「Premium Gold(プレミアムゴールド)」の基本情報や特徴のまとめ

目次

「Premium Gold(プレミアムゴールド)」でゴールドを身近に

株式会社オリエントコーポレーションの発行する「Premium Gold(プレミアムゴールド)」なら、年会費1,950円(税込)というリーズナブルな価格でゴールドカードを手にすることができます。

費用を抑えたゴールドカードですが、国際ブランドはVISA・MasterCard・JCBの3種類から選ぶことができ、利用限度額は最大300万円までとゴールドにふさわしい充実の内容となっています。付帯サービスや各種保険も揃っています。
※参考:『利用限度額から見えるクレジットカードの仕組みとは?

「Premium Gold(プレミアムゴールド)」でプレミアムな休日を

Premium Gold(プレミアムゴールド)は、海外旅行傷害保険が自動付帯となっています。海外旅行中の病気やケガにかかった費用、あるいは携行品に損害があった際に最大2,000万円まで補償します。賠償責任保険もついているので、万が一自分が加害者になってしまったときも安心です。なお、国内旅行に関しても旅行費用等をカードで支払うことを条件に傷害保険が付帯され、こちらは最大1,000万円まで補償されます。

さらに、VISA・MasterCardにはそれぞれ使えるゴールド会員向けの優待があります。海外用Wi-Fiレンタルや携帯電話レンタルが優待価格で利用でき、帰国時の荷物宅配も割引価格でサービスを受けられるので、国内・国外を問わずオトクなサービスをたくさん付帯します。

一般的なゴールドカードに付帯している空港ラウンジ利用サービスはありませんが、代わりに「えぶリコライフサポート倶楽部」という福利厚生サービスを優待価格で利用できる特典がついています。国内外のホテルや旅館、別荘などの宿泊施設、ゴルフ場や各種レクリエーション施設、ヘルスケア、育児・介護など、多岐にわたるサービスを会員優待価格もしくは割引価格で利用可能です。ロゴの入ったカードの提示や専用のサイトで会員登録・予約をすることでサービスが受けられる仕組みになっています。
※参考:『「オリコカード」の基本情報や特徴のまとめ

「Premium Gold(プレミアムゴールド)」でポイントを貯めてスマイル!

プレミアムゴールドのポイントシステムは「暮らスマイル」というオリコカードの共通ポイントシステムであり、1,000円の利用につき1スマイルポイントを貯めることができます。年間利用額が50万円以上になると翌年のポイント加算が1.5倍、100万円以上で1.7倍、200万円以上使うと2.0倍と徐々にステージアップしていくので、使えば使うほどオトクなカードです。

貯めたスマイルポイントは、200スマイルポイントから様々な商品と交換できます。また、オリコポイントに移行することで商品だけでなく、1ポイント1円でAmazonギフト券やファミリーマート買い物券、すかいらーく優待券など、普段生活の様々な場面で使えるギフト券にも交換できます。Tポイントをはじめ提携先の各ポイントプログラムへのポイント移行もオンラインでスムーズにできるので、ニーズに合わせて活用することができます。

オリコカード会員は、会員専用の「オリコショッピングモール」で買い物をすればどんどんポイントが貯まっていきますので、スマイルポイントと組み合わせて賢く使えます。なお、スマイルポイントは1ポイントで5ポイントのオリコポイントに交換できます。

このカードには「iD」と「QUICPay」の2種類の電子マネーが同時搭載されています。ポストペイ式(後払い)なのでチャージやサインが不要、コンビニやドラッグストアでの少額の支払いに対応しています。また、1,000円未満の利用でも月額の合計金額に応じてポイントが付与されるのも特徴です。

いろいろとサービスがついていて便利な分、万一のときが心配ですが、年間最高100万円まで補償してくれるショッピング保険と紛失・盗難補償がついているのでその点も安心です。
※参考:『クレジットカードを作るならQUICPayを搭載するのがおすすめ

「Premium Gold(プレミアムゴールド)」のクチコミ

・試しに持ってみては
リーズナブルな値段でゴールドカードを持てるということで申し込みをしました。ラウンジ利用など一部使えないサービスはあるものの、VISAのゴールド会員サービスを受けられるので不満はないです。年齢的なこともあり、券面がゴールドというのは嬉しいですね。ゴールドカードがどのようなものか試してみたい人にオススメのカードです。(40代、男性)


・小銭代わりに
電子マネーが使えるということで、サブカードとして持ち歩いています(メインカードには搭載されておらず)。タクシーやコンビニなどで毎日のようにiDを利用しており、普段の生活で小銭を持ち歩くことがほとんど無くなりました。チャージやサインの必要もないので、使いたいときにサッと使える使い勝手の良いカードだと思います。(20代、男性)


・コスパ重視なら
ゴールドとは言いつつも、ラウンジ利用はできませんし各種保険の補償額は他と比べて低め。しかし年会費が2,000円弱と考えれば、コストパフォーマンスは決して悪くはないのではないかと思います。知らない人が見れば「お、ゴールド!」と思ってもらえますし、ゴールドを持ってみたいという若い人にはうってつけかもしれません。(30代、女性)


・ゴールドとは思えない気軽さ
スマイルポイントだけだと還元率が高いとは言いがたいですが、オリコポイントとして使うことで問題解決です。ネットショッピングをすることが多いので、オリコモールを経由して買い物をして地道にポイントを貯めています。QUICPayもついているので、ゴールドカードではありますが普段使いのできるスマートなカードです。(20代、女性)

▲目次にもどる