「UCカード」の基本情報や特徴のまとめ

UCカードはどんなカード?

UCカードは株式会社クレディセゾン、もしくはUCカードグループから発行されているクレジットカードで、提携先を含めて多くの種類のカードがあります。一般的な年会費は1,250円~1,750円程ですが、学生向けのクレジットカードやリボ払いを専門としたクレジットカード等、年会費が無料のものも沢山あります。ゴールドカードや特別な特典がついているカードの場合は年会費が10,000円を超えることが多く、20代の若手向けのゴールドカードの場合は3,000円程度となっています。全てのカードが国際ブランドのクレジットカードと提携しているので、海外でも使いやすいのが特徴です。学生向けのカード等は対象外ですが、数百円程の年会費で家族カードを追加することもできます。

20代向けのヤングゴールド会員であれば、配偶者の年会費が無料になります。また、ゴールドカード会員の場合は続柄に関わらず、家族会員の年会費が無料になるという特典もあります。有料道路の料金所を支払いの手続きをすることなく通過できる「ETCカード」を一緒に発行することもでき、どのカード会員でも年会費がかからないというメリットがあります。

また、UCカードには安心の要素が色々あります。偽造やスキミングといった不正利用が行われにくいICチップ搭載のカードや、「オンライン・プロテクション」と呼ばれるネット上での不正利用を補償するサービスがついているカードが数多くあります。

更に、「旅行傷害保険」や「ショッピング補償保険」がついているカードもあります。カードの種類によって補償してくれる上限金額は違いますが、海外旅行中の事故によって死亡した場合や後遺障害が残った場合に一般ランクは1000万~2000万円程、ゴールドランクは5000万円まで補償をしてくれます。国内の場合は、一般ランクは1,000万円、ゴールドランクは5,000万円が上限となっています。ヤングゴールドやゴールドであればクレジットカードを保有しているだけで保険適応となりますが、一般ランクはクレジットカードで旅行代金の支払いをするといった条件がつくこともあるので、旅行保険を重視する場合には入会時にしっかり確認をするようにしましょう。

UCカードを利用して購入した商品が、事故等で破損してしまった場合や盗まれてしまった場合に適用される「ショッピング補償保険」の場合、一般ランクは100万円、ゴールドランクは300万円を上限に補償をしてくれます。高額な買い物をする時にクレジットカードで支払いをするだけで、自動的に保険がかかるので安心してショッピングが楽しむことができます。

62-2

UCカードを持つ魅力とは?

UCカードのポイントの種類は、様々です。航空会社提携カードであれば、カードで支払った金額に応じてマイルが貯まりますし、家電製品店との提携カードであれば、その家電会社で利用できるポイントが貯まるようになっています。

そして、UCカードのほとんどで貯まるのが「永久不滅ポイント」と呼ばれる有効期限のないポイントです。クレジットカードでの利用金額1,000円につき1ポイント貯まるのが基本ですが、提携しているショッピングサイトで買い物をすることで30倍貯まるといったお得な制度もあります。アンケートに答えたり、キャンペーンに当選したりしてポイントがもらえるので、貯めるチャンスが沢山あります。更に、100ポイント単位ですが、家族同士でポイントを合算することも可能です。ポイントが貯めやすいのが魅力のカードとなっています。

貯まったポイントは食料品や家電、ギフト券などの300種類以上の商品に交換することができます。他に、デパートやレンタルショップのポイントに換えることもできますし、200ポイントを900円分のカードの支払いに充てるといった交換方法もあります。選べる商品数やポイントの交換先が多いことで、多くの人にとって利用しやすいようになっています。また、海外旅行をサポートしてくれるサービスが充実しているのもUCカードの特徴です。UCカードには会員専用の旅行受付デスクの「tabiデスク」があり、多くの旅行代理店や航空会社のツアーに申し込むことができます。申し込み方法が簡単で、旅行代金が通常より3~8%ほどお得になります。空港でも、ゴールドランク以上の会員はラウンジが利用できますし、旅行先で困ったことがあれば会員ランクに関わらず、「海外アシスタントデスク」が様々な相談に乗ってくれます。

「海外アシスタントデスク」が利用できる国は50ヶ国以上で、電話代も不要な上、日本語で対応してくれるので安心です。その他、国内外におけるレンタカーの手配や復路での手荷物宅配サービス等、沢山の便利なサービスが用意されているため、旅行好きな人にとってもメリットの多いカードです。