「ANA JCB法人カード(法人向け)」の基本情報や特徴のまとめ

目次

「ANA JCB法人カード(法人向け)」の基本情報

ANA JCB法人カード(法人向け)の入会資格は法人または個人事業主とされており、満18歳以上の方が対象になります。カードの年会費は¥2,250(税抜)となっており、初年度会費については無料。

カードの追加使用者については1名ごとに年会費が¥750(税抜)かかり、代表者と一緒に申し込みをすれば、初年度の年会費が無料になります。カードの利用可能枠は、総枠で30~100万円の範囲です。追加でETCカードを発行することもできます。

「ANA JCB法人カード(法人向け)」の特典について

ANA JCB法人カード(法人向け)では、JCBカードの基本ポイントである「Oki Dokiポイント」が付与されます。Oki Dokiポイントは、毎月の利用金額の合計¥1,000(税込)ごとに1ポイント付与されるもので、貯まったポイントはTポイントやAmazonでの支払い、nanacoポイントなど、さまざまな商品に交換することができます。ポイントの交換比率は交換する商品にもよりますが、1ポイント=3.5~5円程度です。

Oki Dokiポイントは、1年あたり¥5,000(税抜)の移行手数料を支払えばANAのマイルに移行することもできるので、マイルを集中して貯めることも可能です。また、ANA JCB法人カード(法人向け)では、「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」のボーナスマイルが付与される特典もありますので、出張の際に利用すると効果的にマイルが貯められます。

さらに、ANA JCB法人カード(法人向け)の入会時に1,000マイル、継続時には毎回1,000マイルのボーナスマイルが付与されますので、出張で飛行機を使う機会が多い場合、おすすめのクレジットカードといえます。国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険もそれぞれ最高で1,000万円付帯します。比較的手ごろな年会費で旅行傷害保険が付帯しますので、コストを抑えながら法人カードを活用したいときにピッタリです。

「ANA JCB法人カード(法人向け)」の特徴や魅力について

ANA JCB法人カード(法人向け)ではANAの「ビジネスきっぷ」を利用することができます。ビジネスきっぷは、往復以外にも片道2回で使うことも可能です。搭乗日の当日まで予約や変更が可能で、運賃が最大43%割引になりますので、仕事の都合に合わせて自在に使いこなせるのが魅力です。国内線の全路線で利用できますし、マイルも100%付与されます。

また、法人向けの「ANA @desk」が利用できるメリットもあります。ANA @deskは、インターネット上で利用できる出張手配システムで、支払いについては毎月一括精算を行うため、社員が費用を立て替える必要はありません。ANA@desk独自の運賃設定もありますので、出張の際にお得に利用できます。実際に搭乗した場合にだけ料金がかかるシステムを採用しているので、eチケット発券後にキャンセルした場合でも、予約変更不可のチケット以外は取り消し手数料がかかりません。

こちらのカードは、資金管理がしやすいのも魅力です。会員専用のWEBサービス「myJCB」を利用すると、利用明細のダウンロードや利用代金の明細照会などが行えます。旅費を精算する手間を大幅に削減できますし、利用者ごとに支払い状況を確認することもできるので便利です。

東海道新幹線の予約をインターネット上で行うことができる「JR東海プラスEXサービス」を利用することも可能です。JR東海プラスEXサービスの年会費は¥500(税抜)となっており、最初の2カ月間はお試し期間に設定されているため、その期間は会費がかかりません。JRの駅や旅行代理店まで行かなくてもスマートフォンやパソコンから手軽に予約ができ、支払いはカードで完了しますので、出張費の精算もスムーズです。東海道新幹線の予約変更が自由にできて手数料がかからないのも嬉しいですね。

「ANA JCB法人カード(法人向け)」のクチコミ

個人で事業をしており、いくつかを比較したなかから飛行機を利用する機会が多いので、このカードを選びました。このカードのよいところは、事業用の口座で決済できること。事業用の資金管理がしやすいので助かっています。年会費も¥2,250(税抜)と手頃ですし、更新のたびにボーナスマイルがもらえるのも楽しみですね。(30代、男性)


営業を担当する社員にこのカードを渡しました。急な出張の際にも「ビジネスきっぷ」が使えるので割引率が高くなってお得ですし、事業口座からまとめて引き落としてもらえるので、管理も楽でよいですね。それぞれマイルを貯めることができるのも嬉しいところ。貯まったマイルの使い道については、これから社内で検討します。(20代、男性)


個人事業主ですが、会社名義で発行してもらえるため申し込みました。法人向けカードを所有していると、会社を経営している自覚が持てますし、対外的な信用もアップすると感じます。飛行機を利用するときに海外旅行保険・国内旅行保険がそれぞれ付帯するのも心強いですね。このカードを持ったことでお金の管理も楽になりました。(40代、男性)


会社の所在地が地方のため、飛行機での急な出張がたびたび発生します。社員にこのカードを持ってもらうと、「ビジネスきっぷ」が使えますし、出張の手配で「ANA@desk」が利用できるのでとても便利です。急な出張でも費用を立て替えてもらう必要がなくなったので、社員からも好評です。ANA@desk専用運賃があるのもお得ですね。(30代、男性)

▲目次にもどる