Arial View on airplane

目次

海外で利用するなら、どんなクレジットカードがベスト?

観光目的で海外に行くにしても、仕事で海外に行くにしても、日本を出国する場合には、クレジットカードを持っていくのが賢明でしょう。普段は現金派でクレジットカードはあまり利用したことが無い人にとっては、少し不安かもしれません。また、加入するクレジットカードによっては、使い勝手も変わってきます。ここでは海外に持っていくのにベストなクレジットカードについて紹介します。

国際ブランドのクレジットカードであればどれでもいいの?
欧米の国々では現金を持ち歩くことが少なく、支払いをクレジットカードで済ます人がほとんどです。したがって、小さいお店であってもクレジットカードで支払いができることがほとんどです。観光地であれば、先進国でなくともクレジットカードを使えるお店が多いでしょう。そこで誰もが考えるのは、国際ブランドのクレジットカードに加入しようということです。しかし、確かに国際ブランドのクレジットカードは知名度が高く安心ですが、どれでも良いというわけではありません。

・VISAかMasterCardを最低1枚持っておこう!
クレジットカードの世界シェア率1位と言えば『VISA』、2位は『MasterCard』です。VISAかMasterCardのどちらかのカードを1枚持っておくと安心できます。ほとんどのお店でVISAとMasterCardのクレジットカードを問題なく使用できるからです。

アメリカンエキスプレスやダイナースは知名度が高く、ステータスの高いカードとしても有名ですが、VISAやMasterCardよりも高い手数料を加盟店に課すことから、小さいお店では加盟していないということがあります。また、お店によってはアメリカン・エキスプレス・カードを使用する場合には数%の利用料を課す場合があり、時に不便に感じたり、割高に感じたりすることがあるかもしれません。

 

・JCBは日本国内や、ハワイ、グアム、台湾で利用しよう
JBCは日本が誇るクレジットカード会社です。日本では問題なく使える場合が多いですが、海外では利用できない場合が少なくありませんので注意が必要でしょう。海外で利用できるお店が多くあるのは、日本人観光客が集まるハワイやグアム、台湾などです。他の国でも観光地のお土産店や空港内など日本人がより多く集まるお店ではJCBカードが利用できることも大いに考えられますが、基本的には利用できないと考えていた方が無難でしょう。

持っているクレジットカードはJCBで、他のクレジットカードを持っていないという人の場合、VISAかMasterCardのクレジットカードに加入して持っていくことをおすすめします。まずはJCBカードを利用できるかたずねてみて、ダメなときにVISAかMasterCardを使用してはいかがでしょうか。

セキュリティーとしてもクレジットカードが使用される
クレジットカードの利用は、支払いをするときだけではありません。海外では、セキュリティーのためにクレジットカードの提示を求められる場面があります。

・ホテルではチェックイン時にクレジットカードの提示を求められることが多い
海外のホテルではチェックイン時にクレジットカードの提示を求められることがよくあります。ホテルの支払いをせずにチェックアウトをしてしまう…といったトラブル回避のためです。万が一そのようなことが起こった場合、そのクレジットカードに請求をするためです。ホテルだけでなくレンタカーを借りる時にも、車が返ってこない…などという時のために、クレジットカードの提示を求められることが多いでしょう。

海外に行く時クレジットカードは何枚あると安心?
・1枚はマスト。異なる国際ブランドで2枚持つと安心
VISAかMasterCardのクレジットカードを1枚は必ず持って行った方が良いでしょう。VISAとMasterCardのどちらかがあれば、クレジットカードで支払いができるお店であれば、問題なく使用できる可能性は高いと言えます。あとは、持参するクレジットカードの限度額と自分の旅行プランによってもう1枚が必要かどうか考えましょう。毎月の限度額に達してしまうと、クレジットカードは利用できなくなります。

では、それらをクリアーしているならば1枚で十分かというと、やはり念のためにもう1枚を用意しておいた方が無難でしょう。クレジットカードの磁気がおかしくなったり、何らかのトラブルで使用できなくなったりすることが無いとは言えないからです。持参するクレジットカードは異なる国際ブランドを複数枚用意するようにしましょう。

Credit card in a jacket

クレジットカードを海外に持っていくメリット

どのようなクレジットカードを何枚持っていけば良いかを説明しましたが、そもそもどうして海外旅行や出張でクレジットカードが便利なのでしょう?海外でクレジットカードを利用するメリットについて説明します。

海外では安全面からクレジットカード支払いが一般的
多額の現金を持ち歩くことが安全ではない欧米では、カードで支払いをすることが一般的で、現金を持ち歩く習慣があまりありません。慣れない国での慣れない紙幣では、ショッピングやレストランの支払いをする時にもたもたしてしまい、多くの現金を財布に入れていることが周囲に知られてしまうと、犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。安全の面からも、現金ではなく、できるだけクレジットカードを利用した方が良いわけです。しかし、クレジットカードのメリットはそれだけではありません。

