目次

100万円から始める資産運用!それぞれの特徴を押さえ、手堅く運用していこう!

資産運用でお金を増やすとはどういうことか

資産運用という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、実際に自分が始めるとなると「損をしそうだから怖い」とか「なんだか難しそう」などの理由で、なかなか始められない人が多いようです。確かに、資産運用の手段のひとつである金融商品にはさまざまなものがあり、年々その数は増えていっているのが現実です。そのため、ひとつひとつを吟味して正確な知識を身に付けようと思うとなかなか大変です。しかし、初めての人でも分かりやすくリスクの低い金融商品を実際に始めてみることで、資産運用に対する知識は、やっていなかった頃よりも格段に身につくスピードが変わってくるはずです。

また、資産運用は多額の資金が必要で、一般の会社員などには無縁の存在と思っている人も多くいるようですが、実際には数万円程度から始められる金融商品も複数あります。自己資金が100万円程度あれば、本格的な資産運用を始めることもできるのです。日本人の多くは自己資金を銀行に預けますが、例えば手元にある100万円を銀行に預けた場合、メガバンクの現在の普通預金金利は0.001%程度ですので10年後に受け取れる利息は約100円となります。これではお金が増えているという実感すらありませんね。

バブル景気の頃の日本では、メガバンクの普通預金にお金を預けているだけで自動的にお金が増えていきました。まさに自分の意志とは関係なく、勝手に資産運用が行われていた状態だったわけです。しかし、今現在の日本では上記で挙げたように銀行に預けていてもほとんどお金が増えることはありません。資金を持っているのであればそれを銀行に眠らせておくのではなく、適切な場所へと移動させていくことで、10年後には銀行に預けていた場合よりも何十倍もの大きな利益を生むことができるかもしれないのです。賢くお金を増やしていくためにも、まずは資産運用に関する初歩的な知識を学んでおきましょう。

リスクとリターンの関係について

資産運用において、まず初めに理解しておかなければならないのがリターンと、それに伴うリスクについてです。金融商品には色々な商品が存在し、その商品によって期待できるリターンの額も大きく変わってきます。ただし、忘れてはならないのがそれに伴うリスクです。

一般的に、リターンが大きく望める商品は、そのリターンに比例してリスクも上がっていくことが普通です。つまり、高リスク商品であればあるほど高リターン商品であるということですね。リスクは誰でも低い方が良いに決まっています。ただ、リスクを取らなければそれだけ高いリターンも望めないため、結果的に資産を増やしていくことは難しくなってしまいます。

このようにリスクを取らない分、リターンも受けることができない代表的な例が上記でも紹介した銀行の預金です。銀行の預金はその銀行が経営破たんをした場合であっても、ペイオフ方式などによって上限は設定されているものの、預入金額はある程度保障されています。そのため、リスクは少なく預けている資金が減ることはまずありません。

一方、FX(外国為替証拠金取引)などの資産運用方法を見てみると、ニュースなどでも報道されているように元本がなくなるどころか、マイナスになる可能性すらある高リスク商品の典型です。しかし、このような高リスク商品は高いリターンが期待できることも確かで、FXの場合にはレバレッジを用いることによって手元資金の何倍もの金額を運用することができ、それによって大きな利益を手にすることができます。

ここまで見てきても分かるように、リスクとリターンは常に表裏一体の関係にあります。このリスクとリターンの関係はなにも資産運用に限ったことではなく、日常生活の中でも見ることができます。例えば、自動車を購入した場合を考えてみましょう。自動車を購入することで移動が便利になり、生活の質が向上するといったリターンを得ることができます。しかし、その一方で自動車を買わなければ生じることはなかった自動車事故というリスクが発生します。

人はこのリスクよりもリターンの方が魅力的で、そのリスクを取ってでもリターンを得たいと思った場合に商品を購入します。資産運用や金融商品を購入する場合には、この表裏一体の関係にあるリスクとリターンを天秤にかけ、自分の許容範囲や投資スタイルに見合ったものを選ぶようにしなくてはなりません。

参考:『投資初心者がローリスクハイリターンで資産を増やせる方法はある?

