目次

「ANAダイナースカード」の基本スペック

ANAダイナースカードは、三井住友トラストクラブとANAでお馴染みの全日本空輸が提携しているクレジットカードです。

ダイナースカードは歴史あるクレジットカードでありステイタスがありますので、国内のみならず海外でも使い勝手が良いです。さらに、ANAを普段からよく利用する人にとっては、マイレージを貯めやすいカードになっています。

国内や国外でのショッピングで利用すると、その金額がポイントになりANAマイレージに移行することも可能です。

「ANAダイナースカード」の特典

ANAダイナースカードは、クレジットカード入会時に特典を受けることができます。ボーナスマイルとして、2,000マイルがプレゼントされます。毎年カードを使い続けると、ボーナスとして2,000マイルを貰えます。ANAとの提携により、マイルがとても貯まりやすいようになっているのです。

さらに、ANAを利用するたびに通常のフライトマイルが加算されていきますが、このフライトマイルにプラスして区間基本マイレージの25%をボーナスポイントとして上乗せしてくれます。ANAダイナースカードを使ってANAを利用すればするほど、マイルが増えていきます。普段から商用や私用で飛行機をよく利用する人にとっては、嬉しい特典ではないでしょうか。

さらに、ANAダイナースカードの会員になると、家族会員も含め飛行機の移動が多い人には嬉しい空港ラウンジ無料サービスがあります。国内や国外の空港の指定のクラブラウンジでゆっくりとくつろぐことができます。

また、ショッピング利用でもマイルが貯まりやすくなっています。ANAダイナースカードでショッピングをすると¥100(税抜)で1ポイント貯まります。1ポイントは1マイルに移行手数料なしで交換できますし、上限の制限はありません。

そのため、カード利用でショッピングをするたびにマイルが貯まっていきますので、マイレージを積極的に貯めることを目的としている方にはおすすめのクレジットカードです。このように、ANAダイナースカードには色々な特典があります。

「ANAダイナースカード」の特徴

ANAダイナースカードの入会についてですが、申込年齢の目安として27歳以上の方を対象としています。年会費は¥27,000(税抜)で、2年目以降も変わりません。家族会員は¥6,000(税抜)です。ANAダイナースカードの特徴として、利用可能枠の制限は基本的にはありません。そのため、長期出張があったり、出費が多い月であったりしても利用枠を気にせず、安心してクレジットカードを利用することができます。支払方法は1回払い、リボルビング払い、ボーナス一括払いがあります。

ANAダイナースカードは、付帯されている保険も充実しています。海外旅行保険は最高¥50,000,000まで自動付帯されます。旅行中の傷害による死亡や、後遺障害が残ってしまったというもしもの時に備えて、最高¥100,000,000の保険に加入されます。

国内の旅行でも同様の条件が付帯されていますので、旅行や出張の際にはANAダイナースカードを利用すると安心です。さらに、利用条件はありますが年間¥5,000,000を限度としたショッピング・リカバリー保険も付帯されています。

海外に長期滞在すると、帰国時には荷物が多くなりがちです。成田空港や羽田空港の国際線、関西と中部国際空港を利用するANAダイナースカード会員は、カードと搭乗券を提示すればスーツケースなどの荷物1個を、指定された場所に届けてくれるサービスがあります。

また、専用のトラベルデスクで¥500,000以上の海外ツアーや航空券を購入すると、自宅から空港までのタクシーが片道分無料になります。送迎の対象になる地域や空港については予約時に確認する必要がありますが、このような空港送迎タクシーサービスが利用できます。

さらに、トラベルデスクを通して空港送迎タクシーサービスと同様の金額の海外旅行商品を購入すると、所定の条件を満たせば空港特急列車サービスを利用することができます。ANAダイナースカードは海外や国内で飛行機を利用することが多い人にとって、マイルが貯まりやすく、旅行や出張時に安心な保険や移動時にお得なサービスが付帯されているのです。

「ANAダイナースカード」のクチコミ

仕事で海外に行くことも多いので、ANAダイナースカードに申し込みました。一旦海外に出発すると長期になるので、利用枠の制限がないというのがとても使い勝手がよく気に入っています。万が一のときの傷害保険の補償内容も厚いので、基本的にはこのカード1枚で十分だと思います。家族も会員になっていますが、このカードで満足しているようです。(30代、男性)


とにかく、マイルが貯まりやすいのが最大の魅力です。年会費は自分には少し高いかなと思ったのですが、ANAを利用する機会が多い自分にとってはマイルが貯まるペースがとても早くて、毎年飛行機代が無料で旅行に行けるので元はとれています。ショッピングをしても移行手数料や上限がなくマイルに変換できることも、魅力に感じています。(30代、女性)


ちょっとハイクラスなサービスに満足です。ANAのマイレージを貯めることに目がいきがちですが、老舗ならではのダイナースカードの魅力といえばエグゼクティブダイニングです。妻の誕生日に毎回このサービスを利用しているのですが、とにかく普段は行かないような素敵なレストランで過ごすこの特別な日が楽しみで、妻もとても気に入っています。(30代、男性)


ANA利用者はこのカードを持っていないともったいないです。私は家族と一緒に年に2回は贅沢と思って海外旅行に行くのですが、トラベルデスクを通して予約するとタクシーの送迎サービスを受けることができたり、荷物を無料で運んでくれるサービスがあったりするのでとても助かっています。さらに、買い物でマイルも貯まりやすいのが魅力だと思います。(40代、男性)

▲目次にもどる