目次

仮想通貨とは?

仮想通貨」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?仮想通貨とは、円やドルのように紙幣やコインなどの”モノ”として存在せず、暗号技術によって管理されている”目には見えない貨幣価値“のことを言います。仮想通貨は、データとしてオンライン上でのみ存在し、それを使って世界中の人と取引を行うことが可能です。

現在、仮想通貨の種類は全世界で600種類以上あると言われており、その代表的なものが「ビットコイン」と呼ばれる通貨で、2009年に世界初の仮想通貨として開発されました。その他、日本では国内初の仮想通貨である「モナーコイン」という2ちゃんねるから始まった仮想通貨が有名です。

そんな仮想通貨ですが、以下のような特性(メリット)を持っています。

■送金手数料がほとんどかからない

通常、私たちが日本以外の国に訪れた際には、普段使っている円ではなく現地の通貨に両替してからお金を使う必要があります。その日の為替レートは日々変動しますし、両替手数料も発生しますので手元に残るのは元々所持していた合計金額より少ない金額となってしまうことがほとんどです。

しかし仮想通貨の場合は、国境が存在せず世界中どこでも共通の通過を利用することができるため、両替手数料が発生しないのです。

また通常、円などの現金を誰かに送金する際には送金手数料が発生しますね。特に海外に住んでいる人に送金する場合は、国内以上に手数料がかかってしまいます。しかし海外との取引が多い仮想通貨の場合は、相手と直接取引をかわすため、ほとんど手数料が発生しないのです。

■特定の発行元や銀行に依存していない
円やドルのような法定通貨の場合は、その紙幣やコインを国や銀行が発行し、貨幣価値を保証してくれます。しかし仮想通貨の場合は、特定の国家や銀行のような第三者に依存せずに成立することが可能です。では一体、どのようにしてその貨幣価値を保証しているのでしょうか?その答えが3つ目の特性なのです。

■暗号化技術と分散システムで成り立っている
仮想通貨は、ブロックチェーンの技術と、P2P(ピア・ツー・ピア)分散型技術いう最先端の技術を利用して、通貨の取引が成立しています。

 

仮想通貨の仕組み

仮想通貨の仕組みは、「P2P(ピア・ツー・ピア)」と「ブロックチェーン(Blockchain)」の2つの技術で成り立っています。

■P2P(ピア・ツー・ピア)

P2Pとは、オンライン上に中央サーバを準備せずに取引を行い、双方の端末が信頼し合うことで成り立つネットワークのことです。そのためこのP2P分散型は、安定した運用ができるというメリットがあるのですが、その反面取引情報の整合性を保つのが難しいというデメリットを抱えていました。そこで導入されたのが、ブロックチェーンという技術だったのです。

■ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、現在日本国内でも注目を集めている技術で、細かいブロックの連鎖のことを言います。その1つひとつのブロックが積み重なって、ブロックチェーンとなるのです。仮想通貨のブロックチェーンは、世界中のどの人がどの人と取引をしたのかというデータを記録し、その取引記録は1つの場所に保存されるわけではなく、仮想通貨のネットワークにジョインしているコンピュータに分散された状態で保存されます。ブロックをチェーン状にすることによって、より情報セキュリティを高めるメリットがあるのです。

仮想通貨に投資をするデメリット

そんな仮想通貨ですが、もちろんデメリットも存在します。

■価格変動が激しい

仮想通貨は、FXや公開株式のように売買することができます。そのため、当然価格が上がったり下がったりするわけです。世界初の仮想通貨であるビットコインが誕生したのが2009年。世に広まって以来、数年間は価値が低い状態が続いていましたが、2013年頃から価格が急上昇し始め、そのあたりから2017年現在まで価格の急上昇・急降下を繰り返してきました。

では、一体なぜ仮想通貨はこんなにも価格の変動が激しくなるのでしょうか?

理由①:市場参加者の情報不足、疑心暗鬼
仮想通貨は比較的新しい決済手段です。そのため、なんとなく利用価値の高いものだという噂は流れているけれど、実態はまだ分からない。そういった仮想通貨の認知が低い状態でユーザーが取引をしているため、「仮想通貨は儲かる」という噂が流れれば突如人が集まり、「仮想通貨は危険だ」という噂が流れれば突如として人がいなくなる傾向があります。

その結果、長期的に見ても短期的に見ても価格の変動が激しくなってしまっている可能性があります。

理由②:市場参加者の人数がまだ少ない
仮想通貨は新しい決済手段であるため、株式公開やFXに比べてその利用者数はいまだ少ない状態です。参加者が少なかったり取引額が小さかったりすると、価格の変動が激しくなる傾向があります。今後市場参加者や取引額が順調に増え続けていけば、価格変動も安定してくるでしょう。

