目次

「三井住友VISAゴールドカード」の基本スペックとは?

三井住友VISAゴールドカードの年会費は税抜10,000円です。家族会員を加える場合、一人目は無料で二人目から一人1,000円(税抜)の年会費負担が必要です。総利用枠及びカード利用枠は50万円から200万円と大きめの金額に設定されており、リボ払い・分割払い利用枠は0万円から200万円となっています。支払方法は、1回、2回、ボーナス一括、リボそして分割払いとすべての方法が可能です。

「三井住友VISAゴールドカード」のコスパはGOLDカードの中でも最強!

三井住友VISAゴールドカードはコストパフォマンスのいいカードで有名なクレジットカードです。
通常の年会費は10,000円(税抜)で高いと感じるかもしれませんが、年会費を割引できる方法があるのです。

それは、WEB明細書サービス+マイ・ペイすリボに登録することです。
上記の条件を果たすことで年会費がなんと、10,000円(税抜) → 4,000円(税抜)に激安になります。
4,000円の年会費でここまで充実したサービスを付帯したカードは中々ありません。

WEB明細書サービスはともかく、マイ・ペイすリボの登録のことですが
リボ払い手数料が発生することを心配なさる方もいらっしゃるかと思います。

裏技までではないのですが、実はマイ・ペイすリボ金額を全額に設定しておけば、
普通の一括払いと変わらない支払いになるのです。

※年会費割引の条件として、マイ・ペイすリボの設定が条件であるだけで、
手数料が発生した場合などではないからこそできる技!

しっかりしたセキュリティ性、空港ラウンジサービス、家族特約で自動付帯の海外・国内旅行傷害保険、GOLDカード専用デスクサービスが使えるGOLDカードを年会費4,000円(税抜)で持てることはこのカード一番のメリットですね。

43-8-2

「三井住友VISAゴールドカード」には特典がある

三井住友VISAゴールドカードは、プラチナカードを除けば最高ランクのクレジットカードで、カードを作ることによって得られる特典も大きいです。

上でも述べましたが、まずは年会費の特典です。年会費は、通常税抜10,000円ですが、割安になるコースが三種類用意されています。割引が最大になるWEB明細書+マイ・ペイすリボコースの場合は、税抜4,000円まで年会費を圧縮できる特典があります。マイ・ペイすリボコースだけの場合は税抜5,000円、WEB明細書コースだけの場合は税抜9,000円となっています。

また利用金額に応じたポイント特典も。前年度のカード利用金額に応じて決まるステージと、その年の利用金額の2つでポイントが決まるシステムになっていて、例えば、前年の買い物額が50万円だった場合、三井住友VISAクラシックカードは50ポイントのプレゼントですが、ゴールドカードの場合は倍の100ポイントになります。さらに、ショッピング補償や国内・海外旅行保険の補償金額もクラシックカードと比較すると金額が増額されます。

他のカードと比べると還元率は少し低い方ではありますが、ステータスで十分カバーできるのでそこはみなさんの好みに合わせて!

さらに、ゴールドカード専用のゴールドデスクのサービスを活用できる特典も得られます。ホテルやレストランの予約対応をしてもらえますし、目的に合った施設の紹介やアドバイスがもらえる点は心強いでしょう。
※参考:『海外旅行の保険加入はどうするべき?クレジットカードだけでも大丈夫?

43-8-3

「三井住友VISAゴールドカード」の特徴を解説

三井住友VISAゴールドカードの特徴は、カード申込対象者を満30歳以上で安定収入がある人と定めている点にあります。審査基準もゴールドとしての独自基準が設けられています。そのため、ゴールドカードを保有していることは、ステータスになるでしょう。もちろん、クレジットカードの特徴である多種多様な支払方法にも対応していますので、インターネットショッピングや海外旅行、レストラン、ショッピングセンターなど多くの場面で活用できます。

具体的な特徴としては、国内の空港ラウンジサービスを無料で使えることや、写真入りICカードの作成を選べることが挙げられます。さらに、大きな特徴としては、高級旅館・ホテル宿泊予約サービスである「relux(リラックス)」での予約をした場合、優待価格で予約ができることでしょう。ゴールド会員限定で3,000円の割引を受けることができます。

また、各種保険の補償金額が高めに設定されている点も見逃せません。引受会社が三井住友海上火災保険会社である海外・国内旅行傷害保険は、最高5,000万円の補償となっていますし、カードで購入した商品の破損や盗難の損害を、購入から90日間、最高300万円まで補償してくれます。海外旅行傷害保険は、家族特約もついていますので、本会員・家族会員以外の19歳以下のお子さんも対象に含めることが可能です。

生活面のバックアップとしては、ドクターコール24が使えるのもありがたい特徴でしょう。このカードを作っておけば、24時間年中無休で医師の無料電話相談を受けられます。こういった無料サービスを上手く活用できれば、クレジットカードの特徴を最大限に活かすことができるでしょう。
※参考:『クレジットカードについている国内向けの付帯保険

「三井住友VISAゴールドカード」のクチコミ

このカードの魅力は200万円という大きな利用枠と何よりそのブランド力です。世界のどこでも使えますし、国内の主要空港ラウンジも無料で使えます。年会費はかかりますが、その分海外旅行保険やショッピング保険など万が一のときのサービスも充実しているので、コストパフォーマンスを考えれば優れたカードと言えるのではないでしょうか。(50代、男性)


三井住友VISAゴールドカード以外にも何枚かカードを所有していますが、1枚にまとめてしまってもいいかなと感じます。それほどまでにこのカードは汎用性が高く、また信頼度も高いカードです。「三井住友」のネームバリューもあり、持っていれば自分自身の信頼度もアップするのではないかと感じさせてくれるカードです。(40代、女性)


“ゴールドカード”でありながら、落ち着いたシックなデザインでコンビになどでもさっと取り出すことができます。「iD」搭載のカードなのでちょっとした買い物でも気兼ねなく使うことができ、小銭を持ち歩く必要がなくなりました。セキュリティ面が心配だったのですが、顔写真付のカードを選べるということで安心して使っています。(20代、男性)


ラウンジ利用や各種保険など基本のサービスがあるほか、「ドクターコール24」という医療サービスまでついているカードです。24時間年中無休で医師へ健康相談ができるため、何かあったときも安心です。いろいろなサービスの中から必要に応じて自分で組み合わせることができ、年会費の割引設定も可能で柔軟なカードと言えるでしょう。(20代、女性)

▲目次にもどる