大手と大手が手を結んだイオンSuicaカードのスペック

知名度の高い流通大手のイオンと、ワンタッチで公共交通機関に乗ることができるSuicaが一体化した「イオンSuicaカード」は、私生活だけではなく、仕事や学校へ行くために乗る公共交通機関を使用する際にも大変便利なクレジットカードです。

世界中どこでも使えるVISAとMasterCardに加え、日本での加盟店が多いJCBの3つの国際ブランドからカードの種類を選ぶことができます。年会費は無料です。

特典豊富なクレジットカードがイオンSuicaカード

クレジットカードを使う人がチェックしたい項目にポイントが挙げられますが、イオンSuicaカードはネット経由で入会するだけで最大2,000ポイントが得られる特典があります。もらったときめきポイントは電子マネーのSuicaに交換することができます。

また、末尾に5がつく日は「お客さまわくわくデー」になり、ポイントが通常の2倍つく特典も魅力的です。ポイント以外にも、毎月20日と30日は「お客さま感謝デー」で、ショッピングの代金が5%オフになります。全国各地にあるイオン、マックスバリュなどで利用できるので、日常生活で使うのにかなりプラスになるクレジットカードでしょう。

一方、20日と30日だけでなぜ10日は何もないのかと気になった方もいるかもしれません。毎月10日は「ときめきWポイントデー」となり、ときめきポイントがクレジット利用で2倍になります。毎月5のつく日と0のつく日は、イオンSuicaカードの日と覚えておくと良いでしょう。

また、55歳以上の会員に対しては毎月15日に「G.G感謝デー」があり、クレジットカードを使った買い物で5%割引制度があります。

その他にも優待加盟店での買い物で、ポイントを規定の倍率で貯めることができます。

公共交通機関だけではなく、旅全般に強いカード

イオンSuicaカードは名前にSuicaが入っていることからわかるように、JR東日本の各駅でも活躍します。駅の窓口ではサインをせずに素早く切符やアイテムを購入できます。オートチャージなのでなどで入金する必要がなく、残金が足りず改札で引っかかることももうありません。

年会費が無料なのにもかかわらず、海外旅行傷害保険や、改札を入った時から改札を出る間までの安心を保障してくれる国内旅行保険サービスがあるのも、イオンSuicaカードの大きな特徴です。国内保険には切符をイオンSuicaカードで買うことが条件とされていますが、入院や通院にも日額で保険が下りるので、いざというときの頼りになります。海外旅行の保険は自動付帯なので、特に何もしなくても、何かあればきちんと保証されます。

クレジットカード払いで貯まるときめきポイントは、200円で1ポイントです。WAONに交換したり、ネットショッピングで使ったり、はたまた寄付や募金もできたりと、その使い道の幅は広く設定されています。イオンSuicaカードにはETCカードサービスもあるので、ETCでの利用請求分をクレジットカードの方に一本化できます。

また、イオンSuicaカードは公共交通機関とコンビを組んでいるからか、環境に配慮した取り組みを積極的に行っています。Web明細はペーパーレスで利用明細や請求金額などが確認でき、環境にやさしくも利用者にとって便利なサービスなので、ぜひ利用してみましょう。

その他にも映画鑑賞割引があったり、海外でお得な特典を提供していたりと、イオンSuicaカードは生活・仕事・レジャーと3つの要素を満足させてくれるクレジットカードです。

「イオンSuicaカード」のクチコミ

・これ1枚で事足りる
Suicaはさまざまなクレジットカードについているが、私がイオンSuicaカードを選んだのには理由がある。それは、日常生活でこれ一枚あれば他にクレジットカードを持つ必要がないからだ。カードを使えばマイルがたまるのもいいが、マイルよりも普段の買い物に力を発揮する方が断然お得でいいと思う。(20代、男性)


・特別なことをしなくてもいいカード
普通に通勤しているだけでポイントがたまり、それを電子マネーにしてお買い物に使えるなんて、すごくお得だと思います。イオンも普通に買い物しに行くので、ポイントを貯めるために特別なことをしなくていいし便利。あと感謝デーとかも多いから、買い物しに行く日をうまく調整するとポイントが結構貯まります。(20代、女性)


・電車によく乗る人には素晴らしいサービスがある
電車を使って遠出をする趣味を持っており、イオンSuicaカードの国内旅行保険サービスに惹かれて入会しました。未だに保険金が下りるような事故にあったことはありませんが、万が一のことを考えると持っていてよかったと思えるカードなのではないでしょうか。55歳以上なので、15日はお得なのもうれしいです。(50代、男性)


・家族みんなにもたせたいカード
家族会員サービスがないので始めは入るのに躊躇しましたが、これを持っていると絶対お得だと思ったので、ようやく社会人になった子供にも勧めて本会員として持たせるようにしました。子供はクレジットカードの使い方について初めはわからずとまどっていましたが、今では私よりもポイントを活用して楽しんでいるようです。(40代、女性)