仕組みと選び方を知って投資信託を始めよう!

目次

投資信託ってなに?

投資信託はファンドと呼ばれることもあります。投資信託とは、株式や債券などの他の金融商品とは違った特徴があります。例えば、株式投資をする場合、どの銘柄の株式を購入するかについては自分で決める必要がありますが、投資信託は、運用に関してプロに任せることになりますので具体的な銘柄選択はプロが行います。投資信託の「信託」とは、信じて託すと書きますが、自分の財産をプロに預け、自分に代わって運用をしてもらうタイプの金融商品です。

また、少額で投資できる点も魅力です。株式投資などは比較的まとまった自己資金がないと投資できない銘柄が多いですが、投資信託であれば1万円以内でも投資できます。運用のプロは、少額の資金を多数の投資家から集め、その資金で株式や債券などの金融商品を購入して運用します。そして運用によって生まれた利益で新たに金融商品を購入したり、投資家に分配金を支払ったりします。投資信託は募集するときに、「日本のさまざまな株に投資します」「世界中の債券に投資をします」といった運用方針を決めて売り出します。投資家はその方針を見て、商品を選ぶことになります。少額でプロに運用を任せることになるため、初心者でも投資できる点が投資信託の特徴といえます。
※参考:『投資のリスクは?

投資信託の仕組みを知ろう!

投資信託は初心者でもできる金融商品の1つですが、投資する場合は最低限の基礎知識として投資信託の仕組みを理解しておくことが大切です。投資信託は、複数のタイプの会社によって仕組みが成り立っています。その会社とは、投資信託委託会社、投資信託受託会社そして販売会社です。これに投資家を加えるとすべての登場人物が出そろいます。それぞれの役割を理解することによって投資信託の仕組みが理解できるようになります。

まず、投資信託委託会社ですが、投資信託における中心的な存在です。投資信託委託会社はどんなタイプの投資信託を設定するかを決める役割があります。実際に投資家から集めた資金でどの金融商品を購入するかを決めるのも委託会社です。また、投資信託委託会社は信託銀行などの投資信託受託会社と投資信託契約を結びます。受託会社は委託会社から財産を預かり管理する役割を担っています。委託会社から受けた売買の指示に基づいて市場で売買を行うのも受託会社です。

販売会社は、投資家が口座を持っている証券会社が該当します。投資信託の運用報告書や分配金の支払い、投資家からの注文を委託会社につなぐなどの業務を委託会社と投資家の間に入って行うのが販売会社の役割です。

投資信託のポイント資産配分!

投資信託に投資をする場合のポイントは資産配分です。資産配分はアセットアロケーションとも呼ばれています。株式や債券、不動産など特徴が違う投資対象に、自分の資産をそれぞれどの程度の割合を割り振って投資するかというのが資産配分です。割合を変えることによって、リスクやリターンも変化します。

投資信託の中には、日本株に投資をするもの、アメリカの債券に投資をするものなどさまざまなタイプの商品が存在しています。なかには、株式半分・債券半分の割合で投資するといった商品もあります。そのため、個別銘柄の分散投資はもちろん、一定のアセットアロケーションが既に行われている投資信託もあることを知っておくといいですね。
※参考:『資産運用の初心者が取り組めることは?まず様々な方法の基本を知ろう!

いざ!積み立てるファンド(投資信託)を選ぼう!ポイントは?

投資信託の数は世界中に数万あるといわれています。その中から自分に合った投資信託を選ぶのは至難の技といえます。選び方のポイントは、投資先と投資資産の違い、手数料の違い、そして過去のパフォーマンスの違いの3つです。また、購入タイミングも重要なポイントになります。理想的には安く買って高く売るのがベストですが、積み立てるタイプの投資信託を購入することで、購入時期の時間分散を図り、高値つかみを回避することができます。

選び方のポイントの1つ目である投資先と投資資産の違いは、投資対象の「国」の違いと株・債券・不動産・金などの商品などの「投資対象資産の種類」の違いのことです。自分がどんな投資をしたいのか目標を決めて、それに合ったタイプの投資信託グループを探します。例えば、「世界中の資産に投資をしてみたい」ということであれば、世界中の株式や債券に投資をしてグローバルに分散投資できる投資信託を選ぶのです。

2つ目の選び方のポイントである手数料とは、投資信託の購入時にかかる販売手数料だけでなく、購入後に保有している期間中にかかる手数料に相当する信託報酬、そして手離すときにかかる信託財産留保額が対象です。ノーロードファンドといって購入時の手数料がゼロの投資信託もありますが、販売手数料だけで比較するのではなく、信託報酬なども含めたトータルコストで比較することが大切です。

3つ目のポイントである過去のパフォーマンスは、決算ごとに作成される運用報告書を見るとわかります。投資家から集めた資金の規模や株価に相当する基準価額の推移、そして分配金の状況などを見ることで投資信託の成績を確認します。設定されてからあまり時間が経っていない投資信託はパフォーマンスの判断が難しいため、初心者は選ばない方が無難です。

投資信託のリスクも理解しておこう!

