fxを初心者が始めるには?FXの基礎知識とメリット・デメリット

目次

FXってなに?

FX取引という言葉は聞いたことがあるがどういった取引なのかまでは知らないという人は多いと思います。FX取引初心者の始め方は、まずはFX取引とは何かを知ることがスタートです。FX取引は日本語に直すと外国為替証拠金取引といいます。「証拠金」を外してみると外国為替取引となりますので、外国通貨の売買を行う取引ということになります。例えば、日本円を支払って、アメリカドルを購入しその後アメリカドルを売却して日本円に戻すというのが取引の基本になります。外国為替取引は世界中で行われていますので、24時間取引ができる点が特徴です。

では、証拠金とは何でしょう?証拠金とは、お金を持っている証拠としてFX業者に預けておく見せ金です。このお金を使って取引をするのではなく、その証拠金を担保にしてお金を借りると考えるとわかりやすいです。FXのポイントは、預けた証拠金の何倍ものお金を借りて取引できる点にあります。国内FXであれば最大25倍、海外FXでは千倍近い取引ができる場合もあります。実際には借りたお金が振り込まれるわけではなく、売買ワンセットが終了すると差額精算が行われます。自己資金が少ない人でも多額の取引ができるという特徴もあります。そのため、ハイリスクハイリターンの投資のひとつだといわれています。

参考:『投資初心者がローリスクハイリターンで資産を増やせる方法はある?

FXの仕組みを知ろう!

FX取引は、異なる通貨の売買を行うことによって為替差益を狙う取引です。通貨を発行している国によって金利が違いますので、その金利差に当たる部分はスワップポイントという形で損益が発生しますが、主な狙いは為替差益というタイプの投資家が多いようです。異なる通貨取引を行う場合は、為替レートを使って換算が行われます。この為替レートは、各通貨の需給や発行国などの金利政策の変化によって絶えず変わっていきます。

為替レートが有利に動くことによって為替差益が発生します。さらに、証拠金の何倍もの取引ができるため、為替差益が出た場合は、自己投資資金に当たる証拠金に対する利益率は高くなります。反対に為替レートが不利な方向に動いしまった場合は為替差損が発生します。この時は為替レートの変動率よりも大きな損失を被ることになります。

例えば、証拠金100万円を預け、倍率10倍で日本円とアメリカドルの取引、つまり1千万円の取引を行うとします。為替レートが1ドル100円だった場合、10万ドル購入できます。その後、1ドル110円にレートが変動してドルを売却したとします。すると100万円の差益が生まれます。取引が終了すれば証拠金は返してもらえますので、100万円の元手が200万円に増えます。これは円でドルを購入する取引ですが、他の通貨同士でも取引可能ですし、先に売却して後で買い戻すこともできることになっています。これがFX取引の仕組みです。

FXには専門用語が!勉強してから始めよう!

FX取引をする場合は、最低限の専門用語を知っておく必要があります。まずはレバレッジです。FX取引は証拠金の何倍もの取引ができますが、この倍率について「〇〇倍のレバレッジをかける」といいます。レバレッジとは「てこの原理」のことです。少ない資金で多額の取引を行うことを、レバレッジをかけるといいます

また、スプレッドという言葉も最低限知っておく必要があります。スプレッドとは、通貨を購入するときと売却するときの為替手数料にあたるものだと理解しておきましょう。外貨預金などと比較するとFX取引のスプレッドは非常に小さいことが特徴です。そのため、少ないコストで外貨の売買ができるメリットがあります。

FXにはトレードスタイルがある!自分にあっているのはどれ?

FX取引にはさまざまな取引手法があります。自分の得意なトレードのスタイルを確立することがFX取引で利益を得ていくコツです。トレードスタイルが固まってくると、そのスタイルに合ったFX業者を選ぶことによって、より有利に取引できる可能性が広がります。取引には主に3つのスタイルがあります。1つ目はスワップ取引、2つ目はスキャルピング取引、3つ目はスイング取引です。

1つ目のスワップ取引とは、高金利通貨を購入して長期的に保有し、金利差としてもらえるスワップポイントを積み上げるスタイルです。外貨預金などと比較すると、この金利に相当するスワップポイントは高く設定されていることが多いため、効率よく高金利のメリットを享受できます。ただし、得られるスワップポイントよりも多額の為替差損が発生する可能性があるため万能とはいえない点に注意する必要があります。

2つ目のスキャルピング取引とは、高いレバレッジをかけて、数秒から数時間単位で細かく売買を繰り返し、為替差益を積み上げていく取引です。基本的には、1日のうちに売買取引を完結させていく取引ですのでスワップポイントは得られません。わずかな利幅であっても取引金額を大きくすることで大きな利益につながっていきます。ただし、常にチャートとにらめっこする覚悟が必要なスタイルといえます。

3つ目のスイング取引とは、数日から数週間程度で売買を終了させる取引です。デイトレードよりは少し長いスパンで為替差益を狙います。スワップポイントもつきますが、それが狙いではなく、あくまで為替差益を狙うのが主目的の取引スタイルです。予想外の為替レートの動きになった場合は損失が出る可能性がありますので、ある程度の資金余力を持って取引することが大切です。

FX会社を選定して必要な準備をしよう!

