「dカード」とは

「dカード」の基本情報

dカードとは、株式会社NTTドコモが2015年11月から発行しているプロパークレジットカードです。日本でも最大手の携帯キャリア会社が母体となっており、NTTドコモが中心となったポイントサービス「dポイント」がお得に貯まります。これまで「DCMX」と呼ばれていたクレジットカードの後継に当たり、公式サイトではDCMXからdカードへの切り替えサービスも実施中です。

提携しているクレジット会社はVISAとMastercardから選択できます。年会費は初年度無料となっており、2年目以降は¥1,250(税抜)ですが一定条件を達成すれば無料となります。1回でも買い物などでの使用があれば条件達成となるので、普段使いのカードとして利用するなら年会費は問題ありませんね。dカードには上位種の「dカードゴールド」があります。こちらの年会費は¥1,000(税抜)ですが、ドコモ光を利用していると割引が受けられるなど、携帯キャリアだけでなくNTTドコモユーザーであれば、さらにお得な特典が付いています。

通常のクレジットカード機能のほか、NTTドコモが提供している電子マネー、「おさいふケータイ」などに使われている「iD」の機能が標準装備されています。追加カードとしてETCカードや家族会員カードの発行が可能となっており、こちらも年会費制ですが初年度は無料、カード利用によって2年目以降も無料です。クレジットカードの審査は手動で行われており、カード発行までに平均16日程度必要で、やや時間がかかるのが特徴です。dカードの入会資格としては18歳以上(未成年は親の同意が必要)で、iモードやspモードが使える携帯電話の番号などが必要となっています。dカードの締め日は毎月15日、支払い日は毎月10日です。

貯まったdポイントは、ドコモの携帯代やパーツの購入費用としても利用できますし、提携するコンビニやファーストフード店、ネットショップなどでも活用できます。DCMX時代よりも提携先や利用方法が増えているため、ドコモユーザーであれば利用頻度は高いです。現在盛んにテレビCMを行っており、カード会員獲得に力を入れています。実店舗での利用については使用できるエリアが限定的なものも多いですが、今後会員の増加とともに範囲や対象店舗はさらに広がっていくと思われます。

なお、dカードには付帯保険は国内、国外ともについていませんので、旅行先での保険代わりの利用には向いていません。dカードゴールドには海外最大1億円、国内最大5,000万円の旅行保険が付いています。保険利用を考えているならゴールドを選択することをおすすめします。

「dカード」の共通するサービスや特典!

dカードの特典としては、dポイントクラブに入会すると貯まるdポイントがさらにお得に貯まります。dカード加入によって、dポイントクラブのブロンズステージとしてランク付けされ、加盟店なら100円で1ポイント、特約店なら2ポイント貯まります。ドコモの携帯やドコモ光を利用していると1,000円利用ごとに10ポイントが加算されます。dポイントゴールドの場合はランクもゴールドになり、ドコモの携帯やドコモ光を利用すると1,000円ごとに100ポイント加算と、一般のdカードと比べて10倍のポイントがついて大変お得です。

ドコモユーザーにとってはNTTドコモの通信費が1割引になるカードですので、利用価値はかなり高いといえます。dカードを利用したネットショッピングでは、「dカードポイントUPモール」というサイトを経由して買い物するだけで、利用ポイントが1.5倍から最大10.5倍までアップします。大手通販サイトや百貨店、家電量販店など多くの専門店が登録されており、普段のネットショッピングがさらにお得に買い物できます。dカード共通の特典として、ドコモの携帯について購入から1年以内であれば、不慮の事故や修理できない故障のために買い替えをすることになった場合に、購入費用の一部を保障してくれる「dカードケータイ補償」というサービスがあります。

dカードなら1万円まで、dカードゴールドなら10万円まで保証してくれるので、新たに機種変更をする時にはdカードがあれば安心です。また、dカードを使って購入したものが盗難や破損にあった場合に、年間100万円まで(ゴールドは300万円まで)保障してくれる「お買物あんしん保険」のサービスもあります。購入から90日以内に限られますが、万が一の場合にこうした制度があると助かりますね。