「近畿日本ツーリストカード」の基本情報や特徴のまとめ

目次

「近畿日本ツーリストカード」の基本スペック

近畿日本ツーリストカード」は、近畿日本ツーリストと三井住友カードとが提携したクレジットカードです。国内旅行から海外旅行まで幅広い形での旅行サービスを提供している近畿日本ツーリストの特定商品を利用することで、ワールドプレゼントのポイントが貯まります。近畿日本ツーリストファンで、サービスを集中して利用する旅行好きの方には必携です。

国際ブランドはVISAかMasterCard、それに旅行保険も充実しており、まさに旅行に特化したカードです。

「近畿日本ツーリストカード」の特典

「近畿日本ツーリストカード」は、国内から海外まで様々なパッケージツアーが展開されており、旅行に関してのサービス・サポートもとても手厚い近畿日本ツーリストのカードです。そのため、日頃から近畿日本ツーリストを集中して利用している旅行好きの方には非常にメリットの多いカードです。

ポイントサービスはワールドプレゼントで、通常のショッピングやお食事に利用した場合は¥1,000(税抜)の利用で1ポイントが付与されます。近畿日本ツーリストのパッケージツアーや宿泊券など特定の商品を利用した場合は¥1,000(税抜)の利用で3ポイントと、通常の3倍も貯まるのが大変魅力的です。様々な魅力ある景品に加え、旅行券との交換も可能ですので、ますますお得に旅行をすることができます。

家族カードも作れますので家族揃っての利用もでき、家族旅行の機会が多い方にも便利です。クラシックカードの場合は1年に¥50,000(税抜)以上のカードの利用があれば年会費無料で利用ができます。旅行サービスに特化したカードとして海外・国内旅行傷害保険も充実しており、クラシックカードの補償額は最高2500万円(税抜)、ゴールドカードは最高5,000万円(税抜)です。

「近畿日本ツーリストカード」の特徴

近畿日本ツーリストのパッケージツアーでよく旅行する人にとてもお得でお勧めなのが、「近畿日本ツーリストカード」です。三井住友カードとの提携でワールドプレゼントのポイントサービスが利用でき、近畿日本ツーリストの特定商品の購入で¥1,000(税抜)につき3ポイント、それ以外のカード利用では1ポイントが付与され、様々な景品や旅行券との交換が可能です。

年会費はクラシックが¥1,500(税抜)、ゴールドは¥10,000(税抜)です。クラシックは初年度無料です。年に¥50,000(税抜)以上のカード利用があれば、次年度のクラシックは年会費が無料、ゴールドは年会費が半額の¥5,000(税抜)になります。それぞれロードサービス付きのカードがあり、年会費はロードサービス付きクラシックが¥2,000(税抜)、ゴールドカードは¥10,500(税抜)です。年会費割引特典は適用されますが差額の¥500(税抜)のみ負担が必要です。家族会員は年会費がさらにお得でクラシックが¥400(税抜)、ゴールドが¥1,000(税抜)です。

入会資格はクラシックは高校生以外の満18歳以上の方、ゴールドは本人に安定収入のある満30歳以上の方です。海外・国内旅行傷害保険の補償額はクラシックが最高2500万円(税抜)、ゴールドは最高5,000万円(税抜)です。ショッピング補償はクラシックカードは年間100万円(税抜)まで(条件付き)、ゴールドカードは年間300万円(税抜)までです。

利用可能枠はクラシックの総利用枠が10万円〜100万円(税抜)、ゴールドは70万円〜200万円(税抜)で、支払い方法は1回・2回・ボーナス一括・リボ・分割があります。支払日は毎月15日締めの10日払いです。

「近畿日本ツーリストカード」のクチコミ

海外旅行に行く時にカードがないと不便なので作りました。VISAとMasterの2つから選べるので、世界中で利用できます。それぞれのブランドの強い地域があるようなので、渡航先によって選ぶといいと思います。年に¥50,000(税抜)以上の利用で年会費無料になるので、旅行好きなら年会費は気にしなくて良さそうに思います。(20代、男性)


年に¥50,000(税抜)以上利用すると年会費無料になるので、年会費のためにリボ設定をする必要がないのは嬉しいところでした。旅行好きでよく利用しますし、特に何の不満もなく利用しています。貯まったポイントを、また他の旅行に利用しようと思っているので今後も楽しみです。(30代、女性)


近畿日本ツーリストの店舗が自宅から近いので昔からよく利用しており、ゴールドカードを作ってみました。国内・海外問わず年に少なくとも2回は旅行をするので保険があるのも嬉しいですし、ゴールドなので空港のラウンジもいつも利用しています。家族も会員になって一緒に利用しています。(30代、男性)


ゴールドカードですが、年間¥50,000(税抜)以上の利用で年会費が半額になるので、リボ設定が嫌な人にはポイント高いです。提携カードは写真付きにできないのが普通ですが、このカードは写真付きにできます。写真付きだとセキュリティ面にはとても安心感があってとても良いと思います。(30代、男性)

⇒ 三井住友VISAカードにはなにがある?もっと知りたい方はここをクリック!

▲目次にもどる