現金のように、両替の手数料がかからない
現地で両替をしても、出発前に日本で両替をしても、両替時には高い手数料が掛かります。特にマイナー通貨への両替時の手数料は10%ほどになります。クレジットカードを利用しても手数料は取られますが、その率は両替時よりは低いことが一般的です。出国前の空港で両替したとしてその手数料は4%~10%ですが、クレジットカード会社では1%~2%です。換算レートについてはクレジットカード会社によって変わってきます。独自のレートになりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

万が一、事故や怪我で診察費用や検査費用がかかっても安心
海外旅行では気をつけていても、事故に巻き込まれたり、怪我をしたりすることが考えられます。万が一、多額の支払いをすることになっても、クレジットカードがあれば動揺しないですみます。海外健康保険に加入してきたから大丈夫!という人も自分で立て替えておかなければならないケースもあります。急に現金が必要な場面でもクレジットカードを使ってキャッシングをすることができるので安心です。

海外旅行保険が付帯している
海外旅行保険とは、海外において病気や怪我で病院にかかった場合に、その費用を補償してくれる制度を言います。万が一のためのものですから、ほんの数日の旅行であっても海外旅行保険は必須です。しかし、数日の旅行のためにわざわざ海外旅行保険に加入するのは面倒でもあります。そんな時に助かるのが、クレジットカードに付帯している海外旅行保険です。新しくクレジットカードを作るという人は必ず海外旅行保険がついているかを確認しましょう。


ショッピング保険が付帯などその他補償もある

海外旅行保険だけでなく、破損や盗難被害にも対応してくれる「ショッピング補償」が付帯しているものもあります。クレジットカードで支払いをした品物について、購入日から90日から120日、破損や盗難などによって何か被害が出た場合に補償をしてくれます。この細かい条件や、その他付帯されている補償内容はクレジットカードによって変わりますので、海外に行く前に確認しておくことをおすすめします。

Travel

海外利用でおトク感のあるおすすめのクレジットカードって?

さらに、海外で利用することでおトクになるクレジットカードもあります。どうせ利用するなら、プラスアルファーがあるものがうれしいものですよね。どのようなトクがあるのか紹介します。

マイルが貯まる
海外旅行や国内旅行によく行くという人やANAを利用することが多い人ではマイルを貯めている人も多いのではないでしょうか?クレジットカードを利用して、マイルを貯めることができるカードをいくつか紹介します。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード」は、ANAのVISA カードとSuica機能が一つになったクレジットカードです。マイルも貯めることができます。飛行機も電車も買い物も、このカードが一つあれば可能というわけです。もちろん貯まったポイントはマイルに変換することが可能です。

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の基本情報や特徴のまとめ
ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード」では、ショッピングや食事などでクレジットカードによる支払いをした場合、ポイントが貯まるようになっています。そしてその貯まったポイントをマイルに変換することも可能なのです。ANAのマイレージを貯めているという人は、ポイントをマイルに移行することでより早くマイルを貯めることができるうれしい制度といえるのではないでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」の特徴は貯まったポイントの使用期限が無期限という点です。焦らず自分のペースでポイントが貯められます。あまり細かいことを気にする時間がなく忙しい人は、うっかりポイントの期限が切れていた、なんてことを防ぐことができます。もちろんポイントはマイルに変換できます。

予期せぬ事故や病気でも安心
海外旅行で心配になるのは、急な病気や怪我に見舞われた時のことではないでしょうか?そんな時に安心できるクレジットカードとは海外旅行傷害保険が含まれているものです。いくつか紹介していきましょう。

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカード」には、最高額2,500万円まで海外旅行傷害保険がついています。このクレジットカードで購入した品物の破損や盗難には最高100万円まで補償があります。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード」は、国内外を問わず、旅行時において不慮の事故にあっても最高額5,000万円までの傷害保険がついているので安心です。このクレジットカードで支払いをした1万円以上の品物についても事故による損害を300万円まで補償してくれるので、海外での買い物はクレジットカードを使わない手はありません。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」本会員であれば最高3,000万円まで、海外中に起こった病気や怪我などに補償してくれます。家族会員も1,000万円まで補償してくれます。クレジットカードで支払いをした1万円以上の品物については。年間100万円まで盗難や事故による補償があります。

海外利用でポイント2倍
海外でクレジットカードによる支払いをした場合、そのポイントが2倍になるというおトクなカードをいくつか紹介していきましょう。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」は、海外で利用した額によって貯まるポイントが2倍になります。ポイントの有効期限はないのでゆっくり貯めることができます。

オリコカード PayPass

オリコカード PayPass」の場合も、海外で使用するとポイントが2倍になります。PayPassというシルバーチップを使用しているので、クレジットカードでの支払い時には、専用の機械にチップをかざすだけで済み、サインが不要なのも便利です。支払い金額が多い場合はチップでかざすだけでなく、暗証番号の入力も求められます。簡単で便利なシステムで、海外では主流です。

JCBカードエクステージ

JCB CARD EXTAGE(JCBカードエクステージ)」は、29歳以下の人限定のJCBカードです。年会費無料ですが、途中退会すると2,000円支払らう必要があるので、よく考えて入会しましょう。このクレジットカードも海外で使用をするとポイントが2倍になります。

