目次

仮想通貨のリップル(Ripple)とは?

インターネットを通して、カタチがなく目に見えない貨幣価値を取引する「仮想通貨」。そんな仮想通貨の中に、近年、世界トップクラスの時価総額を持つことで注目を浴びている「リップル(Ripple)」という仮想通貨があります。「仮想通貨」について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

リップルが一躍有名になったのは、あの世界的大企業のGoogleがリップルに出資したことがきっかけだとも言われています。また、海外旅行先で実際にリップルを利用する観光客も増えはじめ、全世界に急速に普及しているという実感がもてる通貨です。

「リップル」は、ビットコインなどと一緒に「仮想通貨」と呼ばれることが多いのですが、実のところリップルはビットコインのように人同士がやりとりをする価値あるお金自体のことを言うのではなく、仮想通貨などの金融商品の決済・送金システムのことを言います。
そして、この「価値のインターネット化」を提唱しているリップルに早い段階から注目する人たちは、送金時間の短縮や送金手数料の減額などのシステムが実現するというリップルの将来性を見込んで投資をしているというわけなのです。

リップル(Ripple)の特徴と仕組み

リップルは、2004年にカナダ人のRyan Fuggerという方によって開発された、分散型技術を使った仮想通貨の決済システムです。彼は、後にリップル社(Ripple Inc. )を設立しました。ビットコインの場合は、明確な開発者が判明していないため、その点がリップルとビットコインとの大きな違いになりますね。そのリップルというシステムの中で異なる2つの通貨の仲介役として働くのが、「XRP」という仮想通貨です。

特徴として、XRPは単一の通貨ではないため、法定通貨であろうが仮想通貨であろうがどんな通貨でも自由に交換できる仕組みになっています。加えて、XRPを介した取引は銀行口座が必要なく取引手数料も発生しません。そのため投資の運用コストも削減できますし、取引のリスクも回避できるというメリットがあります。

上記を分かりやすく説明すると・・・

リップルの場合、日本円から米ドルに両替する際や、米ドルから欧ユーロに両替する際、それらの通貨が瞬時にXRPになりリップルのシステム内を通過するというイメージです。そのため、XRPは「ブリッジ通貨」とも呼ばれています。XRPを用いた取引では、ビットコインやモナーコインなどの仮想通貨を含めたあらゆる通貨を送受信し、自動両替することができる仕組みになっています。

XRPを数えるときは、1XRP(リップル)と数えます。リップルが仮想通貨自体ではなく決済システムの名称なので、代わりにXRPが「リップルコイン」と呼ばれることも多いのですが、これは正式名称ではありません

また、リップルの発行上限は1,000億枚です。世界に最も普及しているビットコインの上限2,100万枚と比べてもはるかに量が多いですね。ビットコインの場合は、0ベースの状態で採掘を通して徐々に2,100万枚という上限に近づくという方式ですが、リップルの場合は最初から1,000億枚というプログラムがネットワーク上で完成されており、取引などが交わされるごとにXRPが減少していくという仕組みになっています。そして、取引の度に減少したXRPはリップル社の利益になるというシステムなのです。

さらに、リップルは「IOU取引」という取引方法を採用しています。「IOU=I owe you」の略で、「私はあなたに借りがある(=借用書)」という意味を持ちます。この借用書は、仮想通貨の取引所などが取引をした顧客に対して発行するものです。

通常、借用書というのはお金を借りた側と貸した側の間で成立するものなのですが、リップルのシステム内においては、リップルに参加しているユーザー同士であれば借用書によって自由に貨幣の取引ができる仕組みになっているのです。

 

リップル(Ripple)のメリット

送金スピードが早い

世界で初めての仮想通貨として誕生した「ビットコイン」には、取引の承認作業という時間が発生するため、送金が完了するまでに数分~10数分程度かかってしまいますが、リップルの場合は国際間の取引を瞬時に処理してくれるリップルコネクトという独自の海外送金ソリューションを開発しており、これのおかげでビットコインよりもはるかに早いスピードで送金が完了します。

