目次

資産運用を始める前に知っておきたい、株式投資のメリット・デメリット

勤続年数が長くなれば、お給料もそれに応じて上がっていく時代ではなくなってきています。また銀行に預金を預けておいてもその金利は低く、利息も期待できるほど受け取ることも難しくなってきています。そこで今注目されているのが、「資産運用」です。金融商品を活用することにより、現在持っている資産を大きく増やす手段です。資産運用にはいくつかの方法がありますから、株式投資を行っている方、これから始めようと思っている方には悩みどころですよね。株式投資にはメリットもありますがデメリットもありますので、取引を始める前にそれについて理解をしておきましょう。

株式投資のメリットは、上手くいけば利益を得られる点だと言えます。株式投資を始めるにあたり特定の銘柄の株を購入するのですが、その株価が購入価格よりも値上がりしたとします。その株を売却することにより、購入時より高値で売却することができますのでその差額による利益が得られます。これを、キャピタルゲインと呼びます。株式取引ではキャピタルゲインだけでなく、配当金による利益も受けることができます。配当金とは企業が得た利益を株主に対して還元してくれるものです。これを、インカムゲインと呼んでいます。

株取引を行うことにより、利益だけでなく優待特典が受けられるようになります。株とは、各企業が事業資金を調達するために発行する有価証券のことを言います。この株券を購入したことにより、その企業に出資したということになるのです。そこで株券を発行している企業は、出資してくれた株主に対して自社製品や自社商品、サービスの優待券といったものを株券の購入枚数に応じて株主に配布しているのです。この株主優待を目的に、購入する株の銘柄を選んでいる個人投資家の方も少なくありません。

株券を購入するだけでお得な優待が受けられたり、上手くいけば利益も得られたりするのですが、株取引にはデメリットもあります。それは、失敗するリスクも持ち合わせているということです。株式は変動が大きく、一日のうちでもその価格が大きく動くことがあります。購入した株価の銘柄が値上がりすれば、それを売却して大きな利益を得ることができるのですが、その逆もあるのです。また、企業が業績に応じて株主に対して分配する配当金に関しても、企業の業績がよくないと受け取ることができなくなってしまうのです。さらに、万が一保有している株を発行している企業が倒産してしまった場合ですが、その場合持っている株券は全くの価値がなくなってしまいます。
※参考:『資産運用の初心者が取り組めることは?まず様々な方法の基本を知ろう!

株式投資の始め方①基礎知識を身に付けよう

株式投資を始めるにあたって、まずは基礎知識を身につけることをおすすめします。株取引の流れ、専門用語など基礎的なことを抑えておかないと株取引ができなくなったり、リスクを高めてしまったりなどにつながるからです。株式投資に関わらず、自分の持っている大事な資産を運用し始める際には、大損をしない前にしっかりと事前情報を習得しておくとよいでしょう。
※参考:『資産運用って何をすればいい?自分にあった資産運用とは

株式投資の始め方②事前に資産計画をしっかり立てよう

次に、株式投資などの資産運用を始める前に、必ずしっかりとした資産計画を立てることが必要です。具体的には、資産運用の目標額や運用期間、どの国の株式に投資するかなどを細かく計画立てましょう。特に、初めて株式投資を行うという方は、必ず事前計画を立ててください。資産運用の中でも株式投資は特に、大きな得をすることがある反面、大きな損失を受けることもあります。初心者にはそういったリスクの危険性が十分に理解できていない可能性もありますので、計画を立てたうえで決して最初から大損などしないように心がけたいものです。

株式投資の始め方③口座開設と証券会社選び

株取引を始める前に行わなくてはいけないのが、証券会社に取引口座を作ることです。株は直接購入したい企業から購入するのではなく、証券会社を通じて購入、または売却をするのです。証券会社はいくつもあり、利用する証券会社によって手数料などが変わってきますので、証券会社同士をいくつか比較して、口座を開設する証券会社を決めていくといいでしょう。

証券会社を選ぶポイントですが、取引方法によって選ぶという方法もあります。株取引の方法には、一日のうちに何度も株の売買を行うデイトレードを行っている投資家の方も多いのですが、その時に気になってくるのが手数料の金額です。一度の取引でかかる手数料も、証券会社によって異なります。一日に何度取引をしても上限の手数料が決まっている証券会社もありますし、取引の都度手数料が発生する会社もあります。証券会社ごとにそれぞれ異なるサービスを持っていますので、それを証券会社選びの基準にすることもできます。