FX取引を行う場合は、FX会社を選び口座を開設する必要があります。口座開設はネットでもできます。身分証明書の用意や投資経験の入力が必要になります。FX会社は大きく分けると国内FX会社と海外FX会社があります。まずは国内FX会社選びのポイントを知っておきましょう。ポイントは4つあります。1つ目は取引ツールの使いやすさです。使いにくいツールだと操作に時間がかかって上手く利益確定ができない可能性があります。2つ目はサポート体制の充実度です。初心者の場合は、手続きや操作に関して確認したい点も多いです。3つ目はスプレッドの狭さです。スプレッドが狭ければ1回あたりの取引コストを下げることができます。4つ目は、スワップポイントの高い業者を選ぶといいです。

海外FX会社を選ぶ場合は、国内FX会社の選び方のポイントに加えて、日本語サポートの充実度、ゼロカットシステムの有無を確認して選んでください。ゼロカットシステムとは、証拠金を上回る損失が発生した場合、強制的に証拠金と同額の損を確定して取引が終了するシステムです。証拠金を上回る損失が出ないというメリットがありますので、リスクヘッジになります。さらに、国内FXのレバレッジ規制がかかりませんので、最大で何倍のレバレッジがかけられるのかについても確認しておくことをおすすめします。

FXのメリットとデメリット

FX取引にはメリットもありますし、デメリットもあります。初心者がFX取引を始める場合は、このメリットとデメリットはよく理解しておくことが大切です。代表的なメリットは4つあげられます。1つ目は短期的に大きな利益を狙えることです。レバレッジの倍率を高くすることで可能になります。その分、損失が拡大する可能性も増えますので損切りを早めに行うことがポイントです。2つ目は少額でも取引を始められることです。レバレッジを小さくすれば身の丈に合った投資ができますし、倍率を上げることで少額でも大きな利益が狙えるようになります。ただし、証拠金を上回る損失が発生する可能性がありますので、初心者は慣れるまでレバレッジの倍率を抑え気味にして取引することをおすすめします。3つ目は、逆指値注文などを活用すれば損失拡大のリスクを抑えられる点です。複数のポジションを持つことができますので、一定の不利な為替レートに到達したら自動的に反対売買をする指値注文を入れておけば思わぬ損失を最小限にとどめることができます。4つ目は売りからでも取引できる点です。弱くなる通貨を先に売ることで利益を狙うことができます。

続いてデメリットです。FX取引の代表的なデメリットは3つあります。まず1つ目は、為替レートが予想外の方向に変動すると損失を被ることです。これは外貨建て投資であればどんな金融商品にも共通したデメリットです。2つ目は、レバレッジをかけるため、大きな損失が発生する可能性があることです。自分のリスク許容度に合わせてレバレッジをかけることが大切です。3つ目は、ロスカットが上手く働かず予想外の損失が発生する可能性があることです。ロスカットの仕組みは、相場が大荒れになると機能しない場合があることは知っておく必要があります。

先人の失敗例から学んで安全なFXを

どんなことでも自分で失敗しながら経験を積むことでその道の達人になっていきます。それはFX取引にも当てはまります。しかし、FX取引で元手以上の損失を被ってしまうと投資を継続することが困難になってしまいます。そこで大切になるのが先人の失敗に学ぶことです。自らが失敗を経験しなかったとしても、先人が経験した失敗例から学ぶことによって、安全に取引できるようになるはずです。

代表的な失敗例としてまずあげられるのが、レバレッジのかけすぎです。投資可能な資金全額を証拠金として拠出した場合、高倍率のレバレッジをかけて証拠金以上の損失が発生した場合は、投資資金を失うだけでなく、生活資金の持ち出しとなってしまい、投資を継続できなくなります。初心者のうちは、余裕資金を残して証拠金に充当することと倍率をあげすぎないことがコツです。また、取引の手じまいのタイミングを間違ってしまい損失を拡大させてしまう失敗もあります。

初心者のうちは、取引を始める前に損切りのポイントを決め、確実に実行するといいです。投資を継続していけば、経験を積み効率的に利益を出せるようになるはずです。そのため、利益だけにとらわれず損失が発生した場合でも取引が継続できる範囲にとどめるような取引を行うことをおすすめします。

参考:『初心者がはじめる資産運用の種類 9種の特徴とリスクや 失敗しないための方法

▲目次にもどる