資産運用の初心者が取り組めることは?まず様々な方法の基本を知ろう!

目次

資産運用には様々な方法がある

公的年金だけで老後を過ごすのは難しそう、教育費と住宅費の負担が大きくなりそうといった理由で、資産運用を始めようと考えている人は多いでしょう。インフレの時代になれば、ただ預金をしてお金を置いておくだけでは物価上昇に負けて、資産は実質的に目減りしてしまいます。ある程度のリスクをとって、資産運用を考えるべき時期に来ているのかもしれません。

また、NISA制度の開始や確定拠出年金の制度の拡大など、一般の人が投資を始めやすい機会が増加しています。関連したお役立ち情報も数多く流れ、NISAを活用して上手く節税したり、確定拠出年金制度を利用して老後に向けて有利な資産運用をしたりすることに興味を持つ人も増加しているといわれています。

一口に資産運用と言っても、様々な種類があります。代表的な投資対象は三つです。一つ目は不動産投資、二つ目は金融資産投資、そして三つ目は商品投資です。このうち二つ目の金融資産投資はさらに細分化でき、株式投資や株式投資信託、外貨預金や外貨建てMMF、国債などの債券投資などに分けられます。三つ目の商品投資は、金や原油などに投資を行うものです。これらの投資対象はそれぞれに特徴があり、異なったメリット・デメリットが存在します。
※参考:『NISAの制度内容とメリット・デメリットを理解して、効率のいい資産運用を始めよう!

86-2

初心者はまずリスクの低い資産運用から

資産運用を始めるにあたってまず知っておくべきポイントは、各種の投資対象にはどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるかを知っておくことです。具体的には、投資対象によって大きな利益が狙えるものから少ない利益しか期待できないものまでラインナップが揃っていて、それぞれに損をするリスクが違います。一般的には、大きな利益が狙える投資対象は大きな損失を被る可能性が高く、逆に少ない利益しか期待できないものはリスクも比較的小さいです。

初心者が投資をする場合、まずはリスクの低い投資対象から資産運用を始めることをおすすめします。その方が、万一売却損や評価損を被った場合、配当、分配金の減少の影響を受けた場合の傷が浅くて済み、再チャレンジが可能だからです。いきなり大きな利益を狙い予想が外れて大きな損失を被ってしまうと、二度と資産運用ができないほどの経済的・精神的ダメージを負いかねません。どんなことでもそうですが、資産運用も、最初は簡単で基本的なものから始め、徐々にリスクを大きくとってハイリターンを狙うステージに移行するのが、長期的に資産運用を続けていくための有効な方法です。
※参考:『ローリスクハイリターンの投資なんてあるの?

86-3

資産運用をする前に勉強することが大切

資産運用は、まずリスクの低いものから始めるのがおすすめですが、どんな投資をすればリスクを低く抑えることができるのでしょう?どのような投資にリスクあり、避けた方が無難なのでしょう?初心者にとっては、わからないことだらけです。

そのため、資産運用を始める場合は、まず各商品の特徴をしっかり勉強する必要があります。家電製品を購入した時などは、取扱説明書を読まなくてもなんとなく使い方がわかり、一度も説明書を読まずに使っている人も多いでしょう。これは、過去、似たような製品を使っていたため、経験的になんとなく「ここをこうつなぎ、ここを押せば使えるはず」ということが分かっているからできるのです。しかし、資産運用をするのは初めてという人は、過去の経験がありません。そのため資産運用の、いうなれば取扱説明書の最初の部分にあたる投資の基礎だけは、しっかり勉強してからスタートする必要があります。そうしなければ、思わぬ大失敗につながるリスクがあるのです。

投資の基本は、日常資金の管理とともに、不動産投資、株式投資、国債投資などそれぞれの投資の特徴とリスクを把握することです。まずは、これらをしっかりと勉強するところから始めましょう。日常資金の管理としては、クレジットカードを作り上手く使うことなどから始めるのが基本ですが、投資についてはそれぞれの投資対象別に理解する必要があります。

86-4

不動産投資とは?

資産運用の一つ目は、まず不動産投資です。不動産投資とは、土地を貸したり、建物を貸したりすることによって賃料を得て利益を確保する投資です。具体的には、駐車場経営や賃貸アパート経営、オフィスビル経営、さらには商業施設にテナントを入れる事業などが挙げられます。

不動産投資の特徴は、投資金額が大きく多額の資金が必要になるため、借入金で投資資金を賄うことが多い点と、定期的に賃料が入ってくるため長期的に比較的安定した現金収入が見込めることです。また、賃貸経営が軌道に乗り管理業務を委託するようになると、比較的労力をかけずに投資ができる点も特徴といえます。

