最近では「株」を扱っている人が個人でも増えてきています。小額で株を購入できるようになったり、インターネットで簡単に購入できるようになったりしているからでしょう。
「私も株をはじめようかな」と思っている人、株の知識だけではじめるのは危険ですよ。株と切っては切れない「税金」という存在があるからです。
今回は株にかかる税金の申告方法について、初心者の方でもわかりやすくご説明していきます。

目次

株にも税金がかかるの?

私たちが日本で普通に生活をしている場合、色々なところで「税金」を払わなくてはなりません。毎月のお給料からも税金が引かれていますし、買い物をすれば消費税がついてきます。生活のありとあらゆるところに税金が関わってきますね。同様に株の取引をするのにも税金が関係しています。

まず上場株式など、株の取引で生まれる利益には「売却益(譲渡益)」と「配当金」の2種類があります。
「配当金」は「配当所得」となり、確定申告の対象となります。これは得をしても損をしても同じです。
また株を売ったお金、つまり「売却益(譲渡益)」が出ると税金を支払わなければなりません。ちなみに所得が20万円以下の場合は例外です。38万円以上になると扶養控除から外れてしまいますので、主婦の方は注意してくださいね。

一方で株の配当金は受け取る時点で源泉徴収されているので、すでに20%の税金が引かれています。「じゃあ何もしなくていいや」という人もいるかもしれませんが、払いすぎた税金が戻ってくる可能性もあります。株の利益が20万円を下回った場合や、株で損をした人は確定申告をしてみるといいでしょう。株でかかった税金を確定申告するなんて面倒な作業かもしれませんが、思わぬお金が返ってくるかもしれませんよ。
※参考:『資産運用のための株、おすすめの始め方!

株を始めるなら活用しておきたいNISA口座

株をはじめる人にぜひ知っておいて欲しいものがあります。それは「NISA(ニーサ)口座」です。

NISAとは小額投資非課税口座のことで、年間120万円以下の株で得た利益(配当金、売却益)は税金がかからない、というものです。
NISAでない普通の口座だと、株で得た利益の約20%に税金がかかります。それがまったくかからないというのですから、素晴らしいシステムですよね。20%というとかなり大きな額です。

たとえば100万円で買った株を120万円に値上がりしたときに売ったら、利益は20万円になります。NISAなら20万円をそのまま手にできますが普通の口座だと2割を引いたものになってしまうということ。
しかもNISAは非課税なので確定申告の必要がナシ! うれしいことだらけです。
とはいえ「120万円以下」という制限がついているので、もっと大きなお金を投資したいという人には使えません。株の初心者や「ちょっとお小遣いかせぎ」と思っている人にはオススメの口座ですよ。
※参考:『NISAの制度内容とメリット・デメリットを理解して、効率のいい資産運用を始めよう!

株を始めるなら知っておきたい譲渡所得課税とは?

株でも確定申告をしなくてはならない場合があります。さきほども少しお伝えしましたが、売却益(譲渡益)が20万円以上出た場合です。それにかかる税金を「譲渡所得課税」といいます。1月1日〜12月31日までの1年間で20万円以上の株による利益がある人は、会社員でも主婦でも確定申告をしなければなりません。
この「20万円」という金額を出す方法としては、

収入金額−(取得費+売却費用)=売却(譲渡)所得

となります。

ちなみに売却益(譲渡益)にかかる税率は平成26年〜平成49年までは20.315%で、年度によって異なります。この場合の内訳は所得税(15.315%)と住民税(5%)です。平成25年まではこの合わせた税率が約10%でしたので、ずいぶん上がっていることになりますね。

この20%という税率は所得額に関わらず定められており、これを「分離課税」といいます。分離課税は中でもさらに分けることができ、確定申告をしなければならないこの売却益(譲渡益)のことを「申告分離課税」といいます。
納税方法は申告納税といって、1年間の売却率(譲渡率)を計算して税金をおさめます。
20万円以上の売却益(譲渡益)がある人はこの知識をしっかりと頭に入れておき、忘れずに納税するようにしましょう。
自分で所得と税額を計算する申告納税は大変で面倒と感じることもありそうですが、毎年行っていれば自然と慣れてくるでしょう。
国税庁のホームページなどに詳しく申告方法が書いてあるので、初めての人はそちらを参考にするといいでしょう。

株を始めるなら知っておきたい配当課税とは?