ハイリターンの資産運用方法にはどのようなものがあるのか

それでは、実際にリスクに応じた資産運用方法を見ていくことにしましょう。せっかく投資や資産運用をするのであれば、大きく儲けたいという人も多いはずです。そのような人の場合には、ハイリターンが望める資産運用方法を選ぶことになります。

ハイリターンが期待できる資産運用方法としては、FXがその代表です。既にみたように、FXではレバレッジという制度によって手元資金の数倍もの金額を運用することができます。現在、国内のFX口座では25倍までのレバレッジを掛けることができる仕組みになっていますので、手元の資金が100万円の場合には2,500万円相当の運用をすることができる計算になります。

また、株式投資なども銘柄によってはハイリターン商品としての性格を有しています。東証一部上場企業の株式などの銘柄は出来高も安定していますし、価格変動も何か大きな問題などが起こらない限りあまりありません。この価格変動の上下をボラティリティなどと呼びますが、ボラティリティが少ないということはそれだけ利益を上げるチャンスが少ないということです。

しかし、マザーズ上場企業などの新興市場銘柄ではまだまだ若い企業が多く、出来高も少ないため大きな買いや売りが入ると、一気に株価が上昇したり下落したりすることがあります。つまり、新興市場銘柄はボラティリティが高いため、それだけ利益を上げるチャンスが多くあるのです。

新興市場銘柄の場合には、単純な日々の価格変動だけではなく、マザーズから東証二部へ、または東証二部から一部へなど、市場が変わったときも大きな利益を上げるチャンスです。より注目されている市場に株価が上場することで買い注文が集まり、それだけ価格も上がるため、市場が変わる瞬間に株式を保有していれば大きな利益を獲得することができます。

このほか、投資信託や株や先物などの信用取引もハイリターン商品の典型例です。いずれもその市場の景気に大きく左右されるものですので、しっかりとした知識を備えておく必要があります。それだけ利益を大きく獲得できる可能性があるハイリターン商品ということは、どれもその道のプロが参加している市場であるということも忘れてはなりません。自らその市場に入っていく場合には、その市場と真剣に向き合うなど、それなりの覚悟を持つことが大切です。

堅実に手堅くお金を守る!ロ-リターンでも安全な資産運用方法

大きな利益を獲得したいという要望がある一方で、リターンは小さくても良いからとにかく今ある資金を減らさずに資産運用をしていきたいという人もいます。現在の仕事が忙しくてお金を使う機会が今のところなく、なおかつ保守的な考えを持っている人に多いようです。このようなローリターン商品には、どういったものがあるのでしょうか。

まず、誰でも今すぐにできるローリターン商品には銀行の定期預金があります。定期預金は5年や10年など、あらかじめ定められた年数を預け、その間は自由に引き出すことができない代わりに普通預金よりも高い金利を得ることができるという金融商品です。年数が長ければ長いほど自己資金が拘束されて自由に使うことができなくなる期間も長くなりますが、その分金利も高くなりますので、今すぐに使わない資金が手元にある場合には定期預金に回してみるのも良いでしょう。

定期預金を購入するのであれば、金利がより高いのはネット銀行です。メガバンクや大手都市銀行などは信用力が厚いのは確かなのですが、すべてを完全にネットで一本化させているネット銀行は、無駄を一切カットすることで金利を大きくして顧客への還元率を高めることに成功しています。そのため、定期預金を契約する場合にはメガバンクや大手都市銀行などではなく、ネット銀行の定期預金を活用することがおすすめです。銀行によっては、同じ年数の定期預金であっても30倍ほども金利が変わってくるものもあります。

このほか、小額から購入することができる個人向け国債や個人年金保険などもリターンは少ないですが、長期的な目で見れば確かなリターンを得ることができるローリターン商品です。個人年金は公的年金だけでは老後が心配だという人のために用意されている金融商品で、満期まで積立てることによって元本よりも大きな金額を総額で受け取ることができるという仕組みの商品です。個人年金の返戻率は平均しておおよそ120%程度となっています。個人年金保険には純粋に投資性があるという点以外にも、確定申告の際などに控除を受けることができ、節税対策になるという点も大きな魅力となっています。

その道のプロや専門家に運用を任せる方法にはどんなものがある?