■仮想通貨自体の信用性が低い
仮想通貨は、先に述べたように世の中に広まってからまだ日が浅い決済サービスであることに加えて、認知度もまだそこまで高くない状況です。
また、日本でも発生した仮想通貨取引所の停止や仮想通貨自体がいつまで存在するのかなどの不安もあるため、こういったマイナス要素が重なり、価値が急激に下がることもあるのです。

■即時決済ができない
仮想通貨が日本国内で普及できない理由として、即時決済ができないという理由が考えられます。とりわけビットコインの場合、採掘(下段で紹介)という方法によって取引・支払・送金などの承認作業に最低でも10分かかってしまうため、即時決済が不可能なのです。よって、今の段階ではレジや駅の自動改札機などの即時決済が求められるシーンでは、仮想通貨は適していないのです。

仮想通貨の基本「採掘(マイニング)」とは?

仮想通貨の取引や発行は、先ほどご説明したP2Pというネットワークシステム上で行われます。そこで行われた全ての取引記録を取引台帳に追記するという作業が発生するのですが、この追記作業はP2Pによって分散された状態で保存された取引台帳に記録されているデータとの整合性を逐一保ちながら追記する必要があります。この取引台帳への追記作業を比喩的に採掘(マイニング)と言います。

その追記作業に協力してくれる人を有志で募り、作業の対価として仮想通貨を贈呈しています。

仮想通貨の投資に向いている人ってどんな人?

仮想通貨の投資に向いている人というのは、一体どんな人なのでしょうか?

仮想通貨は、24時間世界中の人と取引ができる投資方法であり、投資額が少額でもOKなことからFXや株などに比べて敷居が低い印象をもたれることが多いと言われています。そのため、株などの取引所が開いている日中に時間がとれないサラリーマンや、子育て中の専業主婦、会社を経営している社長や上層部の人々などに向いている投資方法だと言えるでしょう。

これまで仮想通貨の話を聞いて、この新しい投資方法に興味を持った方もいるのではないでしょうか?

しかしこの世には、不動産投資やFX、外国株式などのあらゆる投資が存在し、人それぞれ向き不向きがあると言われています。もし興味本位で投資をスタートさせてしまい、その投資方法自分のスタイルに合っていないものだったとしたら、設けるどころか大損をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

仮想通貨の場合も、その特徴をしっかり理解したうえで、自分の投資スタイルに合っているかどうかをじっくりと見極める必要がありますね。また、投資自体が初めてだという方は、まずは少額からスタートさせ、投資への理解を深めると同時に、価格が変動したときに自分がどう動くのかなどを把握してみるとよいでしょう。

日本において仮想通貨の認知が低い理由とは?

2009年に世界初の仮想通貨「ビットコイン」が取引開始されて以来、日本国外では市場参加者が徐々に増え、店頭などでも仮想通貨が利用できる場所が増えていきました。その一方で日本国内に目を向けると、日本国内では市場参加者、利用できる店舗などが海外ほど増加していないのが現状です。
では、その理由とは一体何なのでしょうか?

理由①:日本人には仮想通貨が必要ない

仮想通貨に投資するメリットの1つとして、「送金手数料がほとんど無料」だという話をしました。確かに、日本円にして数千円程度かかってしまう国際送金を頻繁に行う国では大変重宝される通貨になることでしょう。
しかし、日本国内において国際送金をする機会はあまりなく、日本ではほとんどの成人が銀行口座を所有しているため、国内送金の場合も他国に比べて手数料が数百円とかなり安い状況です。そのため、私たち日本人の日常生活に仮想通貨の必要性があまり感じられないというのが正直なところなのです。

理由②:Mt.Gox(マウントゴックス)社の破綻事件

2014年、東京渋谷にあったMt.Gox社という仮想通貨の取引所が突然破綻するという事件が発生。日本国内に衝撃を与えました。Mt.Gox社は、日本で初めて設立された大きな取引所だったため、この事件をきっかけに仮想通貨やビットコインの存在を知ったという人も多いのではないでしょうか?
この事件で問題を起したのは、決して仮想通貨自体ではなく、それをサービスとして扱っていた一企業だったのですが、メディアがこの事件を報道した際に「仮想通貨破綻」というような文言を乱用していたため、国民にとって「仮想通貨」というものの印象が「怪しい」「信用できない」というネガティブなものになってしまったのです。

仮想通貨に投資をする際の注意点

ここまで、仮想通貨について詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
現在も世界中で注目を集めている仮想通貨ですが、投資をする際にはこれまでご説明したリスクやデメリットについてもしっかり自身の言葉で理解していただきたいと思います。
その中でも仮想通貨に投資する際の注意点として最も理解してほしいのが、「仮想通貨は、まだ実験段階の貨幣価値である」ということです。市場参加人数もまだ少なく、価格変動が激しいため、投資自体に初めて挑戦するという方は特に、損を出してもいいという気持ちで挑んだ方が良いでしょう。

▲目次にもどる