たとえば、ある証券会社では企業分析が行えるサービスを実施していますので、株取引初心者にとってはお役立ち情報を得ながら購入する株を決めていくことができるのです。また、証券会社によってはリアルタイムで購入した株の価格を教えてくれるサービスを実施していますので、その都度自分で株価をチェックする手間が省けるようになります。便利なサービスも多いですし、その都度受けたいサービスも証券会社ごとに変わってきますので、複数の証券会社に口座を開いている方も少なくありません。

証券会社を決定し口座の開設も完了したら、口座にお金を入金します。株を購入するには、購入する金額を事前に口座に入金しておく必要があります。入金方法は主に2つ。指定口座に直接入金する方法と、ネット銀行に入金する方法です。証券会社によって入金方法が異なりますので、投資する会社を決定した時点で確認しておいてくださいね。

株式投資の始め方④株初心者は少額投資からスタート

いざ、株式投資をスタートさせるとなると、初めて投資をする方は特に「早く儲けたい」という気持ちが先走りしがちですが、投資経験がまだ浅い方は少額での投資からスタートさせた方が良いでしょう。少額投資のメリットは、気軽に始められること、そして仮に損をしたときでも損失が少なくて済むという点です。

失敗しないためにも、株式投資に関する情報収集はしっかりと!

株取引を始めたら、やっておきたいことの一つが情報収集になります。株取引を始めても、一体何をどうしていいのか戸惑ってしまうことも多いでしょう。何度か株の売買を行うことによって、株取引のやり方がだんだんと身についてくるのですが株の購入時や売却時にはある程度自分の判断が求められます。その時に頼りになるのが、情報です。この情報収集をしっかりとやっておくことが、株取引を成功させることにつながるといっても過言ではありません。

株価は、市場の状態やその会社の経営状態が影響して値を上げ下げしています。このような情報をいち早く正確に収集することによって、購入する株式銘柄の見極め、保有している株の売却ポイントの見極めに役立つようになります。情報収集の方法はいくつかありますが、インターネットの情報源を利用することで市場の動向やその会社の経営状態を調べることができます。新聞などの紙媒体でも参考になる情報は得られるのですが、情報のスピードという点ではネットの情報に劣ります。いち早く情報を得るためにも、ネットの情報を活用したほうが良いでしょう。株取引に有効に働く情報を提供しているサイトはいくつもあります。

すべてのサイトに目を通すのは難しいと思いますので、株取引を行っている方がよく見ているサイトを参考にしながらどのサイトが見やすいのかを自分で調べてみるといいでしょう。
※参考:『投資のリスクは?投資リスクヘッジのコツ!

投資方法はいくつもある

株取引にもいろいろな方法があります。株取引を始めたら誰もが取引で儲けたい、損をしたくないと考えることでしょう。そのためにもいくつかの投資方法を理解しておいて、取引の場面で使えるようにしておくと利益を得やすくなるでしょう。新規で株を購入するときに、どの銘柄を選んでいいのかがわからない時に参考になるのが右肩上がり投資法です。

株を購入するときに購入を検討している株価のチャート、値動きの状態をチェックしてみるのです。大きな値下がりがほとんどなく値動きがほぼ右肩上がりの銘柄は、今後も同じく右肩上がりの上昇が期待できますので利益を得やすい株だと判断できるでしょう。右肩上がりの銘柄を見つけた時は、購入しておいて長期にわたって保有しておきましょう。右肩上がり銘柄の売却時のポイントは、株価が急騰したときです。急騰すると急落する恐れもありますので、急騰した時を狙って売却することで利益を得やすくなります。

IPO投資法という方法もあります。IPOとは、新規公開株のことです。新規公開株は初期に値上がりをする可能性が高いので、それを狙うことで利益を得やすくなります。他にもいろいろな投資法がありますので、自分に適していると思われる投資方法を武器にして取引を始めましょう。
※参考:『初心者や中級者におすすめの資産運用の方法とは?

▲目次にもどる