投資信託は、預金とは違い元本保証のない金融商品です。そのため、投資をする場合は、必ず利益が得られると約束されている投資信託はないことをしっかり理解しておくことが重要です。投資信託には株式や債券などと同じようにさまざまなリスクがありますが、投資対象によってその特徴はかなり変わってきます。そのため、どの投資信託を選ぶかによってリスクも変わるのです。投資信託に投資をする場合は、主に4つのリスクを認識しておく必要があります。価格変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、金利変動リスクの4つです。

投資信託の基準価額は日々変動しますので、価格変動リスクはどの投資信託にもあります。公社債を中心に運用する投資信託は価格変動リスクがかなり低く、株式投資信託や賃貸不動産に投資する不動産投資信託は価格変動リスクが高いといえます。また、投資資産がなんであれ、外国資産に投資をする投資信託は、為替予約が付されているタイプでなければ為替リスクが生じます。また、株式や債券が組み込まれている投資信託は発行体の倒産などによる支払不能を意味する信用リスクがあり、債券投資については金利変動の影響を受けやすい性質がありますので、金利変動リスクがあります。

投資信託を始める流れ

投資信託の仕組みや選び方、そしてリスクについてお伝えしてきましたが、そもそも初心者の投資信託への投資の始め方はどうすればいいのでしょうか?まず、投資信託を購入したい場合は、証券会社や銀行などの金融機関で、証券投資用の口座を開設する必要があります。本人確認や住所確認などの書類を揃え、印鑑を用意して申し込むことによって口座を開設できます。投資経験などの確認も受けることもあります。

店舗に出向くだけでなく、インターネットと郵送を組み合わせての口座開設も可能なケースが多いです。開設できる口座は、非課税というメリットがあるNISA口座以外としては、確定申告の手間が大幅に軽減される特別口座と自分で確定申告を行う一般口座があります。申し込みをすると、1週間程度で口座開設通知書が送られてくるのが一般的で、ネットトレード用のIDとパスワードも同封されているはずです。基本的には、これで実際に投資信託を購入できる準備が整います。あとは、どの投資信託を買うかを決めて買い注文を入れることで、投資信託デビューを果たすことができます。

目標設定をして投資信託をはじめよう!

投資信託を購入して投資を始めようと思い立ったら、まず、自分なりの目標を設定することが大切です。目標の設定方法はさまざまですが、一般的な目標は、運用期間と運用結果の財産金額です。例えば、現時点で持っている100万円を投資信託の購入に使い、5年後に120万円にする、などです。目標が決まると、その目標を達成できる可能性が高い投資信託を具体的に選べるようになります。その際、1つの投資信託に集中投資する方法もありますが、初心者は複数の投資信託に投資する方がリスクを分散でき、より安全性に優れた投資に近づけることが可能です。

ただし、運用期間と目標金額を決めるだけでは、目標設定をしたとはいえません。何のために目標金額を決めたのかについて、明確にしておくことが大切です。例えば、増えた結果の120万円を次の自動車の購入に使うなどです。目標金額を決めた動機について自分なりに整理をしておくことをおすすめします。その動機がはっきりしていないと、せっかく目標投資期間終了時点で目標金額まで投資信託の財産が増えていても、欲が出て「もう数年間保有しておこう」という気が起きる可能性もあります。

その後基、準価額の流れが変わり下落に転じてしまうと後悔することになってしまいます。ですから、最初の目標を達成したら、いったん売却して利益を確定し、次の投資戦略を練るというやり方をおすすめします。その方が損失拡大のリスクを小さくできます。初心者のうちは、小さな目標を設定して達成を目指し、経験を積んで来たら大きな目標を設定して投資するのがよいのではないでしょうか。
※参考:『初心者や中級者におすすめの資産運用の方法とは?

▲目次にもどる