Vプリカとは?

Vプリカとは、VISAのプリペイドカードの一種です。実際にカードは発行されませんので、インターネット上でのみ使えるプリペイドカードです。

Vプリカの会員ログイン画面では、カード番号、名義、有効期限など、実際のプリペイドカードと同じ情報がわかるようになっています。カードが発行されないということ以外は、実際にプリペイドカードが手元にあるのと変わりはありません。

インターネット上のVisa加盟店なら、世界中のどこでもクレジットカードと同じように利用が可能です。カードブランドとしては、VISA、MASTER CARD、JCBなどが代表的ですが、VISAは世界中の国で利用ができるカードブランドなので、海外サイトのサービスを利用する場合でも、不便はないでしょう。

使用の際は、プリペイドカードなので、あらかじめチャージをする必要があります。Vプリカの会員サイトからクレジットカードやインターネットバンキングでチャージするか、コンビニ端末でチャージをしてレジで決済するという方法もあります。

インターネットのサイトでクレジット決済をする時には、個人情報が盗まれないかだけでなく、カード番号を盗まれて悪用されないかなども心配になることがあります。その点に関しては、Vプリカは発行をするたびにカード番号や有効期限、セキュリティコードが新しいものに変わります。使う分だけをチャージするようにしておけば、悪用される心配もありません。

Vプリカとクレジットカードの違いとは?

Vプリカの使い方は基本的にクレジットカードとそこまで変わりはありません。
具体的にクレジットカードとVプリカプリカはどのように異なるのかを比較してみました。

お申し込み時のVプリカとクレカとの違い

クレジットカードでは審査がありまずが、Vプリカでは基本的には審査はありません。クレジットカードの審査に通らない人でも発行ができるということが大きなメリットでしょう。

また、Vプリカはニックネームで登録をすることができることもメリットの1つなので、本名を登録する必要はなく、本人確認資料の提出も不要です。匿名でだれでも利用ができるプリペイドカードとなります。

あらかじめチャージをした分だけしか使えないというタイプですので、引き落とし用の銀行口座登録はありません。

発行時のVプリカとクレカとの違い

Vプリカの場合はカードの発行がありません。自宅にカードが郵送されることがないので、クレジットカードのようにカードが自宅に届くのを待つ必要はなく、家族に知られる心配もありません。

Vプリカのサイトで会員登録をして、チャージが完了すれば、すぐに利用ができます。しかし、カードが手元に届かないので、実店舗での買い物には利用ができない点は注意です。実店舗でプリペイドカードを使用する時には、レジにカードを通さなければならないからです。

利用時のVプリカとクレカとの違い

Vプリカの利用可能額は、最高で10万円となっています。しかし、Vプリカの購入は、500円~3万円が最高となっているので、そのままでは最大で3万円の買い物にしか利用ができません。最高10万円の買い物をするためには、残高合算を利用する必要があります。

例えば、3万円、3万円、3万円、1万円のカードをそれぞれ発行して、それら4枚のカードの残高を合算することで、合計10万円になります。残高を自由に合算できるということも、Vプリカのメリットとなります。

また、クレジットカードの場合には、毎月決まった日に前月に利用した金額が引き落としされますが、Vプリカは前もってチャージをした分だけを利用するプリペイドカードなので、引き落としはありません。

その他のVプリカとクレカとの違い

Vプリカは年会費が無料です。しかし、3ヶ月以上利用をしていないと、休眠カード維持費として手数料が125円かかります。これは毎月25日に125円がVプリカ残高から引かれる形になりますが、残高を超えて引かれることはありません。例えば、残高が50円ならば、50円だけが引かれます。

Vプリカでは、セキュリティロックをかけることもできます。セキュリティロックをかけておけば、仮に第三者にカード情報を盗まれたとしても、会員ログイン画面のマイページからセキュリティロックを解除しない限り、カードを利用することができなくなります。

Vプリカの購入の仕方

ネットショッピングで大分便利なVプリカですが、どこでどういう風に入手できるのかを解説!

基本的にコンビニで購入

Vプリカは、基本的にはコンビニで購入します。コンビニで購入する場合には、2,000円、3,000円、5,000円、7,000円、1万円の5種類しか購入ができません。手数料がかかりますので、購入価格はそれぞれ2,200円、3,200円、5,200円、7,280円、1万390円となります。基本的には手数料が200円かかると考えておけばよいでしょう。

セブンイレブンで購入する方法

セブンイレブンで購入する場合には、マルチコピー機を利用します。「プリペイドサービス」選んで、次に「ブランドプリペイド」、そして「Vプリカ」の順番でタッチして、購入価格を選ぶと紙が印刷されますので、その紙をレジに持っていって決済をしましょう。

ファミリーマートで購入する方法

ファミリーマートの場合には、Famiポートを利用します。「プリペイド」を選択して「電子マネー(オンラインマネー)」、「Vプリカ」の順番で画面をタッチして、同じく発行された紙をレジに持っていって決済をします。

ローソン/ミニストップで購入する方法

ローソン/ミニストップでVプリカを購入する場合には、Loppiを利用します。「各種サービスメニュー」から「携帯・国際プリペイドネット用マネー/QUO/各種申込」へ進み、「ネット用マネー」→「Vプリカ」の順番で画面をタッチします。同じように、発行された紙をレジに持っていって決済をしましょう。

コンビニでVプリカのチケットを購入したらサイトで会員登録(無料)

コンビ二でチケットを購入したら、Vプリカの公式サイトで無料の会員登録をしましょう。すでに会員登録をすませている人は、マイページへログインして、コードを入力することで、プリペイドカードが発行されます。

Vプリカを使って買い物をする方法

Vプリカの購入方法としては、コンビ二端末での購入の他に、インターネットでの購入もできます。インターネットでの購入なら、500円、1,000円といった少額購入や、2万円、3万円という大きな金額を購入することもできます。

インターネットで購入する場合、クレジットカードもしくはインターネットバンキングで決済することになります。公式サイトには、「コンビニ支払い」は一時中止しておりますと書かれていますので、コンビニ支払いはできないようです(2017年7月時点)。

Vプリカを発行してからの流れ

Vプリカを発行したら、次は実際に買い物をしてみましょう。Vプリカのサイトのマイページにログインをして、「カード情報」というページをひらくと、現在保有しているプリペイドカードの情報が表示されます。

カード購入日、カードID、カード名なども表示されますが、これらの情報はクレジット決済の時には必要はありません。必要になる情報は、カード番号、有効期限、セキュリティコード、ニックネームの4つです。

インターネットショッピングのサイトでクレジット決済をする時に、カード番号、有効期限、セキュリティコード、ニックネームの4つの情報を入力することで、通常のクレジットカードと同じように決済ができます。

ニックネームを「TARO」などと登録した場合、クレジット決済で氏名の入力を求められた時にどうするのかという問題点が浮上するかもしれません。例えば、氏「山田」、名「太郎」というように、別々の欄に入力をするように求められるケースがあります。「TARO」というニックネームを登録した人ならば、このような場合には氏「TA」、名「RO」というように分けて入力すれば解決します。氏「TAR」、名「O」というようにしても問題はありません。

Vプリカの公式ページを見る