「コスモ石油カード」の基本情報や特徴のまとめ

まず「コスモ石油カード」の基本情報をおさえよう!

コスト石油が取り扱っているクレジットカードは、コスモ・ザ・カードです。コスモ・ザ・カードには、「コスモ・ザ・カード・オーパス」「コスモ・ザ・カード・ハウス」「コスモ・ザ・カード・トリプル」の3種類があります。

コスモ・ザ・カード・オーパスは、高校生を除く満18歳以上で、電話連絡できる人が申し込みできます。家族会員の資格は、生計を同じくする配偶者や親、そして高校生を除く18歳以上の子供で最大3名までです。決済は毎月10日締め、翌月2日引落しとなっています。海外でも使えるVISA、Master Card、JCBから選択でき、さらに、ETC専用カードを無料で発行してくれます。このカードの最大の特徴は、年会費が永年無料となることです。家族会員も永年無料です。カードを持っているコストを重視する人にとっては、ありがたい特徴です。ポイントシステムは、「ときめきポイント」もしくは「WAONポイント」です。

続いて、コスモ・ザ・カード・ハウスの申込資格や家族会員の資格は、コスモ・ザ・カード・オーパスと同じ条件です。しかし、このカードは利用範囲が限られる点に注意が必要です。利用できるのは、全国のコスモ石油サービスステーションでの利用とコスモ・ザ・ハウス会員専用のサイトでのショッピング利用に限られます。年会費は、初年度は無料で次年度以降は、会員本人は税抜き500円、家族会員の初年度無料、次年度から税抜き250円となっています。決済は、毎月末日締め、翌月27日に指定口座からの引き落としです。また、ETC専用カードの発行は可能です。ポイントシステムは、「コスモ・ガソリンマイレージ」です。

コスモ・ザ・カード・オーパスとコスモ・ザ・カード・ハウスは、それぞれ「エコカード」タイプを選択することもできます。通常の年会費とは別に毎年500円のコストがかかりますが、ペーパーレスで請求書管理が楽になる上、請求書作成や郵送コストの減少分が原資となるコスモ石油エコカード基金の活動を通して環境保護の役に立てます。

最後は、コスモ・ザ・カード・トリプルです。申し込み資格やVISA、MASTER、JCBが選択できる点などオーパスと共通している点もありますが、このカードの年会費は税抜き1,250円が必要となります。ポイントシステムではなく、全面的にキャッシュバックシステムを採用している点が大きな特徴といえるでしょう。

73-2

「コスモ石油カード」のサービスや特典にはどんなものがある?

コスモ石油の3種類のクレジットカードには、共通した特典があります。それは、ガソリンや灯油、軽油を会員価格で購入できるようになることです。会員価格は一般価格と比較すると安いので、ガソリンや灯油を大量に消費する人にとってはありがたい特典です。一部の店舗は会員価格適用対象外ですので、会員価格が適用されるかどうかは事前に確認しておく必要があるでしょう。

また、新規入会に対する特典も強力です。時期によって内容は変更さる可能性はありますが、新規入会後最大で3か月以内にコスモサービスステーションでガソリンや軽油、灯油を入れた場合、合計50リットルまで1リットルあたり10円をキャッシュバックしてくれる特典があります。一部の店舗は対象外ですので注意する必要があります。また、全国のコスモ石油サービスステーションでのみ使えるタイプのコスモ・ザ・カード・ハウスの場合は、インターネットで申し込むと、もれなく燃料油500円分に相当する50マイルがプレゼントされることになっています。

さらに、ポイントやキャッシュバックシステムがあるのは嬉しい特典でしょう。3種類のカードそれぞれポイント付与等の条件が違いますのでよく理解した上で、自分に合ったカードを選ぶことをおすすめします。コスモ・ザ・カード・オーパスの場合、200円で1ポイントが加算されるのが基本ですが、シーズンごとの各種キャンペーンを上手く利用するとポイントは貯まりやすいでしょう。コスモ・ザ・カード・ハウスの場合、ガソリンや軽油などは3,000円で1マイル、カーケア商品等は1,000円で1マイルが付与されます。コスモ・ザ・カード・トリプルは、コスモステーションや高速道路、加盟店等での利用10,000円につき1ポイントが付与され、最終的はキャッシュバックの形で還元されます。