目次

ビットコインとは?

カタチがなく、目に見えない、インターネット上でのみ取引される通貨を「仮想通貨」と言います。日本国内では、最近ようやくメディアでも取り上げられる機会が増えてきたように感じますが、世界を見渡すと、すでに多くの国でたくさんの人たちが仮想通貨を購入したり、取引を行ったりしています。

仮想通貨は、私達が日常的に使っている円やドルのように各国で単位が分かれているわけではなく、全世界共通で利用できる通貨です。つまり、国ごとに発行している通貨ではないため、各国に中央銀行という機能が存在しません。

その種類は何百種類と言われていますが、そんな仮想通貨の中で最も世の中に普及しており、認知度が高い仮想通貨が「ビットコイン(bitcoin)」です。
ビットコインも当然お金の一種なので単位が存在します。その単位は、「BTC」と表記され、数えるときは「1BTC(1ビットコイン)」と数えます。

ビットコインが誕生したのは。2008年10月。仮想通貨のシステムやセキュリティがまだ不安定だった当時、情報の暗号化について議論する場がオンライン上にあり、そこに居合わせたサトシナカモトと名乗る人物が以下のような論文を投稿してきたのです。

「これまでのように各国の管理者が通貨を発行する仕組みではなく、低コストで取引可能な電子マネーを活用していきたい。その際は、金融機関などの第三者システムを介さず、コンピュータの暗号化技術を利用して通貨を管理。オンライン上で取引ができる電子マネーシステム(P2P)を使う。」

サトシナカモトは、2008年にアメリカで起こったリーマンショック事件をとおしてアメリカ中央銀行を批判。法定通貨を管理するシステムに疑問を持つようになり、それがきっかけでビットコインを発明しようと思い立ったのでは?と言われています。

しかし、サトシナカモトが一体誰なのか、それが本名なのか否かを知っている人は1人もいません。彼は論文をオンライン上に投稿したあと、その場から姿を消してしまったのです。

ビットコインのメリット


①送金スピードが早い
ビットコインを用いて取引する場合、ある特定の金融機関を介する必要はありませんし、リアル通貨や他の仮想通貨のように円⇒ドルのように換金・変換する手間がありません。つまり、ビットコインは全世界共通の通貨というわけなのです。そのため、他の仮想通貨よりも送金スピードが早く済むというメリットがあります。

②世界中のどこからでも送金手数料が基本的に無料
①で述べたように、ビットコインは取引の際に仲介する機関や組織が存在しませんので、基本的には送金手数料を支払う必要がありません。リアル通貨を送金する場合は、現金であってもクレジットカード払いの場合も手数料が発生しますので、少額の取引の際には特に、とても助かるメリットですよね。

③政府や中央機関に依存していない
先ほどの述べたように、ビットコインは発行元や運営者が存在しない、分散型(P2P)通貨です。ビットコインを用いた決済の際に特定の銀行を経由したりすることすらありません。というのも、他の仮想通貨やリアル通貨の場合は、発行元の国家財政が不安定になったり金融危機に陥った場合、その通貨の価値が下がってしまうというリスクがありますが、ビットコインの場合はどこいも依存していないのでそのリスクが一切ありません。

このようなビットコインの特長から、最近では世界財政が不安定になった際のリスクヘッジとして活用しようとする動きも広がりつつあります。

ビットコインのデメリット


そんなビットコインですが、もちろんデメリットも存在します。

①送金スピードが他の仮想通貨に比べて遅い

先ほどメリットの段落で述べたように、一般的な銀行のシステムと比べるとはるかに送金スピードが早いのは事実です。しかし、ビットコインは仮想通貨の中で1番最初に誕生した通貨。ビットコイン誕生後は、何種類もの新しい仮想通貨が発明されていますので、そういった最新の仮想通貨と比べると送金スピードは劇的に遅くなってしまうのです。

②相場の変動が激しい
ビットコインは、1BTCあたりの価値(値段)の増減が激しいと言われています。ビットコインが世に出回り始めた当初は、1BTCあたり数十円で購入可能でしたが、現在では1BTCあたり数万円まで跳ね上がっています。このまま価値が上がっていけばいいのですが、この逆になる可能性もあるというわけです。あ

常に価格の増減を気にしていては取引ができなくなってしまいますが、ビットコインを購入する際は、価値の増減があるということを認識しておく必要があるでしょう。

③価値の補償がない
ビットコインは、法定通貨のように国や中央銀行などに正式な通貨として認められているわけではありません。したがって、万が一送金先を間違ってしまったりシステムがハッキングされて個人情報が漏れてしまったり、コインの価値が暴落してしまったとしても、誰も保障はしてくれません。

何のしがらみもなく自由に入手できる通貨であるからこそ、その責任も全て自分で負わなければいけないというわけなのです。

 

