「留学ジャーナルVISAカード」の基本情報や特徴のまとめ

目次

「留学ジャーナルVISAカード」の基本スペック

クレジットカード会社最大手の三井住友VISAカードの提携カードである「留学ジャーナルVISAカード」は、高校生以外の満18歳以上の人であれば入会資格がありますが、20歳未満の人が入会するためには親権者の同意が必要となります。家族会員制度もあり、対象は本会員と生計を共にする配偶者、親、高校生を除く18歳以上の子です。

年会費は、本会員、家族会員共に初年度無料となっています。次年度以降は本会員の場合、¥1,250(税抜)で家族会員の場合、¥400(税抜)です。国際ブランドはVISAのみで、付帯保険はショッピング補償があります。

「留学ジャーナルVISAカード」の特典

留学ジャーナルVISAカードの会員が受けられる特典に年会費割引特典があります。これはカードの利用額や頻度、関連サービスへの登録など一定の条件を満たすと年会費が割引になったり、無料になったりするものです。

具体的には、まずカードの利用明細書をインターネット上で管理するWEB明細書サービスを利用すると次年度の年会費が¥500(税抜)の割引になります。すぐに明細を確認でき、管理もしやすいので、利用する価値はあるでしょう。

次に、カード利用代金の支払いをリボ払いにできるマイ・ペイすリボへ登録して年1回以上カードを利用すると次年度の年会費が割引又は無料となります。リボ払いの方法で支払をしたほうが都合のいい人は見逃せない特典です。

それから、年1回以上カードを利用するか年間¥50,000(税抜)以上の利用代金があれば、次年度の年会費は無料となります。クレジットカードを持つ人は、そのカードの恩恵を受けるためにカードを利用するでしょうから、実質上は永年無料の状態にすることができるでしょう。

このクレジットカードを利用すると、利用代金¥1,000(税込)につき1ポイントのワールドプレゼントを貯めることができます。このポイントは景品や他のポイントプログラムに交換できるので、私生活に役立ちます。

「留学ジャーナルVISAカード」の特徴

大半のクレジットカードは利用者の名前や14桁から16桁のクレジットカード番号が彫られていて、国際ブランドや模様が描かれているだけで、人の顔写真は入っていません。しかし留学ジャーナルVISAカードは利用者の顔写真が入っているカードを選択することも可能です。飛行機の予約やホテルに宿泊する手続きをする場合、本人確認のために身分証明書の提示を求められますが、顔写真が入っているカードを身分証明書として提示することができるので好都合です。

次に、留学ジャーナルVISAカードで選択できる国際ブランドVISAは、世界でも圧倒的なシェアを誇ります。現地でショッピングや食事をする際の代金支払いはもちろん、場合によっては学校の授業料や滞在費の支払いをすることが可能です。取り扱っている国が多いと利用できる範囲も広がるので便利ですよね。

留学をした場合、現地でいろいろな物を購入することになるでしょうが、購入商品が損壊してしまったり、盗難にあってしまったりする場合もあります。留学場所によってはそのリスクが高くなることもあるでしょう。しかし、留学ジャーナルVISAカードにはショッピング補償が付帯保険として備わっています。補償額は年間¥1,000,000までで、海外で商品を購入した場合は、無条件で保険の対象となるので、海外留学の際に役立つことも多いのではないでしょうか。

利用枠が広めなのもこのカードの特徴です。総利用枠は¥100,000から¥1,000,000までとなっています。ショッピング利用枠は¥100,000から¥800,000までですが、キャッシング枠は最大¥1,000,000となっています。

「留学ジャーナルVISAカード」のクチコミ

クレジットカードで代金決済をしたり、借入をしたりする場合、その利用枠が設定されていますが、留学ジャーナルVISAカードは利用枠が多く設定されているので利用しやすいです。総利用枠が最大¥1,000,000まで可能となっているので、実績を積み上げれば、より多い金額の利用が可能になります。私はよくカードで代金を支払うので、利用枠が多いと便利です。(20代、男性)


クレジットカードは基本的に銀行のキャッシュカードと様式が同じですが、このカードは利用者の顔写真を入れることができます。顔写真が入っていると学生証を持っているような感じがして学生気分になれます。私は現在会社員として忙しく仕事をしていますが、このカードを見るたびに学生生活のことが思い出してしまいますね。(30代、女性)


年会費は初年度無料、次年度以降は1,250円になっているものの、実際は年会費永年無料で利用できます。その理由として年会費割引特典があるからです。年会費を無料にする方法はいくつかありますが、その中の一つに年1回以上カードを利用するというものがあります。そのため頻繁にカードを利用していなくても、たまに利用するだけで年会費永年無料にできるのでお薦めしたいですね。(30代、男性)


海外留学をする場合、現地でいろいろな物を買うことになるかと思います。その際に、盗難や損壊の被害にあうのも珍しくないので、不安がよぎります。しかし、留学ジャーナルVISAカードを持っていればショッピング補償があります。私は実際現地で盗難被害に遭いましたが、このカードのおかげで損害をすべて補償してもらえました。このカードがあれば安心して留学できますよ。(20代、男性)

⇒ 三井住友VISAカードにはなにがある?もっと知りたい方はここをクリック!

▲目次にもどる