というのも、リップルはビットコインの送金スピードが遅いという欠点を補うために開発された決済システムだと言われています。

決済手数料が安価

リップルでは他の仮想通貨と同様、銀行などの第三者機関を通さない取引をするため(下部で詳細説明)、たとえ国際送金であっても手数料がほとんどかかりません。

政府や中央機関に依存していない

円やドルなどの法定通貨の場合は、中央銀行が紙幣やコインを発行し、取引の際には銀行を介するなど、国や機関に依存している体制なのですが、リップルの場合はそういった第三者が一切介入していません。そのため、万が一国家財政が不安定になったり金融危機が起こったとしても、リップルの貨幣価値自体がそれらに影響を受けることはないのです。

送金額の制限がない

仮に銀行振込みで円を送金しようとすると、銀行ごとに1日に振り込める上限額が決まっていることが多いですが、リップルの場合は、24時間いつでもいくらでも自由に送金することが可能です。

使用可能場所が増えている

リップルは、ビットコインが使用可能な場所すべてで利用できるというメリットがあります。そのため、現在日本国内でビットコインが利用可能な数十箇所に加えて、世界4,000箇所でリップルを使うことができるのです。

リップル(Ripple)のデメリット

そんなメリットの多いリップルですが、当然デメリットも存在します。

相場の変動が激しい

リップルは、ビットコイン同様1XRPあたりの変動が激しいと言われています。

リップルが初めて発行されたのは、2013年。当時の1XRPあたりの金額は0.6円ほどでしたが、そこから1年足らずで開始当初の10倍の値上がりをした時期があったのです。その後、リップルは一気に価値が急降下することになります。

価値が安定しない理由のひとつとして、ビットコインと異なりリップルには親会社の存在があります。そのため、中央集権的なやり方でリップルコインが販売されていたのです。そのように細細とユーザーを囲んでいても実際の取引量が増加していかないと、XRP自体の価値もなかなか上昇していきません。

価値の補償がない

リップルは、円やドルのような法定通貨のように国や中央銀行などに認められた正式は通貨ではありません。そのため、万が一自分が取引をしている際にシステムトラブルが生じたり、送金が上手くいかなかったとしても、誰も保障はしてくれません。自分で全責任を負わなければならないのです。

普段自分の思い通りに自由に取引ができるからこそ、その分リップルをはじめとする仮想通貨の取り扱いには十分気をつけてもらいたいものです。

リップル(Ripple)の利用方法

①リップルコインの入手方法

リップルコインを手に入れる方法は大きく分けて2つあります。

1. コインを購入する

1の場合は、まずリップルを取り扱っているオンライン上の取引所にてRipple Tradeのアカウント(ウォレット)を作成します。しかし、アカウントを作成しただけではまだリップルコインは使用できません。

アカウント作成が完了したら、口座を有効化するために20リップルを誰かに送金してもらう必要があります。無事20リップル保有している状態になると、自動的に有効化されます。

次に、リップルゲートウェイにて日本円をJPYに交換し、その後JPYを先ほど有効化したRipple Tradeのアカウントに保有します。その後、日本の場合は「リップル東京JPY」の公式ホームページにアクセスし、必要な個人情報を入力していきます。

そして、Ripple Tradeにてリップルコインを購入すれば取引完了です。

2. コインを採掘する

ビットコインの場合は、取引の承認作業を行うことでその対価としてビットコインをもらうことができましたが(=採掘)、リップルコインの場合は、「World Community Grid」に貢献することでコインをもらう(=採掘する)という方法があります。

「World Community Grid」とは、ガンをはじめとする研究開発に貢献するという方法です。実際に参加し、その貢献度によってもらえるリップルコインの数が異なるという仕組みになっています。

②リップルコインの保管方法

リップルコインは、ウォレット(財布)に入れて保管します。これはリップルコインのみならず、仮想通貨全般に共通する保管の仕方です。ウォレットは法定通貨で言う銀行口座のような役割を果たし、購入したりもらったりしたコインを保管したり、誰かにコインを送金する際には相手のウォレットを指定して送金したりもします。