Credit Card Issuers

今さら聞けない?!クレジットカードの海外利用疑問

ここからは、クレジットカードを海外で使用するにあたって、よくある疑問について答えています。

日本以外の国でJCBは使えるの?
よくJCBは日本だけで海外では使えないと言われますが、実際のところどうなのでしょう。
JCBは一昔前であれば、VISAは使えないけれどJCBなら大丈夫というお店があるほどに日本では主流のクレジットカードでした。現在は日本人観光客の多いハワイやグアム、台湾などでは問題なく使えることが多いと言われているJCBですが、その他の地域になると使えないことが少なくありません。クレジットカードによる支払いという意味では、国際ブランドのVISAやMasterCardに比べると、どうしても不便に感じるであろうことは事実でしょう。

しかし、JCBには世界各国にJCBラウンジというJCBカードを持っている人が使えるラウンジがあるのがメリットです。JCBラウンジでは日本語が通じるので、現地の生の情報を日本語で得ることができます。情報だけでなく、実際に現地のツアーの手配やレストランの予約などのサービスを受けることもできます。ラウンジにはWifiが設置されていますから、自分のスマホを使って調べることも可能です。

JCBは、海外では地域によってはクレジットカードとしての利用価値は劣ってしまうかもしれません。しかし、日本語が通じるラウンジがあることは、海外に慣れていない人にとっては大きな味方と言えるでしょう。

クレジットカードの支払い回数は選べるの?
日本国内では1活払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払いなどさまざまな支払い方法が選択できることが一般的です。したがって、クレジットカードで精算をする際、「お支払方法は?」と聞かれることが普通です。しかし、海外では支払い方法を選択するというシステムはありません。したがって、通常の場合、支払い方法について問われることはありません。

では、海外でクレジットカードを使って支払いをした場合、帰国後にどのような支払い請求がなされるのでしょうか。それはご自身が契約している内容によって異なるため注意が必要です。海外でクレジットカードを使用した場合、多くは一括払いかリボ払いのどちらかに設定されていることがほとんどです。一括払いの設定がされていると、支払い能力がある限り、大きな問題になることはありません。問題はリボ払いに設定されているケースです。思わぬ利息に慌てることになりかねませんから、海外旅行に出る前に、自分の支払い方法がどのようになっているかを必ず確認しておき、必要があれば変更しておきましょう。

海外の医療費ってどのくらいかかるの?
海外の医療費については、国によって諸事情は違いますが、一般的に高額だと考えておいて間違いはありません。診察を受ける医師にランクがあり医師によって診察費が違うという国もあります。専門医にかからなければならないような状況になると、数十分の診察だけでも数万円も支払わなければならないことも普通です。手術や検査となると更にお金が加算されることになります。

欧米で盲腸にかかった場合、100万円から200万円程度かかると言われています。海外に行く前には、健康であっても海外旅行保険に加入してから旅行に行かないと、万が一の場合に大変な額の医療費を請求されることがあるので注意しましょう。短期の出張や旅行であれば、クレジットカードについている海外旅行保険が便利で助かります。クレジットカードの種類によって保険内容は変わってきますので、細かく確認しておく必要があります。

Airport

日本を出国する前にも活躍するクレジットカードとは?

海外旅行のために加入したクレジットカードが、海外に行く前から有意義に使えることをご存知でしょうか?どのような便利なサービスを利用できるのかいくつか紹介します。

無料で空港ラウンジが利用できる
海外旅行となると通常は1時間半前のチェックインを促す航空会社が多いですが、チェックインをしたあとに時間をつぶすのが苦痛だという人も多いのではないでしょうか。クレジットカードによっては国内の空港のラウンジが無料で利用できるようになるものがあります。確認したいのは、空港ラウンジには安く利用できるラウンジとビジネスクラスが利用する高級なラウンジと2種類あります。クレジットカードによっては利用できたり、できなかったりするので、事前に確認しておくと良いでしょう。中には無料で海外のラウンジも利用できるクレジットカードもあります。ラウンジを利用できるか否かで、長旅の疲れも変わってくるでしょう。

手荷物を無料で宅配してくれる
海外旅行というと、どうしても荷物が多くなってしまいます。自宅から空港まで車で送ってもらえるという人やリムジンバスや電車1本で空港まで行けるというラッキーな人ばかりではありません。電車を乗り継いだり、地方に住んでいる場合は国内線の飛行機に乗らなければなりません。大きな荷物を抱えて移動をするのと、貴重品だけで身軽に移動をするのとでは大きな違いがあります。自宅から空港まで、空港から自宅までの荷物の宅配サービスは地方在住者に人気のサービスです。このサービスを、クレジットカードによっては無料で又は格安で利用できます。サービスがあっても手荷物の重さや大きさなど細かな条件は異なってきますので、事前にこのサービスの有無や条件についても調べておくことをおすすめします。

▲目次にもどる