ビットコインの利用方法


①ビットコインの入手方法

そんなビットコインの入手方法は、主に以下の3通りです。

1. 法定通貨(円やドル)とビットコインを両替する
2. コインの所有者と個人取引をする
3. ビットコインを採掘(マイニング)する

1と2に関しては、法定通貨と同じ要領で入手すればよい気がしますが、3に関してはあまり馴染みがない気がしますね。
「採掘」というのは比喩的表現のことで、実際は取引の際の承認作業のことを表しています。ビットコインは、誰かから誰かへコインの取引があった場合、その取引情報がオンライン上で分散され台帳に記録されます。その追記作業に協力してくれた人に対して、最新のビットコインを贈呈するのです。これが、3つ目のビットコイン入手方法です。


②ビットコインの保管

ビットコインは、ウォレット(財布)に入れて保管します。これはビットコインに関わらず、仮想通貨全般に共通する保管方法です。ウォレットは法定通貨で言う銀行口座のような役割を果たし、購入したりもらったりしたコインを保管したり、誰かにコインを送金する際には相手のウォレットを指定して送金したりもします。

ウォレットは主に以下の4種類に分けられます。
1. パソコン上のウォレット
パソコン上にダウンロードして利用するこのウォレットは、「ソフトウェアウォレット」や「デスクトップウォレット」と言われることもあります。オンライン・オフラインの両環境で利用できる便利なウォレットです。特に、オフラインの環境下ではセキュリティ対策が強固であるとも言われています。

しかし、このソフトをダウンロードする際にブロックチェーンをダウンロードする必要があるため、かなりの時間と容量がかかってしまうのが難点です。
また、パソコン自体に不具合が発生してしまうと、ウォレットも機能しなくなってしまいますので、バックアップを必ずとるようにしてくださいね。

2. オンライン上のウォレット
オンラインウォレット」「ウェブウォレット」とも呼ばれるこのウォレットは、インターネットバンキングと同じような機能を果たします。開設にかなりの時間をとられるパソコン上のウォレットに比べて、比較的簡単に口座を開設することができます。その反面、ネットにつながった状態で利用するため、セキュリティ対策を万全にしておかなければなりません。

パソコンに何か不具合が生じたり、外部からハッキングの被害に遭ったとしても、責任は自分で負わなければなりません。そのため、パスワードを分かりにくい複雑なものに設定したり、有料のセキュリティソフトを導入するなど、事前にしっかり対策をとると安全でしょう。

3. ハードウェアウォレット
ハードウェアウォレット」は、パソコンやスマートフォンなどの端末を利用する方法ではなく、専用端末を使用して保管する方法です。パソコン内のデータをUSBに転送してオフラインで保管するという原理と似ていますね。こちらは、ネットに繋がっていない状態でコインを保管できるため、セキュリティ面ではかなり安全であると言えます。

しかし、ハードウェア自体が破損したり使用不可になってしまった場合は、保存したデータを取り出せなくなってしまうので、厳重に保管する必要があります。

4.  ペーパーウォレット
最後に紹介するのが、4つの保管方法の中で最も安全性が高いと言われている「ペーパーウォレット(コールドウォレット)」です。ペーパーウォレットは、取引したビットコインをインターネットに接続していないオフライン上で保管する仕組みです。紙(ペーパー)やカードを使用するのが一般的な保管方法です。ハッキングやハードウェアの故障などの心配はありませんが、なにせ紙で保管するため、火災や紛失、劣化などの被害に備える必要があるでしょう。

③ビットコインが使える場所

正直なところ、日本国内でビットコインが利用できる店舗はまだまだ少ないのが現状です。というのも、2014年2月、東京渋谷にあったMt.Gox(マウントゴックス)というビットコインの取引所が倒産してしまったこともあり、国内に仮想通貨に対するマイナスなイメージが広がってしまったのです。そんな中でも都心では、バーやレストランなどの飲食店でビットコインが使えるケースもあるようです。

現在、日本国内で最大規模を誇るビットコイン取引所は、2014年1月に設立した「bitFlyer」です。bitFlyerは、ビットコインをはじめとする仮想通貨全体の取引を行う場所です。大手企業のGMOやリクルートなどが株主となっていることもあり、比較的安心して利用できそうですね。
また、bitFlyerの特徴として、bitFlyer経由でネット通販などをすると、ビットコインが贈呈されるなどのサービスが充実しています。

ビットコインを利用する際の注意点

いかがでしたか?まだあまり日本国内では馴染みのないビットコインですが、新たな投資方法として楽しんでみるもの良さそうです。しかし、ビットコインなどの仮想通貨を通して儲けを出す人がいる反面、大損をしてしまう人がいるもの事実です。

もし、みなさんの中に少しでもビットコインを使ってみようと考えている方がいるとしたら、今回ご紹介したビットコインの基礎知識をぜひ理解していただきたいと思います。その中でも、

・自分のウォレットは自分で守ること
・ビットコインの価値は急激に変動する可能性があること
・ビットコインは、まだ開発されて間もない実験段階の通貨であるということ
・国が認めた通貨ではないため、税金や規制について自主的に調査。管理すべきだということ

などを十分に守って、正しい取引をしてもらいたいと思います。

▲目次にもどる