冒頭でも少し触れましたが、株で利益を得るためには売却益(譲渡益)の他に配当金というものがあります。この配当金にかかる税金を配当課税といいます。配当課税も譲渡所得課税と同じく、所得税(15.315%)と住民税(5%)の20.315%がかかります。
税率は同じですが、譲渡所得課税と違う点もあるのです。それは確定申告しなくても良いということ。
配当金は手元にはいるときにはすでに源泉徴収で20%引かれているので、もう納税されているということ。つまり改めて確定申告しなくても良いのです。これを「申告不要制度」といいます。しかし確定申告したほうが得をする、という場合もあります。それは所得が一定額以下や、株式投資で損をした場合です。

確定申告をする方法としては「総合課税」と「申告分離課税」があります。総合課税とは、配当所得とそれ以外の所得を合わせて計算するもの。
総合課税をして得をする人は、給与と配当を合わせた所得金額(課税所得)が330万円以下の人です。この場合は配当の税率が下がるので、源泉徴収で20%引かれると損をしてしまうことになります。
また専業主婦など配当以外で所得がなく、扶養控除などの適応を受けている人、株の利益や配当所得が38万円以下の人も総合課税で確定申告したほうが得になりますよ。

一方、申告分離課税で得をする人は株などで損失を出してしまっている人。この場合は「損したことを利用」して節税することができます。投資で出た損を他で得た利益と合わせることで税金の額を減らす「損益通算」というものがあるのです。株で損をした場合はぜひ利用したいですね。

特定口座で株の取引をした場合

株をはじめるときに証券会社に問い合わせをしてみると「どの口座タイプで開設されますか?」と聞かれるはずです。ではどのようなタイプがあるのでしょうか。それは

・特定口座(源泉徴収あり)
・特定口座(源泉徴収なし)
・一般口座

です。

特定口座とは、株を取引するためだけに証券会社が用意した口座のこと。初心者の人は確定申告を代理でしたくれたり、確定申告に必要な株の年間取引報告書を作成してくれたりする特定口座を選んだほうが便利でわかりやすいでしょう。特定口座は源泉徴収「あり」と「なし」があり、それぞれに特徴があります。

特定口座の源泉徴収「あり」を選ぶと、確定申告をする必要がなくなります。譲渡所得が出たときに金融機関が税金分を差し引いてくれるのです。さらに「上場株式配当等受領委任契約」という少々難しそうな名前の契約を結ぶと、さきほど触れた「損益通算」もしてくれます。これは非常に楽で助かりますね。

特定口座の源泉徴収「なし」を選ぶと、年間取引報告書は証券会社が作成してくれますが、確定申告は自分でしなければなりません。
「じゃあ源泉徴収ありのほうが楽でしょ」と考えるところですが、譲渡所得が20万円以下の会社員の人などは余計な税金を払わなくてすむので損をすることがありません。源泉徴収ありの場合は20%必ず納税されてしまうので、余計な税金を払ってしまう恐れがあるのです。年収が2000万円以下で、毎月お給料をもらっていて、譲渡所得が20万円以下の人は源泉徴収なしにしたほうが損することはないでしょう。

一般口座で株の取引をした場合

では残りの「一般口座」とはどのようなものでしょうか。
一般口座は特定口座を開設せず、現在持っている一般銀行の口座をそのまま株取引に使用するものです。新たな口座を開設しないので楽…と思いきや、これは株の年間取引報告書を自分で作成しなければならず、確定申告も自らしなければいけません。つまり手間がかかるということは間違いありませんね。初心者にはオススメしにくい口座です。

それでもなぜ利用者がいるのかというと、国債や社債などの売買は特定口座ではできないのです。特定口座で扱えない取引があるので、一般口座が使われているというわけですね。株の年間取引報告書を作成するのも、確定申告を毎年行うのも、初心者の人が行うにはなかなか難しい問題です。特定口座で扱えるものの取引だけを予定しているのならば、自分にあった特定口座を開設したほうが便利ということですね。

もしも自分で確定申告をしなければならない場合は、国税庁ホームページで「確定申告書等作成コーナー」というところから申告書を簡単に作れるサービスもありますので利用してみてくださいね。

複数口座で株の取引をした場合

証券口座は「株の取引をする」だけのものではありません。口座をもっているだけでもメリットがあるのです。複数口座があると目的に合わせて証券会社を使い分けることができます。また口座があるだけでさまざまなサービスが受けられるということもあります。

では税金についてはどうでしょうか。
基本的には「源泉徴収ありの特定口座」を利用している人は確定申告する必要がないのですが、複数口座の場合は例外もあります。複数口座で取引をしていてどこかの口座で損失が出ている場合や、源泉徴収なしの特定口座内で取引をしていて譲渡所得が20万円以上の場合は確定申告をするようにしましょう。損益通算をしなければいけないので確定申告が必要になります。

また複数口座で取引をしている場合、自分に都合のいい口座のみを選んで確定申告もできてしまうのです。所得が38万円をこえてしまうと専業主婦などの場合は控除から外れてしまいますよね。だったら38万円をこえない部分だけを足して確定申告をすればいいのです。
確定申告をする際は「源泉徴収ありの特定口座」以外の口座を合算して申告するようにしましょう。

株と税金は切っても切れない関係です。株をはじめるときには、自分にとって何が一番得になるのかをよく考えて開設するようにしましょう。
※参考:『投資のリスクは?投資リスクヘッジのコツ!

▲目次にもどる