷害保険は、国内外の両方をカバーしています。介護相談は、健康や介護に関する相談を専門スタッフが受け付け、福祉用品のレンタルの割引も受けられるのです。それとは別に、24時間日本語で対応してくれるプラチナ・コンシェルジュサービスもあり、こちらは国内外でのチケット手配やホテルなどの予約、ツアーの案内など、幅広いジャンルで細やかにカード会員のリクエストに応えてくれます。

・カード所持者の同伴者は無料?有料?
MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、家族カード経由で身内もプライオリティパスのフレステージ会員にすることができます。そこで家族カードを持たせるというやり方を取ることで、同伴者の空港ラウンジの使用料を無料にできます。しかし、そうではない同伴者は、2,000円(税抜き)の有料での使用となるのです。家族カードは1枚までなら年会費も無料なので、同伴者が家族のことが多いなら、作っておいたほうが良いでしょう。

→ MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細が知りたい方はこちらをクリック!

プライオリティパスを利用する方法

利用では会員カードを見せるだけ
空港ラウンジを利用するときには、ラウンジでプライオリティパスの会員証と当日の搭乗券を提示します。それ以外の身分証明書などは必要ありません。クレジットカード付帯でプライオリティパスを取得した場合は、そのカードも見せなければならないこともあります。そして利用伝票にサインをし、同伴者がいればその人数も書き込みます。利用料金がかかる場合には、伝票を元に後日クレジットカードから引き落とされます。

プライオリティパスの会員証とクレジットカードは別のカードのため、プライオリティパス付帯のクレジットカードを見せるだけではラウンジは利用できません。クレジットカードを取得してから申請し、プライオリティパスの会員証が届くのを待たなければならないので、旅行前に欲しいならかかる日数を考慮して取得しましょう。

国内でプライオリティパスを使い利用できるラウンジがある空港は
・成田空港で利用できるのは5カ所
クレジットカードのゴールド以上のランクが利用できる空港ラウンジは、カード会社が運営しているラウンジとなりますが、プライオリティパスではそのうえに、空港や航空会社運営のラウンジも使用可能になるのです。成田空港では、5つのラウンジがプライオリティパスに対応しています。第1ターミナルでは、KALラウンジ、IASSエグゼクティブラウンジ、TEIラウンジ、第2ターミナルはIASSエグゼクティブラウンジ、TEIラウンジです。無料のソフトドリンクや、1杯目のみ無料のアルコールなどが提供されています。

・関西国際空港で利用できるのはKALラウンジ
関西国際空港では、KALラウンジが利用できます。大韓航空が運営しているラウンジで、第1ターミナルビルの3階にあり、ソフトドリンクとアルコールのサービスがともに無料です。軽食サービスもあり、無線LANも無料で使用できます。成田空港では出国審査後にしか入れないスペースにあるラウンジもありますが、関西空港のKALラウンジは審査前でも利用できます。

・中部国際空港は審査後に2つ
中部国際空港の利用可能ラウンジは、KALラウンジとスターアライアンスラウンジです。どちらも旅客ターミナルビルの2階にあり、国際線の出国審査後でなければ入室できません。ドリンクや軽食のサービスがあり、雑誌なども無料で読めます。

・福岡空港は審査後にKALラウンジ
福岡国際空港のプライオリティパスに対応しているラウンジはKALラウンジです。国際線ターミナル3階の搭乗客エリアにあるため、出国手続きをすませないと利用できません。ドリンクや軽食のサービスがあるのは他のラウンジと同様で、マッサージチェアなども用意されています。


※筆者がプライオリティ・パスで利用したAirChainaのファーストクラスラウンジの写真

ラウンジを利用して、旅行をより楽しく
クレジットカード付帯のプライオリティパスをうまく活用できれば、待ち時間にラウンジでくつろげ、気持ちに余裕を持てるでしょう。そして、ラウンジ自体も旅行の楽しみを増してくれることでしょう。日頃から空港をよく利用する人は、持っておくといい1枚です。

▲目次にもどる