「三井住友トラストVISAカード」の基本情報や特徴のまとめ

目次

「三井住友トラストVISAカード」の基本スペック

三井住友トラストVISAカードのカードラインナップは、プラチナ、ゴールドそしてクラシックやレディースカードなどがあります。そのうちベーシックなタイプがクラシックカードです。クラシックカードの年会費は、税抜で本会員1,250円、家族会員400円です。ただし、初年度は無料になります。申し込み資格は、高校生を除く満18歳以上で安定した収入がある人とされています。
※参考:『「三井住友VISAカード」とは

「三井住友トラストVISAカード」の特典

三井住友トラストVISAカードの特典としては、三井住友信託銀行との取引を行うことでポイントが貯まることが挙げられます。また、三井住友信託VISAポイントクラブに加入することによって、投資信託購入額10,000円ごとに1ポイントが付与されます。NISA(少額投資非課税制度)への投資やMMFなど一部対象外の金融商品はありますが、三井信託銀行で金融資産への投資を行う人の場合はかなり有利になる特典です。

また、三井住友信託銀行で住宅ローンやアパートローンを借りると、新規借入額1,000万円以上で500ポイントが付与されます。アパート投資を考えている人や住宅取得を検討している人は、クレジットカードと併せて三井住友信託銀行での借り入れを検討する価値があるでしょう。

さらに、三井住友信託銀行で総合口座を開設すると100ポイントの付与に加えて、ATM手数料の割引やダイレクト振込手数料の割引を受けられるようになります。例えば、時間外のATM手数料108円が無料になります。三井住友トラストVISAカードの特典を最大限に受けたい人は、自分のメインバンクを三井住友信託銀行に変更するのがおすすめです。
※参考:『仕組みと選び方を知って投資信託を始めよう!

「三井住友トラストVISAカード」の特徴

三井住友トラストVISAカードの特徴は、VISAカードとして機能する点です。国内に限らず海外でもほとんどの場所で使えるVISAカードは、利用価値が高いといえます。信頼が高く安心できるといわれているVISAブランドのクレジットカードを、比較的安い年会費で持てることは大きなメリットです。学生については、在学期間中年会費は無料になります。学生でない場合でも、「マイ・ペイすリボ」に登録し、前年1回以上のカード利用という条件を満たすことで年会費は無料になるシステムがとられています。

さらに、海外旅行傷害保険が付帯している点も特徴です。海外旅行傷害保険とは、海外旅行中の病気やけがなどのアクシデントに対して保険金が支払われる保険です。病気の治療費や賠償責任、そして携行品の損害も補償の対象となっています。もし付帯していない場合は、旅行の都度、海外旅行傷害保険に加入する手間とコストがかかりますが、このクレジットカードを持っていれば、クレジットカードで旅行代金を支払うなどの一定要件を満たすことで付帯されますので安心です。補償金額は、死亡・高度障害に該当した場合、最高で2,000万円となっています。海外旅行に強いのが三井住友VISAカードの大きな特徴といえるでしょう。

クレジットカードを作る場合、不正利用が心配だという人もいますが、三井住友VISAカードにはICチップが搭載されています。そのため偽造は困難です。また、顔写真付きタイプのカードも選べますので、不正利用のリスクが低く安心です。
※参考:『世界が認める国際ブランドの王者、VISAカードとは?

「三井住友トラストVISAカード」のクチコミ

三井住友トラストVISAカードは、社会人になって初めて作ったクレジットカードで実に20年以上も使っています。ポイントの還元率も良く、マイ・ペイすリボ登録と年1回の利用条件を満たせば年会費無料になる点と、世界中で使えるVISAカードが手に入る点が魅力で使い続けています。(40代、男性)


私は海外旅行に行くのが趣味ですが、旅行先では多額の現金を持ち歩くのが好きではないのでクレジットカードをよく使います。三井住友トラストVISAカードは、一定条件を満たすと年会費無料ですし、海外旅行傷害保険も条件を満たせば付帯されますので、重宝しています。(20代、女性)


長年、三井住友トラストVISAカードを利用していますが、先日、問い合わせ先のデスクに電話したらすぐつながり、対応も良くて感動しました。明細に関する不明点を聞いたのですが、親切に教えてくれました。年会費無料の条件も満たし続けていますのでこれからも使い続けようと思います。(50代、女性)


三井住友トラストVISAカードでクラシックカードを作りました。家族カードやETCカードも作れるようなので、今後検討してみたいです。将来的はゴールドカードを持ちたいですが、今の自分には年会費が安いクラシックカードが合っている気がします。今度海外旅行に行くので、その時にも積極的に使ってみるつもりです。(20代、男性)

▲目次にもどる