不動産投資のメリットは、なんといっても安定した定期収入が得られることです。公的年金の補完や会社員の副業として収入アップを狙う場合にも使える投資といえます。しかし、デメリットもあります。投資対象を売却する場合に現金化に時間がかかることや、空室になり賃料が入ってこなくなる場合があること、さらには資産価格の下落による評価損や売却損を被る可能性があることなどがデメリットとして挙げられます。投資初心者としては、手が出しにくい面があります。そのため、初心者は不動産からではなく金融商品から資産運用を始めた方がいい場合が多いでしょう。
※参考:『不動産投資の始め方と始める前に知っておきたい基礎知識

86-5

株式投資のメリット・デメリット

続いては、株式投資です。株式投資は、金融資産の代表ともいえる投資対象で人気があります。株式投資とは、会社に出資することで株主となり、会社が生み出した利益を配当金としてもらう権利や、会社を清算した場合の残余財産分配の権利、そして経営に参加する権利を得るものです。これらの権利を表したものが株式です。

株式投資をする場合は、証券会社を通じて株式市場で株式を購入します。市場では常に時価で株価が決まりますので、ある会社の株価は、業績が上向くと期待されると上がりますし、悪いニュースが流れ損失が発生しそうだとなると株価は下がります。

株式投資のメリットは、株価の上昇度合いによっては大きな利益が見込めることです。また、配当金がもらえる点や売却後4日目には現金化できる点もメリットといえるでしょう。一方デメリットとしては、株価が下がって大幅な損失を被る可能性がある点が挙げられます。債務超過で会社が倒産してしまった場合などは、投資した全額を失う可能性もあります。初心者としては、こういったリスクを正しく理解した上で、少額から株式投資を始めてみるといいでしょう。

86-6

外貨預金という選択肢もある

金融資産への投資対象としては、外貨に投資をするという選択肢もあります。外貨建て投資とは、日本円以外がベースになっている金融商品に投資をすることをいいます。具体的には、外貨預金、外貨建てMMF、さらには外国株式・外国債券への投資などが挙げられます。

外貨投資のメリットは、日本よりも高い金利収入が得られる点と、投資期間中に円安になれば為替差益が狙える点です。日本の預金金利は、日銀のマイナス金利政策の導入によりほとんど期待できない状況になっていますが、外貨預金に投資をすると、日本よりも高い金利が得られる場合もあります。また、外貨預金に1ドル100円の時に1万円、100ドルの投資をし、満期時に為替レートが1ドル120円になれば、為替差益だけで2千円の利益が得られます。

外貨預金などの外貨投資のデメリットは、メリットの裏返しで為替差損を被る可能性があることです。投資した時点の為替レートよりも円高が進めば、為替差損が発生し、せっかく高金利の利息を得たとしても、為替差損で帳消しになってしまうこともあり得ます。初心者は、為替の動向をよく観察し、慎重に少しずつ投資金額を増やしていく方がいいでしょう。

86-7

元本は国が保証している国債

金融商品で資産運用する場合は、債券に投資をするという選択肢もあります。債券には種類があり、国が発行している債券は国債、地方自治体が発行するものは地方債、一般の事業会社が発行する社債などがあります。このうち、取引金額が最も大きいのは国債です。国債投資とは、国に満期までお金を貸し、満期までの間決められた利息を受け取るものです。国債は、国にとっての借金証書にあたると考えるといいでしょう。

国債は、満期までの期間により商品が分かれています。また、個人向けに開発された個人向け国債もあります。10年で満期を迎えるものが一番発行量は多いですが、それよりも短い期間のものや、もっと長期のものまであります。

ただ、初心者が国債に投資をする場合は、個人向け国債を選択するといいでしょう。一般的な国債は、時価で取引されるため売却損が発生するリスクがありますが、個人向け国債は、解約する場合、過去二回分の利息が控除された上、国が額面(元本)で買い取ってくれますので損が発生しません。そのため、安心して利息収入を得ることに集中できるでしょう。最低金利は0.05%に設定されていますので普通預金よりもかなり有利です。満期には必ず国が元本を返してくれる点もメリットといえます。初心者にとっては投資しやすい金融商品といえるでしょう。

86-8

金に投資できる純金積立

最後にご紹介するのは、純金積み立てです。純金積み立ての投資対象は金(ゴールド)です。金は、1トロイオンス(約31グラム)単位、アメリカドルで国際的に取引されています。日本の場合は、この国際価格を1グラム単位、円単位に換算して取引価格が発表されます。商品投資の中でも参加者が多い投資です。

金へ投資するメリットは、インフレに強いことです。金は希少価値があり、いつの時代にも需要があるとされていますので、想定できる未来において価値が失われない点が魅力です。また、土地と違って持ち運べる点も人気があります。一方デメリットは、持っているだけでは何の利益も生まないことでしょう。預金の利子、株式の配当そしてアパートの家賃のように定期的に入ってくるものはありません。その点はしっかり理解した上、資産の一部を金で保有する程度にとどめる方がいいでしょう。

純金積み立ては、この金投資を積立でできる商品です。貴金属店等が窓口になっている場合は、金を引き出す場合、ジュエリーに加工してくれるサービスがあります。数千円から投資できますので、初心者でも比較的トライしやすい商品といえます。

▲目次にもどる