「SuMi TRUST CLUBカード」とは

目次

「SuMi TRUST CLUBカード」の年会費や国際ブランド

SuMi TRUST CLUBカードは、外資系大手金融機関のクレジットカード事業を引き継いで、日系大手信託銀行グループが発行しているクレジットカードブランドです。SuMi TRUST CLUBカードは、VISAとMasterCardのどちらかを選択できるようになっており、希望の国際ブランドを選ぶことが可能です。また、現在は様々な特典やプログラムによって、このSuMi TRUST CLUBカードだけでも15種類ほどのクレジットカードの中から好みのクレジットカードを申し込むことができます。選択肢が豊富であるからこそ、各カードの特典内容や年会費、還元率などを比較して自分にとってベストなクレジットカードを選ぶことが可能になることもSuMi TRUST CLUBカードの魅力ではないでしょうか。

SuMi TRUST CLUBカードには、どのような特徴があるのでしょうか。VISAプラチナカードですが、年会費は35,000円ほどで、家族会員は無料で同じクレジットカードを作ることができます。注目すべきなのは、100円の買い物に対して4ポイントが貯まる点です。年会費は高いかもしれませんが、家族全員が同じクレジットカードを追加料金なしで持つことができ、ポイント還元率が全てのSuMi TRUST CLUBカードの中で一番高いのが魅力です。さらに、世界中の850ヶ所の空港VIPラウンジを無料で回数に制限なく利用することができます。また、旅行保険も充実しており、国内・国外それぞれ最高1億まで、家族会員も含めて補填されます。年会費を40,000円にすると、航空マイルを貯めたい人に有利なVISAプラチナカードもあります。

他にも、ゴールドカードは年会費12,000円でプラチナカードに準じた特典がついてきます。プラチナカードよりもポイント還元率や、付帯される旅行保険などの条件は少々劣りますが、それでも充実した内容になっています。SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカードは年会費も同じで、ゴールドカードと同じような特典がつきますが、ゴールドカードはVISA、リワードワールドカードはMasterCardというように、国際ブランドによってクレジットカードの名称が違います。

プラチナやゴールド級の特典は必要なく、年会費を抑えたい人は年会費3,000円から加入できるSuMi TRUST CLUBカードもあります。それでも旅行保険も充実していたり、空港ラウンジが一部無料で利用できたりします。VISA、MasterCardのどちらかを選択することができます。
※参考:『世界が認める国際ブランドの王者、VISAカードとは?

45-2

「SuMi TRUST CLUBカード」に共通するサービスとは

全てのSuMi TRUST CLUBカードで共通している特典は、月間のクレジットカード利用金額に応じて、ポイントや航空マイルなどが貯まるプログラムです。リワードポイントと呼ばれており、全ての買い物の金額にこのポイントが付与されます。ポイント還元率がSuMi TRUST CLUBカードのプラチナ、ゴールド、それ以外のカテゴリーによって違いますが、他は共通しているポイント・プログラムです。

また、ボーナスリワードプログラムというものがあります。これは、年間のクレジットカード利用額に応じて、さらにリワードポイントがボーナスでついてくるというシステムです。これらのリワードポイントには、全て有効期限がありません。ほぼ全てのSuMi TRUST CLUBカードで、この特典を受けることができます。一部例外として、航空会社と提携しているSuMi TRUST CLUBカードについてはリワードプログラムの適用外となっていますが、リワードポイントの代わりに、買い物額に応じて航空マイルを貯めることができます。貯めたマイルに対しても、有効期限がありません。

これらの充実したポイント・プログラムが提供されているSuMi TRUST CLUBカードですが、最も注目すべき点はポイントやマイルの有効期限がないということです。これなら、有効期限を気にせずにポイント貯めておけますので、将来的に大きな買い物をしたり、ちょっとリッチな海外旅行に行くためにマイルを貯めていったりという楽しみになるのではないでしょうか。

また、国内、国外に旅行する時にSuMi TRUST CLUBカードで決済すると、旅行中の事故などによる怪我や病気などの場合に保険が適用されます。盗難などの被害にあった場合にも、保険が付帯されています。SuMi TRUST CLUBカードでは、新規入会キャンペーンなどで商品券が当たったり、航空マイルプレゼントがあったりします。申込を検討されている人はキャンペーン情報も、あわせてチェックしておくと良いでしょう。
※参考:『海外旅行の保険加入はどうするべき?クレジットカードだけでも大丈夫?

 

▲目次にもどる