資産運用会社とは?投資信託を利用することで得られるメリット

目次

資産運用会社とは?その役割と仕組みについて

資産運用会社とは、投資家から預かった資産の運用を代行する会社のことをいいます。機関投資家などとも呼ばれています。一般的には銀行や証券会社などが販売している商品としての投資信託を開発・運営しており、その運用を実行している人々のことをファンドマネージャーやストラテジストといいます。

投資先は債権や先物、株式などさまざまなものがあり、それぞれ専門の知識を持った人たちが取引を実行しています。資金の流れとしては、まず投資家(顧客)が資金を預け入れ、それを信託銀行などでまとめます。この信託銀行に預け入れられた資金を運用会社に委託し、資金はまとめて運用されることになります。

運用会社としては運用で得た利益の一部を手数料として差し引くことで利益を獲得します。運用資金は一般的に大きくなればなるほど安全ですし、利益の幅も大きくなる傾向にありますので、預け入れ残高の大きい運用会社は信頼も厚いことが多いです。

投資信託とはどのようなもの?

運用会社の大枠は見ましたが、その運用会社が開発する商品である投資信託とはいったいどのようなものなのでしょうか。投資信託は銀行や証券会社などが販売する金融商品の一種です。利回りや運用実績などが投資信託によって当然異なり、顧客は自分の好きな投資信託を購入することができます。

投資信託のメリットとしては、運用のプロに資金を委託できるということのほかにも、個人では購入することが難しい金融商品への投資も可能になるという点があります。富裕層向けの金融商品や、機関投資家向けの金融商品には高利回りのものが多く存在します。
ただし、これらの金融商品は最低購入価格である基準価格(1口当たりの値段)が個人では手が出せないほどの金額である場合が多いのです。そんな場合でも投資信託であれば投資家からの資産をまとめて運用しているため、基準価格が大きめな金融商品を購入することができます。

また、一般的に投資信託は資金をいくつかに分類し、投資先を数種類に分ける分散投資を行っています。分散をすることである市場での大きな変動を他の市場で相殺することができ、大きなリスクヘッジ効果が期待されます。個人では資金的に難しい分散投資も投資信託であれば可能になるのです。

参考:『投資信託(ファンド)とは?メリットからデメリットまで 選び方や仕組みとはじめ方

資産運用を始めるのであれば投資信託から始めるのがオススメ

資産運用をこれから始めようと思っている方の場合、自己資金の運用を自ら行うよりも投資信託の購入から検討してみることをおすすめします。ここでも解説したように、投資信託ではその市場に精通したプロが運用を行っています。そのため、全くの初心者である場合にはリスクの小さい投資信託を利用することで、投資や資産運用の世界を学びながら運用も体験することができます。初めから自己資金を自ら運用してしまう方がいますが、しっかりとした知識や経験に裏打ちされたものでない限り大きなリスクをはらんでいます。

特に信用取引の場合には購入代金がゼロになるだけでなく、マイナスになる可能性があることも覚えておきましょう。個人向けに販売されている投資信託には基準価格が低いものも多く存在していますので、まずは小額の投資信託を購入してどのようなものなのかを実際に体験してみましょう。購入者限定で行われる販売会社や運用会社によるセミナーなどもありますので、専門的な知識を付けるいい機会になるはずです。

▲目次にもどる