初めて投資や資産運用をする場合、知識がないため不安なことも多いことでしょう。そんな初心者に人気なのが、専門家に資産運用を一任することができる金融商品です。専門家に運用を任せることができる金融商品として代表的なのが、投資信託です。

投資信託は顧客から資金を預かり、それを元手に運用会社が運用を行います。このとき、運用会社に所属する投資のプロをファンドマネージャーと呼び、このファンドマネージャーが投資する対象や資金の分散など、運用に必要な判断をしていきます。ファンドマネージャーは、大手証券会社や投資顧問会社などでアナリストとしての実績を積み、適性のある者だけが選ばれます。そのため、豊富な知識を持っていることは勿論のこと、いざという時に冷静な判断ができるトレードのプロたちの集まりです。

投資信託では、このような専門知識を有する専門家が資産運用を行ってくれるため、顧客はお金を預けるだけで投資に対する判断をする必要は基本的にありません。しかし、運用を任せることができるというメリットがある一方で、運用に伴う手数料や販売に伴う証券会社への手数料が発生します。そのため、個人で投資をしているときよりも受け取る利益の額は小さくなるということを覚えておきましょう。

また、個人では投資することができない大きな資金を要する機関投資家向けの金融商品などにも、投資信託を使えば投資をすることが可能です。一般的にはそのような機関投資家向けの金融商品や株式、債券など、複数の金融商品に対して分散して投資を行っているため、リスクヘッジという面からも大きなメリットを受けることができます。ひとつの市場にだけ資金を入れていた場合、その市場が不況になれば当然資金は目減りしてしまいますが、資金を分散してさまざまな市場に投資しておくことで、ひとつの市場でマイナスになっても他の市場でプラスになればマイナスを相殺することができるという考え方です。

投資信託にも証券会社によって商品内容はさまざまです。もちろん、富裕層向けに用意された投資信託もあれば、月々数千円の積立から始められる投資信託も存在します。少額からは始められるところも資産運用初心者に人気がある理由のひとつとして考えられます。ただし、投資信託も値下がりのリスクがある投資であるという点は忘れないでおきましょう。個人で行う株式投資などと比べると値下がりのリスクは抑えることができるものの、可能性はゼロではないということを頭に入れておくことが重要です。

参考:『運用会社と証券会社は何が違う?初心者が投資信託を利用する際に知るべきメリット・デメリット

参考:『投資信託(ファンド)とは?メリットからデメリットまで 選び方や仕組みとはじめ方

自分の判断で運用を行う場合にはどのような方法がある?

投資信託など、外部に運用を委託するものに比べ、個人で運用を行う場合には受け取る利益も手数料がかからない分大きくなってきます。そのため、ある程度の知識や経験がある場合には個人で運用を行うこともひとつの手段になるでしょう。自分で運用を行う場合には、株式投資やFXなどが代表的な資産運用方法になります。株式やFXを個人でやる場合には市場や投資手法によって得られるリターンとリスクの大きさがかなり変わってきてしまいますので要注意です。

どちらも証券会社に口座を開設することで誰でも簡単に取引を始めることができ、サラリーマンや主婦などにも人気の投資になっています。特にFXなどは取引時間が柔軟で、なおかつ夜にこそ市場は活発に動きます。日中に会社で勤務をしているサラリーマンであっても、帰宅後に家のパソコンなどで気軽に取引をすることもできるので仕事で忙しい人にも人気です。

株式投資の場合、ある銘柄の株式を安く購入し、高く売却することで利益を得るのが基本的な利益を上げる仕組みになりますが、これ以外にも長期保有を目的とした場合には配当金や株主優待など、売買益とは違った部分で利益を受けることも可能です。配当金や株主優待は投資信託を利用していては受け取ることができないものですので、自分で投資を行う場合のひとつの魅力といえるでしょう。

FXも株式投資と同様で、レバレッジをかけない場合には外貨を単に保有しているだけと同じ状況になりますので、長期的な目線で見て円高円安の予想ができる場合には長期保有をすることも考えられますし、スワップ金利などのように売買益以外で利益を受けることも可能です。株やFXはデイトレードやスキャルピングなどのように短期売買で用いられることが多いものですが、それぞれの仕組みや市場に対する勉強をしていくことで、それだけではない中長期的な投資も考えられます。