ウォレットは主に以下の4種類に分けられます。

1. パソコン上のウォレット

パソコン上にダウンロードして利用するこのウォレットは、「ソフトウェアウォレット」や「デスクトップウォレット」と言われることもあります。オンライン・オフラインの両環境で利用できる便利なウォレットです。特に、オフラインの環境下ではセキュリティ対策が強固であるとも言われています。

しかし、このソフトをダウンロードする際にブロックチェーンをダウンロードする必要があるため、かなりの時間と容量がかかってしまうのが難点です。
また、パソコン自体に不具合が発生してしまうと、ウォレットも機能しなくなってしまいますので、バックアップを必ずとるようにしてくださいね。

2. オンライン上のウォレット

オンラインウォレット」「ウェブウォレット」とも呼ばれるこのウォレットは、インターネットバンキングと同じような機能を果たします。開設にかなりの時間をとられるパソコン上のウォレットに比べて、比較的簡単に口座を開設することができます。その反面、ネットにつながった状態で利用するため、セキュリティ対策を万全にしておかなければなりません。

パソコンに何か不具合が生じたり、外部からハッキングの被害に遭ったとしても、責任は自分で負わなければなりません。そのため、パスワードを分かりにくい複雑なものに設定したり、有料のセキュリティソフトを導入するなど、事前にしっかり対策をとると安全でしょう。

3. ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット」は、パソコンやスマートフォンなどの端末を利用する方法ではなく、専用端末を使用して保管する方法です。パソコン内のデータをUSBに転送してオフラインで保管するという原理と似ていますね。こちらは、ネットに繋がっていない状態でコインを保管できるため、セキュリティ面ではかなり安全であると言えます。

しかし、ハードウェア自体が破損したり使用不可になってしまった場合は、保存したデータを取り出せなくなってしまうので、厳重に保管する必要があります。

4.  ペーパーウォレット

最後に紹介するのが、4つの保管方法の中で最も安全性が高いと言われている「ペーパーウォレット(コールドウォレット)」です。ペーパーウォレットは、取引したビットコインをインターネットに接続していないオフライン上で保管する仕組みです。紙(ペーパー)やカードを使用するのが一般的な保管方法です。ハッキングやハードウェアの故障などの心配はありませんが、なにせ紙で保管するため、火災や紛失、劣化などの被害に備える必要があるでしょう。

③リップルコインが使える場所

先にもご説明しましたが、リップルはビットコインが使えるすべての箇所で利用可能なコインです。そのため、日本国内ではいまだ数十箇所程度ですが、世界的に見ると約4,000もの箇所でリップルコインが利用できるのです。

リップル(Ripple)を利用する際の注意点

600x400_408509455

仮想通貨の中で最も普及しているビットコインとリップルコインの最大の違いは、リップルのIOU取引という仕組みで認証される点ではないでしょうか?先ほどもご紹介しましたが、このIOU取引は、簡単に言うと自分が信用できる相手のみに対して与信枠を決め、そこから自由に通貨の取引を開始するという仕組みです。

そこで危険なのが、Gatewayと呼ばれるいわゆる取引所が破産してしまう可能性があるということ。

このIOU取引で手元に残るのは目に見えるお金ではなく、あくまでも借用書のみですね。つまり交換したJPYなどをXRPに交換していない状態で取引所がつぶれてしまったとしたら、あなたの持っているJPYの価値はゼロになってしまうのです。

よって、取引所に倒産などの怪しい情報が少しでも流れたとしたら、ただちに手持ちのJPYなどをXRPに両替してしまうのが無難でしょう。

いかがでしたか?リップルコインに関わらず、仮想通貨にて取引を行う場合は、どのような機関や人がその取引に関わり、どんなリスクがあるのかを常に把握しながら次の行動を選択し、仮想通貨の取引を楽しんでもらいたいものです。

 

 

▲目次にもどる