「楽天カード」の基本情報や特徴のまとめ

目次

楽天カードの基本的な情報

楽天カードは、楽天カード株式会社が発行するクレジットカードで、Web上で申込手続きを行うことができます。パソコンやスマホで申し込むとカードが配達されるので、配達員に免許証などの身分証明書を見せれば良いだけです。ほとんどの場合、審査結果は1日以内にメールで知らされます。発行手数料は無料で、年会費も永年無料です。発行には18歳以上の年齢制限があり、高校生は対象外です。家族がいる場合は、家族カードも発行可能です。こちらも年会費は無料で、楽天カード1枚あたり5枚まで発行できます。希望者はETCカードも発行してもらえますが、年会費が税込みで540円です。

カードに付ける国際ブランドはVISA、Master Card、JCBの三種類から選択できます。どれを選択しても、カードの機能はほとんど変わりません。基本的には制限なく自由に選べますが、一旦カードを発行すると変更できないので注意が必要です。どうしても変えたい場合は、カードを解約して再度発行してもらうことになります。

カードの締日は、月末です。引き落とし額は12日に仮確定し、20日に正式に確定します。引き落としは27日です。メールアドレスを登録しておくと、仮確定した時と正式確定した時に連絡がきます。

支払い方法は1回払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払いの中から選択することが可能です。もし、1回払いでカード利用を申し込んだとしても、後から分割払いやリボ払いに変更することができます。変更の手続きは全てWeb上で行います。変更できる期間は正式に確定するまでです。仮確定していたとしても変更できます。ただし、引き落としに指定している銀行によって期間が変わることもあるので確認をした方が良いでしょう。

キャッシングの利用可能額は、最大で90万円です。審査によって正式な金額が決定します。金利は18%で、返済が遅延したときの損害金は20%です。特に保証人などは必要ありません。利用可能額は、カード発行時は少額であっても、利用期間や使用実績などによって広がることがあります。返済方法は1回払いだけでなく、リボ払いも選べます。

ネット銀行であるため、楽天カード専用の利用窓口はありませんが、提携している銀行や多くのコンビニのATMでキャッシングが利用可能です。Web上でも、キャッシングの申し込みを行えます。

63-2

楽天カードの特典やサービスは?

楽天カードには、ポイント・プログラムを利用できる特典が付いています。貯めたポイントは楽天市場やポイント・プログラム加盟店でのショッピングに利用できます。それだけでなく、楽天銀行を開設している場合は銀行取引の手数料として使えるなど、利用方法はとても幅広いです。ポイントは月の中旬に付与され、1ポイントは1円に相当します。楽天市場の会員ではない場合は、入会してから楽天カードの申込を行います。楽天カードの利用で得られたポイントは楽天市場のユーザーIDに貯まる仕組みです。

楽天カードはポイントの還元率が高いクレジットカードとして有名です。通常は100円のカード払いにつき、1ポイントを与えられます。例えば、毎月1万円をカードで支払った場合には月々100ポイントを得られ、年間で1,000ポイント貯まるのです。楽天市場でショッピングをすると、得られるポイントは通常の2倍になります。さらに、楽天カード感謝デーには3倍にアップします。楽天カード感謝デーは週末に設定されていることが多いです。その他にも還元率が上がるキャンペーンを頻繁に行っているので、ポイントが貯まりやすいのが特徴といえるでしょう。入会キャンペーンも毎週のように行っており、入会するだけ数千ポイントをもらえます。楽天グループのポイントには期間限定のポイントと無期限のポイントがありますが、カード利用で得られるポイントは無期限のポイントです。

楽天カードはポイント・プログラム以外のサービスも豊富です。特に利用者の安全を守るための機能が充実しています。例えば、海外旅行における損害保険2,000万円が付いており、緊急時にはサポートも受けられます。楽天市場で購入した商品が未到着の場合に、購入金額を補償してくれる制度もあります。

スマートフォンの専用アプリに指紋認証ログイン機能を搭載するなど、防犯意識が高いことも特徴の一つです。ネット不正利用の補償制度もあるので、万が一、不正使用されたとしても心配はいりません。

▲目次にもどる