自分で行う場合にはリターンもすべて受けることができますが、その代わりに当然リスクもすべて自己責任の世界です。特に株式やFXは莫大な利益が確定する可能性がある半面で大きな損失を被る恐れもあり、ギャンブル性が非常に強いことも確かです。しっかりとした知識を持った人が行えば良いものになる金融商品も、知識がないとギャンブルと何も変わらない結果になってしまいます。大きな利益を狙っていくためには自分で投資を行うことも重要ではありますが、事前にしっかりとした知識を身に付けておくようにすることが大切です。

アグレッシブに攻めて大きな利益を!ハイリスクハイリターンな運用方法

それでは、今度は得られるリターンとそれに伴うリスクの大きさごとに運用方法を見ていくことにしましょう。まずは、リターンも大きいけれど、その分リスクも大きい投資からです。ハイリスクハイリターンとは、その名の通り、得られる利益も大きいけれど、それに伴う元本などを毀損するリスクも大きい投資のことを呼びます。既に紹介したように、このような運用方法の典型例にはFXや株式投資、先物などの信用取引があげられます。

FXはレバレッジをフル活用することで、100万円の元手であっても1日単位で大きな利益を確定させることが可能です。さらに、日本でのレバレッジ規制は25倍までですが、海外のFX口座を開設したり、法人の証券口座を利用したりすることでレバレッジの上限が引き上げられ、より大きな取引をすることが可能になります。また、ドル円などのように値動きが安定した通貨ペアではなく、ポンド円やドル円、豪ドルなどのような値動きが激しい通貨ペアを利用することでも、より大きな利益を獲得するチャンスが生まれます。

先物などのまた、投資信託でも商品によってはハイリスクハイリターンの商品が存在します。その代表はブルベアファンドといわれるもので、先物やオプションなどを利用した基準となる指数にレバレッジをかけた投資を行うことができます。上昇相場、下落相場をあらかじめ予想し、その予想が当たれば普通に投資を行っているよりもレバレッジ分だけ数倍の利益を獲得することができますが、予想に反した値動きをした場合には同じだけ数倍の損失を背負います。

大手証券会社でもブルベア型の商品は複数あり、それによって特徴もさまざまです。ただし、一般的にはこのようなブルベアファンドは中上級者向けの金融商品といわれ、豊富な知識量が必要な傾向にありますので購入には最善の注意を払いましょう。

先物取引なども同様で、レバレッジの存在は魅力のひとつではありますが、損失もその分大きくなることを忘れてはいけません。特に日経225などの先物商品には資金が拘束される限月などの仕組みが存在することも事前にしっかりと理解しておくようにしましょう。

ここで取り上げたハイリスクハイリターン投資は、基本的に手元資金以上の金額を運用できる仕組みを利用したものです。これは見方を変えれば100万円を元手に2,500万円を借り入れているのと同じ状況です。レバレッジといわれると理解しにくいものも、このように考えてみるとことの重大さが見えてくるのではないでしょうか。借り入れということを考えれば、そのようなものに全財産をなげうつことがどれだけ無謀なことかということはお分かりいただけると思います。

ハイリスクハイリターン投資は大きな利益を獲得する可能性のある魅力ある運用方法ですが、その分慎重に行うようにしましょう。このような金融商品を購入する場合には、自分の全財産を考えたうえで、余裕をもって使うことができる余剰金を使って投資をするように心がけてください。

大きなリスクを避けつつ本格的な投資ができる!ミドルリスクミドルリターンな運用方法

ミドルリスクミドルリターンとは、ハイリスクハイリターンとローリスクローリターンの中間に位置する運用方法のことで、不動産投資やJ-REITなどがそれに当てはまります。

J-REITとは、不動産投資の投資信託で、本来多額の資金が必要になる不動産投資に比べ小額から行える金融商品になります。一般的な投資信託などと同じように、投資家からお金を集めてそれを不動産に投資しますので、顧客ひとりひとりが多額の資金を用意する必要はないということです。

