「ANA JCBカード」の基本情報や特徴のまとめ

「ANA JCBカード」の基本スペック

ANA JCBカードは、株式会社ジェーシービーと全日本空輸株式会社が提携して発行しているクレジットカードです。飛行機に乗る時はもちろん、通常の買い物でもマイルが貯まります。

年会費や入会条件はカードのランクや種類によって異なっており、一般カードの場合は¥2,000(税抜)で初年度の年会費はかかりません。本人もしくは配偶者に安定した収入があること、18歳以上であることが入会条件で、学生の場合は学生専用カードがあります。ETCカードや家族カードを追加することも可能です。

「ANA JCBカード」の特典

ANA JCBカードにはマイルに関する特典が多く見られます。一般カード、ゴールドカードなど、カードの種類によりマイル数は異なりますが、一般カードであれば1,000マイルといったように入会するだけでマイルをもらうことができます。さらに、カードを継続して持つことにより翌年以降も同数のマイルがプレゼントされるため、持っているだけでもお得感があります。飛行機に搭乗する際にも、通常付与されるマイルより10%多くもらえるなど、より多くのマイルが加算されます。

クレジットカードを利用して買い物をすることで、JCBカードのポイントプログラムである「Oki Dokiポイント」も貯まります。Oki Dokiポイントは税金も含め¥1,000の利用につき1ポイント貯まるプログラムで、貯まったポイントを好みの商品と交換することが可能です。マイルへの移行も可能で、1ポイントにつき10マイルとなり、自分で交換することもできますが、「マイルコース」に設定しておくと貯まったポイントを毎月自動的にマイルに変更してくれます。また、クレジットカードを使いANAカードマイルプラス提携店で買い物をしたり、ANAカードマイルプラスの対象商品を購入したりすると、¥100(税抜)もしくは¥200(税抜)につき1マイルプレゼントしてくれることも魅力ですね。

「ANA JCBカード」の特徴

ANA JCBカードで買い物をすると、さまざまな場所で割引を受けることができます。例えば、ANAに搭乗した際の機内販売であれば、国内線と国際線ともに商品が10%割引になります。空港にあるショップ「ANA FESTA」でも同様に10%の割引、ANAのオンラインショップである「ANAショッピング A-style」での買い物も5%の割引が受けられます。他に、ANAグループ空港内免税店での割引や、ANAグループのホテルやインターコンチネンタルホテルズグループでの宿泊割引、ANAの国内や海外ツアーを利用した際の割引などがあるため、飛行機を利用することや旅行が好きな人にとってお得感がります。また、ANA JCBカードを持つことで、予約変更もできるお得な航空券「ビジネスキップ」が利用できるようになります。

飛行機への搭乗や海外旅行を安心なものにしてくれるのも、ANA JCBカードの特徴です。ANA JCBカードには国内航空傷害保険や海外旅行傷害保険がついているため、万が一の時に心強い見方です。国内航空傷害保険とは飛行機に搭乗している際、もしくは出発や到着地の空港にて怪我をした場合に支払われる保険のことで、海外旅行傷害保険とは海外旅行中の怪我などにより死亡、または後遺症が残った時に補償をしてくれる保険のことです。補償される金額はカードのランクによって異なりますが、一般カードでも最高1,000万円まで補償されるため、国内で飛行機を利用する時や海外旅行に行く時に欠かせないカードとなります。行き先や滞在期間にもよりますが、海外旅行保険に加入をする手間や料金を省いてくれることも魅力です。

ANA JCBカードにはショッピング保険もついているため、クレジットカードで購入した商品が破損した場合や紛失してしまった場合でも安心です。購入日から90日間と長期に渡って補償してくれますし、年間100万円まで補償してくれるため、高価な買い物をする時に頼りになります。また、オンラインでの買い物をより安全にしてくれる本人認証サービス「J/Secure」もついていますし、クレジットカードが盗難や紛失にあった場合のサポート体勢も万全です。クレジットカードを気軽に、安心して利用できることがANA JCBカードの魅力です。「My JCB」と呼ばれる会員専用のwebサービスも充実しており、住所などの基本情報の変更はもちろん、クレジットの利用内容の確認やポイントの交換などもスムーズに行うことができます。

「ANA JCBカード」のクチコミ

出張や旅行でANAをよく利用するので入会しました。飛行機に搭乗する時、クレジットで買い物をする時にマイルがどんどん貯まるので、貯まったマイルで旅行を楽しんでいます。入会した当初はOki Dokiポイントが貯まる度に自分でマイルへの交換作業を行っていましたが、マイルコースに変更の手続きをしたので楽になりました。マイルを貯めたい人に必須のカードだと思います。(30代、女性)


海外旅行が趣味でANAをよく利用するため、ANAJCBカードを持っています。ハワイやグアムなど、日本人が多い観光地であればJCBが使えるお店も多いので便利です。海外旅行傷害保険を手厚くしておきたかったので、死亡や後遺障害が残った時だけでなく傷害や疾病治療費用などもついているワイドカードを選びました。旅行の度に保険に入会する必要もないため、旅行の準備が気軽です。(20代、男性)


出張のためにビジネスキップを利用したくて、ANAJCBカード会員になりました。割引チケットなのに予約の変更がきくので、とても助かっています。空港のANAショップなどで利用するとマイルも貯まりますが、JCBのOki Dokiポイントも貯まるので、Oki Dokiポイントはマイルに変えたり、コンビニのポイントに変えたりと、その時の気分や状況によって交換先を選んでいます。(30代、男性)


JCBはセキュリティや不正対策がしっかりしていると聞いたので、ANAJCBカードにしました。実際、ショッピングガードや本人認証サービスなど、安心の補償やセキュリティがあるので安心して使えます。国内ではほとんどのお店で使えますし、海外で使えるお店も多いため、このカードをメインカードとして使っています。weサービスの「My JCB」も使いやすくて便利です。(30代、男性)