集めた資金は不動産に投下され、その不動産を貸し出したときに発生する賃貸料や不動産を売却した時に得られるキャピタルゲインが投資家たちに利益として分配される仕組みです。不動産投資を個人で行っている場合には購入や売却の手続きが素人には難しく面倒である場合が多いのですが、J-REITでは証券化されているため、株式などと同じように売買が非常に簡潔で分かりやすいのがポイントです。

さらに、毎月受け取れる利益であるインカムゲインの発生があるところも、近年J-REITが人気を集めているひとつの理由であるといえるでしょう。不動産投資信託では平均的に見ても約5%程度の利回りが期待できますので、100万円から始めたとしても預金などの低リスク商品と比べれば資産運用をしている実感をえることができるはずです。

このほか、外貨預金や金などもミドルリスクミドルリターン商品といわれています。外貨預金とは、外貨建ての預金のことですが、日本では投資性のない預金も海外で預金をすることで資産運用のひとつの手段になります。海外の預金の金利は日本とは歴然とした差があり、豪ドルでおよそ3%もの金利が受け取れます。外貨預金はこのような高い利回りに加え、為替差損益と呼ばれる通貨ペアごとの売買で得られるキャピタルゲインが大きな魅力です。ただし、外貨預金を利用する場合には、外貨や日本円に換算するときに発生する為替手数料の存在に注意が必要です。為替手数料を考えておらず、利益を得るどころか損失を出してしまったなどということのないように、事前にしっかりと調べておきましょう。

金への投資に関しても、価格変動がある一方で、政治や経済の影響を受けにくいという点ではミドルリスクミドルリターンの金融商品といえるでしょう。「ハイリスクだと怖いけど、逆に低リスク過ぎても得られる利益が少なすぎてやっている意味がない」という人に、ミドルリスクミドルリターン投資はおすすめです。

特に、今現在活発に働いている20代や30代の若い世代の場合には、資産運用を行う初めの金融商品として勉強のためにも多く購入されています。攻めすぎず、かつ保守的でもない中間的な位置づけにあるミドルリスクミドルリターン投資は、これから自分で資産運用を本格的に学んでいこうと考える意識の高い人は是非ひとつの候補として考えておくと良いでしょう。

リターンは小さくても良いからリスクは負いたくない!ローリスクローリターンな運用方法

堅実な人や高齢者の人の場合には、現在ある資産をそのまま目減りさせないで、できる限りリスクのないもので運用していきたいという人は多くいます。ローリスクでは確かに得られるリターンの額は小さいのですが、長い目で見たり、現在の普通預金などと比べたりした場合には相対的に大きな利益を得ることができます。そのため、長い目でコツコツというのを念頭に置いて挑戦してみると良いでしょう。

ローリスクローリターンといわれているものには、定期預金や個人年金のほかに、国債や地方債、社債などの債権が存在します。定期預金は既に解説したように、メガバンクや大手都市銀行などよりもネット銀行の金利が圧倒的に高いので、定期預金を契約する場合にはより金利の高いネット銀行を数社比較して決定するようにしてみましょう。個人年金もその企業によって利回りが大きく異なってきますので、多少の違いの中でも少しでも大きな利回りが期待できるところを選択するようにしましょう。

社債や地方債の場合には、購入する企業や地方自治体の財政状態によっては、むしろミドルリスクミドルリターン投資となってしまう可能性もありますので、ローリスクローリターンのなかでも、より手堅く行いたいのであれば国債などがおすすめです。国債は国が財政破綻しない限りは元本がなくなることはありませんので、日本国債としてはそのリスクは相当程度少ないといって良いでしょう。

また、純金積立などの商品もローリスクローリターンといわれています。ある程度の金額が必要になる金投資も、積立での購入であれば月々数千円から始めることが可能です。初めは小さく始めて、次第に余裕が出てきた場合は金を買い増すなどの方法を取れば、将来的に大きな資産を築くことができるかもしれません。

資金を増やすというよりも、むしろお金を堅実に守るという意味合いの強いローリスクローリターン投資ですが、やり方によっては元本割れのリスクを負わないで今現在の数倍の利益を獲得することができる可能性を秘めています。保守的で堅実な人だけでなく、リスクの大きなアグレッシブな投資を行う一方で確実にお金をストックしていける分散投資の一環としてもローリスクローリターン商品は持っておくと良いかもしれませんね。

▲目次にもどる